武田翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武田 翔太
福岡ソフトバンクホークス #30
Hawks30-Takeda.jpg
2013年3月31日、福岡ヤフオクドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 1993年4月3日(21歳)
身長
体重
187 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
初出場 2012年7月7日
年俸 1,950万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武田 翔太(たけだ しょうた、1993年4月3日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校でソフトボールを始める。宮崎市立住吉中学校時代は、軟式野球部に所属し3年時に県大会優勝を果たす[1]

宮崎日大高では1年秋からエースとなり、長身を活かした投球スタイルから九州ダルビッシュと呼ばれるようになる。3年時夏は、宮崎県予選準々決勝の鵬翔高戦で11奪三振を奪う力投を見せるも、脱水症状により足がつり9回裏で途中降板。その後、救援した投手が打たれ0-1でサヨナラ負けを喫した[2]。甲子園出場経験は無し。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから将来性を高く評価され1巡目指名を受けた[3]

プロ入り後[編集]

2012年7月7日、対北海道日本ハムファイターズ戦で1軍初登板・初先発、6回を1安打無失点と好投し、プロ初勝利を挙げる[4]。球団の高卒新人の初登板初勝利は、井上祐二以来31年ぶりの快挙、高卒ルーキーの初登板初勝利は2年ぶり17人目となる[5]。さらに、同年8月19日の対オリックス・バファローズ戦で5回2失点の好投で4勝目を挙げた。高卒ルーキーのデビューから先発で無傷の4連勝は1966年の堀内恒夫以来46年ぶりの快挙となった。9月25日には対オリックス戦にて111球、4安打、1四球のプロ初完封、完投勝利で7勝目を飾った[6]。最終的に、同年は8勝1敗、防御率1.07の成績を残した。新人王は受賞できなかったが、優秀新人賞として特別表彰された[7]

埼玉西武ライオンズとのCSファーストS第2戦では、石井一久以来20年ぶり5人目となる高卒新人によるポストシーズン先発を果たしたが、3回途中5失点で降板した[8]

プレースタイル[編集]

オーバースローから投げる平均球速約145km/h[9]、最速154km/h(韓国遠征時の記録、日本での最速は152km/h[10])のストレートに加え、角度や球速に変化をつけた3種類のカーブ・縦と横のスライダーチェンジアップと変化球も多彩[11]

球速だけにこだわらず、打者をいかに打ち取るかを探求しており、練習や自身の投球などを細かくノートに綴っている[11]

人物[編集]

目標としている投手は杉内俊哉和田毅で、「スピードボールで三振も取りたいが、頭を使った投球が出来る投手になりたい」と新入団選手発表で語った[12]

同期入団の吉本祥二は高校時代に下町のダルビッシュと呼ばれ、九州のダルビッシュと呼ばれた武田と「Wダルビッシュ」として注目を集めた[13]

前田幸長に「武田君は斉藤和巳になれる逸材」と絶賛された。

趣味はゴルフ将棋。好き嫌いは無いが、ソバアレルギーのため蕎麦を食べることが出来ない[14]

座右の銘は、「意志ありて道あり」。

遠縁にコブクロ小渕健太郎がいる[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ソフトバンク 11 11 1 1 0 8 1 0 0 .889 262 67.0 40 1 26 0 1 67 0 0 9 8 1.07 0.98
2013 17 17 0 0 0 4 4 0 0 .500 415 93.0 79 3 68 0 6 56 4 0 38 36 3.48 1.58
通算:2年 28 28 1 1 0 12 5 0 0 .706 677 160.0 119 4 94 0 7 123 4 0 47 44 2.48 1.33
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 優秀新人賞:2012年

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (2012年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年ドラフト指名者 ソフトバンク1位指名”. スポニチ Sponichi Annex. 2012年6月12日閲覧。
  2. ^ “宮崎のダル”武田、脱水症状に泣く”. デイリースポーツonline (2011年7月24日). 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ ドラフト会議で高校生No.1の武田投手ら12人を指名!武田投手「やるからには頂上を!」と早くも意気込み”. 福岡ソフトバンクホークス (2011年10月28日). 2012年6月12日閲覧。
  4. ^ “「九州のダル」武田 デビュー戦で6回1安打0封初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/08/kiji/K20120708003631930.html 2013年4月24日閲覧。 
  5. ^ “武田 高卒ルーキー初登板初勝利は2年ぶり17人目”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/08/kiji/K20120708003634080.html 2013年4月24日閲覧。 
  6. ^ “武田 プロ初完封で7勝目!「未知の世界」も乗り越え大きな1勝”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/25/kiji/K20120925004194730.html 2013年11月1日閲覧。 
  7. ^ “ソフトバンク 武田に優秀新人賞 パが特別表彰”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/20/kiji/K20121120004598800.html 2013年11月1日閲覧。 
  8. ^ “初KOの武田 1球のファウルに心乱れた「狙われている」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年10月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/15/kiji/K20121015004331160.html 2013年11月1日閲覧。 
  9. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、141頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  10. ^ 武田翔太 「いかに力を抜くか」コツ覚えて開花した19歳”. スポニチ Sponichi Annex (2012年12月25日). 2013年2月24日閲覧。
  11. ^ a b 【ソフトバンク1位】武田翔太 “九州のダルビッシュ”縦の変化球は絶品!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2012年6月12日閲覧。
  12. ^ 2012年度の新入団選手発表を実施。ドラ1・武田投手の意外(?)なセールポイントは…!?”. 福岡ソフトバンクホークス (2011年12月10日). 2012年6月12日閲覧。
  13. ^ ソフトバンク 九州&下町の「Wダル」獲り!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月28日). 2012年6月12日閲覧。
  14. ^ 1軍への道スタート 武田 弱点発覚!?”. 西日本新聞 スポーツ (2012年1月10日). 2012年6月12日閲覧。
  15. ^ 武田1勝をコブクロ小渕がお祝い”. 日刊スポーツ (2013年4月22日). 2013年4月28日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]