ムーブ (バラエティー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーブ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 月曜 - 木曜19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1992年10月12日 - 1993年9月23日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 森本仁郞(制作)
プロデューサー 深尾隆一(総合P)
出演者 下記参照
テンプレートを表示

ムーブ』 (MOVE) は、1992年10月12日から1993年9月23日まで月曜日から木曜日の19:00 - 19:54 (JST) にTBS系列で放送されたバラエティ番組ゾーンのタイトルである。

また、この項では『ムーブ』に続いて1993年10月11日から1994年3月24日まで放送された帯バラエティ番組ゾーン『ザッツ!』についても記述する。

概要[編集]

当時、ゴールデンタイム19時台の視聴率で他局に押されつつあった[1]TBSが視聴率を奪還するために練られた企画で、各曜日ごとに個性的な芸能人を司会に迎え、日替わりで特色のあるバラエティー番組を放送した。各番組には原則、情報番組の要素が加えられていた。TBSでの月-金曜19時台の帯番組は1984年から1987年まで拡大放送された『JNNニュースコープ』(19:00-19:20)以来となっていた。また、月曜から木曜19時台の日替わりバラエティ番組は1975年3月から同年7月まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放送された『7時のナマナマ歌謡曲』(月-金曜19:00-19:25)以来で、1時間枠では初であった。さらに、火曜と水曜の1時間枠は前番組(火曜『そこが知りたい』、水曜『北緯35度の風』)から続けてだが、月曜19時台の1時間枠は1964年1月から7月に放送の時代劇『白馬の剣士(第1期)』以来28年3か月ぶりで(バラエティ-番組では初)、木曜19時台の1時間枠はTBS開局以来初であった。

当時の磯崎洋三社長のいわゆる「鶴の一声」で、視聴率がよくても大量の人気番組を打ち切り、TBSの社運を賭けた枠だったが、当初から視聴率は伸びず、結局『ムーブ』は1年で打ち切られ、さらなるテコ入れを行って、1993年10月11日から1994年3月24日まではこれと同じ趣旨で『ザッツ!』が放送されたが、『ザッツ!』でも視聴率は伸びず、半年で打ち切り、TBSが社運を賭けたゾーン編成は合わせて1年半の短命だった。しかし、『ムーブ』及び『ザッツ!』という枠そのものは失敗に終わったものの、『ムーブ』枠で唯一視聴率が良かった『上岡龍太郎の男と女ホントのところ』は『上岡龍太郎vs50人』『上岡龍太郎がズバリ!』とタイトルを変え1996年まで放送を続け、『ザッツ!・ウェディングベル』は、枠消滅後も1997年まで継続、『関口宏の東京フレンドパーク』は次番組の後に『関口宏の東京フレンドパークII』として復活し視聴率が回復。2011年まで時間帯を移動しながらも放送された、など結果を出した番組もある。

『ムーブ』は、1992年秋の番組改編の最大の目玉で、メインとなる4人(関口、三宅、紳助、上岡)が並んで一斉に「この秋、ムーブです。」と言うテレビCMが作られていた(単体で言うバージョンもあった)。また、これとは別に「人間の味がする、ムーブ。」のキャッチコピーで料治直矢が出演する局のイメージCMもあった。

『ムーブ』枠[編集]

『ムーブ』は全編ステレオ放送が実施されていた[2]。エンディングでは「今月の歌」として下記のエンディングテーマ曲が使用されていた(最後の4か月間は行われていない)。

歴代エンディングテーマ曲[編集]

『ザッツ!』枠[編集]

『ムーブ』ではステレオ放送が実施されていたが、『ザッツ!』では「今月の歌」が廃止されたため、モノラル放送に切り替えられた。

『ザッツ!』終了後[編集]

1994年春の改編でゾーン編成は解消されたが、火曜日の『ウェディングベル』は続行。木曜日の『上岡龍太郎vs50人』は『上岡龍太郎がズバリ!』とタイトルを再変更して継続。月曜日には『ムーブ』時代に好評だった『関口宏の東京フレンドパーク』が『関口宏の東京フレンドパークII』として復活をし、2011年春まで放送された[3]

また、水曜日初期に放送されていた『島田弁護協会』の末期に集中的に放送されていた、嫁不足に悩む地方の独身男性と都会に住む女性をお見合いさせる『沼島お見合いシリーズ』は視聴率が15パーセントを超えるなど好評を博し、その後期首特番などで『沼島の春よふたたび』としてシリーズ化される[4]などここから派生した番組は多い。

なお、TBSは1994年春の『ザッツ!』終了から2009年春の『総力報道!THENEWS』までの期間、19時台に帯のゾーンを編成しなかった。

オープニングタイトル[編集]

『ムーブ』時代はアニメーションによるオープニングタイトルが制作されている。映像構成は、「朝の通勤」→「鳴りまくる電話群」→「喫茶店」(ここまで針が回るアナログ時計がCGで合成し、やがてフレームアウト)→「昼間の街」と映し出された後、その映像が反転して「夜の街」となり、女性コーラスの「♪7:00PM(セブン、ピーエム)、ムーブ」と共に、画面上部から夜7時を指したアナログ時計とタイトル「ムーブ」が降りていき、更に映像が反転して、今日放送の番組タイトルが映し出された。

『ザッツ!』時代はオープニングタイトルが廃止され、番組冒頭、画面の上隅に「ザッツ!」というタイトルテロップが映し出されるのみだった。

スポンサーについて[編集]

前半と中盤と後半の3分割体制となっており、『ムーブ』では前半と中盤は4グループに分けての交代体制となっていた。『ザッツ!』では毎週前半・中盤で交互に入れ替えた。後半枠は月曜19時台後半の『わいわいスポーツ塾』の単独提供だった雪印乳業(現・雪印メグミルク)ほか雪印グループ雪印食品雪印ローリー雪印種苗)が担当していた。なお、ザッツ!終了後、雪印グループの雪印乳業と雪印食品は水曜19時台の『楽珍!スポーツ共和国』のスポンサーとなる。

打ち切り[編集]

元々、この時間で放送されていた番組(『クイズ100人に聞きました』、『わいわいスポーツ塾』など)や火曜21時からの2時間枠『ギミア・ぶれいく』など視聴率は悪くはなかったものの番組枠確保のため打ち切られた番組も多い。『ギミア・ぶれいく』司会の大橋巨泉は『ムーブ』に大反対し磯崎と直談判まで行い番組の存続を訴えている[5]

同様に『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は視聴率が好調だったことから放送延長が決まりそれを前提としたストーリーを作成していた矢先に打ち切りとなった。そのためアニメは大幅なストーリー変更の上終了。市場にアニメ未登場キャラクターの玩具が発売される事態となった。[6]

また『KATO&KENテレビバスターズ』は裏番組に押されたため視聴率で苦戦、視聴率が10パーセントに届かないことも多く「鶴の一声」で打ち切られた。

ムーブの改編によって影響が出た放送番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特に水曜日は大苦戦をしていた。
  2. ^ ただし、オープニング映像・エンディングの主題歌及び『島田弁護協会』のBGM効果音以外はモノラル音源収録されており、殆どは実質上モノラル放送(モノステレオ放送)であった。
  3. ^ 2009年春の改編期に月曜19時台から木曜20時台に移動したが、2010年春に月曜19時台に戻った。
  4. ^ 紳助の芸能界引退後はナインティナインが引き継ぎ、2015年現在、特番『ナイナイのお見合い大作戦!』として継続中。
  5. ^ 後年、巨泉が『TVガイド』の取材に対し答えている。のちに「ギミア・ぶれいくスペシャル」(特集)のみをベースにした番組『THE・プレゼンター』(日曜19:30-20:54、1992年10月-1996年3月)という形で番組は事実上継続した
  6. ^ 『JUMP COMICS PERFECT BOOK 1 ダイの大冒険』140頁
TBS 月曜日 - 木曜日19時台
前番組 番組名 次番組
ムーブ

ザッツ!