村田善則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村田 善則
野球日本代表 バッテリーコーチ #84
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県佐世保市
生年月日 (1974-04-24) 1974年4月24日(44歳)
身長
体重
176 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1992年 ドラフト5位
初出場 1995年10月3日
最終出場 2008年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

村田 善則(むらた よしのり、 1974年4月24日 - )は、長崎県佐世保市出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)、プロ野球コーチ、スコアラー。現役時代は読売ジャイアンツ(巨人)でプレーした。引退後は同球団のスコアラー、コーチを務め、2018年シーズンから3年ぶりに戦略室スコアラーを務める。

経歴[編集]

佐世保実業高時代は、4番主将としてチームを率い、1992年の甲子園大会に出場。同年のドラフト5位で巨人に入団。

1995年に一軍に初昇格。1996年フレッシュオールスターゲーム出場。

1999年に一軍定着を果たすと8月7日の対広島戦で9回裏に澤崎俊和からプロ初ホームランとなる同点3ランを放つ。そして12回裏には村田と同期入団である松井秀喜が玉木重雄からサヨナラ犠飛で試合を決め、同期入団二人がヒーローインタビューに呼ばれた。

2000年はダイエーからFA入団した工藤公康と新人の高橋尚成とのバッテリーを組み、自己最多の76試合に出場。日本シリーズ第1戦では先発マスクをかぶった。守備での評価を上げ、将来の正捕手候補として期待された。工藤と高橋尚の相性が良いため、先発時はスタメンで起用されることが多かった。

2001年に新人の阿部慎之助が入団及びダイエーから吉永幸一郎が入団しこの年一軍でわずか6試合に終わる、翌年以降は2番手捕手として阿部をカバー。

2006年星孝典加藤健などの起用が多く、出場機会が減った。また、自身も6月9日のロッテ戦でスイングの際に肩を故障し、9月中旬まで出場選手登録を抹消された。再昇格後も出場機会ゼロに終わるなど、シーズン出場数は6試合だった。うち1試合は同い年でプロ入り同期で自主トレも合同実施の親友野口茂樹が5月15日にインボイスSEIBUドームでの西武ライオンズとのセパ交流戦で、移籍後初登板初先発した際の先発マスクであった。

2007年、前年限りで桑田真澄が退団したため巨人生え抜き最古参選手となったが、加藤の台頭で終盤に一軍に呼ばれたのみであった。ファームでも若手に出場機会を譲っている。シーズン終了直後に「二軍ブルペンコーチに就任」との誤報があったが、現役を続行した。

2008年は集大成の年と位置づけ「気力で臨む」とし、開幕一軍を勝ち取った。しかしシーズン通算での一軍出場はわずか3試合にとどまり、10月3日に現役引退を表明。巨人の公式戦最終試合となる10月11日の明治神宮野球場での対東京ヤクルトスワローズ戦では7回からの途中出場でマスクをかぶり、9回には自身最後の打席に立った(対戦相手は、かつての同僚木田優夫で結果はレフトフライ)。村田の打席終了後に球場全体からの拍手に包まれながら他の選手にベンチ前で迎えられ、高橋由伸が花束を手渡した。

引退後は、スコアラーに転身。野球日本代表のスコアラーも務めた。

2015年10月27日2016年から巨人の一軍バッテリーコーチに就任することが発表された[1]。シーズンではベンチの中で一歳下の高橋由伸監督の近くでサポートする姿が見られた。

2016年10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表コーチを務めることが発表された[2]

2017年開幕前の3月に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表コーチを務めた。9月11日に11月に開催される第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表バッテリーコーチを務めることが発表された[3]

2018年からはスコアラーとして、3年ぶりに現場復帰。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 巨人 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1997 16 50 46 3 7 0 0 0 7 1 0 0 0 0 3 0 1 6 1 .152 .220 .152 .372
1998 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1999 41 59 55 5 13 1 0 1 17 4 0 0 0 0 2 0 2 11 1 .236 .288 .309 .597
2000 76 169 153 14 41 6 0 3 56 13 0 0 5 0 7 4 4 27 4 .268 .317 .366 .683
2001 6 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .143 .143 .143 .286
2002 36 63 57 6 13 0 1 1 18 6 0 1 2 0 3 0 1 12 0 .228 .279 .316 .594
2003 58 157 135 9 20 4 0 1 27 11 1 1 4 2 11 2 5 28 5 .148 .235 .200 .435
2004 23 47 46 4 12 4 0 0 16 0 0 0 0 0 1 0 0 13 1 .261 .277 .348 .624
2005 32 107 98 5 24 5 0 0 29 7 0 0 1 1 6 0 1 19 8 .245 .292 .296 .588
2006 6 17 16 1 1 0 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 3 1 .063 .063 .063 .125
2007 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2008 4 7 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 0 1 0 .000 .200 .000 .200
通算:13年 302 686 620 47 132 20 1 6 172 43 1 2 15 3 34 7 14 121 21 .213 .268 .277 .546

[4]

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1995 4 0 0 0 0 -
1997 16 0 10 7 3 .300
1998 2 0 0 0 0 -
1999 29 0 14 8 6 .429
2000 70 5 27 21 6 .222
2001 6 0 4 4 0 .000
2002 33 1 10 4 6 .600
2003 55 2 42 28 14 .333
2004 20 3 11 8 3 .273
2005 31 238 8 0 2 2 1.000 14 10 4 .286
2006 5 25 2 1 0 0 .964 6 5 1 .167
2007 1 0 0 0 0 0 .000 0 0 0 -
2008 2 6 1 0 0 1 1.000
通算 274 12 138 95 43 .312

記録[編集]

背番号[編集]

  • 92 (1993年 - 1995年)
  • 56 (1996年 - 1998年)
  • 12 (1999年 - 2006年)
  • 40 (2007年 - 2008年)
  • 84 (2016年 - 2017年)

スコアラー[編集]

  • (2009年 - 2015年、2018年 - )

コーチ歴[編集]

登場曲[編集]

  • 「I Fought The Law」The Clash(2001年 - 2003年)
  • 「Rock Star」N.E.R.D(2004年)
  • 「Saturday Night」Ozomatli(2005年)
  • 「心絵」ロードオブメジャー(2005年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 来季の一、二軍コーチングスタッフについて - 読売巨人軍公式サイト(2015年10月27日)
  2. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  3. ^ 「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」コーチングスタッフについて 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年9月11日) 2017年10月8日閲覧
  4. ^ 村田 善則(読売ジャイアンツ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2018年12月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]