秋山翔吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋山 翔吾
広島東洋カープ #9
Shogo AKIYAMA CARP 9 20220713.jpg
2022年7月13日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
生年月日 (1988-04-16) 1988年4月16日(34歳)
身長
体重
184 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2011年4月12日
MLB / 2020年7月24日
最終出場 MLB / 2021年9月16日
年俸 1億5000万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年
プレミア12 2015年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2017
WBSCプレミア12
2015

秋山 翔吾(あきやま しょうご、1988年4月16日 - )は、神奈川県横須賀市出身[2]プロ野球選手外野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

日本プロ野球におけるシーズン最多安打記録(216本・2015年)保持者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2歳で野球を始め、1995年の卒園文集には「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです。」と書いていた[3][4]横須賀市立大津小学校に入学した小学1年からソフトボールチームの「大津スネークス」に入部。コンマ1秒でも早く一塁へ到達するよう右投げ左打ちに変更。左打ちのフォームは父親から指導された。父親の指導は厳しく、小学生時点で大津中学校の陸上部に入部し中学生と一緒に陸上の練習をしていた。「湘南武山フェニックス」では投手捕手内野手外野手として活躍し2000年に卒団。小学校卒業文集のタイトルは「プロ野球選手を目指して」。横須賀市立大津中学校時代は横浜金沢シニアに所属していた。更に陸上部にも所属し、脚力を磨いた。

横浜創学館高等学校では1年時からレギュラーとなるも、3年夏は県ベスト8で敗退し甲子園出場は無かった。秋山は全国的には無名であったもののドラフト候補にもその名前が挙げられていた。同高の同期に北野洸貴がおり、秋山の2学年先輩には後にプロでもチームメイトとなる坂田遼がいた。

高校卒業後は八戸大学へ進学し、北東北大学野球連盟に加盟している硬式野球部へ入部する。大学では1年時の春からレギュラーとなり春秋連続でベストナインを受賞。4年時の春は4番打者を務め勝負強い打撃で打率.486、14打点を記録。優秀選手賞、首位打者、最多打点、ベストナインの4冠に輝いた。大学の同期には塩見貴洋、1学年後輩には田代将太郎がいた。

2010年10月28日に行われたプロ野球ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから3巡目で指名を受け入団[5]。背番号は55

西武時代[編集]

2011年7月5日

2011年は、球団の新人外野手としては岡村隆則以来30年ぶりとなる開幕スタメンを迎え「9番・右翼手」で出場、翌日の2戦目にはプロ初安打初打点を記録し、3安打を打った[6][7]。同年の新人選手の中で、公式戦で最初に安打を打った。しかし、開幕直後こそ調子がよかったもののその後不振に陥り二軍落ちを経験してしまう。7月中盤に再昇格後は当初は右翼手として、栗山巧が怪我の影響で左翼手にコンバートされた後は中堅手のレギュラーとして固定され、広い守備範囲と強肩を活かした守備面での活躍が目立った。打撃では主に9番あるいは7番を打ち.232と低打率だったが、9月の月間MVP候補にノミネートされるなど8月以降は好調であった。

2012年は、開幕レギュラーが期待されたが、右大腿部の故障で開幕を二軍で迎えた。その後も2回出場選手登録を抹消されたが、その間に前年の課題だった打撃面が向上し、一軍にいる間はチーム事情から1〜3番と5番を経験、栗山が離脱してからは2番に固定された。9月5日の福岡ソフトバンクホークス戦ではプロ入り初のサヨナラ本塁打を打った。また規定打席にも初めて到達、打率はリーグ6位の好成績を残した。オフの11月6日に「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表に選出された[8]。第一戦は守備固めとして出場、第二戦は七番中堅手で先発出場し2打数0安打2四球であった。

2013年は、中堅手として全試合に先発出場して終盤に代打と交代した1試合を除いてフルイニング出場を果たし、ゴールデングラブ賞のタイトルを初めて受賞した。打撃では6月と8月の月間打率が2割を下回った。打順は5月までは主に2番、6月は主に1番、7月は主に5番で起用された。オフの11月には、台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された[9]。同チームから浅村栄斗炭谷銀仁朗も選出された。また、この年には高校3年時から交際していた女性と結婚した[10]。契約更改交渉に臨み、3000万円増の推定年俸6500万円でサインした[11]

2014年は、開幕から3番として起用されたが打率1割台と打撃不振に陥り、4月24日に主砲の中村剛也と入れ替わりで登録を抹消された[12]。一軍復帰後は1番で起用され、5月と6月は月間打率が3割を超えるなど調子を上げていったが夏場は打率を伸ばせず下位打線に回り、最終的に本塁打も前年の13本から4本に減った。10月に中村と共に右肘のクリーニング手術を受けた[13]

2015年は、森友哉のフォームを参考にしたというバットを寝かせて構えた打撃フォームに変え、開幕から好成績を残す[14]。6月14日、63試合目で100安打を打ち、100安打到達では1994年のイチロー(60試合)、1964年の広瀬叔功(61試合)に次いで史上3番目の記録になった[15]。6月27日、イチロー(1994年5・6月)以来史上2人目となる2か月連続での月間40安打を達成した。6月3日の中日ドラゴンズ戦から7月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に途切れるまで打った連続試合安打31試合は、1979年の高橋慶彦による日本最長記録33試合に及ばずも歴代3位タイにランクインした(左打者としては歴代1位)。記録が途切れることとなった延長10回裏の第5打席では四球を選び、結果的に中村剛也のサヨナラ3点本塁打を呼び込みチームの連敗を止めるチームプレーとなった[16]。9月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦で先発の元チームメイト・涌井秀章から左前に適時打を打ち、史上7人目となるシーズン200本安打を達成した。9月30日の対オリックス・バファローズ戦では1試合5安打を記録し、マット・マートンの保持するシーズン歴代最多安打記録(214本)に並んだ。日本人打者としては歴代単独1位に立ち、翌日10月1日のシーズン最終戦となる対オリックス戦では第3打席にブライアン・バリントンから三塁内野安打を打ち、NPB新記録となる215安打を達成した[17]。さらに第4打席に三塁打を打ち、最終的に216安打とした。秋山はこの年にチームで唯一のフルイニング出場を果たした[18]。10月9日には第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された[19]。12月8日に埼玉県彩の国スポーツ功労賞を受賞した[20]

映像外部リンク
【6回表】「歴史的瞬間」ライオンズ・秋山がプロ野球新記録のシーズン215安打達成!! 2015/10/1 Bs-L プロ野球速報・ライブ中継 パ・リーグTV

2016年は、2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された[21]。レギュラーシーズンでは全試合に出場したが、終始打率が3割前後を行き来した。7月18日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初の2打席連続本塁打を記録した[22]。10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[23]。12月1日契約更改交渉を行い、今季年俸1億5000万円(推定)から5000万円増の年俸2億円(推定)プラス出来高払いの3年契約を結んだ[24]

2017年は、全試合フルイニング出場を果たし、初めて首位打者のタイトルを獲得した[25]。この年、パ・リーグ規定打席到達者で打率が3割を超えた選手は秋山と首位打者のタイトルを競った柳田悠岐の2名のみだった。また、本塁打が初めて20本を超えた。

2018年2月9日

2018年は、5月5日の楽天戦で球団タイ記録(3人目)となる8試合連続マルチヒットを記録[26]、翌6日の試合で3打数1安打3四球で連続記録は途切れた[27]。7月13日のオールスターゲーム第1戦ではオールセントラル先発の松坂大輔から先頭打者本塁打を打ったが、オールスターゲームで2年連続先頭打者本塁打を記録したのはプロ野球史上初であった(2017年は第1戦でラウル・バルデスから記録)[28]。9月25日の楽天戦では自身初の逆転満塁本塁打を記録した[29]。最終的に2年連続で最多安打のタイトルを獲得した。また3割20本塁打も2年連続でクリアする等山賊打線の切り込み隊長として活躍、西武の10年ぶりの優勝に貢献した。シーズン中の8月には日米野球の代表に選出され[30]、11月14日の第4戦ではこれまた自身初となるランニング本塁打を記録した[31]。1490万円アップの推定年俸2億3490万円で契約更改した[32]

2019年は、楽天へFA移籍した浅村の後任としてキャプテンに指名された[33]。5月には自身4回目の月間MVPに選出された[34]。9月26日の楽天との最終戦にフル出場し、自身初となる5年連続のフルイニング出場を達した。2014年から継続中のフルイニング出場を「739」に更新し、パ・リーグ記録、NPB歴代単独2位を記録した[35]。10月29日に海外FA権を行使し、メジャー挑戦が発表された[36]プレミア12にも選出されたが、10月31日の強化試合のカナダ戦で右足に死球を受け骨折。本大会を辞退した[37]

レッズ時代[編集]

シンシナティ・レッズ時代
(2021年5月27日

2020年1月6日にシンシナティ・レッズと3年総額2100万ドルで契約を結んだことが発表された[38]。オプションとして表彰等の出来高が含まれ、背番号は4[39]。メジャー30球団の中で唯一日本人選手が所属したことがなかったレッズにとって初めての日本人選手となった。

7月24日のデトロイト・タイガースとの開幕戦の6回裏に代打でメジャー初出場。ホセ・シスネロから中前適時打を打ち、メジャー初打席初安打初打点を記録した[40]。8月まで打率.196、出塁率.282と苦しみ、6〜8番の下位になることも多くなったが、9月に入ってからはチーム最高の月間打率.317、出塁率.459を記録するなど1番打者として躍動。チームの7年ぶりとなるポストシーズン進出に貢献した[41][42]ものの、シーズンでは最終的に54試合に出場し、打率.245、0本塁打、9打点、7盗塁、OPS.654の成績に終わった。

2021年は、キャンプ中に夫人が倒木に挟まれる事故に遭い入院したため一時離脱[43]。直後に自身も左太もも裏の張り[44]故障者リスト入りし、そのままシーズン開幕を迎える。5月7日にメジャー昇格するが、ニック・カステヤノスタイラー・ネイキンジェシー・ウィンカーらレッズ外野手陣が打撃好調だったこともあり、シーズン全体を通して途中出場とスタメン起用を繰り返されながら88試合に出場。9月16日の試合で右太もも裏の張りのため途中交代し、シーズン2度目の故障者リスト入りをすると、復帰することなくそのままシーズンを終えた[45]。最終的に打率.204、12打点、本塁打0、2盗塁にとどまった。

2022年は、オフシーズンに外野のレギュラーであったカステヤノスがフィラデルフィア・フィリーズ、ウィンカーがシアトル・マリナーズにそれぞれ移籍し、外野の定位置争いに追い風が吹いていた。しかし、オープン戦で不振に喘ぎ、打率.182、OPS.364と低調な成績を記録。開幕を4日後に控えた4月3日に開幕ロースターから外れたと発表され[46]、4月5日にFAとなった[47]。なお、メジャー時代には一度も本塁打を打てなかった[48]

パドレス傘下時代[編集]

2022年5月9日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級エルパソ・チワワズへ送られた[49]。契約期間は、5月1日から6月15日までの45日間であった[50]。エルパソでは、6月7日に新型コロナウイルスに感染し、1週間離脱した期間があったものの[51]、10試合連続安打を放つなど[52]、出場16試合のうち15試合で安打を放ち、打率.343、3本塁打、21打点、2盗塁を記録したが[51]、パドレスの「若い選手を使っていきたい」という方針もあり、同15日までのメジャー昇格は叶わず、同日にFAとなった[50]。その後数日間メジャー球団からのオファーを待ったが実現せず、同19日に日本球界へ復帰することを表明した[53]

広島時代[編集]

2022年7月1日

2022年、日本球界復帰にあたって、古巣の埼玉西武ライオンズに加えて福岡ソフトバンクホークス広島東洋カープが獲得に名乗りを挙げ、交渉の末、6月27日に広島と契約することが発表された[54][55]。背番号は9[56]。古巣の西武は2年契約の提示であったのに対し、広島やソフトバンクは3年契約であり、また、メジャーでプレーしたことによって新しい環境でプレーしたいという気持ちから、セ・リーグの広島に決めたという[54]

7月8日に一軍昇格し、同日の中日戦(バンテリンドーム ナゴヤ) に3番・左翼手として先発出場[57]。この試合では3回表の第2打席で日本球界復帰後初安打となる中前適時打を放つ[57]など、4打数2安打1打点の成績を記録した[58]。7月15日の巨人戦で移籍後初本塁打[59]、8月6日の阪神タイガース戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)では5-5の同点で迎えた9回一死二塁の打席で岩崎優から移籍後初のサヨナラ安打を放ち[60]、翌7日の阪神戦(マツダスタジアム)では、日米通算1500安打を達成した[61]。12月2日、契約更改交渉に臨み、3年契約2年目となる来季は現状維持の推定年俸1億5000万円でサインした[62]

選手としての特徴[編集]

パ・リーグ歴代1位、NPB全体では歴代2位の連続フルイニング出場記録を持っている[63]

打撃[編集]

NHK BS1のテレビ番組『球辞苑』で放送した「流し打ち」の回を視聴したことがきっかけで、アベレージヒッターに徹する決意が生まれ、年間最多安打記録を更新した[64][65]

守備・走塁[編集]

50メートル5秒9、一塁到達3.88秒[66]の俊足と遠投110メートルの強肩を兼ね備える[67][68]。特にスローイングは短い距離での精度には欠けるもののバックホームなどの長距離では力強さを見せ[69]、西武外野陣で一番の強肩であると評価されている[70]

2016年シーズンは671打席で併殺打がわずか2と規定打数に達した野手の中では3位の記録であった[71]

人物[編集]

秋山は子供の頃に父親から野球を教わり、清水隆行のフォームを真似していたという[72][73]。父親は秋山が小学6年の時に病死し、秋山もこのような経験から2015年シーズンから主催試合で一人親家庭を招待しており[74][75]、それが評価されて2019年度のゴールデンスピリット賞を受賞した。

ラジオ好きとしても知られ、移動中にradikoを使い、特に好きだと語るニッポン放送オードリーのオールナイトニッポン』、TBSラジオバナナマンのバナナムーンGOLD』を聴いている[76]。また、西武時代には、ラジオ単営局である文化放送のスポーツアナウンサー・松島茂と親しく交流。しかし、レッズの外野手としてプレシーズンゲームでMLBにおける対外試合初安打を打った直後(2020年2月23日)に松島が47歳で死去したため、初安打のボールを松島の遺族へ急遽届けた[77]

主な愛称は「うなぎ[78][79]。これは元々、漫画『天才バカボン』の登場キャラクターであるウナギイヌに顔が似ているということから、ファン間やチーム内で呼ばれていたものだが[78][80]、「チームに活力を与えるウナギのような存在になれ」という、先輩の栗山巧の発案などもあり、ライオンズ公式でうなぎグッズが発売されるなど[79]半ば公式の愛称となっている。また、その他にも同学年の前田健太や先輩の青木宣親らに「アキ」と呼ばれている[81][82]

浦和レッドダイヤモンズ阿部勇樹と親交があり、2021年に彼が引退会見を開いた際はサプライズで花束を贈呈した[83]

シーズンオフには毎年『ジョブチューン』で野球企画が年末に放送されているが、秋山は毎年欠かさず出演しており、2019年のオフは西武の優勝旅行中に収録があったが、現地ホテルから中継を繋いで出演したほか、レッズ移籍後も出演を続けていたが、2021年2月放送のプロ野球企画には出演がなかった。また、前述の経緯から、『球辞苑』にも度々ゲスト出演しており、同番組の出演者であるナイツ塙宣之とも親交がある[84][85]

2022年11月23日に行われた広島東洋カープの「ファン感謝デー」で「広島県人になりました」と話した[86]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 西武 110 313 284 35 66 9 6 1 90 21 8 5 8 0 15 0 6 63 1 .232 .285 .317 .602
2012 107 450 403 50 118 17 8 4 163 37 10 5 15 1 28 0 3 70 7 .293 .343 .404 .747
2013 144 634 564 89 152 25 7 13 230 58 13 6 12 2 49 1 7 89 8 .270 .334 .408 .742
2014 131 561 475 64 123 24 6 4 171 47 3 3 11 2 70 2 3 98 4 .259 .356 .360 .716
2015 143 675 602 108 216 36 10 14 314 55 17 17 7 2 60 2 4 78 6 .359 .419 .522 .941
2016 143 671 578 98 171 32 4 11 244 62 18 6 0 6 77 2 10 103 2 .296 .385 .422 .807
2017 143 659 575 106 185 38 5 25 308 89 16 5 0 7 72 1 5 97 4 .322 .398 .536 .933
2018 143 685 603 107 195 39 8 24 322 82 15 10 0 1 77 4 4 96 3 .323 .403 .534 .937
2019 143 678 590 112 179 31 4 20 278 62 12 8 0 1 78 2 9 108 8 .303 .392 .471 .864
2020 CIN 54 183 155 16 38 6 1 0 46 9 7 3 0 0 25 0 2 34 1 .245 .357 .297 .654
2021 88 183 162 16 33 8 0 0 41 12 2 3 1 1 14 1 4 40 1 .204 .282 .253 .535
2022 広島 44 174 155 19 41 6 1 5 64 26 0 0 0 2 11 0 6 34 6 .265 .333 .413 .746
NPB:10年 1251 5500 4829 788 1446 257 59 121 2184 539 112 65 53 24 537 14 57 836 49 .299 .375 .452 .827
MLB:2年 142 366 317 32 71 14 1 0 87 21 9 6 1 1 39 1 6 74 2 .224 .320 .274 .594
  • 2022年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]























2011[87] 23 パ・リーグ - - - - - - - -
2012[88] 24 10位 - - 1位 - - - -
2013[89] 25 - - 2位 - - - - -
2014[90] 26 - - 3位 - - - - -
2015[91] 27 2位 1位 2位 1位 - - 6位 2位
2016[92] 28 9位 3位 2位 7位 - - 8位 9位
2017[93] 29 1位 1位 1位 6位 9位 5位 6位 6位
2018[94] 30 2位 1位 1位 3位 - 7位 - 4位
2019[95] 31 5位 1位 5位 - - - - 6位
2020 32 ナ・リーグ - - - - - - - -
2021 33 - - - - - - - -
  • -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記)

WBSCプレミア12での打撃成績[編集]

















































2015 日本 8 40 35 5 9 0 0 1 12 3 1 1 1 0 3 0 1 2 0 .257 .333 .343
  • 太字は大会最高

WBCでの打撃成績[編集]

















































2017 日本 4 13 10 1 3 0 0 0 3 2 1 1 0 1 2 0 0 0 0 .300 .385 .300

MLBポストシーズン打撃成績[編集]




















































O
P
S
2020 CIN NLWC 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
出場:1回 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野 中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)
















































2011 西武 106 189 8 5 1 .975 - - -
2012 106 284 9 4 1 .987 - - -
2013 144 317 8 4 0 .988 - - -
2014 130 290 7 3 2 .990 - - -
2015 143 341 7 2 0 .994 - - -
2016 143 301 10 0 2 1.000 - -
2017 143 279 7 3 2 .990 - - -
2018 143 289 4 4 1 .987 - - -
2019 143 283 8 5 3 .983 - - -
2020 CIN - 21 38 0 0 0 1.000 36 49 2 0 0 1.000 -
2021 - 48 76 0 1 0 .987 9 8 0 1 0 .889 4 2 0 0 0 1.000
2022 広島 41 94 1 0 1 1.000 - - -
NPB 1242 2667 69 30 13 .989 - - -
MLB - 69 114 0 1 0 .991 45 57 2 1 0 .983 4 2 0 0 0 1.000

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • 31試合連続安打:2015年6月3日 - 7月14日 ※左打者歴代1位
  • シーズン200安打:2015年 ※史上6人目、シーズン131試合目での達成はイチローに次ぐ歴代2位の早さ[101]
  • シーズン216安打:2015年 ※史上最多
  • シーズン猛打賞:27回(2015年) ※史上最多タイ記録(他は西岡剛
  • 739試合連続フルイニング出場:2014年9月6日 - 2019年9月26日[63] ※パ・リーグ記録、NPB歴代2位
  • オールスターゲーム出場:5回(2015年 - 2019年)

MLB[編集]

初記録

NPB/MLB通算[編集]

節目の記録

背番号[編集]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年12月3日閲覧。
  2. ^ Shogo Akiyama Stats, Fantasy & News”. MLB.com. 2018年9月12日閲覧。
  3. ^ 野球個別 : フォトニュース”. スポーツ報知 (2015年10月1日). 2015年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月3日閲覧。
  4. ^ 【西武】秋山5安打で日本最多「214」イチ超えマートン並んだ”. スポーツ報知 (2015年10月1日). 2015年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月3日閲覧。
  5. ^ 埼玉西武ライオンズ・オフィシャルサイト 2010年 ドラフト会議開催!
  6. ^ ドラ3秋山 プロ初安打初打点「みなさんのおかげ」 スポーツニッポン 2011年4月13日付
  7. ^ 西武のルーキー・秋山、プロ初打点&猛打賞”. サンケイスポーツ (2011年4月13日). 2011年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月17日閲覧。
  8. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  9. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ トップチーム 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月30日閲覧
  10. ^ 高3から交際 西武・秋山が遠距離恋愛乗り越えゴールイン”. スポニチ Sponichi Annex (2013年12月2日). 2014年5月13日閲覧。
  11. ^ 【西武】新婚秋山、3000万増で更改”. 日刊スポーツ (2013年12月3日). 2022年12月17日閲覧。
  12. ^ 借金9の西武 おかわりが「5番・一塁」で先発へ 投打にテコ入れ”. スポニチ Sponichi Annex (2014年4月25日). 2015年3月1日閲覧。
  13. ^ 西武 中村、秋山が右肘遊離軟骨の除去手術”. スポニチ Sponichi Annex (2014年10月21日). 2015年3月1日閲覧。
  14. ^ 西武・秋山、もう46安打!打率.380のイチ超えハイペース”. サンケイスポーツ (2015年5月4日). 2021年6月17日閲覧。
  15. ^ 西武秋山、史上3位63戦スピード100安打
  16. ^ おかわり 7年ぶりサヨナラ本塁打!秋山の四球に感謝と敬意スポーツニッポン2015年7月15日配信
  17. ^ 西武秋山翔吾が日本新215安打、激走で内野安打日刊スポーツ2015年10月1日配信
  18. ^ 西武秋山翔吾選手がシーズン最多安打記録を更新!
  19. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  20. ^ a b 秋山翔吾選手「彩の国スポーツ功労賞」受賞!贈呈式に出席!!”. 埼玉西武ライオンズ (2015年12月18日). 2016年11月13日閲覧。
  21. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  22. ^ 西武秋山プロ初2打席連発も「ボールだ」中村が苦言日刊スポーツ (2016年7月18日)
  23. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  24. ^ “[西武・秋山、年俸2億円で3年契約!来季国内FA権取得で流出阻止へ 西武・秋山、年俸2億円で3年契約!来季国内FA権取得で流出阻止へ]”. サンケイスポーツ (2016年12月2日). 2022年12月17日閲覧。
  25. ^ 西武・秋山 王会長、イチロー、ゴジラ超える 初の2年連続フルイニング&首位打者”. 西日本スポーツ (2018年1月14日). 2022年1月23日閲覧。
  26. ^ 西武・秋山 球団タイ8試合連続マルチ安打 背番「55」が5・5に躍動―”. スポーツニッポン (2018年5月5日). 2018年7月29日閲覧。
  27. ^ 西武・秋山 嫌な流れ一掃のワン弾 9戦連続マルチはならず”. スポーツニッポン (2018年5月6日). 2018年7月29日閲覧。
  28. ^ 西武秋山の史上初2年連続先頭弾で48年ぶり猛攻”. 日刊スポーツ (2018年7月14日). 2019年1月14日閲覧。
  29. ^ 西武秋山「最後まで気を抜かず」9回逆転満弾でM5”. 日刊スポーツ (2018年9月25日). 2019年1月14日閲覧。
  30. ^ 西武秋山、日米野球侍ジャパン入り「とても楽しみ」”. 日刊スポーツ (2018年8月20日). 2019年1月14日閲覧。
  31. ^ 侍秋山「いい思い出」スタンディングランニング弾”. 日刊スポーツ (2018年11月14日). 2019年1月14日閲覧。
  32. ^ 西武秋山は複数年結ばず 来オフメジャー挑戦も”. 日刊スポーツ (2018年12月4日). 2019年12月17日閲覧。
  33. ^ 西武秋山が新主将「まずは連覇を」浅村に代わり指名”. 日刊スポーツ (2019年1月7日). 2019年1月14日閲覧。
  34. ^ プロ野球5月の月間MVPはDeNA・今永、中日・高橋、ソフトバンク・千賀、西武・秋山 毎日新聞 2019年6月11日
  35. ^ 西武・秋山が5年連続フルイニング出場 歴代単独2位の記録を739試合に更新 | BASEBALL KING”. BASEBALL KING (2019年9月26日). 2020年1月9日閲覧。
  36. ^ 海外FA行使の西武秋山「同級生の姿刺激」一問一答”. 日刊スポーツ (2019年10月29日). 2019年10月30日閲覧。
  37. ^ 秋山、骨折で侍離脱「けがを恐れて参加しない方が後悔した」”. サンケイスポーツ (2019年11月2日). 2019年11月11日閲覧。
  38. ^ Reds, Akiyama agree to 3-year, $21M deal” (英語). MLB.com (2020年1月7日). 2020年1月7日閲覧。
  39. ^ Akiyama elated to be Reds' 1st Japanese player” (英語). MLB.com (2020年1月9日). 2020年1月9日閲覧。
  40. ^ レッズ秋山翔吾、代打で鮮やか中前タイムリー メジャー初打席初安打初打点” (日本語). Full-Count (2020年7月25日). 2020年7月25日閲覧。
  41. ^ 秋山翔吾はレッズPO進出の立役者 MLB公式も称賛「9月はチーム最高の打率と出塁率」” (日本語). Full-Count (2020年9月26日). 2020年9月28日閲覧。
  42. ^ レッズ・秋山翔吾 1年目のレギュラーシーズンが終了 2割4分5厘も調子右肩上がりでPSにも弾み” (日本語). スポーツ報知 (2020年9月28日). 2020年9月28日閲覧。
  43. ^ 秋山翔吾、倒木事故に遭った妻は「強い女性だなと」 OP戦初出場は中堅で2打席凡退” (日本語). Full-Count (2021年3月8日). 2021年10月6日閲覧。
  44. ^ 秋山翔吾、左太もも裏の張りで途中交代 15日に検査、監督も心配「早く治すように」” (日本語). Full-Count (2021年3月14日). 2021年10月7日閲覧。
  45. ^ レッズ秋山の今季中復帰なくなる 右太もも張りでIL入り”. イザ! (2021年9月29日). 2021年12月14日閲覧。
  46. ^ Akiyama won't make Reds' roster; Garcia on team” (英語). MLB.com (2022年4月3日). 2022年4月3日閲覧。
  47. ^ 秋山がレッズを退団 自由契約に 今後は日米で移籍先を探す「またどこかでプレーする姿を」”. スポニチ Sponichi Annex (2022年4月6日). 2022年4月5日閲覧。
  48. ^ 広島・秋山 待ってました鯉1号 日本で1036日ぶり 内角145キロ完ぺきに捉えた”. デイリースポーツ online (2022年7月16日). 2022年7月24日閲覧。
  49. ^ Transactions” (英語). MLB.com. 2022年5月10日閲覧。
  50. ^ a b “秋山 パドレス傘下3A退団「もうひともがきしたい。まだ米国で戦いたい」”. スポーツニッポン. (2022年6月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/17/kiji/20220616s00001007681000c.html 2022年6月22日閲覧。 
  51. ^ a b “秋山翔吾、パドレス3Aを退団へ、今後は米球界のオファーを待つ”. サンケイスポーツ. (2022年6月16日). https://www.sanspo.com/article/20220616-4HB7GPQAQ5BUZNEOW2W4TIYMZM/ 2022年6月22日閲覧。 
  52. ^ “3Aエルパソ秋山翔吾がパドレス退団しFAに 米国の他球団オファー待ちつつ日本球界復帰も視野”. 日刊スポーツ. (2022年6月16日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202206160000156_m.html 2022年6月22日閲覧。 
  53. ^ “秋山翔吾が日本復帰へ「帰国して次の決断を」 古巣の西武、ソフトバンクが獲得を目指す方針示す”. 日刊スポーツ. (2022年6月20日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202206190001317_m.html 2022年6月22日閲覧。 
  54. ^ a b “秋山翔吾が広島入り決断、3年総額5億円規模 新たな環境求めセを選択「応援して頂ける選手に」”. 日刊スポーツ. (2022年6月27日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202206260001565_m.html 2022年6月27日閲覧。 
  55. ^ 秋山翔吾選手 契約締結のお知らせ”. 広島東洋カープ公式サイト (2022年6月27日). 2022年6月27日閲覧。
  56. ^ “【広島】秋山翔吾、新背番号「9」に決定 過去には緒方孝市、丸佳浩らが背負う”. 日刊スポーツ. (2022年6月30日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202206300000253_m.html 2022年6月30日閲覧。 
  57. ^ a b やっぱり秋山翔吾だ! 広島デビュー戦で駆けつけ適時打&マルチ安打「しっかり振ることだけを考えた」― スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex 野球. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2022年7月8日). 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  58. ^ 2022年7月8日(金) バンテリンドーム 【JERA セ・リーグ公式戦】 中日ドラゴンズ vs 広島東洋カープ 12回戦” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  59. ^ “【広島】秋山翔吾がNPB1036日ぶり本塁打 巨人山崎伊織から右中間席に放り込む”. 日刊スポーツ. (2022年7月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202207150001021.html 2022年8月4日閲覧。 
  60. ^ “広島・秋山 移籍後初サヨナラ打で連敗脱出 マツダで初のお立ち台「大変、長らくお待たせいたしました」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年8月7日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/07/kiji/20220807s00001173052000c.html 2022年12月17日閲覧。 
  61. ^ a b “【広島】秋山翔吾が日米1500安打 同学年の会沢から記念ボード届けられファンから拍手”. 日刊スポーツ. (2022年8月7日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202208070001481_m.html 2022年8月7日閲覧。 
  62. ^ 【広島】秋山翔吾、現状維持1億5000万円 来季は全試合出場に意欲「若い選手を跳ね返さなきゃ」”. スポーツ報知 (2022年12月2日). 2022年12月17日閲覧。
  63. ^ a b 西武・秋山が5年連続フルイニング出場 歴代単独2位の記録を739試合に更新”. BASEBALL KING (2019年9月26日). 2021年6月19日閲覧。
  64. ^ 秋山翔吾「技術と心-至高の打撃・野球道&精神力探求バイブル-」(廣済堂出版)
  65. ^ 西武秋山200安打、131戦目史上2番スピード到達”. 日刊スポーツ (2015年9月14日). 2022年6月29日閲覧。
  66. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2012』廣済堂出版、2012年、123頁頁。ISBN 978-4-331-51613-3 
  67. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2011年、30頁頁。ISBN 978-4-930942-98-2 
  68. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』廣済堂出版、2011年、2頁頁。ISBN 978-4-331-51519-8 
  69. ^ 俺たちを忘れるなっ!“下剋上”を狙うルーキーたち『週刊ベースボール』2011年9号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-2/28、30頁。
  70. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房、2011年、29頁頁。ISBN 978-4-86191-710-3 
  71. ^ ダブルプレーが最も少なかった野手は!?”. BASEBALL KING (2016年12月13日). 2019年9月30日閲覧。
  72. ^ 亡き父の教え、貫いた夏 横浜創学館・秋山君
  73. ^ 【西武】秋山、史上6人目の200安打達成!スピードは史上2位
  74. ^ 父親は小6の時、死去…秋山母「監督さんらに父親の影を…」
  75. ^ 秋山、亡き父に誓った約束 プロ入り後は、ひとり親家庭を試合に招待
  76. ^ 西武・秋山翔吾が好きなラジオは『バナナムーン』と『ANN』 - newsポストセブン 2018年11月13日配信 2018年11月14日閲覧。
  77. ^ 松島茂さん葬儀 松沼博久氏「目力があった」と弔辞(『日刊スポーツ』2020年2月28日付記事)
  78. ^ a b 西武・秋山はいい人すぎる“ウナギ顔”の庶民派。あまりに真面目!と評判の素顔とは”. 週プレNEWS (2015年7月18日). 2019年9月29日閲覧。
  79. ^ a b Lマガジンで話題沸騰中!「ピースうなぎグッズ」いよいよ7/25発売!”. 埼玉西武ライオンズ (2012年7月20日). 2019年9月29日閲覧。
  80. ^ “ウナギイヌ”が土用の丑の日に大暴れ!西武・秋山、柳田に2年越しリベンジなるか…”. BASEBALL KING (2017年7月26日). 2019年9月29日閲覧。
  81. ^ レッズ秋山翔吾がツインズ前田健太から左前安打 同学年がメジャー初対決” (日本語). 日刊スポーツ (2021年8月4日). 2021年9月25日閲覧。
  82. ^ ヤクルト・青木宣親×西武・秋山翔吾 スペシャルクロストーク 200を超えた男たちの絶対的「野球論」 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年1月15日). 2021年9月25日閲覧。
  83. ^ 浦和MF阿部勇樹の引退会見へ…MLB秋山翔吾“サプライズ登場”! 「お疲れ様でした」” (日本語). フットボールゾーン (2021年11月14日). 2021年11月14日閲覧。
  84. ^ 『球辞苑』帰ってきた秋山翔吾 テーマは“ポジショニング””. ORICON NEWS (2021年12月10日). 2022年6月29日閲覧。
  85. ^ ナイツ塙、仲良しの秋山翔吾は「完ぺきにソフトバンクと思っていた」理由明かす”. デイリースポーツ (2022年6月27日). 2022年6月29日閲覧。
  86. ^ カープ秋山翔吾「広島県人になりました」 ファン感謝デー初参加”. 中国新聞社 (2022年11月23日). 2022年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022-11-閲覧。
  87. ^ 2012 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  88. ^ 2012 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  89. ^ 2013 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  90. ^ 2014 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  91. ^ 2015 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  92. ^ 2016 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  93. ^ 2017 Japan Pacific League Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2018年7月30日閲覧。
  94. ^ 2018 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2020年1月9日閲覧。
  95. ^ 2019 Japan Pacific League Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2020年1月9日閲覧。
  96. ^ a b シーズン最多安打の日本新記録を讃えて。
  97. ^ 【報知プロスポーツ大賞】西武・秋山が特別賞「想像以上の年」”. スポーツ報知 (2015年12月9日). 2015年12月10日閲覧。
  98. ^ 西武秋山が通算1000安打、楽天安楽から二塁打日刊スポーツ 2017年8月31日掲載
  99. ^ 【西武】秋山が1000試合出場達成スポーツ報知 2018年7月16日掲載
  100. ^ 西武秋山が通算100号本塁打、2打席連発で達成”. 日刊スポーツ (2019年5月2日). 2019年10月30日閲覧。
  101. ^ 秋山史上6人目200安打達成 イチローに次ぐスピード到達 スポーツニッポン(スポニチアネックス) 2015年9月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]