栄光の架橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栄光の架橋
ゆずシングル
収録アルバム 1 〜ONE〜
B面 風に吹かれた
リリース 2004年7月22日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間 5分26秒
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
作詞・作曲 北川悠仁 (#1)
岩沢厚治 (#2)
プロデュース 寺岡呼人&ゆず
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2004年度年間26位(オリコン)
  • 登場回数75回(オリコン)
  • 2011年度年間40位(iTunes Store[1]
  • 2012年度年間14位(iTunes Store)
  • 2011年度年間68位(レコチョク
  • 2012年度年間17位(レコチョク)
  • 2013年度年間38位(レコチョク)
  • 2014年度年間61位(レコチョク)
  • 2015年度年間68位(レコチョク)[2]
  • レコチョク歴代着うたフル(R)・シングルダウンロードランキング45位
ゆず シングル 年表
桜木町/シュミのハバ/夢の地図
(2004年)
栄光の架橋
(2004年)
威風堂々
(2004年)
1 〜ONE〜 収録曲
夢の地図
(12)
栄光の架橋
(13)
Going [2001-2005] 収録曲
栄光の架橋
(1)
アゲイン2
(2)
テンプレートを表示

栄光の架橋」(えいこうのかけはし)は、ゆずの楽曲で、21枚目のシングル2004年7月22日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー

解説[編集]

表題曲は、NHKアテネオリンピック中継』公式テーマソング[注 1]。のちにアサヒ飲料のCMソングにもなった。

チャート成績[編集]

  • オリコン週間チャートでは2004年8月2日付で2位で初登場した。初動売上は前作「桜木町/シュミのハバ/夢の地図」を下回ったが、アテネ五輪の日本代表選手の活躍などで本作の注目度も上がり、自身最長タイの3週連続を2回記録するなど、自身最多の通算7週に渡って週間トップ10にランクインした。累計売上は11作ぶりに30万枚突破を果たし、自身のシングルでは「飛べない鳥」(2000年)、「嗚呼、青春の日々」(2000年)「いつか」(1999年)に次ぐ売り上げを記録している。その結果、2004年のオリコン年間シングルランキングでは26位に入り、自身初の年間トップ30入りとなった。チャートへの登場回数は、自身のシングルでは最多である75回を記録。
  • カラオケランキングでは、ゆずの2人が立て続けに結婚を発表した2011年の秋頃に急浮上。オリコンチャートでも同時期に再びチャートインした。さらに、オリコン週間カラオケチャートで2012年のロンドンオリンピック期間中に1位になった。
  • 2011年には配信チャートでもヒットし、iTunesレコチョクにおいて初の年間ランキングトップ100に入った[注 2]。2012年のロンドンオリンピック開催期間中には、配信ランキングではオリンピック関連の楽曲が上位に多く入っており、本作も「with you」、「夏色」(オリンピック関連ではないが夏の曲)とともに上位に浮上した[3]。その結果同年はiTunes、レコチョクともに年間トップ20に入った。レコチョクでは2013年以降も常にデイリー、週間で100位前後に入り続け、年間トップ100にも入っている。
  • 2013年2月に発表された「レコチョク着うたフル(R)・シングル歴代ダウンロード数ランキング」で45位に入った。中でも、レコチョクの着うたフル配信サービス開始(2004年11月)以前の楽曲としては、コブクロの「永遠にともに」に次ぎ2番目の高順位である[4]。今作は日本レコード協会の有料音楽配信認定は受けていないが、このランキングで順位が近い曲の多くが「着うたフル」でトリプル・プラチナの認定を受けている。

収録曲[編集]

  1. 栄光の架橋(5:26)
  2. 風に吹かれた(3:09)

本作に関するエピソード[編集]

  • 体操男子団体が28年ぶりに金メダルを獲得した時のNHKの中継で、同局アナウンサー刈屋富士雄冨田洋之鉄棒の演技とこの曲の題名を重ねて実況した「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」という言葉が流行語大賞にノミネートされ、曲の知名度が上昇するきっかけになった。富田も、後日この放送によって周りから「栄光の架橋=富田」というイメージを持たれたことを語っている[5]なお、この実況の影響もあり、よく「栄光の架橋」や「栄光の架橋」と間違えられることがある[誰によって?][独自研究?]

収録アルバム[編集]

栄光の架橋
風に吹かれた
※アルバム未収録

タイアップ[編集]

テレビ出演[編集]

上記以外にも多数の番組で披露されており、ゆずの楽曲では最もテレビで披露された回数が多い。

脚注[編集]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パラリンピック中継ではこの曲ではなく「Challenger」(木下航志)を採用した。その当時NHK全体で各種の不祥事が相次いだことで、(それと相まって)視聴者から「同じ曲を採用しないのはおかしい」などとの苦情が殺到したとされているが[誰によって?]、真相は明らかになっていない[独自研究?]。なお、2008年の北京オリンピック以降はパラリンピック中継でも同じ曲が使用されるようになっている。
  2. ^ iTunesではこの年からゆずの楽曲の配信が開始された。
  3. ^ 前年の第54回出場時には、横浜伊勢佐木町からの中継であったため、NHKホールからの紅白出演は初めてであった。
  4. ^ ちなみに、それ以後冬季夏季ともにオリンピック開催前後年において、同中継テーマソングを担当した歌手はその年の紅白に出場して同テーマ曲を歌唱するようになっている。なお、それ以前ではNHKオリンピック中継テーマソング担当者が同年の紅白への出場を辞退したとされる事例がある。[独自研究?]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]