破天荒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

破天荒(はてんこう)とは、故事成語のひとつ。意味は、「今まで人がなし得なかったことを初めて行うこと」、「前人未到の境地を切り開くこと」。

読み下しは「天荒を破る」。

平成20年度の国語に関する世論調査によると、64.2%の日本人が「豪快で大胆な様子」という意味に誤解、あるいは誤用していることが判明した[1]

由来[編集]

中国・代の説話集『北夢瑣言』の記述に由来する[2]

中国の代、王朝成立から100年以上経た後も、荊州(現在の湖北省)から官吏登用試験である科挙の合格者が出ず、世の人はこの状況を「天荒」と称した。天荒とは本来「未開の地」もしくは「凶作などで雑草の生い茂る様」を言う。やがて劉蛻(りゅうぜい)という人物が荊州から初めて科挙に合格すると、人々は「天荒を破った」と言った故事に由来する。旧説には、天地未開の混沌した状態(天荒)を破り開く意がある。

脚注[編集]

  1. ^ 平成20年度「国語に関する世論調査」の結果について”. 文化庁. 2009年9月5日閲覧。
  2. ^ 唐荊州衣冠藪澤、毎歳解送擧人、多不成名。號曰、天荒解。劉蛻舍人、以荊解及第。號爲破天荒。(『北夢瑣言』巻四、「唐摭言」巻ニ)

関連項目[編集]