坂田遼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂田 遼
埼玉西武ライオンズ #88
SL-Ryo-Sakata.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
生年月日 1986年10月2日(30歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2009年5月6日
年俸 1,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

坂田 遼(さかた りょう、1986年10月2日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

出生は神奈川県横須賀市であるが、幼少時に北海道帯広市へ転居、同市立稲田小学校3年生の時に野球を始める。

横浜創学館高等学校2年時に県高校野球秋季大会で優勝(当時は5番打者)。同校では高橋徹と同期であった。また、同校の2学年後輩にプロでも同じチームメイトとなる秋山翔吾がいた。住まいを転々としているのは自衛官である父親の仕事の影響である。

高校卒業後函館大学へ進学、商学科ビジネス・アスリート専攻塾に所属。1年から4番を打ち、北海道六大学野球リーグで2年秋と4年春の2度、首位打者を達成した。走攻守揃った外野手との評を得て、

西武時代[編集]

2008年10月30日に行われたプロ野球ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから4巡目指名を受けて入団。函館大学硬式野球部史上、初のドラフト指名選手となった。

2009年5月6日、不調の清水崇行と入れ替わりで初の一軍登録。当日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦に代打で登場し、プロ入り初出場を記録した。同月9日の対福岡ソフトバンクホークス戦では7番・指名打者として初のスタメン起用され、7回表に藤岡好明から左前適時打を放ち、プロ入り初安打・初打点を達成した。その後二軍落ちしたものの、二軍では規定打席には届かなかったが3割以上の打率を残した。

2010年7月6日、対オリックス・バファローズ戦で木佐貫洋からプロ初本塁打を放った。翌7日には2試合連続本塁打を放ち、7月11日の対楽天戦では2打席連続本塁打を記録するなど本塁打を量産した。その後打率は低迷したものの、8本塁打・18打点を記録した。

2011年は自己最多の71試合に出場したものの、2本塁打・11打点と結果を残すことができなかった。

2012年は16試合の出場にとどまった。

2013年は開幕から好調を維持していたが、5月19日の阪神タイガース戦で盗塁を試みた際に左肘を突いて左肩を脱臼し、出場選手登録を抹消された[2]。8月の下旬に一軍に復帰し、53試合の出場ながら打率.289、6本塁打、34打点と好成績を残した。

2014年は3月25日のイースタン・リーグ東京ヤクルトスワローズ戦の試合前練習中にまたも左肩を脱臼し[3]、4月18日に球団から東京都内の病院で手術を受けたと発表された[4]。一軍出場なしに終わり、同年オフに「31だと怪我が多い」という理由で背番号を「88」へ変更[5][6]

人物[編集]

ニックネームは、チームメイトの中村剛也にかけて、「左のおかわり君」、またチームでは「アニキ」と呼ばれている[7]

かつて登場曲を平尾博嗣に勝手に「会いたかった」や「マル・マル・モリ・モリ!」などに変えられたことがあった[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 西武 5 13 10 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 0 2 0 1 3 1 .100 .308 .100 .408
2010 39 114 114 18 19 4 0 8 47 18 0 0 2 0 15 0 6 37 2 .209 .357 .516 .874
2011 71 214 202 20 47 10 1 2 65 11 0 0 0 2 8 0 2 42 3 .233 .266 .322 .588
2012 16 50 44 4 10 0 0 0 10 3 0 0 2 0 4 0 0 12 1 .227 .292 .227 .519
2013 53 195 180 17 52 11 0 6 81 34 1 2 0 1 13 1 1 39 7 .289 .338 .450 .788
2015 15 42 41 0 6 2 0 0 8 1 0 0 0 0 1 0 0 10 1 .146 .167 .195 .362
2016 45 161 151 16 37 8 1 3 56 26 0 0 0 2 8 0 0 22 5 .245 .280 .371 .650
NPB:7年 244 789 719 77 172 35 2 19 268 95 1 2 4 5 51 1 10 165 20 .239 .297 .373 .670
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

年度 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2009 1 0 0 0 0 .000
2010 30 54 2 0 0 1.000
2011 58 87 1 3 0 .967
2012 16 32 1 0 1 1.000
2013 49 83 1 2 0 .977
2015[9] 12 17 0 0 0 1.000
通算 166 273 5 5 1 .989
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (2009年 - 2014年)
  • 88 (2015年 - )

登場曲[編集]

2年連続で一時的に登場曲を変更したが、いずれもチームメイトの平尾が仕掛けたものである。

脚注[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月2日閲覧。
  2. ^ “西武 坂田「またやっちゃった…」 左肩脱臼、全治2~3カ月”. スポニチアネックス. (2013年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/20/kiji/K20130520005839030.html 2014年4月30日閲覧。 
  3. ^ “西武坂田が左肩脱臼、手術の可能性も”. ニッカンスポーツコム. (2014年3月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140327-1275944.html 2014年4月30日閲覧。 
  4. ^ “西武 坂田が左肩手術 復帰は早くても後半戦”. スポニチアネックス. (2014年4月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/18/kiji/K20140418007998430.html 2014年4月30日閲覧。 
  5. ^ 西武が新背番号発表、田辺監督「90」 坂田は外野手で異例の「88」に SANSPO.COM 2014年10月21日掲載
  6. ^ 2015年 背番号のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  7. ^ 報知野球取材班 Twitter
  8. ^ 文化放送アナウンサー斉藤一美twitter[1]より
  9. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)NPB.jp 日本野球機構 2016年5月20日閲覧。
  10. ^ 選手登場曲 - 埼玉西武ライオンズ公式 2013年12月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]