野上亮磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野上 亮磨
読売ジャイアンツ #23
20110319 Ryoma Nogami, pitcher of the Saitama Seibu Lions, at Yokosuka Stadium.JPG
西武時代
(2011年3月19日 横須賀スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県太宰府市
生年月日 (1987-06-15) 1987年6月15日(34歳)
身長
体重
177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト2位
初出場 2009年4月30日
年俸 3,000万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野上 亮磨(のがみ りょうま、1987年6月15日 - )は、福岡県太宰府市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。妻はタレント石川梨華[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

太宰府市立太宰府西中学校時代はフレッシュリーグの筑紫エンデバーズに所属。中学の1学年後輩に大石達也がいる[3]。高校は当時の硬式野球部の監督から誘いを受けた神村学園高等部へ進学。同校3年次の2005年第77回選抜大会に出場して準優勝投手となる。3年夏は鹿児島県大会決勝にて樟南高校と対戦し、前田大和に同点適時打を打たれ4-5で惜敗したが、選抜大会の活躍で一躍プロのスカウトも注目する存在となり、プロ志望届を提出したが指名はなく、日産自動車に入社。

社会人時代は入社2年目の2007年から試合で起用され始め、当時エースだった石畝卓也とチームの2枚看板となり、同年は新日本石油ENEOS補強選手として都市対抗野球へ初出場を果たした。翌2008年はエースピッチャーとして活躍、チームを2年ぶりに第79回都市対抗野球へと導いた。

2008年10月30日に行われたドラフト会議埼玉西武ライオンズから2巡目指名を受け[4]、12月6日に契約金8,000万円、年俸1,300万円の仮契約を結んだ[5]。背番号は「20」。

西武時代[編集]

2009年は即戦力として先発、中継ぎに起用され、25試合に登板。オフの契約更改では200万円増の1,500万円で一発サインしたが、「もうちょっと上がるかと思った」と話した[6]

2010年は前年に引き続き、先発、中継ぎと起用され、登板試合数は増えたが、防御率は5.14と結果を残せなかった。契約更改では100万円増の推定年俸1,600万円でサイン[7]

2011年には、一軍公式戦への登板が4試合にまで減少。イースタン・リーグ公式戦では、主に先発投手として起用されると、9勝を挙げ最多勝利投手のタイトルを獲得した[8]。契約更改では300万円減の推定年俸1,300万円でサイン[9]

2012年はキャンプから好調を維持し、開幕一軍スタート。ローテーションの谷間での先発やロングリリーフなどで登板していた。夏場以降はローテーションの一角として登板を続け、6連勝を含む、キャリアハイかつ前年までの自己通算を上回る8勝を挙げた。契約更改では1,500万円増の推定年俸2,800万円でサイン[10]

2013年は開幕一軍スタートを切ると開幕ローテーションの一角として期待されて順調に勝ち星を伸ばしていたが、夏頃のチームの不調と共に自身も調子を崩し、Aクラス入りとクライマックスシリーズの出場がかかったチーム事情から終盤では中継ぎに回った。9月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦ではアンドリュー・ジョーンズに逆転適時打を打たれて負け投手となったが、それ以降は中継ぎとしてフル回転で10月1日には自身初となる10勝目を挙げた。最終的に岸孝之と並ぶチーム最多の11勝を挙げプロ入り初の年間規定投球回数もクリアした。契約更改では2,000万円増の推定年俸4,800万円でサイン[11]

2014年も開幕ローテ入りを果たしたが、交流戦から打ちこまれる場面が目立つようになり、防御率は5点台後半まで悪化し6月に登録を抹消された。一軍復帰後は中継ぎとして起用されたが、程なくして先発に戻ると8月22日の北海道日本ハムファイターズ戦で初完投を記録する(先発として73試合目での達成は史上最長)[12]など終盤は調子を取り戻した。契約更改では300万円減の推定年俸4,500万円でサイン[13]

2015年も開幕ローテーション入りしたが、4月4日の福岡ソフトバンクホークス戦で打球が足に直撃し、4月6日に登録を抹消[14]。4月16日に一軍に復帰し、3連勝を記録した。チームトップの4勝を挙げていたが、5月10日に背中の張りを訴え、再び登録を抹消[15]。5月20日に再び一軍登録された[16]。しかし、7月1日のソフトバンク戦に勝利して以降、8試合白星を挙げられず(4敗)、9月からリリーフへ配置転換された。シーズン終盤の9月下旬から先発に復帰したものの勝ち星は挙げられず、後半戦は0勝4敗に終わった。この年は27試合の登板で7勝7敗、防御率4.22に終わった。契約更改では1,300万円増の推定年俸5,800万円でサイン。減額を予想していた野上は「ビックリしている。4年間の実績を評価してもらった」と話した[17]

2016年も開幕から先発ローテーションに加わったが、4月20日の日本ハム戦から勝ち星を挙げられず、6月18日の東京ヤクルトスワローズ戦からリリーフへ配置転換された。6月23日に先発の菊池雄星が登録を抹消された[18]ため、6月25日の千葉ロッテマリーンズ戦から先発に復帰。先発として5試合に登板したが、0勝3敗と結果を残せず、8月から再びリリーフとなった。8月13日のオリックス・バファローズ戦で2回2失点と抑えられず、8月14日に登録を抹消された[19]。9月20日に一軍登録され、同日のオリックス戦で先発として登板。6回を4安打1失点4奪三振に抑え、前述の日本ハム戦(4月20日)以来の勝利投手となった。この年は22試合の登板で3勝9敗、防御率3.87に終わった。シーズン終了後、同年に取得していた国内FA権を行使せず残留し[20]、800万円減の推定年俸5,000万円で契約を更改した[21]

2017年には、知人の紹介を機に4年前から交際していたモーニング娘。OGの石川梨華[2]と結婚したことを3月13日に発表[22]。レギュラーシーズンでは、9月23日の対オリックス戦(メットライフドーム)で一軍公式戦初完封勝利を挙げる[23]など、右のエースとして活躍。2013年以来自身2度目の11勝を記録したほか、こちらも自身2度目の年間規定投球回数もクリア(先発登板だけでの到達は初)、被打率を前年の.274から.237にまで改善させた。チームのレギュラーシーズン2位で臨んだ楽天とのクライマックスシリーズファーストステージでは、1勝1敗で迎えた10月16日の第3戦(メットライフドーム)でCS初の先発マウンドを任されたが、4回途中2失点で降板し敗戦投手となり[24]、チームはファーストステージ敗退となった。シーズン終了後の11月15日に、前年に行使しなかった国内FA権の行使を表明。同日付で、NPBからフリーエージェント宣言選手として公示された[25]読売ジャイアンツ阪神タイガース横浜DeNAベイスターズが野上の獲得を検討し[26]、西武がFA権行使後の残留を認める方針を掲げていたが。11月下旬には、巨人へ移籍することを西武に伝えた[27]

巨人時代[編集]

2017年12月1日に、読売ジャイアンツが野上の入団契約で合意に達したことを発表[28]。12月4日付で、フリーエージェント宣言選手としての契約締結合意がNPBから公示された[29]。推定総額4億5,000万円という条件での3年契約で、背番号は23[30]

2018年4月1日の阪神戦(開幕第3戦・東京ドーム)で移籍後初登板初先発し、5回2/3を2失点に抑えて移籍後初勝利を挙げた[31]。その後も先発を務めたが、5月6日のDeNA戦(横浜スタジアム)では初回にホセ・ロペスに左翼ポール際への大飛球を本塁打と判定され、リプレー検証で一度ファールと覆るもその直後の一球を左中間に運ばれるいわゆる「打ち直しの本塁打」を打たれこの回だけで4失点し、3回にもロペスに適時打を打たれるとこの回途中で降板し2回0/3を7失点でKOされ移籍後最短で降板した[32]。さらに5月27日の阪神戦(阪神甲子園球場)では5回4失点で降板し、4敗目を喫すると[33]、5月30日に登録抹消された[34]。二軍調整を経て7月16日に一軍昇格すると[35]、中継ぎで起用され、まずまずの投球でシーズン終了まで一軍登録されたが先発での登板はなかった。移籍1年目は25試合、4勝4敗1ホールド・防御率4.79と期待された成績を残せなかった。チームが2年ぶりAクラスの3位で迎えたCSでもベンチ入りし、ファーストステージでは登板はなかったが、ファイナルステージの広島東洋カープ戦(第3戦・マツダスタジアム)では3回二死一塁から登板。アレハンドロ・メヒアへの投球動作の途中で転倒し、ボークを取られ走者を二塁に進めて暴投で三塁へ進めるも打ち取りこの走者は返さなかった。次の4回までを投げ1回1/3を投げ無失点に抑えたがチームは3連敗で敗退[36][37]

2019年は開幕一軍を外れるも、ライアン・クックの故障により[38]、4月24日に中継ぎとして一軍へ昇格[39]。4月27日のDeNA戦で3年ぶりとなるセーブを挙げた[40]。しかし、5月4日の広島戦でサビエル・バティスタにサヨナラヒットを打たれシーズン初の敗戦投手となった。先発登板は1試合のみの計13試合に登板し、1勝2敗1セーブ3ホールド、防御率3.50の成績を挙げる。日本シリーズでの登板準備に向け、10月20日にみやざきフェニックス・リーグでの登板中に、左アキレス腱断裂の大怪我を負い[41][42]、3日後の10月23日に手術を受けた[43]。契約更改交渉には松葉杖を突きながら臨み、現状維持の推定年俸1億5,000万円でサインした[44]

2020年は6月に二軍練習試合で実戦復帰[45]。二軍で18試合に登板し0勝3敗、防御率4.98の成績で一軍登板はなかった。FA時の3年契約が終了し、本人も戦力外通告されることも覚悟していた状況だったが[46]、1億2,000万円減の推定年俸3,000万円で契約を更改。減額制限(年俸1億円以上の選手は40パーセントまで)を超える80パーセントのダウンとなった[47]

2021年も開幕二軍スタートだったが、菅野智之が脚部違和感で登板回避したため4月2日に一軍登録され同日のヤクルト戦で605日ぶりに先発。6回を村上宗隆に打たれた2ランでの2失点・クオリティ・スタートの好投を見せたが打線の援護なく敗戦投手になった。だが野上は「いろいろな人へ、感謝の気持ちを持ってマウンドに上がった」と感謝の言葉を述べた[48]。だが菅野が翌週復帰するため翌日3日に登録抹消された[49]。再登録後は中盤でのロングリリーフで好投を続けたが、右肩痛により5月18日の登板をもって登録抹消となった。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから平均球速約141km/h[50]、最速149km/h[51]ストレートスライダーチェンジアップカーブフォークを混ぜる[52]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 西武 25 7 0 0 0 3 5 1 3 .375 247 56.2 60 9 23 1 2 33 4 0 29 28 4.45 1.46
2010 27 8 0 0 0 2 2 0 1 .500 319 68.1 92 9 23 1 4 40 4 0 40 39 5.14 1.68
2011 4 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 20 4.1 8 2 0 0 0 3 0 0 5 5 10.38 1.86
2012 23 18 0 0 0 8 5 0 0 .615 496 115.1 128 8 36 0 5 49 4 0 42 38 2.97 1.42
2013 30 24 0 0 0 11 7 0 1 .611 643 152.2 141 17 41 1 8 93 3 0 71 67 3.95 1.20
2014 25 21 2 0 0 8 10 0 1 .444 522 120.1 123 15 42 1 5 68 6 0 68 60 4.49 1.37
2015 27 22 0 0 0 7 7 0 0 .500 565 134.1 127 15 46 0 4 77 1 0 68 63 4.22 1.29
2016 22 18 0 0 0 3 9 1 1 .250 474 107.0 112 10 43 0 5 62 3 0 56 46 3.87 1.45
2017 24 24 2 1 0 11 10 0 0 .524 577 144.0 128 10 24 1 5 113 2 0 62 58 3.63 1.06
2018 巨人 25 9 0 0 0 4 4 0 1 .500 300 71.1 74 15 21 2 2 54 3 0 38 38 4.79 1.33
2019 13 1 0 0 0 1 2 1 3 .333 81 18.0 19 1 6 0 0 16 1 0 10 7 3.50 1.39
NPB:11年 245 152 4 1 0 58 62 3 11 .483 4244 992.1 1012 111 305 7 40 608 31 0 489 449 4.07 1.33
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2009 西武 25 5 10 0 1 1.000
2010 27 2 11 0 1 1.000
2011 4 0 2 0 0 1.000
2012 23 10 27 0 1 1.000
2013 30 6 35 2 3 .953
2014 25 8 16 0 1 1.000
2015 27 11 22 1 0 .971
2016 22 5 22 0 2 1.000
2017 24 5 20 1 1 .962
2018 巨人 25 0 8 0 0 1.000
2019 13 0 3 0 0 1.000
通算 245 52 176 4 10 .983
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
節目の記録
  • 1000投球回:2021年4月27日、対東京ヤクルトスワローズ4回戦(明治神宮野球場)、5回裏二死目にホセ・オスナを左飛 ※史上359人目[53]

背番号[編集]

  • 20(2009年 - 2017年)
  • 23(2018年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月10日閲覧。
  2. ^ a b 西武野上が婚姻届!愛妻元モー娘。石川梨華ベタ褒め”. 日刊スポーツ (2017年3月14日). 2017年3月14日閲覧。
  3. ^ 【西武】野上サンタ故郷で野球教室”. 日刊スポーツ (2011年12月25日). 2021年7月16日閲覧。
  4. ^ 2008年 ドラフト会議開催!”. 埼玉西武ライオンズ (2008年10月30日). 2016年11月13日閲覧。
  5. ^ 西武2位野上仮契約「負けん気は強い」”. 日刊スポーツ (2008年12月6日). 2016年11月13日閲覧。
  6. ^ 陽気な野上 一転して渋い表情「もうちょっと…」”. スポニチアネックス (2009年12月2日). 2016年11月13日閲覧。
  7. ^ 西武 契約更改”. スポニチアネックス. 2010年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月13日閲覧。
  8. ^ イースタン・リーグ表彰 | 2011年 表彰選手”. 日本野球機構. 2021年5月6日閲覧。
  9. ^ 西武 契約更改”. スポニチアネックス. 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月6日閲覧。
  10. ^ 【西武】野上倍増「先発で勝負したい」”. 日刊スポーツ (2012年12月4日). 2016年11月13日閲覧。
  11. ^ 【西武】11勝野上 2000万増4800万”. 日刊スポーツ (2013年12月6日). 2016年11月13日閲覧。
  12. ^ 西武・野上 登板129試合目で初完投「変な空間にいた感じ」”. スポーツニッポン (2014年8月23日). 2021年5月6日閲覧。
  13. ^ 西武 野上、300万円減でサイン、来季は「先発で勝負」”. スポニチアネックス (2014年12月8日). 2016年11月13日閲覧。
  14. ^ ソフトバンク・中田が登録抹消…6日のプロ野球公示”. Baseball King (2015年4月6日). 2016年11月13日閲覧。
  15. ^ 西武の勝ち頭・野上が抹消 10日のプロ野球公示”. Baseball King (2015年5月10日). 2016年11月13日閲覧。
  16. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  17. ^ 西武・野上、予想外のアップに笑顔も「責任を感じている」”. サンケイスポーツ (2015年12月4日). 2016年11月13日閲覧。
  18. ^ 西武菊池雄星が抹消、登板予定ロッテ戦は野上が先発”. 日刊スポーツ (2016年6月24日). 2016年11月13日閲覧。
  19. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. 埼玉西武ライオンズ. 2016年11月13日閲覧。
  20. ^ 西武・野上FA権行使せず残留へ 球団に意思伝え秋季キャンプも参加”. デイリースポーツ (2016年11月1日). 2019年11月4日閲覧。
  21. ^ 西武野上800万円減 来季「上しか見ていません」”. 日刊スポーツ (2016年12月7日). 2021年5月6日閲覧。
  22. ^ 野上亮磨投手 入籍のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ (2017年3月13日). 2017年3月13日閲覧。
  23. ^ a b 西武 9年目・野上がプロ初完封!自身2度目のシーズン2桁勝利”. スポーツニッポン (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  24. ^ 西武・野上、プロ初のCS先発も試合作れず・・・4回途中2失点で降板”. サンケイスポーツ (2017年10月16日). 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月20日閲覧。
  25. ^ 2017年度 フリーエージェント宣言選手”. 日本野球機構 (2017年11月15日). 2017年12月20日閲覧。
  26. ^ 西武野上FA行使伝達 阪神、DeNAなど動向注視”. 日刊スポーツ新聞社 (2017年11月14日). 2017年12月20日閲覧。
  27. ^ 【巨人】西武FA・野上の獲得決定!3年4.5億で 電光石火、鹿取GM“参戦”から2日”. スポーツ報知 (2017年11月28日). 2017年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月20日閲覧。
  28. ^ “野上亮磨投手とのFA合意について”. 読売巨人軍公式サイト. (2017年12月1日). https://www.giants.jp/G/gnews/news_3912302.html 2017年12月4日閲覧。 
  29. ^ 2017年公示 フリーエージェント宣言選手契約締結合意”. 日本野球機構 (2017年12月4日). 2021年5月6日閲覧。
  30. ^ 野上巨人と合意「飛び込め」鹿取GM口説きにグラッ”. 日刊スポーツ (2017年12月1日). 2021年5月6日閲覧。
  31. ^ 巨人野上、移籍後初勝利「最高」新人大城リード感謝”. 日刊スポーツ (2018年4月1日). 2021年5月6日閲覧。
  32. ^ 巨人・野上が三回途中KO… ロペスに“打ち直し弾”浴びるなど7失点”. SANSPO.COM (2018年5月7日). 2021年5月6日閲覧。
  33. ^ 巨人、攻守ともミス多発で4連敗 野上4敗目、借金1で交流戦へ”. BASEBALL KING (2018年5月27日). 2021年5月6日閲覧。
  34. ^ 巨人・野上が登録抹消 6・3オリ戦は内海が先発か”. Sponichi Annex (2018年5月31日). 2021年5月6日閲覧。
  35. ^ 巨人・内海 後半戦開幕投手!野上は中継ぎで1軍昇格”. Sponichi Annex (2018年7月16日). 2021年5月6日閲覧。
  36. ^ 巨人・野上“珍プレー”でボーク 救援登板でまさかの転倒”. デイリースポーツ (2018年10月19日). 2021年5月6日閲覧。
  37. ^ 巨人終戦…CSファイナルで広島に3連敗”. SANSPO.COM (2018年10月19日). 2021年5月6日閲覧。
  38. ^ 巨人守護神・クック、右肘の違和感で抹消 代役は中川”. SANSPO.COM (2019年4月24日). 2021年5月6日閲覧。
  39. ^ 巨人・野上、中継ぎで今季初登板 3回1安打無失点の好リリーフ”. SANSPO.COM (2019年4月24日). 2021年5月6日閲覧。
  40. ^ 巨人野上が初の守護神役、宮本コーチは相乗効果期待”. 日刊スポーツ (2019年4月27日). 2021年5月6日閲覧。
  41. ^ “【巨人】野上、来季開幕危機…今週にも左アキレス腱縫合手術”. スポーツ報知. (2019年10月24日). https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50263.html 2019年12月6日閲覧。 
  42. ^ “巨人野上がアキレス腱断裂で近日手術、20日に負傷”. 日刊スポーツ. (2019年10月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910230001187.html 2019年12月6日閲覧。 
  43. ^ “昨年10月アキレス腱断裂の巨人・野上 開幕に間に合う!?”. 東京スポーツ. (2020年4月6日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1805262/ 2021年3月13日閲覧。 
  44. ^ “巨人・野上、松葉づえで会見に登場 10月にアキレスけん断裂「2年間、全然できていない」”. 日刊スポーツ. (2019年12月6日). https://www.sanspo.com/article/20191206-BJHMZTVPZVKHLOVD2UBV47JCBU/ 2019年12月6日閲覧。 
  45. ^ “巨人野上240日ぶり復帰 2軍練習試合2回無失点”. 日刊スポーツ. (2020年6月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006160000422.html 2021年3月13日閲覧。 
  46. ^ 戦力外報道に「だろうな」。巨人・野上亮磨が語った今季にかける思い”. web Sportiva (2021年2月14日). 2021年5月6日閲覧。
  47. ^ “巨人・野上 1.2億円減の年俸3000万円でサイン「何もできていないので」”. スポーツニッポン. (2020年12月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/10/kiji/20201210s00001173212000c.html 2020年12月10日閲覧。 
  48. ^ 巨人・野上 被弾も感謝 菅野代役で6回2失点、605日ぶり1軍先発”. デイリースポーツ (2021年4月3日). 2021年4月3日閲覧。
  49. ^ 巨人 野上が登録抹消 2日のヤクルト戦で好投も白星ならず【3日の公示】”. デイリースポーツ (2021年4月3日). 2021年5月6日閲覧。
  50. ^ 1.02 - Essence of Baseball”. DELTA Inc.. 2021年5月6日閲覧。
  51. ^ “データが証明、巨人が獲得調査する西武野上の魅力”. 日刊スポーツ. (2017年11月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711210000318.html 2021年3月13日閲覧。 
  52. ^ 小関順二『プロ野球スカウティングレポート2009』アスペクトムック、2010年、370頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  53. ^ “【巨人】野上亮磨が通算1000投球回を達成 プロ野球359人目”. スポーツ報知. (2021年4月27日). https://hochi.news/articles/20210427-OHT1T51113.html 2021年4月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]