永遠の1/2 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永遠の1/2』(えいえんのにぶんのいち)は、佐藤正午による日本の小説、およびそれを原作とした1987年日本映画

概要[編集]

1983年の第7回すばる文学賞を受賞した佐藤正午のデビュー作。長崎県西海市(佐藤の出身地・居住地である佐世保市をモデルとした架空の市。以後も佐藤の小説ではたびたび舞台として登場している。2005年の合併により同名の市が実際に長崎県に誕生したが、その市とは無関係)を舞台に、28歳の独身男性を主人公として一人称で進行するミステリータッチの純文学小説。

1987年に根岸吉太郎監督、時任三郎大竹しのぶ主演で映画化された。

あらすじ[編集]

婚約者と別れ、勤めていた市役所も辞めたぼく(田村宏)は、競輪場で小島良子と出会い、付き合うようになる。そんな中、突然ヤクザに絡まれたり、見知らぬ女子高生に泣きつかれたりしたことから、自分に成りすました男が悪事を働いているという事を知り…。

映画[編集]

永遠の1/2
監督 根岸吉太郎
脚本 内田栄一
原作 佐藤正午『永遠の1/2』
製作 三ツ井康
岸栄司
宮坂進
出演者 時任三郎
大竹しのぶ
音楽 野力奏一
撮影 川上皓市
編集 鈴木晄
製作会社 ディレクターズ・カンパニー
配給 東宝
公開 日本の旗 1987年11月21日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1987年11月21日公開。製作はディレクターズ・カンパニー、配給は東宝

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]