コンテンツにスキップ

増井浩俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
増井 浩俊
京セラドーム大阪にて (2021年11月12日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県焼津市
生年月日 (1984-06-26) 1984年6月26日(40歳)
身長
体重
181 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト5位
初出場 2010年4月9日
最終出場 2022年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
WBSCプレミア12
2015

増井 浩俊(ますい ひろとし、1984年6月26日 - )は、静岡県焼津市出身の元プロ野球選手投手)。

愛称は「まっすー[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年時から地元焼津市の野球少年団で野球を始めると、中学時代にノーヒットノーランを記録。この経験をきっかけにプロ野球選手を志した[2]。増井と同じく焼津市出身の牧田和久川端崇義とは同学年で、小学校時代から対戦の経験がある[3]

静岡高へ進学し硬式野球部に所属したが、春夏共に甲子園への出場はなし。高校卒業後に駒澤大学へ進学すると、東都大学野球のリーグ戦で、通算34試合に登板。8勝12敗という成績を残した。

大学卒業後に入社した東芝では、当時エースの座にあった磯村秀人の陰に隠れていたが、入社3年目の2009年に実力が開花。第38回IBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年のNPBドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズから5巡目指名を受け、契約金5000万円、年俸900万円(金額は推定)という条件で入団。入団当初の背番号は43

日本ハム時代[編集]

日本ハム時代

2010年4月9日の福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板を果たしたが、3失点で敗戦投手となった。それ以後も先発ローテーションの一員として起用され、4月27日のオリックス・バファローズ戦で7回1安打無失点と好投し、プロ初勝利を挙げた。また、5月13日の阪神タイガース戦ではプロ初安打と初打点を記録した。その後、右肩肩甲上神経炎により6月16日に出場選手登録を抹消され、8月後半に再登録されるも不振が続き9月前半に再度抹消された。11月8日には一般人女性と結婚[4]

2011年は開幕からセットアッパーとして起用され、前半戦は防御率一点台前半の好成績を記録。けがのため欠場した馬原孝浩(ソフトバンク)の補充選手としてオールスターゲーム初出場を果たし[5]、第2戦で4番手として登板した[6]。その後もセットアッパーとしてシーズンを乗り切り、リーグ3位の34ホールドポイント、防御率も1点台と飛躍の年となった。また、背番号も「43」から同年限りで退団した林昌範が着用していた「19」に変更された。

2012年もセットアッパーとして起用されたが、5月2日に抑えの武田久が右膝の故障により戦線を離脱したため、その間は抑えを担うこととなり、抑えとして初登板した5月6日に初セーブを挙げた[7][8]。武田の復帰後は再びセットアッパーに戻り、6月・9月に疲労の蓄積で不調に陥りながらも、最終盤には持ち直し、共にパ・リーグ新記録となる45ホールド・50ホールドポイントを挙げ最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得し、リーグ優勝に大きく貢献した。

2013年は武田久の離脱により抑えを任されたが、4月後半からセットアッパーに復帰した。しかし6月5日の読売ジャイアンツ戦で小笠原道大に2年ぶりの本塁打となるサヨナラ3ランを打たれ、7月には2試合連続で救援失敗するなど不安定な投球が続き、宮西尚生やルーキーの河野秀数にセットアッパーの座を譲ることもあった。最終的に3年連続の50試合登板、そして史上最速(192試合)での100ホールドを達成した[9]ものの、シーズン終盤に持ち直したとはいえ防御率、ホールド数共に前年に比べて数字を大幅に落とした。

2014年も開幕早々に武田久が離脱したことで抑えに回った。序盤はリードを守りきれない場面が目立ち、6月には4試合連続で失点するなど投球が安定せず[10]、一時は新外国人のマイケル・クロッタが守護神を務めていた。後半戦は25試合でわずか2失点と精彩を取り戻し、自己最多となる23セーブを記録した。8月16日の埼玉西武ライオンズ戦では、指名打者が解除された上に野手を使い切ったことから延長11回に4年ぶりに打席に立つ場面も見られた(結果は二ゴロ)[11]。なお、この日は大谷翔平がベンチ入りしていたものの、休養日だったために代打で起用されることはなかった。

2015年は開幕から抑えとして君臨し自身初となる30セーブを挙げ、ソフトバンクのデニス・サファテとセーブ王争いを演じたが最終的には2セーブ差で競り負け、それでも自己最多の39セーブとなった。10月9日には第1回WBSCプレミア12の最終ロースター28名に選出された[12]

2016年2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された[13]。シーズン開幕当初は抑えとして活躍するが、3勝2敗10セーブ、防御率6.30と大きく悪化し、6月20日に一軍登録を抹消された。その後の抑えはクリス・マーティンに譲り、7月9日に栗山英樹監督は増井を先発に転向することを明言した[14]。8月4日の千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)で2010年以来先発として登板し、5回を投げて無失点に抑えた。同月25日のロッテ戦(QVC)ではプロ入り初めて完投を記録し、9月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(東京ドーム)で初めての完封勝利を成し遂げた。先発8登板のうち6勝を挙げ、シーズン最終試合の9月30日の千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)では引退登板の武田勝のあとを受けて登板し、1失点ながらも救援勝利を挙げて自身初の2桁勝利を達成し、10勝10セーブを記録した。10勝10セーブを記録するのは、2000年に小林雅英が達成して以来の快挙となった[15]。結局9月は5試合に登板して5勝0敗、防御率1.10、1完封を記録し、9月度の猛烈な追い上げによるチームのリーグ優勝に大いに貢献、自身初の月間MVPに選出された[16]。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[17]

2017年には、NPBオープン戦期間中に開かれた第4回ワールド・ベースボール・クラシックに、日本代表として出場。1次ラウンドでは対中国代表戦、2次ラウンドではオランダ代表戦とキューバ代表戦に登板すると、通算投球イニング2回2/3で防御率3.38という成績を残した。NPBのレギュラーシーズンでは、自身の希望でクローザーへ復帰すると、一軍公式戦52試合の登板で6勝1敗27セーブ7ホールド、防御率2.39を記録。 6月11日の対巨人戦ではNPB一軍公式戦史上59人目(65度目)の1球セーブ、8月16日の対ロッテ戦(いずれも札幌ドーム)ではNPB史上28人目の一軍公式戦通算100セーブを達成した[18]。一方でセーブ失敗も6度記録してしまい、井口資仁の現役引退試合であった9月24日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)でも、2点リードの9回裏に登板したが、先頭の代打・清田育宏に右前打を打たれた後に次打者の井口から同点本塁打を打たれた。井口は増井降板後の延長11回裏に迎えた最終打席で凡退したため、この本塁打によって、現役最後の安打・打点・得点も記録したことになる。シーズン終了後の11月14日に、国内FA権の行使を表明。日本ハム球団からの残留交渉の他、オリックス、巨人が増井の獲得を検討[19]。実際には巨人は獲得に乗り出さず、北海道日本ハムとオリックス両球団による交渉の結果、オリックスへの移籍を決意した。

オリックス時代[編集]

2017年11月30日に、オリックスが増井の入団を発表[20]。同日付で、フリーエージェント宣言選手契約締結合意がNPBから公示された[21]。「契約期間3年・推定年俸総額9億円」という条件がベースの4年契約で、4年目の年俸については、成績などに応じて変動。背番号については、山﨑福也が2015年の入団以来着用してきた17を付ける。このため、山﨑は背番号を0へ変更[22]

福岡 ヤフオク!ドームにて(2018年3月31日)

2018年6月29日に札幌ドームで行われた北海道日本ハムとの試合でシーズン20セーブ目を挙げ、プロ野球史上4人目、日本人選手としては江夏豊以来となる12球団すべてからセーブを挙げた一人となった[23]。 この年はシーズン途中までセーブ数はリーグ1位だったが森唯斗の7試合連続セーブなどもありセーブ数はリーグ2位で終えた。

2019年も開幕からクローザーを任されたが、調子が上がらずリリーフ失敗を繰り返したためシーズン中盤にセットアッパーに配置転換された。4月19日に通算150セーブ、9月2日には通算150ホールドを達成。NPBでは同年達成の藤川球児以来2人目(日米通算では平野佳寿を含め3人目)となり、パ・リーグでは初の達成となった[24]

2021年は、クローザーである平野がオリックスに復帰したことに伴い、先発に再び転向[25]。15試合に登板し、3勝6敗、防御率4.94を記録[25]。オフに、1億3000万円減となる推定年俸7000万円で契約を更改した[25]

2022年は、開幕から二軍が続き、6月9日に一軍に昇格するも敗戦。なおこの試合(対東京ヤクルトスワローズ戦)で勝利投手となっていれば、史上初の「全球団から勝利・セーブ・ホールド」を達成していた[26]。最終的に2試合の登板で、0勝2敗、防御率3.86を記録に終わり、オフに戦力外通告を受けた[27]。当初は現役続行を希望していたが、移籍先が決まらず、翌2023年1月27日に現役引退が報じられた[28]

選手としての特徴[編集]

オーバースロー[29]からリリーフとして起用された際の平均球速約149km/h[30]、最速155km/h[31]ストレートと落差の大きいフォークボールを軸に、スライダーカーブも混ぜる[31]

人物[編集]

野球を始めたきっかけは小学3年時に地元で行われた子供会のソフトボール大会に出場した際チームに野球をしていた同級生と6年生が居り、特に6年生の活躍に憧れそれまでスポーツ経験も無く公文式しかしてなかったが、少年野球の体験に行き4年生に進級後本格的に野球を始める[32]

出身の焼津はマグロで有名なため、練習用のグラブにはマグロのマークが刺繍されている[7]

増井自身の甲子園出場はないが、弟2人が静岡高と静岡商高で出場経験がある[31]。なお、弟のうちの1人は静岡県立伊東商業高等学校野球部で監督として竹安大知を指導していたことがある。

家族は都内で暮らす夫人と息子2人、娘1人。シーズン中は離れ離れで過ごすので、スマートフォンでのビデオ電話機能で連絡を取り合う。第2子誕生の時に送られた夫人による手作りのお守りを肌身離さず持っている[33]。また、オリックス移籍後も、増井は大阪で単身赴任を続けていた[34]。現役引退決断後は家族のいる都内に身を移し、「主夫」として家族サービスに時間を費やしていることを語っている[35]

「ストレスをためたくない」と徹底したストイックな食生活は送っておらず、スナック菓子を普段から食べる[36]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 日本ハム 13 13 0 0 0 3 4 0 0 .429 274 60.0 62 9 31 0 4 34 5 0 31 29 4.35 1.55
2011 56 0 0 0 0 0 4 0 34 .000 216 53.2 38 2 19 1 0 58 3 1 11 11 1.84 1.06
2012 73 0 0 0 0 5 5 7 45 .500 298 71.2 65 2 25 2 0 69 4 0 26 22 2.76 1.26
2013 66 0 0 0 0 4 4 4 28 .500 273 63.0 71 3 16 1 3 63 2 0 28 26 3.71 1.43
2014 56 0 0 0 0 5 6 23 10 .455 243 58.0 47 5 24 4 1 59 5 0 16 16 2.48 1.22
2015 56 0 0 0 0 0 1 39 4 .000 238 60.0 44 1 19 0 0 71 4 1 11 10 1.50 1.05
2016 30 8 2 1 0 10 3 10 1 .769 333 81.0 71 5 26 2 3 71 3 0 22 22 2.44 1.20
2017 52 0 0 0 0 6 1 27 7 .857 215 52.2 47 6 11 1 0 82 5 0 15 14 2.39 1.10
2018 オリックス 63 0 0 0 0 2 5 35 9 .286 278 65.0 55 4 33 4 1 69 7 0 18 18 2.49 1.35
2019 53 0 0 0 0 1 4 18 14 .200 230 50.1 51 5 24 3 1 64 1 0 29 27 4.83 1.49
2020 16 5 0 0 0 2 2 0 5 .500 153 35.2 27 3 20 0 1 29 1 0 13 12 3.03 1.32
2021 15 13 0 0 0 3 6 0 1 .333 309 71.0 77 8 29 0 2 45 2 0 47 39 4.94 1.49
2022 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 42 9.1 13 0 4 0 0 11 2 0 4 4 3.86 1.82
通算:13年 551 41 2 1 0 41 47 163 158 .466 3102 731.1 668 53 281 18 16 725 44 2 271 250 3.08 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2015 日本 4 0 0 0 0 17 4.0 5 1 0 0 0 1 0 0 3 3 6.75

WBCでの投手成績[編集]










































2017 日本 2 0 0 0 0 6 1.2 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00

年度別守備成績[編集]



投手












2010 日本ハム 13 3 13 0 1 1.000
2011 56 0 9 1 2 .900
2012 73 2 10 1 1 .923
2013 66 4 10 0 0 1.000
2014 56 2 11 0 0 1.000
2015 56 1 9 0 0 1.000
2016 30 2 4 1 0 .889
2017 52 2 5 0 1 1.000
2018 オリックス 63 1 12 0 2 1.000
2019 53 1 7 1 0 .889
2020 16 2 10 1 0 .923
2021 15 2 11 0 1 1.000
2022 2 1 0 1 0 .500
通算 551 25 111 6 8 .958

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回(投手部門:2016年9月)
  • パ・リーグ連盟特別表彰:1回(特別賞:2012年[注 1]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
節目の記録
  • 100ホールド:2013年8月20日、対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦(荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)、7回裏に4番手で救援登板、1回1与四球無失点 ※192試合目での達成は史上最速
  • 100セーブ:2017年8月16日、対千葉ロッテマリーンズ17回戦(札幌ドーム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回1失点 ※史上28人目
  • 150セーブ:2019年4月19日、対東北楽天ゴールデンイーグルス4回戦(楽天生命パーク)、9回裏に2番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上14人目
  • 500試合登板:2019年8月2日、対埼玉西武ライオンズ16回戦(京セラドーム大阪)、8回表に4番手で救援登板、1回無失点 ※史上100人目
  • 150ホールド:2019年9月2日、対千葉ロッテマリーンズ22回戦(ZOZOマリンスタジアム)、8回裏に3番手で救援登板、1回無失点 ※史上8人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 43(2010年 - 2011年)
  • 19(2012年 - 2017年)
  • 17(2018年 - 2022年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ホールドと、ホールドポイントの両方でパ・リーグのシーズン新記録を樹立したため[37]

出典[編集]

  1. ^ 17 増井 浩俊 選手名鑑2019|オリックス・バファローズ」『オリックス・バファローズ オフィシャルサイト』。2021年7月27日閲覧
  2. ^ 広報やいづ2011年4月1日号 焼津市役所
  3. ^ オリックス8位・川端崇義「26歳、遅咲きルーキー」 ~ルーキーたちの軌跡No.6~ 二宮清純責任編集SPORTS COMMUNICATIONS 2012年1月31日付
  4. ^ ハム増井結婚「守るものできた」飛躍誓う」『日刊スポーツ』2010年11月9日。2024年6月21日閲覧
  5. ^ 馬原が球宴辞退 ハム2年目右腕が代役で初出場 スポーツニッポン 2011年7月20日付記事
  6. ^ 馬原の“代役”増井 全球直球勝負!150キロ台連発 スポーツニッポン 2011年7月23日付記事
  7. ^ a b 日刊スポーツ大阪版・特報版 2012年5月7日付 6版5面「久離脱で守護神大役ドキドキ F増井プロ初S」より
  8. ^ 新守護神・増井プロ初セーブ「これからも激しい投球で」 - スポニチ,2012年5月7日
  9. ^ ハム増井が史上最速100ホールド」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年8月21日。2014年2月20日閲覧
  10. ^ ハム5度目サヨナラ負け…守護神・増井「疲れてはない」スポーツニッポン 2014年6月23日付記事
  11. ^ ハム珍プレー 満塁機で「4番ピッチャー増井」 野手使い切り…スポーツニッポン 2014年8月17日付記事
  12. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  13. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  14. ^ 不振で2軍落ちの日本ハム・増井、先発転向 栗山監督が明言 デイリースポーツ 2016年7月9日
  15. ^ 増井10勝10S 00年のロッテ・小林雅以来 スポニチアネックス 2016年10月1日付記事
  16. ^ 2016年9月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ) | 表彰選手」『NPB.jp 日本野球機構』。2016年10月7日閲覧
  17. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  18. ^ 増井浩俊投手が通算100セーブ達成」『北海道日本ハムファイターズ』2017年8月16日。2017年8月16日閲覧
  19. ^ オリックス、日本ハムFA・増井は巨人と争奪」『SANSPO.COM』サンケイスポーツ、2017年11月16日。2017年12月21日閲覧
  20. ^ オリックス、増井獲得発表! 4年最大12億背番17」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年11月30日。2017年11月30日閲覧
  21. ^ フリーエージェント宣言選手契約締結合意』(HTML)(プレスリリース)2017年11月30日https://npb.jp/announcement/2017/fa_signed.html2017年11月30日閲覧 
  22. ^ オリックス FAの日本ハム・増井を獲得 3年9億円プラス4年目の年俸は変動制」『Sponichi Annex』2017年11月30日。2018年11月27日閲覧
  23. ^ オリックス増井12球団S達成 日本人は江夏以来」『日刊スポーツ』2018年6月29日。2018年6月29日閲覧
  24. ^ a b オリックス・増井 NPB史上2人目の150セーブ&150ホールド 藤川球児に続き」『デイリースポーツ online』2019年9月2日。2019年9月2日閲覧
  25. ^ a b c オリックス増井浩俊1億3000万円減 減額制限を超える65%ダウン」『日刊スポーツ』2021年12月15日。2021年12月15日閲覧
  26. ^ 【オリックス】増井浩俊“偉業”ならず 史上初12球団勝利&セーブ&ホールド目指すもリード許し降板」『日刊スポーツ』2022年6月9日。2024年6月21日閲覧
  27. ^ オリックスが増井浩俊、中村勝に戦力外通告 両投手とも現役続行を希望」『スポーツニッポン』2022年10月17日。2023年1月27日閲覧
  28. ^ 元オリックス増井浩俊が現役引退 現役続行希望も移籍先決まらず 昨季2試合登板」『日刊スポーツ』2023年1月27日。2023年1月27日閲覧
  29. ^ 森繁和の投手考察 今週の考察対象/増井浩俊[日本ハム]」『週刊ベースボールONLINE』2012年10月16日。2016年7月18日閲覧
  30. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、90頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  31. ^ a b c 侍ジャパントップチーム選手紹介/増井浩俊(北海道日本ハムファイターズ) 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月25日) 2016年5月1日閲覧
  32. ^ 熱球ナイン2014年4月号 北海道新聞社
  33. ^ 『よかったね』日本ハム・増井が奮い立った夫人・佳奈さんの言葉」『サンケイスポーツ』産経新聞社、2016年9月29日。2016年9月29日閲覧
  34. ^ 【オリックス】増井浩俊「家族と離れ離れ」一人ぼっちのGWも「健康第一」」『スポーツ報知』2020年5月5日。2021年5月9日閲覧
  35. ^ オリックス・平野佳寿の史上初日米通算200セーブ&200ホールド…「ずっとライバル」増井浩俊さんだから知るすごさ」『スポーツ報知』2023年5月15日。2024年4月15日閲覧
  36. ^ 【球界ここだけの話(1644)】オリックスの守護神、増井とピザポテト」『サンケイスポーツ』2019年6月8日。2021年12月19日閲覧
  37. ^ 増井を特別表彰、小久保に功労賞」『日刊スポーツ』2012年10月1日。2021年12月19日閲覧
  38. ^ 先週達成された主な記録と近日達成が予想される記録(6/12現在)」『NPB.jp 日本野球機構』2017年6月13日。2023年1月27日閲覧
  39. ^ オリックス・増井 史上初の「全球団勝利&全球団セーブ」に意欲 残るはヤクルト戦勝利だけ」『スポーツニッポン』2021年1月13日。2023年1月27日閲覧
  40. ^ ハム増井、広げた視野と投球の幅 プロ人生で手にした「まさか」の偉業」『Full-Count』2017年8月17日。2023年1月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]