わいわいスポーツ塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わいわいスポーツ塾
ジャンル クイズ番組
放送時間 月曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1987年10月5日 - 1992年9月21日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 岡本充敏太田寛
プロデューサー 岡本充敏
出演者 板東英二
長峰由紀
ほか、こちらも参照
ナレーター 八木橋修
テンプレートを表示

わいわいスポーツ塾』(わいわいスポーツじゅく)は、1987年10月5日から1992年9月21日までTBS系列局で放送されていたスポーツを題材にしたクイズ番組である。 厚生省中央児童福祉審議会推薦番組。 司会者は自らもプロ野球選手を経験した板東英二(番組では「塾長」とされていた)とTBSアナウンサー長峰由紀雪印グループの雪印乳業(現・雪印メグミルク)ほか(雪印食品雪印ローリー雪印種苗)の単独提供番組で司会者席には雪印のロゴが表示されていた。スポーツ局(後にTBSスポーツ→現在TBSテレビに移管)も製作に関与した番組だった。

番組概要[編集]

  • 様々なスポーツの話題を取り上げ、競技のルールやその地域で行われる独特のイベントなどからクイズを出題し、塾生(解答者)がそれを答えるという形態の番組だった。
    • 番組初期は問題は4問・全て書き問題(但し、初回から数週間は一問一答式の口頭で答える○×クイズも出題された。)で、答えはフリップボードに書いて解答。1問正解につき、チアガールの格好をした「ブタちゃん人形」が置かれ、これを3個以上獲得でトップ賞に相当する「首席」となり、賞品が贈られる。3個以上獲得者がいない場合、首席無しで賞品は視聴者プレゼントとなった。また、レギュラー解答者に絶対にクイズに強いという解答者が少なく、初期の頃は首席無しも月に1回程度は出ていた。
    • 番組後期は解答をライトペンを使って書き、後ろのテレビモニターに出す形式であり、解答はブルーバックで出され、正解・不正解は赤い○と×で出された。クイズも正解で100点の通常問題に加えて「タイムトライアル」と称した早書き早押し問題(通常の早押しではなく、解答を書くのに掛かった時間で得点を決める方式。制限時間は10秒、解答を書いた後にボタンを押して得点を決定する。正解すると残り時間×10点の得点が加算、最高点は1秒以内に解答を書く100点。高得点を得ようと早く書くため、筆跡が大きく崩れてしまう場合があり、板東が解答をチェックする)や、レギュラーはトップ賞でメダルを1枚獲得して5枚貯めると、ゲストは500点以上獲得するとバルセロナ旅行をプレゼントする企画も行われた。全員不正解のときの掛け声は「この問題はアウトでーす」と言って全員不正解のBGMが流れた。
  • バルセロナオリンピック大会期間中はTBSのスタジオとバルセロナにあるIBC(国際放送センター)・TBSスタジオの2元生放送を実施した。
  • スタジオのセットは当時の『世界・ふしぎ発見!』のセットにそっくりのものだった(初期のものは『世界まるごとHOWマッチ』)。
  • 視聴率は比較的高く、最高で25%を超えることもあった。(番組最高視聴率は1990年1月22日放送の26.6%)
  • 5年も続いた人気番組だったが、30分前の番組である『クイズ100人に聞きました』と同様に当時の磯崎洋三社長の「つるの一声」で打ち切りとなり、『ムーブ』というバラエティ番組を開始したため発展的に番組は終了。最終回は「さよなら卒業大試験!!」と題し1時間の拡大版で放送した。

レギュラー解答者[編集]

エピソード[編集]

  • 番組開始当初、司会の板東は解答者に対して、「書きなさい!」「(解答を)出しなさい!」と言っていた。これは当時の人気クイズ番組『クイズ面白ゼミナール』(NHK)の鈴木健二(当時、NHKアナウンサー)を真似たもので、先生の立場を利用して命令調で進行していたが、視聴者から「生意気だ」と多数のクレームがついたため、数回で「書いてください!」との言い方に変更された。
  • 武豊・佐野量子夫妻が知り合うきっかけになった番組としても有名である。なお、競馬騎手は武の出演前にも当時現役だった田原成貴が出演していた。
  • 1989年1月9日の放送では、昭和天皇崩御の2日後のため、事前に録画したオープニングで板東が「あけましておめでとうございます」と言っている部分の音声がカットされた。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 TBS TBS系列 制作局
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 [1]
宮城県 東北放送
山形県 テレビユー山形 1989年10月開局から
福島県 テレビユー福島
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
山梨県 テレビ山梨
静岡県 静岡放送
富山県 チューリップテレビ 1990年10月開局から
石川県 北陸放送
中京広域圏 中部日本放送
近畿広域圏 毎日放送
島根県
鳥取県
山陰放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口
香川県
岡山県
山陽放送
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

※1992年10月に開局を控えた伊予テレビ(現・あいテレビ)では、開局前のサービス放送で最終回のみが放送された。

スタッフ[編集]

※「TBS」のロゴは、最末期は「ミクロコスモスTBS」、それ以前は1961年から使用した「筆記体マーク」だった。

TBS系列 月曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
クイズ100人に聞きました
※19:20 - 19:58
【19時に短縮移動して継続】
わいわいスポーツ塾
TBS 月曜19:54 - 19:58枠
クイズ100人に聞きました
※19:20 - 19:58
わいわいスポーツ塾
TBS系列 雪印乳業提供番組
世界めぐり愛
※日曜10:00 - 10:30
わいわいスポーツ塾
ムーブ
※3パート目を単独提供

脚注[編集]

  1. ^ 現社名は『IBC岩手放送』。