HOUND DOG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HOUND DOG
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
ジャンル ロック
活動期間 1976年 - 現在
レーベル よしもとアール・アンド・シー2002年 - 現在)
日本コロムビア1996年 - 2001年
Mother & Children→MMG→イーストウエスト1987年 - 1995年
CBSソニー1980年 - 1986年
事務所 iehok(2005年 - 現在)
マザーエンタープライズ1983年 - 2004年
フライングハウス1980年 - 1983年
共同作業者 ツイスト
松井五郎
葉山たけし
公式サイト HOUND DOG Official Site
メンバー 大友康平vo
旧メンバー メンバーを参照
ロッド・スチュワート

HOUND DOG(ハウンド・ドッグ)は、1976年昭和51年)に結成された日本ロックバンドである。代表曲に「ff(フォルティシモ)」(1985)、「ONLY LOVE」(1988)、「BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜」(1992)など。1980年代後半に絶大なライブ動員力を誇り、一時はBOØWYと人気を二分するほどの存在であった。1990年代後半以後は低迷し、2005年平成17年)以降はボーカル・大友康平の事務所独立と他メンバー切り捨てが訴訟に発展するなど混乱状況が続いている。2016年現在、所属メンバーは大友ただ1人のみ。

来歴[編集]

1976年(昭和51年)、東北学院大学在学時に、初代ギターの高橋良秀が大友康平に「一緒にやろう」と声を掛けた事がきっかけで結成。バンド名は、大友が敬愛するエルヴィス・プレスリーのヒット曲から採用した。1980年、シングル『嵐の金曜日』でデビューを果たす(メンバーは、大友康平・高橋良秀・八島順一蓑輪単志・海藤節生・藤村一清)。以後、1984年のメンバーチェンジなど紆余曲折を経ながらも、日本のロックシーンで息の長い活動を続けてきた。

その活動は、ライブに主眼を置くとされる。ヒット曲が全くない中で1万人を集めた日本武道館初公演、足掛け3年間のライブツアー、チケットを買ったにも関わらず学校の指導で行けなくなったある地方の学生のために、卒業証書がチケット(無料)で、安全を求めライブ終了時間を早め、危険性の無い定められた場所で、音楽は素晴らしいものなんだよと、もう一度その地でライブを行うなど、過去に無い実績を残している。1989年には、日本武道館史上最多の15日連続ものライブを決行。この記録は、2014年現在も破られていない。

1980年代の同時期には、BOØWYや、ARBTHE ALFEEなど、大規模な活動・演出を行うミュージシャンもあったが、HOUND DOGとTHE ALFEEは、メジャーになっても地方をおろそかにしないライブ活動を続け、同時にラジオやテレビへの出演も行った。そのため、この2組はライバル同士だった。1981年からはロックンロールオリンピック仙台市近郊で開催し、日本の野外ロック・フェスティバルの先駆けの1つとなり、また、広島の『ピース・コンサート』、『夢の島ライブ』など募金やチャリティー・ライブの活動を通しての社会参加活動も行っている。

大友が最も影響を受けているのがロッド・スチュワートであり、マイクスタンド捌きなどにそれがうかがえる。他方、HOUND DOGにはかつてはコピーバンドも多く存在した。

事務所移籍とメンバーチェンジ[編集]

初期のHOUND DOGは、仙台市にある音楽事務所「フライングハウス」に所属して活動していたが、東京の事務所に移籍しプロ活動を本格化させたい大友と、それまで通り仙台中心に活動したい他メンバーの間で意見の違いが鮮明となった。結局1983年(昭和58年)に「マザーエンタープライズ」に移籍し、初の日本武道館ライブを成功させるが、大友は一部メンバーの演奏能力とプロ意識の欠如に不満を抱く。メンバー間の人間関係が悪化する中、海藤がレコーディング中に自らバンドを脱退。ツアー終了後、大友は藤村・高橋を除いて活動することを決断した。しかし大友はその事をなかなか本人達に伝えられず、結局は八島が2人に伝えた。八島・蓑輪の証言によると、その頃の大友は、酒を飲んで暴れたり、何日も行方を眩ましたりしていたとの事。その後のHOUND DOGは、サポートメンバーとして海藤の穴を埋めていた元ツイスト鮫島秀樹と、オーディションで選出された橋本章司・西山毅を加えた6名で約20年活動を続けた。

伝説のライブと「誓いの日」[編集]

1985年(昭和60年)8月10日、「TYPHOON PARTY TOUR 1985」の一つとして西武球場でライブが開催された。メンバーチェンジを乗り越え、再出発を祈願するライブであったが、台風の接近により大雨が降る中での開催になってしまった。客入りは1万数千ほど、終始楽器やPAは不具合を起こしたが、それでも彼らは果敢に演奏を続けた。トラブルに見舞われながらもなんとか無事にライブが終わろうとしていた終盤、「ラスト・ヒーロー」を演奏中に演出用の特効花火が突如暴発し、その炎を浴びた大友がステージ上で倒れた。

スタッフにより大友が舞台袖に抱えて運ばれると客席は騒然となり、ステージ上のメンバーも動揺した。しかし演奏は止まらず、鮫島が客席に背を向け、メンバーと顔を合わせて最後まで演奏し、パニックに陥るのを防いだ。 大友は舞台裏で応急手当を受け、すぐにステージに復帰し、ライブを終わらせた。大雨にも、音のトラブルにも、ステージ上でのアクシデントにも、ヒット曲もない(彼らの代表曲の「フォルティシモ」のシングル発売はこの日の2週間後)状態にも負けず、ライブは大成功に終わった。

そのアンコールの際、感極まった大友が「来年もここでやるぞ!」と発言したことから、1986年(昭和61年)8月10日「誓いの日」として同じく西武球場でライブを行った。このときは快晴で、前年と違い満員の観客が球場を埋め尽くした。

イベント「夢の島」開催[編集]

1990年(平成2年)から1999年(平成11年)まで行った夏の野外ライブ。第1回夢の島は、1990年(平成2年)8月25日に、NO OBJECTION TOURの中の一公演として東京夢の島公園にて行われた。タイトルは「でっかい太陽 8/25夢の島 勝手に決めた!ILY(国際識字年)チャリティイベント ハウンドドッグ夏の日、いよっ!日本一!! Jump Jump Jump!めざせ西暦2001年」。

第2回目以降の概要は以下の通り。

NHK紅白歌合戦直前辞退[編集]

1991年(平成3年)、『第42回NHK紅白歌合戦』の出場歌手に選ばれたが、この年のHOUND DOGは特にヒット曲がない状況であった。NHKは『ff(フォルティシモ)』を選曲したが、メンバーは「古い曲だから歌いたくない」とし、翌年リリースの新曲『BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜』の演奏を希望。しかしNHKはその申し入れを拒否し、結局出場を辞退することとなった(代わりにバブルガム・ブラザーズが出場した。大友とバブルガムは親友同士であり、バブルガムは紅白のステージ上で、HOUND DOGにメッセージを送った)。その後現在までNHK紅白歌合戦への出場経験はない。

エピソード[編集]

東京ドームなど大きな会場で公演を成功させる一方で、地方をおろそかにしない地道な活動もしていたため、常に各地方都市の駅や公共施設に彼らの公演を伝えるポスターが多く掲示されていた。取材旅行で地方を旅することの多い、映画監督の山田洋次が、どこへ旅行しても目にする彼らのポスターに興味を持ち、「男はつらいよ」で渡世人の寅さんとドサ回りするハウンドドックを共演させる企画も暖めていたが、渥美清の体調不良、急逝などもあり、実現することは無かった。「メンバーは大変残念がっていた」と、鮫島が音楽誌の「ルーディーズクラブ」の連載コラムに寄稿している。

デビュー25周年目以降のバンド内の一連の騒動[編集]

2005年の解散騒動[編集]

デビュー25周年目となる2005年(平成17年)、大友と所属事務所マザーエンタープライズとの間で意見対立が発生した(大友が事務所を通さず営業の仕事を受けたのが原因)。その結果大友は個人事務所(イエホック、iehok)を設立し、4月に独立した。これを受けてマザー側は、7月の日本武道館公演をもってHOUND DOGに関する一切の業務を終了する事を発表した。また6月に発売されたアルバム「OMEGA」についても、マザーは「事実上、現メンバーによる最後のオリジナル・アルバムになる可能性がある」とし、ジャケットや曲のタイトルが解散を示唆する内容となっていた。しかし大友は事務所に反発し、解散はしないことを武道館のステージで明言した。

この間、メンバー間で話し合いが続けられていたが、蓑輪・鮫島の2人はイエホック移籍に難色を示し、交渉がまとまらなかった。8月、大友はイエホック公式サイトにて、「バンド内に将来に対する考え方の違いが生まれた」として蓑輪・鮫島を除いた4名(大友・八島・橋本・西山)で活動を続けることを表明した。マスコミには蓑輪・鮫島が「脱退」したと報じられたが、当人たちは「脱退はしていない」とコメント。また、蓑輪・鮫島両名から「ハウンドドッグ」の商標登録が出願されていることも明らかとなった。鮫島はその後も折りにつけ脱退否定発言を繰り返したが、大晦日のカウントダウン・ライブや2006年(平成18年)2月からのツアーは、両者を除いた4名にサポートメンバーを加えるかたちで開催された。

2006年のメンバー「解雇」[編集]

その後、大友が活発にバラエティ番組に出演する一方で、大友のラジオ番組から八島が降板したり、夏のライブ情報が橋本の個人サイトに掲載されなかったり、橋本がサイトのBBSで「信じていた人から裏切られた」と発言するなど、不可解な動きがあった。そして2006年(平成18年)6月3日「HANBUN DOG(6-3)」と題した、橋本・八島・西山によるパーティーの開催が橋本のサイトにて発表された。

6月18日、大友は「ハウンドドッグを守るため」自分ひとりで活動を続けるとイエホック公式サイトにて表明。イエホックの代表者(楠山寸賀子)は「ハウンドドッグを操ろうという動き」という表現で前事務所の干渉を示唆し、橋本らのパーティー開催をそれに飲み込まれたものであるとみなして、バンドが大友ひとりになる理由とした。

これに対して橋本のサイトには、橋本・八島・西山の反論コメントが掲載。橋本は「私たち三人は脱退したのではありません」とした。その後、橋本のサイトやパーティーで3名が語ったところによれば、イエホックは当初から、3名を大友のバックミュージシャン扱いしていた。新曲の権利をすべて無償でイエホックに譲り渡すことを要求してきた。橋本が株売却のために旧事務所とコンタクトをとったことを口実に解雇し、新メンバーをオーディションで加えようとした。反発した3名は大友との話し合いを求めたが、大友は携帯の番号を変えて連絡がとれない状況であった。3名が事務所に不満を募らせていたところ、代理人弁護士から携帯メールで一方的に解雇を告げられた。「HANBUN DOG(6-3)」は元の6人でもう一度やり直したいという意味を込めたものであり、前事務所の干渉や、一部で噂された宗教団体の関与などは全くない、というものであった。

7月22日、大友以外すべてサポートメンバーで、HOUND DOG名義のライブが大阪野音で開催された。八島・橋本・西山が自腹でチケットを購入して現れ、会場は騒然となる。しかし、大友は例年通り昔の曲(そのほとんどは蓑輪と八島が作曲したものである)を歌い、MCでは一連の騒動について明確な説明をしなかった。昔の6人に戻ることを求める署名活動を行うファンの姿も見られた。9月2日には、同じサポートメンバーを従えて「HOUND DOGとして50回目」と称した日本武道館公演が行われた。ここでも大友は明確な説明をしなかったが、「後悔はない。1歩ずつ前を向かって歩いていく」と話し、旧メンバーとやり直す気がないことを暗示した。ようやく10月31日、大友はインターネットマガジン「Manyo」連載のエッセーにおいて、一連の経緯に関するファンへのメッセージを発表。自らの決意が変わらないことを強調し、「いずれ時間と良識と世論が本当の答えを出して理解してくれるはずだ」と結んだ。

一方、八島・橋本・西山の3人は「新生ハウンドドッグ」として、八島が書き下ろした「We are the Hound Dog」のレコーディングを9月14日に行った。ボーカルは、緊急募集された199名のファンである(当初、199名の中には冗談半分で応募した大槻ケンヂが含まれていたが、結局辞退している。)。八島いわく「大友康平に歌ってほしいと思って作ったが、今のところ実現は困難なのでこの曲は、みんなに歌ってほしい。7人目のメンバーと一緒に歌いたい」「200人目は大友に」とのことであった。その後3人は「We are the Hound Dog」発売を記念したライブも行っている。

訴訟[編集]

2006年(平成18年)9月現在、明らかになっている訴訟は以下の通り。

  • 蓑輪・鮫島が大友・八島・橋本・西山に対して起こしている民事訴訟。HOUND DOGは6人の演奏活動によって成り立っていると主張し、「HOUND DOG」の名称の使用権がメンバー6人にあること、2人をバンドに復帰させることなどを求めている。また、大友独立の巻き添えで前事務所との契約が白紙になったことに対する金銭補償も求めている。ロックバンドの活動方針はリーダーの一存で決められるのかどうかが問題の焦点であり、判決が注目されている。2006年(平成18年)9月1日、八島・橋本・西山については和解が成立し、大友以外の5人が結束することとなった。
  • マザーエンタープライズがイエホック及び大友・八島・橋本・西山に対して起こしている民事訴訟。当時マザーの取締役だった大友が「裏営業」を行ったこと、大友の独立によって全国ツアーが中止になったことなどに対して損害賠償を求めている。また、マザーがバンドを解散に追い込もうとしたかの如く発言したことに対しても、事実無根であるとして損害賠償と謝罪広告の掲載を求めている。刑事告訴ではなく民事告訴となっていることについて、マザー側の「温情」を指摘する見解がある。なお、11月13日の東京地裁の弁論において、大友側は証拠を提出して反論。事前にマザー側からソロ活動の許可を得ていたこと、独立時点で全国ツアーの詳細は決まっていなかったことを主張した。さらに、「裏営業」などと報じられたことによる名誉棄損で、損害賠償を求める反訴を行った。本件については、マザーと八島・橋本・西山の間では和解が成立している。大友は、2007年(平成19年)12月5日の証人尋問に出廷。八島・橋本が傍聴席にいるという状況のもと、大友は質問に対し「意味がわかりません」という発言を繰り返し、多くの人を失望させた。裁判は、2008年(平成20年)12月22日に東京地裁において判決[1]が下された。大友の「裏営業」の事実についてはそれが認められるとともに大友側からの名誉毀損の反訴は退けられた。また、大友の独立による全国ツアー中止についての損害賠償については、訴えが棄却された。この一連の判決を不満としてマザーエンタープライズ側が東京高裁に控訴したが、2009年(平成21年)5月に控訴を棄却[2]された。

イエホック側の発表と旧メンバー側の言い分が食い違い、また大友がほとんどファン向けの説明をしなかった。2006年(平成18年)7月の大阪野音公演と9月の日本武道館公演では、元の6人での活動を求める署名活動が会場外で行われた(この署名は、大友のもとに届けられたといわれる)。また、一部有志は同年9月1日日刊スポーツ意見広告を掲載し、同じく6人での活動再開を求めた。

メンバー[編集]

1976 - 1978年[編集]

1978 - 1980年[編集]

  • 大友康平 (ボーカルに専念)
  • 八島順一 (1956年2月19日 -、ギター):宮城県出身。
  • 蓑輪単志1959年12月17日 -、キーボード):宮城県出身。
  • 海藤節生1958年3月3日 -、ベース):玉手に代わって加入。
  • 高橋良秀 (ギター)
  • 佐藤証 (ドラムス):プロになるつもりはなくプロデビュー前に脱退。
  • 畑山広志 (ギター)

1980 - 1984年[編集]

  • 大友康平 (ボーカル)
  • 八島順一 (ギター)
  • 蓑輪単志 (キーボード)
  • 海藤節生 (ベース):脱退後は仙台を拠点にソロ活動および市民活動家として活動している。
  • 高橋良秀 (ギター)
  • 藤村一清(ドラムス):脱退後は仙台を拠点に、kacooを平間邦義とともに結成し、主にライヴ活動などをおこなっている。

1984 - 2005年[編集]

2005 - 2006年[編集]

  • 大友康平 (ボーカル)
  • 八島順一 (ギター)
  • 橋本章司 (ドラムス)
  • 西山毅 (ギター)

2006年 7月~[編集]

  • 大友康平 (ボーカル)

変遷[編集]

プロデビュー以降のみを以下に記す。

Vocal Guitar Guitar Key Bass Drums
1980-1984年 大友康平 八島順一 高橋良秀 蓑輪単志 海藤節生 藤村一清
1984-2005年 大友康平 八島順一 西山毅 蓑輪単志 鮫島秀樹 橋本章司
2005-2006年 大友康平 八島順一 西山毅 橋本章司
2006年 7月~ 大友康平

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 嵐の金曜日(1980年3月21日)
    作詞・作曲:八島順一。デビューシングル。
  2. おまえはB-88(1980年10月1日)
    イギリスのグラムロック・バンド、ジョーディー(Geordie・AC/DCブライアン・ジョンソンが在籍した)の『All because of you』のカヴァー。訳詞は糸井重里
  3. おちょくられた夜(1981年3月21日)
  4. スクールデイズ(1981年9月21日)
  5. 浮気な、パレット・キャット(1982年1月15日)
    作詞・作曲:NOBODYカネボウ化粧品CMソング、およびヤマハ発動機CMソング。後に、NOBODYがセルフカバー。
  6. 涙のBirthday(1982年9月1日)
    作詞・作曲:八島順一。
  7. STILL!(1983年5月21日)
  8. Please Please Please(1984年3月5日)
  9. グッバイ・ドリーマー(1984年6月21日)
  10. ff (フォルティシモ)(1985年8月25日)
  11. ROCKS(1986年8月27日)
  12. DIAMOND EYES(1987年6月21日)
  13. AMBITIOUS(1988年4月1日)
    作詞:松井五郎、作曲:蓑輪単志。日本テレビ「チョモランマがそこにある」主題歌。
  14. ONLY LOVE/Destiny(1988年10月1日)
    作詞:松井五郎、作曲:蓑輪単志。日本テレビのソウルオリンピック〜世界陸上東京大会スピリッツソング。2006年2月26日、ボクサー亀田大毅がデビュー戦勝利後に歌唱した。また、元ボクサーのタレント赤井英和プロレスラー高田延彦もカラオケの持ち歌にしており、1994年に両者が知人たちとカラオケボックスに行って高田が歌おうとした際、赤井が「俺の持ち歌だ!!」とマイクを奪い取ろうとして殴り合いになったこともある。
  15. No Name Heroes(1988年12月1日)
  16. 15の好奇心(1989年2月21日)
  17. 大地の子供たち/KISSで極楽 (パラダイス)(1989年6月1日)
  18. TELL ME WHY(1989年10月25日)
  19. でっかい太陽〜Jump Jump Jump〜(1990年8月10日)
  20. GLORY(1990年12月21日)
  21. FLY(1991年4月25日)
  22. BRIDGE〜あの橋をわたるとき〜(1992年2月9日)
  23. 日はまた昇る〜THE SUN ALSO RISES〜(1993年2月27日)
    作詞:大友康平&松井五郎、作曲:蓑輪単志。おなじくアサヒスーパードライCMソング。
    ※カップリングの「BEGINNING」は、1992年の日本テレビ系プロ野球中継テーマ曲。放送時はGメジャーのシンプルな楽曲だったが、発売時にはAメジャーの楽曲に変わっていた。
  24. JEALOUSY(1993年3月25日)
    TBSムーブ」エンディングテーマ。
  25. POWER OF LOVE(1994年7月25日)
  26. ROCK ME(1994年10月10日)
  27. 銀河のささやき(1994年10月25日)
  28. おまえを決してはなさない(1995年6月10日)トヨタ・カローラレビンAE111CMソング。
  29. さよならの向こうに(1995年9月10日)
    作詞:松井五郎、作曲:八島順一。東京ビューティーセンターCMソング。
    ※カップリングの「Shining」は、1995年のTBSプロ野球中継テーマ曲・中国放送(RCC)制作の1995年11月 - 1996年1月放送の駅伝中継(広島県高校女子駅伝・中国中学校駅伝・中国山口駅伝=テレビ山口(TYS)と共同制作・中国女子駅伝。いずれも中国新聞社主催)テーマ曲として使われた。
  30. ACROSS THE RAINBOW〜虹の彼方へ〜(1996年10月1日)
  31. SEASON(1997年2月1日)
    プレイステーションゲームソフト「FIGHTING ILLUSION K-1 REVENGE」テーマソング。
  32. Smile For Me(1997年4月19日)
  33. これからの人(1998年1月21日)
  34. BY MYSELF(1998年5月21日)
  35. JUNCTION(1998年7月18日)
  36. DO IT(1999年9月1日)
    作詞:大友康平、作曲:八島順一。フジテレビプロ野球ニュース」テーマソング。スポーツ振興のためのチャリティーCDとして発売された。佐々木主浩蝶野正洋中山雅史福嶋晃子松井秀喜マイク・ベルナルド松坂大輔本山哲山本美憂といった有名スポーツ選手がコーラスに参加している。
  37. BIRD(2001年6月20日)
  38. R★O★C★K★S(2002年11月20日)
    テレビ東京テレビアニメNARUTO -ナルト-』第1期オープニングテーマ。
  39. POPCORN(2002年12月7日)
    作詞:村野直球、作曲:蓑輪単志、編曲:蓑輪単志。R and C移籍後のシングル第一弾。米国同時多発テロをきっかけに生まれたバラード曲。(NHK番組青春応援団エンディング曲)
  40. 泣くなよ(2003年9月25日)
  41. たったひとつの愛のうた(2004年4月21日)
    作詞:大友康平&Frank Fu、作曲:八島順一&蓑輪単志&Frank Fu。アルバム『11 Rooms For Sky』からのシングルカット。プロモーションビデオは小田和正が監督を務めた。
  42. SONGS(2005年3月30日)
    作詞・作曲:蓑輪単志。電気事業連合会CMソング。デビュー直後から、ライブでのみ演奏されてきた幻のバラード。25周年メモリアルシングルとして、スタジオ録音されて発売。かつて大友が「SONGSをシングル化するのは解散するとき」という意味の発言をしたことがあった(西山も同様の発言)ため、この曲の発売はその後の解散説に信憑性を与える結果となった。結局解散はしなかったものの、作詞・作曲の蓑輪はバンドを離脱。カラオケでは一度配信されたものの現在は歌えなくなっている。アルバム「OMEGA」には「version of Coda」として収録。
  43. アカペラ(2005年4月20日)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

レコーディング中に初代ベースの海藤が脱退。アルバムジャケットに海藤の写真は無いが、名前が刻まれている。
  • LOVE(1986年12月21日)
それまでのCBSソニーから、Mother&Children(所属事務所が立ち上げたレコード会社)に移籍後最初のアルバム。タイトルは「黙って聞け」の意。
  • GOLD(1989年1月11日)
海外レコーディング作品。ONLY LOVEやAMBITIOUSをはじめ、収録曲ほとんどにタイアップがついた。当時の勢いを感じることのできるアルバムである。オリコン1位獲得。
  • VOICE(1990年1月1日)
オリジナルアルバムでは、初の二枚組。西山作曲・橋本作曲(八島との共作)の楽曲が収められている。また、鮫島・橋本・西山が初めてコーラスに参加。
  • BRIDGE(1992年2月22日)
前作『BACK TO ROCK』のセールス不振を受け、てこ入れとして後藤次利をプロデューサーとして迎えた作品。後藤の方針でスタジオミュージシャンが本格導入され、メンバーはほとんど演奏していない。オリコン1位獲得。
  • RIVER(1993年4月24日)
  • OMEGA(2005年6月29日)
蓑輪単志プロデュースで、解散騒動のさなかに発売された。アルバムタイトル(オメガは、ギリシア文字の最後の文字である)、ジャケット、一部の曲タイトルが解散(脱退)を連想させた。歌詞カードの大友の写真には妙な加工がされている。

ライブアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

(5枚組・DVD付…《ROLLOVER TOUR TOKYO & SP》)

脚注[編集]

外部リンク[編集]