命賭けて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

命賭けて~あなたは我が子を守れるか!?~』(いのちかけて あなたはわがこをまもれるか)は、1998年11月30日から1999年1月29日にかけて、毎日放送(MBS)製作・TBS系列「ドラマ30」枠で放送された昼ドラマ。同枠「命シリーズ」の第6弾。

当時から現在に至るまで社会問題となっている、薬物使用の若年化や女子高生による援助交際などを赤裸々に描いた作品。大きな反響を呼び、製作局のMBSでは、通常放送終了後に総集編も放送された。

後にこの作品と同じスタッフで、白血病をテーマにした「ピュア・ラブシリーズ」が製作されており、篠田三郎猪野学楊原京子を始め、「命賭けて」にも出演した俳優の多くが出演している。

あらすじ[編集]

女子高生のさやかは、旅行の為の資金を稼ごうとコンビニでのアルバイトに励んでいた。思うように資金が貯まらない中、友人のまり江がブランドグッズを揃えていることに驚く。まり江は援助交際をしてお金を稼いでいたのだ。そしてさやかは、まり江に誘われるがままに援助交際を行うようになってしまう。援助交際がクラスメート達にバレたさやかは、周囲から陰湿ないじめを受けるようになっていく。そしてひょんなことから、覚醒剤と出会い、中毒にまで陥ってしまう・・・。

一方、さやかの父・研介は、上司から得意先との接待として援助交際の席を設けるよう命令を受ける。

キャスト[編集]

※()内は役名

さやかの父で会社員。
さやかの母。昼間は近所の病院で受付のパートをしている。
私立高校に通う女の子。活発な性格で友人も多く、その友人達と旅行に行く為コンビニでアルバイトをしていたが、そこで幼馴染のまり江と再会し彼女に誘われるまま「援助交際」を行ってしまい、それが原因で友人だと思っていた同級生からいじめられて居場所を無くし落ち込んでいる時にある男から「元気が出る薬」と称して覚せい剤を勧められてしまう。
研介一家の隣宅に住む女性。
さやかの幼馴染。さやかの良き理解者でもあるが、「援助交際は割りのいいバイト」という考えで行っており、迷い無くさやかにも勧めてしまう。
研介一家宅のご近所さん。

スタッフ[編集]

  • 作:宮内婦貴子
  • 演出:山本実
  • 演出補:鐘江稔MBS企画
  • 制作:伊東雄三
  • プロデューサー:芝野昌之、山本実
  • 製作著作:毎日放送

主題歌[編集]

MBSCBC 平日13時台後半(ドラマ30枠)
前番組 番組名 次番組
家族曲線
(1998.9.28 - 11.27)
命賭けて~あなたは我が子を守れるか!?~
(1998.11.30 - 1999.1.29)