武田翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
武田 翔太
福岡ソフトバンクホークス #18
Hawks30-Takeda.jpg
2016年6月12日 福岡ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市[1]
生年月日 (1993-04-03) 1993年4月3日(29歳)
身長
体重
187 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
初出場 2012年7月7日
年俸 1億5000万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球
WBSCプレミア12
2015 野球

武田 翔太(たけだ しょうた、1993年4月3日 - )は、宮崎県宮崎市出身[1]プロ野球選手投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大分県別府市生まれ。6歳で宮崎市に転居し、小学校でソフトボールを始める。宮崎市立住吉中学校時代は、軟式野球部に所属し3年時に県大会で優勝し[1]、続く九州大会では初戦で三好匠を擁する北九州市立大谷中学校に敗れる。その後、Kボールの宮崎県選抜チームに選出されて全国大会に出場し、近藤健介を擁する千葉県選抜チームと対戦した。当時から球速は142kmあった[1]

宮崎日大高等学校では1年秋からエースとなり、長身を活かした投球スタイルから「九州のダルビッシュ」と呼ばれる。3年時夏は、宮崎県予選準々決勝の鵬翔高校戦で11奪三振を奪うが、脱水症状で足がつり9回裏に途中降板し、救援した投手が打たれ0-1でサヨナラ負けする[3]。甲子園出場経験は無し。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから1位指名される[4]。背番号は30。同期入団で「下町のダルビッシュ」と呼ばれた吉本祥二と共に「Wダルビッシュ」として注目を集めた[5]

ソフトバンク時代[編集]

2012年7月7日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たすと、5回までノーヒットの快投[6]。最速は152km/hを計測し、6回1安打無失点でプロ初勝利を挙げた[7]。「高卒新人の初登板初勝利」は2年ぶり(2010年中村勝以来)17人目、球団では31年ぶり(1981年井上祐二以来)2人目であった[8]。続く同14日の千葉ロッテマリーンズ戦でも6回4安打無失点の好投で勝利投手となり、球団史上初となる「高卒初登板からの2連勝」を達成[9]。7月19日に開催されたフレッシュオールスターゲームに選出され、5番手として6回から登板し、2イニングをパーフェクトに抑え、同試合の優秀選手賞を受賞した[10][11]。レギュラーシーズン再開後も8月4日の埼玉西武ライオンズ戦で7回途中3安打10奪三振無失点の好投、初の2桁奪三振を記録して勝利投手[12]。同19日のオリックス・バファローズ戦では5回2安打2失点[13]で勝利投手となり、「高卒新人の先発デビューから無傷の4連勝」は1966年の堀内恒夫以来、46年ぶりの快挙となった[14]。翌8月20日に疲労などを考慮されて出場選手登録を抹消され[15]、中13日で9月2日の日本ハム戦に先発し、6回5安打8奪三振2失点と内容のある投球を見せたものの、打線の援護に恵まれずにプロ初黒星を喫した[16]。その後は再び白星を積み重ね[17][18]、9月25日のオリックス戦では9回111球4安打無失点でプロ初完投・初完封勝利を挙げた[19]。ルーキーイヤーは11試合の一軍先発登板で8勝1敗・防御率1.07を記録し、新人王争いに加わり[20]、得票数は2位で受賞とはならなかったものの[21]、優秀新人賞として特別表彰された[22]。ポストシーズンでは、CSファーストステージ第2戦に先発[注 1]したが、3回途中5失点(自責点4)で敗戦投手となった[24]。オフに1200万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[25]

2013年は初めて開幕ローテーションに入り、開幕3試合目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発したが、5回途中7安打4四球5失点で敗戦投手[26]。その後も制球に苦しむ投球が続き[27][28]、5月19日の中日ドラゴンズ戦では4回4安打5四球3失点で降板すると[29]、疲労に加え、46イニングで29四球と投球フォームを見直す必要もあり、同22日に出場選手登録を抹消された[30][31]。7月31日のオリックス戦で2か月半ぶりとなる一軍先発登板となったが、7四死球とリズムが悪く、5回二死一・二塁の場面では右ふくらはぎの痙攣により緊急降板[32]。大事には至らず、以降も先発ローテーションを回ったが、制球難は解消されず[33][34]、9月25日のオリックス戦で5回2失点ながら6四死球を与えると、翌26日に出場選手登録を抹消され[35]、そのまま二軍でシーズンを終えた。この年は17試合の先発登板で4勝4敗・防御率3.48、リーグワーストの68四球を記録し、オフに50万円減となる推定年俸1950万円で契約を更改した[36]

2014年の春季キャンプ中に右肩痛で離脱。福岡に戻って病院で検査を受け、手術こそ回避したものの、リハビリ生活が始まった[37]。前年も異常があった箇所ということもあり、慎重に復帰に向けたステップを踏み[38]、5月26日の愛媛マンダリンパイレーツとの三軍戦で実戦復帰し、最速153km/hを計測[39]。8月6日の西武戦で一軍復帰を果たし、5回1安打無失点で勝利投手となった[37]。その後は8月だけで2度の登録抹消を経験したが[40][41]、9月は先発ローテーションを回り、この年は7試合に先発登板。援護に恵まれない試合が目立ち[42][43]、3勝3敗と勝ち星こそ伸び悩んだものの、防御率1.87を記録。ポストシーズンでは、日本ハムとのCSファイナルステージ第2戦に先発し、6回二死二・三塁の場面から今宮健太の悪送球を皮切りに4点を失い、6回3安打4失点(自責点0)で敗戦投手[44]阪神タイガースとの日本シリーズ第2戦では6回二死までパーフェクト、7回3安打1失点の好投で同シリーズ初登板初勝利を挙げ[45]、優秀選手賞も受賞した[46]。シーズン終了後の11月6日、左脇腹を痛めた小川泰弘に代わって日米野球2014日本代表に追加招集され[47][48]、同16日の第4戦で中継ぎとして初登板[49]。11月20日の最終戦では先発し、3回4安打4四球3奪三振1失点(自責0)の内容で勝利投手となった[50][51]。契約更改では650万円増となる推定年俸2600万円でサインした[52]

2015年2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出され[53]、3月11日の第2戦の6回から2イニングを投げ、3者連続奪三振を含むパーフェクトに抑えた[54][55]。レギュラーシーズンでは開幕ローテーション入りし[56]、春先は打線の援護に恵まれない試合が目立ったものの[57][58]、6月は4先発で防御率1.00、3年ぶり2度目の完封勝利[注 2]を含むリーグトップタイの3勝を記録し、同月の月間MVPを受賞した[60]。6月終了時点でチームトップの7勝を挙げると、監督推薦でオールスターゲームへの初出場が決定し[61]、第2戦の7回裏から5番手として登板し、1イニングを3者凡退に抑えた[62]。8月22日の楽天戦では8回1失点で自身初の2桁勝利を達成[63]、チームが優勝を決めた9月18日西武戦でも7回1失点で勝利投手となる[64]など、この年はシーズンを通して先発ローテーションを守り、自身初めて規定投球回に到達。25試合の先発登板で13勝6敗・防御率3.17を記録し、2年連続のリーグ優勝に貢献した。ポストシーズンでは、ロッテとのCSファイナルステージ第1戦に先発して5回途中で降板したが[65]東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズ第1戦では9回4安打2失点で完投勝利を挙げ[66]、2年連続で優秀選手賞を受賞し[67]、日本一連覇に大きく貢献した[68]。シーズン終了後の11月8日から開催された第1回WBSCプレミア12日本代表に選出され[69]、2試合に先発登板した[70][71]。12月21日の契約交渉では「金額より査定の内容をしっかり勉強したい」と保留した[72]

2016年1月21日に2度目の契約交渉を行い、4400万円増となる推定年俸7000万円でサインした[73]。2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表され[74]、3月6日に行われた第2戦に先発し、3回1安打1失点(自責点0)だった[75]。レギュラーシーズンでは開幕ローテーション入りし、開幕3試合目の楽天戦に先発し、9回128球を投げ抜き無失点に抑えると、延長10回表にチームが勝ち越したことで勝利投手となった[76]。続く4月3日のロッテ戦では初のバースデー登板となり[77]、5回まで無失点に抑えていたが、6回に4失点を喫して7回4失点で敗戦投手[78]。その後は白星を積み重ね[79]、6月19日の阪神戦で自身7連勝を達成[80]。続く同27日のロッテ戦で6失点、自己ワーストタイの3回で降板して連勝が止まったが[81]、この年もシーズンを通して先発ローテーションを守り、5回持たずに降板したのはこのロッテ戦のみ。27試合の先発登板でリーグ3位の183イニングを投げ[82]、14勝8敗・防御率2.95と好成績を収めた。シーズン終了後の11月10日から開催された「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出され[83]、メキシコ代表との初戦に先発し、4回3安打1失点であった[84]。契約更改では5000万円増となる推定年俸1億2000万円でサインした[85]

2017年2月4日、大谷翔平が右足首の故障により出場を辞退したため、WBCに追加招集された[86]。1次リーグの中国戦に先発して3回1失点であったが、同大会での登板はこの1試合のみであった[87]。レギュラーシーズンでは開幕ローテーション入りし、開幕5試合目の楽天戦に先発し、勝利投手となるも5回3失点[88]。続く4月12日の日本ハム戦では6回途中4失点で敗戦投手となると[89]、「WBCのころからおかしかった」という右肩の違和感により同14日に登録抹消[90]。精密検査の結果、右肩の炎症と診断され[91]、約1か月のノースロー調整を経て[92]、6月3日の二軍戦で実戦復帰[93]。同28日の日本ハム戦で一軍復帰を果たしたが、5回途中8安打6四球4失点(自責点3)で勝敗付かず[94]。その後は好投する試合[95][96]と制球難から早期に降板する試合[97][98]との差が激しい投球が続き、この年は13試合の先発登板で6勝4敗・防御率3.68という成績であった。ポストシーズンでは、楽天とのCSファイナルステージ第5戦に先発し、7回5安打無失点の好投。同シリーズ通算5試合目の登板で初白星を掴んだ[99]横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズ第3戦にも先発したが、5回途中1失点で降板した[100]。12月21日の契約更改では3000万円減となる推定年俸9000万円でサインし[101]、同日に背番号が18へ変更となることが球団から発表された[102]

2018年も開幕ローテーション入りしたが、開幕から4戦連続で本塁打を打たれて未勝利[103]。5月5日のオリックス戦では1安打[104]、続く同14日の日本ハム戦では2安打で2戦連続完封勝利を挙げたものの[105]、以降は自身5連敗[106]。連敗中はチーム事情もあって中継ぎへの配置転換も経験し、6月29日のロッテ戦では自身初めてレギュラーシーズンでのリリーフ登板を果たした[107]。7月18日の西武戦に先発して7失点、自己最短の2回で降板すると[106]無期限の二軍再調整を言い渡されたが[108]中田賢一がウイルス性胃腸炎で登録抹消されたことを受け、同29日の楽天戦で緊急先発[109]。9回124球を投げ抜き、3安打完封で77日ぶりの勝利を挙げた[110]。ただ、その後の3先発で2敗を喫し[111][112]、再びリリーフへ配置転換。9月1日の楽天戦でプロ初セーブを挙げるなど[113]、4試合のリリーフ登板全てで1回無失点と好投し[114]、先発に復帰したものの、2先発で勝利を挙げることはできず[115][116]、9月21日に登録抹消[117]。10月1日にリリーフとして一軍へ昇格し[118]、同6日の西武戦では初の救援勝利を挙げ[119]、この年は27試合(19先発)の登板で4勝9敗1セーブ・防御率4.48という成績であった。ポストシーズンでは「第2先発」として、日本ハム・西武とのクライマックスシリーズ[120][121]広島東洋カープとの日本シリーズにリリーフ登板[122]。日本シリーズでは4連投するなどフル回転し、2年連続日本一に大きく貢献した[123]。オフに500万円減となる推定年俸8500万円プラス出来高払いで契約を更改した[124]

2019年は5年連続となる開幕ローテーション入りを果たし、開幕6試合目のオリックス戦で8回途中無失点[125]、続く4月11日の日本ハム戦では7回途中2失点と好投し、開幕2連勝を記録[126]。しかし、同18日のロッテ戦でシーズン初黒星を喫すると[127]、5月1日の楽天戦では危険球退場により自己最短の1回0/3で降板[128]。続く3日の同カード[129]、5月10日の楽天戦では2試合連続で8失点を喫し[130]、リリーフへ配置転換となった[131]。5月19日の日本ハム戦で1回1安打3奪三振無失点に抑えると、降雨コールドの関係でシーズン初セーブが記録され[132]、同29日のオリックス戦では2点リードの7回裏から登板し、3者凡退に抑えてプロ初ホールドを挙げるなど[133]ブルペンの一角を担っていたが[134]、6月20日の東京ヤクルトスワローズ戦で失点を喫して[135]以降は結果を残せない登板が続き、7月9日に登録抹消[136]。8月14日の楽天戦で約3か月ぶりの一軍先発登板を果たし、8回3失点で勝利投手となり[137]、中10日で先発した同25日のロッテ戦[138]以降は先発ローテーションを回っていたものの、9月21日の日本ハム戦の登板予定を右肘の違和感で回避すると[139]、再びリリーフに回り[140]、この年は32試合(12先発)の登板で5勝3敗9ホールド1セーブ・防御率4.55という成績であった。ポストシーズンでは、西武とのCSファイナルステージ第2戦に先発するも、4回0/3を4安打3失点で降板した[141]読売ジャイアンツとの日本シリーズでは出場資格者名簿40人に入っていたが[142]、登板機会は無かった。オフに右肘のクリーニング手術を受け[143]、契約更改では500万円減となる推定年俸8000万円プラス出来高払いでサインした[144]

2020年は新型コロナウイルスの影響で開幕が6月19日に延期され、同日のオリックスとのウエスタン・リーグ開幕戦で右肘の手術からの実戦復帰を果たした[145]。同リーグ6試合の登板で防御率3.13を記録すると、8月28日の日本ハム戦で先発として一軍復帰[146]。7回5安打1失点の好投で362日ぶりの白星を挙げた[147]。しかし、9月23日のオリックス戦で3回6安打5四死球6失点(自責点5)と自滅してシーズン初黒星を喫すると[148]、続く同30日の楽天戦では7失点、自己最短タイの1回0/3で降板し[149]、翌10月1日に出場選手登録を抹消された[150]。10月28日にリリーフとして一軍に再昇格し[151]、2試合に登板。ロッテとのCSファイナルステージでもリリーフ待機、巨人との日本シリーズでは出場資格者名簿40人に入っていたものの[152]、ポストシーズンでの登板機会は無かった。この年は120試合制の短縮シーズンであったが、7試合(5先発)の登板で2勝2敗・防御率6.48という成績に終わり、オフに2000万円減となる推定年俸6000万円で契約を更改した[153]

2021年は2年ぶりに開幕ローテーション入りし、開幕6試合目のオリックス戦に先発。初回先頭から3連打で先制点を許し、敗戦投手にこそなったものの、7回途中4安打1失点と粘投し[154]、その後も安定した投球を続けると、5月からは「週アタマ」の火曜日の先発を任された[155]。5月18日の西武戦で9回5安打2失点、128球の熱投で3年ぶりの完投勝利を挙げ[156]、交流戦では2試合連続2桁奪三振を記録するなど[157]、前半戦は石川柊太と共に先発ローテーションを牽引し[158]、12試合の先発登板で4勝5敗・防御率2.68を記録。しかし、交流戦途中から右手示指腱鞘炎を発症しており、その影響で後半戦の一軍登板が無くシーズンを終えた[159]。12月22日の契約交渉では年俸変動制の4年契約を結び、2022年の推定年俸は9000万円増の1億5000万円プラス出来高払いでサイン[160]。三笠GMは「まだ28歳だし、この先も主軸として活躍してくれると評価した。来年のFA権取得を見込んで複数年契約の交渉をした」と説明し、金額については「いわゆる市場価値を想定してのオファー」と適正価格を強調。本人は「記者の皆さんも驚いたでしょ?僕が一番驚きました」と話した[161]

2022年は春季キャンプをA組でスタートするも[162]、広背筋付着部炎により2月8日からリハビリ組へ合流[163]。開幕を二軍で迎え、4月20日の三軍戦で実戦復帰を果たしたが[164]、同27日に新型コロナウイルス陽性判定を受け、自宅療養となった[165]。5月26日の二軍戦で再び実戦へ復帰し[166]、先発として調整を進めていたものの[167]嘉弥真新也藤井皓哉が新型コロナウイルス陽性判定[168]、さらには又吉克樹が骨折とリリーフ陣に離脱が相次ぎ[169]、中継ぎとして7月9日に一軍へ昇格[170]。6試合の登板で防御率1.35を記録し[171]、8月4日の日本ハム戦でシーズン初先発となる予定であったが[172]、先発ローテーションの一角を担っていた大関友久が8月1日に左精巣がんの疑いが判明し、翌2日に摘出手術を受け[173]、先発ローテーションが急遽再編され[174]、武田は8月6日の楽天戦でシーズン初先発となった[171]。1週間前から練習を始め、試合で使うのはぶっつけ本番であったというチェンジアップを効果的に使い、6回0/3を1失点と好投[175]。不慣れな球種の多投が影響し、右手指がつるアクシデントで降板となったが、シーズン初勝利を挙げた[176]

選手としての特徴[編集]

オーバースローから平均球速約145km/h[177]、最速154km/h[178](三軍の韓国遠征時に記録、日本での最速は153km/h[39])の速球、角度や球速に変化をつけた3種類のカーブ・縦と横のスライダーチェンジアップと多彩な変化球を投げ分ける[179]。プロ入り後はフォークボール[180]や、縦に大きく落ちる自称「Vスライダー」[181]、投手コーチの佐藤義則の名が付いた「ヨシボール」にも挑戦した[182]

特に「魔球」と形容される、縦に大きく割れる落差のあるカーブ(ドロップカーブ[183])を最大の武器としている。解説者からはカーブと称され、自身は当初スライダーとも述べていたが、後に本人のインタビューで「ドロップカーブ」が公認となった。このカーブについては小学生時代にやっていたバレーボールでアタックを打つ時の腕の使い方が原点で「自分の投球フォームはバレーボールのアタックからきている」と語っている[184]

球速だけにこだわらず、打者をいかに打ち取るかを探求しており、練習や自身の投球などを細かくノートに綴っている[179]

高校時代から痙攣が癖になっており、カフェイン摂取制限などの対策をとっている[185]

ダルビッシュ有のように体のバランスをとる目的で左でも投球できる[186]

人物[編集]

目標としている投手は杉内俊哉和田毅で、「セールスポイントは笑顔です。スピードボールで三振も取りたいですが、頭を使った投球が出来る投手になりたい」と新入団選手発表で語った[187]

遠縁にコブクロ小渕健太郎がいる[188]。好きなアーティストはUVERworldで、2014年から楽曲を登場曲にしている。ライブにもたびたび訪れるほか、メンバーとも親交がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ソフトバンク 11 11 1 1 0 8 1 0 0 .889 262 67.0 40 1 26 0 1 67 0 0 9 8 1.07 0.98
2013 17 17 0 0 0 4 4 0 0 .500 415 93.0 79 3 68 0 6 56 4 0 38 36 3.48 1.58
2014 7 7 1 0 0 3 3 0 0 .500 185 43.1 36 1 22 0 2 43 0 1 15 9 1.87 1.34
2015 25 25 1 1 0 13 6 0 0 .684 684 164.2 142 14 59 0 2 163 6 3 60 58 3.17 1.22
2016 27 27 1 1 0 14 8 0 0 .636 769 183.0 163 12 70 0 5 144 7 1 71 60 2.95 1.28
2017 13 13 1 1 1 6 4 0 0 .600 316 71.0 68 10 33 0 5 60 1 0 35 29 3.68 1.42
2018 27 19 3 3 0 4 9 1 0 .308 522 124.2 123 11 37 0 1 87 1 0 67 62 4.48 1.28
2019 32 12 0 0 0 5 3 1 9 .625 361 83.0 78 6 40 0 4 70 2 0 48 42 4.55 1.42
2020 7 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 121 25.0 34 7 14 1 1 23 2 0 19 18 6.48 1.92
2021 12 12 1 0 0 4 5 0 0 .444 314 77.1 66 7 24 0 2 73 2 0 23 23 2.68 1.16
通算:10年 178 148 9 7 1 63 45 2 9 .583 3949 932.0 829 72 393 1 29 786 25 5 385 345 3.33 1.31
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手(先発)成績所属リーグ内順位[編集]





















2012 19 パ・リーグ 7位 3位 - - - - -
2013 20 - - - - - - -
2014 21 6位 - - - - - -
2015 22 4位 3位 2位 2位 4位 3位 4位
2016 23 5位 2位 2位 5位 3位 5位 6位
2017 24 7位 3位 - - - - -
2018 25 3位 1位 - - - - -
2019 26 - - - - - - -
2020 27 - - - - - - -
2021 28 6位 - - - - - -
  • -は10位未満

WBSCプレミア12での投手成績[編集]










































2015 日本 2 2 0 0 0 29 7.0 6 0 3 0 0 7 1 0 0 0 0.00

WBCでの投手成績[編集]










































2017 日本 1 1 1 0 0 13 3.0 4 0 1 0 0 3 0 0 1 1 3.00

年度別守備成績[編集]



投手












2012 ソフトバンク 11 7 13 1 1 .952
2013 17 4 13 0 0 1.000
2014 7 3 8 2 0 .846
2015 25 15 16 0 0 1.000
2016 27 18 27 0 2 1.000
2017 13 3 15 1 1 .947
2018 27 13 15 0 1 1.000
2019 32 3 15 0 0 1.000
2020 7 1 6 0 0 1.000
2021 12 3 10 0 0 1.000
通算 178 70 138 4 5 .981
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

  • パ・リーグ 連盟特別表彰:1回(新人特別賞:2012年[189]
  • 月間MVP:1回(投手部門:2015年6月)
  • 日本シリーズ優秀選手賞:2回(2014年、2015年)

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 30(2012年 - 2017年)
  • 18(2018年 - )

登場曲[編集]

[191]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM・広告[編集]

  • 三菱電機「三菱 録画テレビ × ホークス」(※九州地方限定CM)[192]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「高卒新人のポストシーズンでの先発」は20年ぶり(1992年石井一久以来)5人目、プレーオフ・CSでは史上初であった[23]
  2. ^ この試合ではプロ初安打初打点も記録した[59]

出典[編集]

  1. ^ a b c d PROFILE プロフィール 武田 翔太”. TAKEDA SHOTA OFFICIAL WEB SITE. 2017年6月12日閲覧。
  2. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月23日閲覧。
  3. ^ “宮崎のダル”武田、脱水症状に泣く”. デイリースポーツonline (2011年7月24日). 2012年6月12日閲覧。
  4. ^ ドラフト会議で高校生No.1の武田投手ら12人を指名!武田投手「やるからには頂上を!」と早くも意気込み”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2011年10月28日). 2012年6月12日閲覧。
  5. ^ ソフトバンク 九州&下町の「Wダル」獲り!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月28日). 2012年6月12日閲覧。
  6. ^ ソフトB武田6回無失点プロ初勝利/詳細”. 日刊スポーツ (2012年7月7日). 2022年2月27日閲覧。
  7. ^ “「九州のダル」武田 デビュー戦で6回1安打0封初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/08/kiji/K20120708003631930.html 2013年4月24日閲覧。 
  8. ^ “武田 高卒ルーキー初登板初勝利は2年ぶり17人目”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年7月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/08/kiji/K20120708003634080.html 2013年4月24日閲覧。 
  9. ^ 【ソフトB】ドラ1武田球団史上初の快挙 2012年7月14日 日刊スポーツ
  10. ^ 武田2回パーフェクト!鈴木監督「違う世界で投げていた」”. Sponichi Annex (2012年7月20日). 2022年2月27日閲覧。
  11. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2012 表彰選手 日本野球機構
  12. ^ 【ソフトB】武田3勝目「楽しかった」”. 日刊スポーツ (2012年8月4日). 2022年2月27日閲覧。
  13. ^ 【ソフトB】武田「野手に感謝」”. 日刊スポーツ (2012年8月19日). 2022年2月27日閲覧。
  14. ^ 【ソフトB】「悪いなりにできるんだな」”. 日刊スポーツ (2012年8月19日). 2022年2月27日閲覧。
  15. ^ 【ソフトB】武田、疲労考慮し登録抹消 2012年8月20日 日刊スポーツ
  16. ^ ソフトB武田が初被弾初黒星”. 日刊スポーツ (2012年9月3日). 2022年2月27日閲覧。
  17. ^ 【ソフトB】秋山監督3連勝で武田評価”. 日刊スポーツ (2012年9月9日). 2022年2月27日閲覧。
  18. ^ 【ソフトB】武田高卒新人寺原以来の6勝”. 日刊スポーツ (2012年9月16日). 2022年2月27日閲覧。
  19. ^ “武田 プロ初完封で7勝目!「未知の世界」も乗り越え大きな1勝”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月25日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/25/kiji/K20120925004194730.html 2013年11月1日閲覧。 
  20. ^ 【ソフトB】武田8勝目に「新人王取る」”. 日刊スポーツ (2012年10月3日). 2022年2月27日閲覧。
  21. ^ 2012年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)NPB.jp 日本野球機構
  22. ^ “ソフトバンク 武田に優秀新人賞 パが特別表彰”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/20/kiji/K20121120004598800.html 2013年11月1日閲覧。 
  23. ^ “初KOの武田 1球のファウルに心乱れた「狙われている」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年10月15日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/15/kiji/K20121015004331160.html 2013年11月1日閲覧。 
  24. ^ 【ソフトB】武田KO「力んだ…」/CS”. 日刊スポーツ (2012年10月14日). 2022年2月27日閲覧。
  25. ^ ソフトB武田150%UP 高卒新人最高率”. 日刊スポーツ (2012年12月4日). 2022年2月27日閲覧。
  26. ^ ソフトB武田、5回途中5失点KO”. 日刊スポーツ (2013年4月1日). 2022年2月27日閲覧。
  27. ^ 【ソフトB】先発全員13安打9点連勝!”. 日刊スポーツ (2013年4月14日). 2022年2月27日閲覧。
  28. ^ ソフトB武田が4度目先発で初勝利”. 日刊スポーツ (2013年4月22日). 2022年2月27日閲覧。
  29. ^ 【ソフトB】武田5四球に「リズムが…」”. 日刊スポーツ (2013年5月19日). 2022年2月27日閲覧。
  30. ^ 【ソフトB】武田が再調整で登録抹消 2013年5月22日 日刊スポーツ
  31. ^ ソフトBの武田が登録抹消 2勝挙げるも46イニングで29四球”. Sponichi Annex (2013年5月22日). 2022年2月27日閲覧。
  32. ^ 【ソフトB】武田5回途中に緊急降板”. 日刊スポーツ (2013年7月31日). 2022年2月27日閲覧。
  33. ^ 【ソフトB】武田6回途中降板に猛省”. 日刊スポーツ (2013年8月7日). 2022年2月27日閲覧。
  34. ^ 【ソフトB】武田8失点も黒星免れた”. 日刊スポーツ (2013年9月18日). 2022年2月27日閲覧。
  35. ^ 【ソフトB】武田2度目抹消…制球難課題 2013年9月26日 日刊スポーツ
  36. ^ ソフトB武田 右肩の不安解消”. 日刊スポーツ (2013年12月10日). 2022年2月27日閲覧。
  37. ^ a b 武田、復活勝利。昨年9月11日以来。MAX151キロ”. 西日本スポーツ (2014年8月7日). 2022年2月27日閲覧。
  38. ^ 武田投手復帰戦で153キロ!「違和感なかった」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2014年5月25日). 2022年2月27日閲覧。
  39. ^ a b ソフトB武田半年ぶり実戦で153キロ 2014年5月26日 日刊スポーツ
  40. ^ 武田 1軍登録を抹消 次は17日先発か”. 西日本スポーツ (2014年8月8日). 2022年2月27日閲覧。
  41. ^ ソフトBが武田を抹消”. 日刊スポーツ (2014年8月25日). 2022年2月27日閲覧。
  42. ^ ロッテ唐川2勝 ソフトB武田今季初黒星”. 日刊スポーツ (2014年8月24日). 2022年2月27日閲覧。
  43. ^ オリックス 早めの継投ズバリ!首位攻防戦カード勝ち越し!”. Sponichi Annex (2014年9月18日). 2022年2月27日閲覧。
  44. ^ ソフトB武田6回4失点「悔やまれる」”. 日刊スポーツ (2014年10月16日). 2022年2月27日閲覧。
  45. ^ ソフト武田が日本S初登板初先発で1勝 2014年10月26日 日刊スポーツ
  46. ^ 受賞に驚き 優秀選手賞 武田”. 西日本スポーツ (2014年10月31日). 2022年2月27日閲覧。
  47. ^ “侍ジャパントップチーム、出場選手変更のお知らせ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. (2014年11月6日). https://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20141106_2.html 2014年11月6日閲覧。 
  48. ^ ソフトB武田「侍」招集 魔球で米斬る 2014年11月7日 日刊スポーツ
  49. ^ 武田 充実の44球 2回1失点 成長の糧に「対戦できてうれしかった」”. 西日本スポーツ (2014年11月17日). 2022年2月27日閲覧。
  50. ^ 侍武田3回1失点「リズムが悪かった」 2014年11月20日 日刊スポーツ
  51. ^ 侍ジャパンオフィシャルサイト
  52. ^ ソフトB武田650万増「1年ローテ守る」”. 日刊スポーツ (2014年12月15日). 2022年2月27日閲覧。
  53. ^ 欧州代表戦、侍ジャパン出場選手発表!6選手が小久保体制下で初招集 侍ジャパン公式サイト (2015年2月16日) 2015年3月22日閲覧
  54. ^ 武田3連続奪三振 2イニング完璧 侍2-6で敗れる 日本代表強化試合”. 西日本スポーツ (2015年3月12日). 2022年2月27日閲覧。
  55. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧
  56. ^ 4・1先発有力 あす2軍戦登板 武田”. 西日本スポーツ (2015年3月24日). 2022年2月27日閲覧。
  57. ^ ソフトB武田ヨシボール使える 9回3安打0封”. 日刊スポーツ (2015年4月9日). 2022年2月27日閲覧。
  58. ^ ソフトバンク 投手戦制す!今季2度目のサヨナラで3連勝!”. Sponichi Annex (2015年4月22日). 2022年2月27日閲覧。
  59. ^ ソフトB武田、3年ぶり完封&プロ初安打初打点”. 日刊スポーツ (2015年6月5日). 2022年2月27日閲覧。
  60. ^ ソフトバンク武田、月間MVP「いい1カ月だった」 日刊スポーツ
  61. ^ ソフト松田「最後に少し出るだけだと」 球宴監督推薦発表”. Sponichi Annex (2015年7月2日). 2022年2月27日閲覧。
  62. ^ 2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦)”. 日本野球機構. 2022年2月27日閲覧。
  63. ^ ソフトバンク武田プロ初2桁勝利「うれしい気持ち」”. 日刊スポーツ (2015年8月22日). 2022年2月27日閲覧。
  64. ^ 工藤監督パ最速胴上げ!ソフトバンク19度目優勝 日刊スポーツ
  65. ^ ソフトバンク武田 日本シリーズの開幕任せた”. 日刊スポーツ (2015年10月20日). 2022年2月27日閲覧。
  66. ^ 武田が9回2失点の快投!ソフトバンクが先勝 24日の日本シリーズ結果”. BASEBALL KING (2015年10月24日). 2022年2月27日閲覧。
  67. ^ 役割を果たした先発右腕コンビ 武田&バンデンハーク”. 西日本スポーツ (2015年10月30日). 2022年2月27日閲覧。
  68. ^ 武田翔太「やる気のないフォーム」が生んだ150キロと魔球 sportiva
  69. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  70. ^ 侍日本が3連勝 中田V打3打点/プレミア12詳細”. 日刊スポーツ (2015年11月12日). 2022年2月27日閲覧。
  71. ^ 侍日本3位 5発コールド勝ち/プレミア12詳細”. 日刊スポーツ (2015年11月21日). 2022年2月27日閲覧。
  72. ^ ソフトバンク武田は保留…代理人と査定資料持ち帰る”. 日刊スポーツ (2015年12月22日). 2022年2月27日閲覧。
  73. ^ 武田7000万でサイン、ソフトバンク初高卒5年目”. 日刊スポーツ (2016年1月22日). 2022年2月27日閲覧。
  74. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  75. ^ 日本通運 presents 侍ジャパン強化試合 チャイニーズ・タイペイvs日本 2016年03月06日(日)京セラドーム大阪”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2017年1月6日閲覧。
  76. ^ ソフトバンク今季初白星 武田粘りの投球で9回0封”. 日刊スポーツ (2016年3月28日). 2017年1月6日閲覧。
  77. ^ 武田悲弾「失投です」”. 西日本スポーツ (2016年4月4日). 2022年2月27日閲覧。
  78. ^ ソフトバンク武田「失投」レアードから強烈な贈り物”. 日刊スポーツ (2016年4月3日). 2022年2月27日閲覧。
  79. ^ ソフトバンク 武田が8回1失点で4連勝”. Sponichi Annex (2016年5月15日). 2022年2月27日閲覧。
  80. ^ 武田対セ6勝無敗 パ・トップタイ8勝 7回2失点も反省”. 西日本スポーツ (2016年6月20日). 2022年2月27日閲覧。
  81. ^ ソフトバンク先発武田3回6失点KO「申し訳ない」”. 日刊スポーツ (2016年6月27日). 2017年1月6日閲覧。
  82. ^ 2016年度 パシフィック・リーグ 【投球回】 リーダーズ(投手部門)”. 日本野球機構. 2022年2月27日閲覧。
  83. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  84. ^ 侍ジャパン強化試合 日本 対 メキシコ 第1戦”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年11月10日). 2022年2月27日閲覧。
  85. ^ ソフトバンク武田1・2億円更改 6年目で大台突破”. 日刊スポーツ (2016年12月21日). 2017年1月6日閲覧。
  86. ^ 【WBC】ソフトB武田が追加招集 大谷辞退で「準備しなきゃいけないと思っていた」”. 東スポWeb (2017年2月4日). 2017年2月4日閲覧。
  87. ^ 侍ジャパン武田 リベンジ誓う”. 西日本スポーツ (2017年3月24日). 2022年2月27日閲覧。
  88. ^ 武田は不満5回3失点「もっと長いイニング投げたかった」”. Sponichi Annex (2017年4月6日). 2022年2月27日閲覧。
  89. ^ 武田、また魔の5回 絶不調レアードよみがえらせる2ラン被弾”. 西日本スポーツ (2017年4月13日). 2022年2月27日閲覧。
  90. ^ 武田翔太が右肩違和感で抹消「WBCのころから…」”. 日刊スポーツ (2017年4月14日). 2022年2月27日閲覧。
  91. ^ 武田は右肩炎症 「蓄積疲労みたいなもの。しっかりリハビリする」”. 西日本スポーツ (2017年4月15日). 2022年2月27日閲覧。
  92. ^ ホークス武田、交流戦中にも復帰”. 西日本スポーツ (2017年5月12日). 2022年2月27日閲覧。
  93. ^ 武田、手応え3回42球 1カ月半ぶり実戦、1安打1失点”. 西日本スポーツ (2017年6月4日). 2022年2月27日閲覧。
  94. ^ 武田フラフラ復帰星ならず 77日ぶり登板 6四球響き4回2/3 4失点”. 西日本スポーツ (2017年6月29日). 2022年2月27日閲覧。
  95. ^ ソフトB武田 6回1安打無失点で3カ月半ぶり白星!直球に自信「一番良かった」”. Sponichi Annex (2017年7月22日). 2022年2月27日閲覧。
  96. ^ ソフトB武田 志願の今季初完封「最後も投げたいと」”. Sponichi Annex (2017年9月6日). 2022年2月27日閲覧。
  97. ^ ソフトB 夢のシーズン100勝消滅 武田5回途中6失点KO”. Sponichi Annex (2017年9月22日). 2022年2月27日閲覧。
  98. ^ ホークス武田にタオル投入 制球乱れ今季最多タイ6四球 4回2/3“TKO””. 西日本スポーツ (2017年8月21日). 2022年2月27日閲覧。
  99. ^ ソフトB武田 今CSチーム初の先発白星”. 西日本スポーツ (2017年11月23日). 2017年11月24日閲覧。
  100. ^ ソフトバンク武田5回途中降板、日本S初めて勝てず”. 日刊スポーツ (2017年10月31日). 2017年11月24日閲覧。
  101. ^ ソフトバンク武田3000万減「1年間苦しんだ」”. 日刊スポーツ (2017年12月21日). 2017年12月25日閲覧。
  102. ^ 2017/12/21(木) プレスリリース 背番号の変更について”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月21日). 2017年12月25日閲覧。
  103. ^ ソフトB武田、未勝利に危機感「そろそろ…」 5日オリ戦先発”. 西日本スポーツ (2018年5月5日). 2022年2月27日閲覧。
  104. ^ ソフトバンク武田が初勝利、ノーノーまであと1歩…”. 日刊スポーツ (2018年5月5日). 2022年2月27日閲覧。
  105. ^ ソフトB武田 1安打の次は…2安打で2戦連続完封「低めにドーンと」”. Sponichi Annex (2018年5月14日). 2022年2月27日閲覧。
  106. ^ a b ソフトB武田 自己最短2回7失点KO「単調になってしまった」”. Sponichi Annex (2018年7月19日). 2022年2月27日閲覧。
  107. ^ ソフトB武田が救援初体験 5回から登板3イニング4K1失点”. 西日本スポーツ (2018年6月30日). 2022年2月27日閲覧。
  108. ^ ソフトB武田抹消、無期限2軍 倉野コーチばっさり「戦っているように見えない。士気に影響する」”. 西日本スポーツ (2018年7月20日). 2022年2月27日閲覧。
  109. ^ 無期限2軍調整が一転 ソフトB武田、29日緊急先発「頑張るしか」”. 西日本スポーツ (2018年7月29日). 2022年2月27日閲覧。
  110. ^ ソフトB武田、3勝すべて完封!中田抹消で緊急先発 投げ抜いた124球”. Sponichi Annex (2018年7月30日). 2022年2月27日閲覧。
  111. ^ 悪い方が出た…“別人”ソフトB武田6失点8敗目「球が高かった」”. Sponichi Annex (2018年8月6日). 2022年2月27日閲覧。
  112. ^ ソフトB武田、自己ワースト9敗 “完封気配”一転、5回から…”. 西日本スポーツ (2018年8月17日). 2022年2月27日閲覧。
  113. ^ ソフトバンク武田が初セーブ「森さんってすごいな」”. 日刊スポーツ (2018年9月1日). 2018年4月5日閲覧。
  114. ^ ソフトB武田、3週間ぶり先発予定「中継ぎの延長と思って」”. 西日本スポーツ (2018年9月11日). 2022年2月27日閲覧。
  115. ^ ソフトB工藤監督、計算済み「必勝継投」的中 西武戦見据え”. 西日本スポーツ (2018年9月13日). 2022年2月27日閲覧。
  116. ^ ソフトB武田、清宮に一発献上 初回悪夢4失点”. 西日本スポーツ (2018年9月21日). 2022年2月27日閲覧。
  117. ^ ソフトB武田、再調整で抹消 フォーム見直しへ”. 西日本スポーツ (2018年9月22日). 2022年2月27日閲覧。
  118. ^ ソフトB武田「投げられるならどの役割でも」 好ロングリリーフ 昇格即0封”. 西日本スポーツ (2018年10月2日). 2022年2月27日閲覧。
  119. ^ ソフトバンク武田4勝、西田4号 西武4連勝止まる”. 日刊スポーツ (2018年10月6日). 2018年4月5日閲覧。
  120. ^ ソフトB武田ほえた!満塁斬り「心臓が飛び出ていたかも」 完全救援星”. 西日本スポーツ (2018年10月14日). 2022年2月27日閲覧。
  121. ^ 必勝継投で獅子封じ ソフトB工藤監督「第2先発」勝負がハマった 東浜4回→武田2回→石川1回”. 西日本スポーツ (2018年10月21日). 2022年2月27日閲覧。
  122. ^ ソフトバンク武田が回またぎ&新井斬り 「楽しかった」シリーズ5登板”. 西日本スポーツ (2018年11月4日). 2022年2月27日閲覧。
  123. ^ ソフトB武田、今オフ無休で新フォーム固め 理想は藤川球児”. 西日本スポーツ (2018年11月13日). 2022年2月27日閲覧。
  124. ^ ソフトバンク武田は500万減「勉強の1年だった」”. 日刊スポーツ (2018年12月28日). 2018年4月5日閲覧。
  125. ^ ソフトバンク開幕無傷5連勝 武田249日ぶり先発勝利”. 西日本スポーツ (2019年4月5日). 2018年4月5日閲覧。
  126. ^ ソフトB・武田、開幕2連勝!7回途中7安打2失点の好投”. Sponichi Annex (2019年4月11日). 2022年2月27日閲覧。
  127. ^ ソフトバンク武田乱調3回5失点の降板劇 今季も調子に波?”. 西日本スポーツ (2019年4月19日). 2022年2月27日閲覧。
  128. ^ ソフトバンク武田危険球退場 痛恨の令和大敗発進”. 西日本スポーツ (2019年5月2日). 2022年2月27日閲覧。
  129. ^ ソフトバンク武田4回途中8失点 「令和開始3日で2敗」は回避”. 西日本スポーツ (2019年5月3日). 2022年2月27日閲覧。
  130. ^ ソフトバンク武田8失点KO、危険球退場後2戦続け”. 日刊スポーツ (2019年5月10日). 2020年3月1日閲覧。
  131. ^ 今季初の中継ぎソフトバンク武田、いきなり暴投もロング救援で無失点”. 西日本スポーツ (2019年5月15日). 2022年2月27日閲覧。
  132. ^ ソフトバンク武田驚きS ぬかるむ足場で「今までない」発見”. 西日本スポーツ (2019年5月20日). 2022年2月27日閲覧。
  133. ^ 2019年5月29日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs福岡ソフトバンク)”. 日本野球機構. 2022年2月27日閲覧。
  134. ^ ソフトバンク森の離脱は長期化へ パ・リーグ混戦に拍車か”. 西日本スポーツ (2019年6月18日). 2022年2月27日閲覧。
  135. ^ 内川4安打大暴れ!ソフトB ヤクルト下し交流戦首位キープ 大竹が5勝目”. Sponichi Annex (2019年6月20日). 2022年2月27日閲覧。
  136. ^ ソフトバンク今季最大4選手入れ替え田中正義ら登録”. 日刊スポーツ (2019年7月9日). 2022年2月27日閲覧。
  137. ^ ソフトバンク武田4勝「前に進めた」3カ月ぶり先発”. 日刊スポーツ (2019年8月14日). 2020年3月1日閲覧。
  138. ^ ソフトバンク武田復調5回1失点 井上の一発悔やむ”. 西日本スポーツ (2019年8月26日). 2022年2月27日閲覧。
  139. ^ ソフトバンク武田先発回避、二保が代役へ 21日日本ハム戦”. 西日本スポーツ (2019年9月20日). 2022年2月27日閲覧。
  140. ^ ソフトバンク武田「よくはない」も回またぎ完全0封”. 日刊スポーツ (2019年9月21日). 2020年3月1日閲覧。
  141. ^ ソフトバンク武田「最低限の投球」5回途中3失点”. 日刊スポーツ (2019年10月10日). 2020年3月1日閲覧。
  142. ^ 19日に開幕!日本シリーズの出場資格者名簿一覧”. BASEBALL KING (2019年10月18日). 2022年2月27日閲覧。
  143. ^ ソフトバンク武田翔太が右肘手術へ 来季開幕は微妙”. 日刊スポーツ (2019年11月11日). 2020年3月1日閲覧。
  144. ^ ソフトバンク武田500万減「もっとできなければ」”. 日刊スポーツ (2019年12月26日). 2021年12月26日閲覧。
  145. ^ ソフトバンク武田8カ月ぶり実戦 「打たれたけど」右肘手術乗り越え”. 西日本スポーツ (2020年6月20日). 2022年2月27日閲覧。
  146. ^ ソフトバンク武田28日の日本ハム戦で今季初先発へ 昨年右肘を手術”. 西日本スポーツ (2020年8月27日). 2022年2月27日閲覧。
  147. ^ “ソフトバンク・武田が約1年ぶり白星!完璧主義の右腕が「中庸」テーマに復活”. 東京スポーツ. (2020年8月28日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2121828/ 2021年12月26日閲覧。 
  148. ^ ソフトバンク 今季初4連敗…武田 今季最短3回6失点KO、投壊10失点”. Sponichi Annex (2020年9月24日). 2022年2月27日閲覧。
  149. ^ ソフトB・武田、また背信…1回0/3で7失点KO 工藤監督「次をどうするか考えていかないと」”. Sponichi Annex (2020年10月1日). 2022年2月27日閲覧。
  150. ^ “ソフトバンク武田抹消、9月30日に2回途中KO”. 西日本スポーツ. (2020年10月1日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/650256/ 2021年12月26日閲覧。 
  151. ^ ソフトバンク武田を登録、和田を抹消”. 西日本スポーツ (2020年10月28日). 2022年2月27日閲覧。
  152. ^ 日本シリーズの40人ロースター公示 この中の26名がベンチ入り”. BASEBALL KING (2020年11月19日). 2022年2月27日閲覧。
  153. ^ ソフトバンク武田2000万円減「来年にかける」”. 日刊スポーツ (2020年12月25日). 2021年12月26日閲覧。
  154. ^ ソフトバンク武田が立ち上がりに悔い「初回以外は」”. 日刊スポーツ (2021年4月1日). 2022年2月27日閲覧。
  155. ^ 好調武田を抹消しても解消したかった「火曜日問題」”. 西日本スポーツ (2021年5月11日). 2022年2月27日閲覧。
  156. ^ “ソフトバンク武田3年ぶり完投勝利 原点回帰のカーブ操りまだまだ輝く”. 日刊スポーツ. (2021年5月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105180001243.html 2021年12月26日閲覧。 
  157. ^ 武田、2戦連続2桁奪三振 4戦連続QSの安定感”. 西日本スポーツ (2021年6月9日). 2022年2月27日閲覧。
  158. ^ ソフトバンク、武田を後半戦開幕カードで投入へ 首脳陣の期待大、久々登板G斬りで弾み”. 西日本スポーツ (2021年8月3日). 2022年2月27日閲覧。
  159. ^ ソフトバンク・武田 完全復活へ宝刀カーブ改良 理想は右打者に食い込むイメージ バド投法で磨き上げる”. Sponichi Annex (2021年11月30日). 2022年2月27日閲覧。
  160. ^ ソフト武田翔太、年俸1・5億の変動制4年契約 FA見据え球団が大型提示”. 日刊スポーツ (2021年12月22日). 2021年12月26日閲覧。
  161. ^ 4勝の武田に4年6億円 「市場価値を想定」したというソフトバンクの評価”. 西日本スポーツ (2021年12月23日). 2022年2月27日閲覧。
  162. ^ ソフトバンク・キャンプメンバー振り分け 柳田、松田らコロナ陽性の11選手は筑後で調整”. Sponichi Annex (2022年1月24日). 2022年8月7日閲覧。
  163. ^ 武田が広背筋付着部炎でリハビリ組へ 6日のキャッチボール中に異変”. 西日本スポーツ (2022年2月7日). 2022年8月7日閲覧。
  164. ^ ソフトバンク・武田 実戦復帰で2回無失点「投げたいボールが投げられた」”. Sponichi Annex (2022年4月21日). 2022年8月7日閲覧。
  165. ^ ソフトバンク・武田が新型コロナ陽性 発熱など複数症状ありPCR検査で判明”. BASEBALL KING (2022年4月27日). 2022年8月7日閲覧。
  166. ^ ソフトバンク武田、7失点の乱調に「悪い感じが出た」新型コロナ感染から復帰後初実戦”. 西日本スポーツ (2022年5月26日). 2022年8月7日閲覧。
  167. ^ 武田「前に進んでいます」2軍阪神戦で5回2失点 後半戦からの1軍復帰に意気込み”. 西日本スポーツ (2022年6月11日). 2022年8月7日閲覧。
  168. ^ 【ソフトバンク】「勝ちパターン」担う嘉弥真新也、藤井皓哉が新たにコロナ陽性判定”. 東スポ (2022年6月27日). 2022年8月7日閲覧。
  169. ^ ソフトバンク・又吉が右足骨折 復帰まで3カ月の見通し”. サンスポ (2022年7月9日). 2022年8月7日閲覧。
  170. ^ オリ、トレード移籍の石岡を即登録&山岡抹消 鷹は又吉を抹消 9日の公示”. Full-Count (2022年7月9日). 2022年8月7日閲覧。
  171. ^ a b 武田翔太「勝てる投球をしたい」6日楽天戦で今季初先発”. 西日本スポーツ (2022年8月6日). 2022年8月7日閲覧。
  172. ^ ソフトバンク武田翔太4日今季初先発へ 中継ぎから…球数は考慮”. 西日本スポーツ (2022年8月2日). 2022年8月7日閲覧。
  173. ^ みんな待ってる…がん手術の大関友久 復帰時期未定も球団はサポート”. 西日本スポーツ (2022年8月4日). 2022年8月7日閲覧。
  174. ^ 先発ローテ緊急再編の藤本監督「早く見つかって良かった」精巣がん疑いで手術の大関友久離脱に”. 西日本スポーツ (2022年8月3日). 2022年8月7日閲覧。
  175. ^ ソフトバンク・武田翔太が「和田+杉内」のチェンジアップで楽天打線相手に好投”. サンスポ (2022年8月6日). 2022年8月7日閲覧。
  176. ^ 【ソフトバンク】後半戦初の連勝「めっちゃ効いた」武田翔太が新球チェンジアップで今季初勝利”. 日刊スポーツ (2022年8月6日). 2022年8月7日閲覧。
  177. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、141頁頁。ISBN 978-4-905411-11-6 
  178. ^ 武田翔太 「いかに力を抜くか」コツ覚えて開花した19歳”. スポニチ Sponichi Annex (2012年12月25日). 2017年2月11日閲覧。
  179. ^ a b 【ソフトバンク1位】武田翔太 “九州のダルビッシュ”縦の変化球は絶品!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2012年6月12日閲覧。
  180. ^ ソフトB武田 新球フォークでロッテ翻弄 2013年3月21日 日刊スポーツ
  181. ^ サムライ武田「Vスライダー曲がりすぎ」 2014年11月11日 日刊スポーツ
  182. ^ ソフトバンク・武田2度目完封 新球「ヨシボール」冴え10Kスポニチ Sponichi Annex
  183. ^ 【甘口辛口】ソフトB・武田、昭和の野球をほうふつさせる“懸河のドロップ”を磨いてほしい 2014年10月28日SANSPO.COM
  184. ^ 【ソフトB】武田、「魔球」高速カーブは“アタック” 2014年12月20日スポーツ報知
  185. ^ ソフトB武田コーヒー断ち けいれん対策”. 日刊スポーツ (2013年8月6日). 2021年12月26日閲覧。
  186. ^ ソフトB・武田の仰天“両投げ” 左でも変化球ズバズバ東スポweb
  187. ^ 2012年度の新入団選手発表を実施。ドラ1・武田投手の意外(?)なセールポイントは…!?”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2011年12月10日). 2012年6月12日閲覧。
  188. ^ 武田1勝をコブクロ小渕がお祝い”. 日刊スポーツ (2013年4月22日). 2013年4月28日閲覧。
  189. ^ 高卒1年目での受賞は他に藤浪晋太郎のみ
  190. ^ “ソフトB上林 延長10回V18号 3連勝で首位・西武に5差”. スポーツニッポン. (2018年9月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/01/kiji/20180901s00001173292000c.html 2018年9月1日閲覧。 
  191. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年3月10日閲覧。
  192. ^ 三菱録画テレビでキャッチ!プレゼントキャンペーン”. 三菱電機公式ホームページ. 2017年4月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]