楊原京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やなぎはら きょうこ
楊原 京子
本名 金児 京子(旧姓 楊原)
別名義 松永 京子
生年月日 (1982-04-27) 1982年4月27日(35歳)
出生地 日本の旗 日本 奈良県奈良市
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
配偶者 金児憲史
事務所 スタッフ・テン
公式サイト プロフィール

楊原 京子(やなぎはら きょうこ、1982年4月27日 - )は、日本女優タレント。旧芸名、松永 京子(まつなが きょうこ)。

奈良県奈良市出身。スタッフ・テン所属。

略歴[編集]

17歳の時に単身上京。なおそれ以前に大阪のある芸能事務所に所属し芸能活動を行っていた。毎日放送制作のドラマ30命賭けて』の出演は、上京前の芸能活動に含まれる。上京後は芸能事務所・スタッフ・アップに所属していた。テレビドラマでの脇役出演、バラエティ番組への出演などを中心に活動する。

2001年にテレビチャンネルMONDO21の『グラビアの美少女』に出演し、水着姿も披露するなどグラビアアイドルに近い仕事もこなしていた。

2002年、毎日放送制作のドラマ30『ピュア・ラブIII』に出演。前述『命賭けて』で楊原の父親役だった篠田三郎と、4年ぶりの共演。同年10月より、テレビ朝日系バラエティ番組『虎乃門』(後に『虎の門』)の「こちトラ自腹じゃ!」コーナーで、井筒和幸映画監督)と2年半に渡り共演。これが後に、井筒監督の『パッチギ!』出演のきっかけとなった。

2003年、自身初の写真集『open heart』を発売、同年、DVD『diversion』を発売。

2004年、DVD『夢あわせ』発売。同年4月から約2年間、NHK総合土曜スタジオパーク』に出演。なおその間に事務所移籍および改名が行われ(後述)、同番組内で芸名の改名報告も行った。

2005年8月、所属事務所をスタッフ・アップからスターダストプロモーションへ移籍し、芸名を「松永 京子」に改めた。 2010年8月、ビッグアップルに移籍。

2012年11月、再度、芸名を本名の「楊原 京子」に戻した[1]

2015年2月、2014年11月に俳優の金児憲史と入籍したことを明らかにした。

2016年6月、スタッフ・テンに移籍。

人物[編集]

趣味・特技[編集]

日本舞踊、剣道、ダンス、写真撮影 他

なお自身のブログで、愛犬を紹介している(ブログの外部リンクは後述)。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組 他[編集]

映画[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • この大地を照らす暁の如く(2009年)
  • かたつむり 彼岸花ノ章(2012年)
  • 恋せよ乙女 花の浅草人情噺(2013年)
  • 京の螢火 (2017年、明治座) - 叔母トメ/川踊り/お茂 役[2]

ラジオ[編集]

  • 井筒監督のこちとらラジオじゃ!!(文化放送 毎週金曜日 朝5:30~5:40)2015年1月~

書籍[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.matsunagakyoko.com/blog.shtml?file=201211 楊原京子オフィシャルブログ 2012年11月1日 「楊原 京子。」
  2. ^ “京の螢火配役表”. 明治座」. (2017年10月30日). http://www.meijiza.co.jp/lineup/2017_11/sp/img/haiyaku.pdf 2017年11月12日閲覧。 

外部リンク[編集]