オーバー30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オーバー30
ジャンル ドラマ
放送時間 13:30-14:00(JST)(23.5分)
放送期間 2009年1月5日-2月27日(40回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 中部日本放送
出演者 島崎和歌子
遊井亮子
高知東生
升毅
相本久美子
田中実
中原ひとみ
板東英二
絵沢萌子
中尾ミエ
オープニング 島崎和歌子『Happy Life 〜明日に向かって〜』
外部リンク hicbc.com:ひるドラ「オーバー30」
テンプレートを表示

オーバー30』(オーバーサーティー)は、中部日本放送(CBC)の制作により2009年1月5日から2月27日まで、TBS系「ひるドラ」(月 - 金 13:30 - 14:00〈JST〉)枠で放送された日本の昼ドラハイビジョン制作

概要[編集]

主演は島崎和歌子。島崎はTBS系の愛の劇場枠で放送された『三代目のヨメ!』以来1年ぶりの昼ドラ主演作であった。

本作は、CBC制作昼の連続ドラマ以来38年間続いたCBC制作による昼ドラの最終作品となった(終了に至る経緯は「愛の劇場」を参照)[1][2]。また本作の終了によって、CBC制作・全国ネットの連続ドラマ枠は全て消滅した。本枠終了後、平日13時台後半のCBC制作帯枠は『おとなの教室』(『ひるネタ』時代はお昼前)までのブランクとなる。

あらすじ[編集]

江藤愛子は36歳で専業主婦にして1男1女の母。ある日彼女は、夫・直之が東京出張と称して浮気をしていることを知る。ショックを受けた愛子だったが、やがて思い切った行動に出る。子供を連れて上京、夫の浮気相手・若山美香の家に転がり込んだのだ。最初は困惑した美香も、人生をやり直したいという愛子の就職活動を支援したりするようになる。やがて美香の家には愛子を連れ戻そうとする直之や姑、いつまで経っても結婚しない娘に業を煮やす美香の母までもがやってきて……。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:川嶋澄乃
  • 演出:青山貴洋(名古屋東通企画)、佐藤浩二、塚田哲也(アズバーズ)
  • 音楽:岩崎文紀
  • 協力:CBCクリエイション、東通|名古屋東通企画、第一舞台ほか
  • プロデューサー:塚田哲也(アズバーズ)
  • 宣伝:重松和世、木原猛
  • 制作デスク:榎本和代
  • 制作協力:アズバーズ
  • 製作・著作:中部日本放送

サブタイトル[編集]

回数 第1週~第4週 脚本 演出 回数 第5週~第8週 脚本 演出
第1回 36歳女の本音トーク炸裂 川嶋澄乃 青山貴洋 第21回 新しい恋の予感!?奇人登場 川嶋澄乃 青山貴洋
第2回 波乱の同居生活が始まる… 第22回 本音むき出しの大喧嘩勃発
第3回 愛子に甘い誘惑が忍び寄る 第23回 恋に効く血液型弁当始動!
第4回 独身女美香の弱気なホンネ 第24回 美香と耕治、恋、すれ違い
第5回 愛子が下した重大な決断!? 第25回 桜子の秘密に愛子愕然!
第6回 激怒!美香が決定的発言!! 第26回 桜子の乱で直之の威厳回復 塚田哲也
第7回 違反!美香に愛子ブチ切れ 第27回 発売!恋に効く血液型弁当
第8回 大胆!桜子の秘行為に衝撃 第28回 勝負のバレンタインデー
第9回 純愛!健太が男気を魅せる 第29回 美香、自分の本気に気づく
第10回 運命!美香が主婦になる!? 第30回 岳史が愛子に重大発言!?
第11回 美香が本気で目指すモノ!? 佐藤浩二 第31回 ダブルでプロポーズ大作戦
第12回 仕事の愛子VS恋の美香 第32回 急転!プロポーズの波乱
第13回 愛子の一言で未か大ピンチ 第33回 直之と岳史、男同士の対決
第14回 理想の自分になるために 第34回 愛子の初デートで直之暴走
第15回 愛子に魔の手が忍び寄る!! 第35回 家族が笑顔になるレシピ
第16回 愛子と子供達、人間関係はややこしい 第36回 愛子の決断が江藤家を直撃 青山貴洋
第17回 愛子の迷い道、くねくね・・・ 第37回 美香は人生の決断をする!
第18回 愛子と美香の正念場!! 第38回 耕治の送別会。美香の決別
第19回 空海の㊙正体!美香唖然 第39回 それぞれの幸せのカタチ
第20回 美香の恋、一発逆転!? 最終回 オンナ36歳、人生の選択

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 島崎和歌子がCBC最後の昼ドラ主演 日刊スポーツ 2008年12月8日
  2. ^ 島崎和歌子、昼ドラ“休止”に笑顔でコメント「ラストとは思わない」 ORICON STYLE 2008年12月8日
  3. ^ 鏑木は2010年1月から2011年3月まで『ごごネタ!解決!TV』の司会を担当した(2010年4月から9月迄は出演休止)。
  4. ^ 板東は『愛の劇場 最終シリーズ 大好き!五つ子』(2009年2-3月、TBS制作)にもレギュラー出演し、2つのTBS系昼ドラ制作担当局最終作品(『ひるドラ』の放送最終作は毎日放送制作『おちゃべり』)に出演した。

外部リンク[編集]

MBSCBC 平日13時台後半(ひるドラ枠)
前番組 番組名 次番組
パンダが町にやってくる
(2008.11.3 - 12.26)
オーバー30
(2009.1.5 - 2.27)
おちゃべり
(2009.3.2 - 3.27)
※同枠の最終作品