サイドカーに犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイドカーに犬
作者 長嶋有
日本の旗 日本
言語 日本語
初出 文學界』2001年6月号
収録 『猛スピードで母は』(2002年1月)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サイドカーに犬』(サイドカーにいぬ)は長嶋有短篇小説。及び、同作を原作とした2007年6月に公開された日本映画

母親が家出した家庭に突如入り込んできた主人公・ヨーコと、10歳の少女・薫の心の交流を描いた作品である。長嶋有は本作で第92回文學界新人賞を受賞しデビューした。『文學界』2001年6月号に掲載され、第125回芥川賞の候補になった。『猛スピードで母は』(文藝春秋、2002年1月刊)に収録。

2007年竹内結子主演で映画化された。

映画版[編集]

サイドカーに犬
監督 根岸吉太郎
脚本 田中晶子
真辺克彦
原作 長嶋有
製作総指揮 大木達哉
出演者 竹内結子
古田新太
松本花奈
鈴木砂羽
ミムラ
音楽 大熊ワタル
主題歌 YUI「Understand」
撮影 猪本雅三
編集 小島俊彦
製作会社 ビーワイルド
スターダストピクチャーズ
読売広告社
ポニーキャニオン
Yahoo! JAPAN
トゥモロゥー
ビターズ・エンド
ムスタッシュ
配給 ビターズ・エンド
公開 2007年6月23日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

根岸吉太郎によって映画化。2007年6月23日に公開された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

1980年代の夏を舞台にキャリアウーマンとして精力的に不動産会社で働く薫は父と暮らしていた弟に自分の結婚式に出てくれと頼まれる。ふと、憧れの女性、ヨーコを思い出す。20年ほど前、家出していった母と入れ違いのように家にやって来たヨーコは、ドロップハンドルの自転車を駆り、タバコをふかす、母とは正反対の豪快な女性だった。彼女は薫のために食事を作り、コカ・コーラの味や流行りの音楽を教えてくれた。犬を見て、犬がいいのか飼い主がいいのかという不思議な問いをしてくる。そして、互いに尊敬しあう友情の存在も…。だが、父との諍いのすえ家にいられなくなったヨーコは、最後の夏休みにつきあってくれ、と薫を誘うのだった。

受賞[編集]

作品
主演女優賞(竹内結子

外部リンク[編集]