門奈哲寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
門奈 哲寛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市
生年月日 (1970-05-30) 1970年5月30日(49歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト2位
初出場 1993年4月14日
最終出場 1996年5月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

門奈 哲寛(もんな てつひろ、1970年5月30日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手投手)。

現在は福岡ソフトバンクホークス打撃投手兼2軍用具担当を務めている。

来歴・人物[編集]

常葉菊川高校から日本大学へ進む。日本大学時代は東都大学リーグ1部で通算34試合に登板し14勝11敗、防御率1.86、224奪三振。4年生春は4勝3敗でリーグ最多勝で最優秀投手とベストナインに選ばれる。4年生秋は6勝2敗でチーム21年ぶり20度目の優勝に貢献し、最高殊勲選手、2季連続の最優秀投手とベストナインに選ばれる。國學院大學1回戦では当時のリーグ新記録の1試合18奪三振という記録を作る。真中満は日本大学時代の同期である。

1992年のドラフト会議では横浜ベイスターズ読売ジャイアンツが2位指名で競合し、抽選で巨人が交渉権を獲得した。なお、抽選で外れた横浜は佐伯貴弘を指名。

巨人では1年目の1993年から決め球のスクリューを武器に33試合登板を果たす。伊藤智仁が16奪三振のセリーグタイ記録ながら篠塚和典にサヨナラホームランを浴びた試合では、巨人側の先発は門奈であり8回2/3を無失点に抑えている。そのときは勝ち星はつかなかったものの、後の広島戦でプロ初勝利を挙げる。しかしその後は登板機会が減り、一軍登板は1996年が最後となった。1998年のオフにはトレードを志願するも受け入れられず。

巨人退団後は以前からの強い海外志向もありオランダリーグ・ADOトルネーズに在籍し[1]、1年目5勝、2年目10勝を挙げる。4年間プレーした後、クロアチアのクラブチーム「ナダ・スプリット」に移籍。

2003年クロアチア代表として欧州野球選手権に出場。20回を投げ、防御率1.80で2勝を挙げた[1]

2005年ケイ・スポーツベースボールクラブに加入し、都市対抗野球大会東海地区予選で7年ぶりに日本のマウンドに復帰した。7月には再びクロアチア代表として欧州野球選手権に出場し、大会最多の18三振を奪った[1]

2006年から福岡ソフトバンクホークス打撃投手となった。

2007年シーズンから打撃投手に加え、6年間の欧州生活で培った英会話力を生かして、通訳も兼任することになった[2]

2018年の球団納会ゴルフでは、ダブルペリア方式で行われ、ネット71.0(グロス95)で優勝。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 巨人 33 5 0 0 0 1 2 0 -- .333 246 60.0 46 4 27 1 1 57 0 2 20 18 2.70 1.22
1994 6 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 71 15.1 18 3 11 0 0 9 1 0 8 8 4.70 1.89
1996 5 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 34 7.1 9 1 5 0 0 7 2 0 5 5 6.14 1.91
通算:3年 44 8 0 0 0 1 3 0 -- .250 351 82.2 73 8 43 1 1 73 3 2 33 31 3.38 1.40

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 51 (1993年 - 1995年)
  • 45 (1996年 - 1999年)
  • 112 (2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c Tetsuhiro Monna - BR BullpenBaseball-Reference.com(英語). 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ 門奈が示したプロ野球選手の“引退後”(スポニチAnnex九州)2009-08-11閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]