木の実ナナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きのみ なな
木の実 ナナ
本名 池田 鞠子
生年月日 (1946-07-11) 1946年7月11日(73歳)
出生地 日本の旗 日本東京都向島区(現墨田区
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優・歌手
活動期間 1962年 -
活動内容 テレビドラマ、映画、舞台など
配偶者 なし
著名な家族 木の実まこ(妹)
事務所 ダンカンミュージック
公式サイト 木の実ナナホームページ
主な作品
テレビドラマ
混浴露天風呂連続殺人』シリーズ
オレゴンから愛
あぶない刑事』シリーズ
渡る世間は鬼ばかり
万引きGメン・二階堂雪』シリーズ
映画
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく
汚れた英雄
もっともあぶない刑事

『おまえさん』
『うぬぼれワルツ』
『居酒屋』
『NANA』
『紅ほおずき』
テンプレートを表示

木の実 ナナ(きのみ ナナ、1946年7月11日 - )は、日本女優歌手である。本名、池田 鞠子(いけだ まりこ)[1]

東京都向島区寺島町(現在の墨田区向島)出身[1]。所属事務所はダンカンミュージック

来歴[編集]

父はトランペット奏者、母は踊り子。父が19歳、母が20歳の時に生まれた。体が弱く、3歳まで歩けなかった[2]。その後、身体を鍛えるために5歳からバレエを始めると直ぐにのめり込み、ダンサーに憧れを持つ。

中学3年生の時に渡辺プロダクション主催の新人オーディションがジャズ喫茶「新宿ACB」で開催され、受験する友人は緊張の余り固まってしまい、困った司会者より「じゃあ! 君が代わりに唄って!」と指名され、堂々とした唄いっぷりもあって優勝した。その後、猛反対する父親を説き伏せ、芸能界入りした。この頃に初期ザ・ドリフターズの専属歌手として唄っていたこともあるという。

デビュー曲は「東京キカンボ娘」(1962年8月10日菊村紀彦作詞・作曲)。「木の実ナナ」の芸名は、この時に菊村によってつけられた。漢字、ひらがな、カタカナの三つがそろった名前は、菊村が「歌だけでなく、踊りも芝居もできる人になってほしい」という思いを込めたものだという[3]。「着の身着のまま」が芸名の由来という説は、自身が否定している[注釈 1][4]

1962年、音楽番組『ホイホイ・ミュージック・スクール』(日本テレビ)でテレビデビュー。当時、この番組のイメージにより「ホイホイ娘」と呼ばれていた。1967年には「ミニ・ミニ・ロック」という曲が小ヒットし人気を集めたものの番組終了と同時に低迷、前座歌手をする日々が続く。ヒット曲になかなか恵まれず、心機一転として1970年に本場のショー・ビジネスを学ぼうと決意し渡米する。

1973年、帰国後に劇団四季のミュージカルに自ら応募し、同年『アプローズ』に出演する。これがヒット作となり、自身も高い評価を受けて舞台女優としての地位を確立した。この時に主演を務めた越路吹雪とは、共演を機にプライベートでも親しく付き合うようになり、多大な影響を受けたという。以後、多数のミュージカルに出演するようになった。

1974年から始まった、細川俊之との歌と踊りとしゃれた会話でつづる二人芝居『ショーガール』は16作品、公演数547回、観客動員数は60万人を超す大ヒットとなる。1975年、芸術選奨新人賞受賞。1976年、紀伊國屋演劇賞受賞。

1975年、小沢昭一主宰の劇団「芸能座」の旗揚げ公演『清水次郎長伝・伝』に参加する(次郎長の妻・お蝶役)。小沢、加藤武山口崇山谷初男猪俣光世、音楽担当の神津善行薗田憲一とデキシーキングス、座付き作者の永六輔らと共に旅興行に出る(飯塚・嘉穂劇場など)[5]

1977年頃、西田敏行武田鉄矢と共に、バラエティー番組『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』に出演し、コントを披露する。また、1982年の五木ひろしとのデュエット曲「居酒屋」は大ヒットを記録した。

2015年、舞台『南阿佐ヶ谷の母』の沖縄公演終了後の10月24日に左大腿骨を骨折する。11月3日からの紀伊國屋ホールの公演では、演出を変更して車いすで出演した[6][7]

人物[編集]

  • 墨田区立寺島中学校卒業、城西高等学校中退。
  • 出身地付近は鳩の街と呼ばれた歓楽街だった。幼少期は、彫りの深い独特の顔立ちから混血児に間違えられ、いじめられた経験がある。
  • 1992年頃、更年期うつ病を発症した。現在は医師の治療と周囲のサポートによって回復している。2000年には新聞広告で「私は、バリバリの「鬱」です」というキャッチコピーで出演した[8]
  • 趣味はスキューバダイビング
  • 万引きGメン・二階堂雪』で共演しているあき竹城とは仲が良く、2人で旅行に行くほど。脚本家に「もっとあきちゃんとの場を増やして」とお願いしたこともある。また、角替和枝とも親交がある。
  • 芸能界有数のディズニーグッズマニアであり、楽屋や部屋はディズニーグッズで埋め尽くされている。2002年に『笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に出演した際、花束と一緒に1つミッキーのぬいぐるみが置かれていたが、その時「あ〜! 可愛い〜!!」と大興奮し、司会のタモリを驚かせたことがある。
  • 実妹も1970年代に木の実まこ[9]という芸名で歌手デビューし、1枚のシングルレコードを残している。1980年代になってライオンの生理用品のCMで共演している。
  • TBSラジオのヘビーリスナーである。

受賞[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

キングレコード

  • 東京キカンボ娘(1962年8月10日、E-1002)
    (c/w かわいいキューピー)
  • 子象の行進(1962年11月10日、EB-7155)
    (c/w ホイ・ホイ・ルック)
  • ポッ・ポッ・ポパイ(1963年3月、EB-7189)
    (c/w マンハッタン・スキャンダル)
  • 太陽の下の18才(1963年5月20日、EB-7212)
    (c/w 日曜日の恋人)
  • おじいちゃまハイ(1963年7月、DT-2)※共演:榎本健一
    (c/w 出かけて 出あって)※共演:榎本健一
  • サタデイ・ナイト(1963年7月、EB-7222)
    • 作詞・作曲:ジョン・メドラ、デイビット・ホワイト / 訳詞:あらかは・ひろし / 編曲:東海林修
    (c/w 悪口はやめて)
  • ジュディー・ジュディー(1963年10月10日、EB-7240)
    (c/w テル・ミー・ママ)
  • ママとパパのテレビ(1963年、EB-7262)
    (c/w お部屋でナイト)
  • ティーンエイジ・クレオパトラ(1964年3月、EB-7254)
    • 作詞・作曲:ビバリー・ロス / 訳詞:漣健児 / 編曲:東海林修
    (c/w アイスクリーム・ジョー)
  • サミーのマーチ(1964年3月10日、BS-7022)
    • 作詞:ジャック・フィッシュマン / 訳詞:漣健児 / 作曲:トリストラム・キャリー / 編曲:東海林修
    (c/w 涙の24時間)
  • 野のユリ(1964年9月10日、BS-7043)
    (c/w うつろなハート)
  • 涙をこらえて(1964年11月20日、BS-7061)
    (c/w からかわないで)
  • 三つの夢(1965年3月、BS-7081)
    • 訳詞:七野洋太 / 編曲:東海林修
    (c/w ラ・ラ・ラ・ラ)
  • 太陽の海(1965年4月20日、BS-7088)
    • 訳詞:七野洋太 / 編曲:東海林修
    (c/w 若草の恋)
  • すてきなジェシカ(1965年7月20日、BS-7108)
    (c/w 二人だけの秘密)
  • 指先のキッス(1965年、BS-7118)
    (c/w カナダの小屋)
  • ギッチラ舟唄(1966年1月10日、BS-359)
    (c/w リンゴ慕情)
  • 涙ギラギラ(1966年7月20日、BS-465)
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:しらいそうや / 編曲:森岡賢一郎
    (c/w 愛はひとりぼっち)
  • 貴方でいっぱい(1966年12月1日、BS-544)
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:津々美洋
    (c/w 一人で歩きたい)
  • 真赤なブーツ(1967年5月1日、BS-639)
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:筒美京平 / 編曲:筒美京平
    (c/w 愛のひき潮)
  • ミニ・ミニ・ロック(1967年7月1日、BS-7166)
    (c/w 恋のかたみ)
  • 恋は宝(1967年11月20日、BS-744)
    • 作詞:橋本淳 / 作曲:鈴木邦彦 / 編曲:鈴木邦彦
    (c/w 20才の恋)
  • メケメケ波止場(1967年)※共演:飯野おさみ
    (c/w ピロピロ天国)
  • 最高なのさ(1967年、BS-862)※共演:飯野おさみ
    (c/w サマー・アフタヌーン)
  • しかたがないんだもん(1969年1月20日、BS-945)
    • 作詞:世志凡太 / 作曲:森岡賢一郎 / 編曲:森岡賢一郎
    (c/w この世の果てまで)

ワーナーブラザーズ・レコード[注釈 2]

PLAYBOY

TRIO

徳間ジャパン・BOURBON

ワーナー・パイオニア

東芝EMI

  • 東京ウキウキ天国ブギ(1992年5月20日、TODT-2838)
    (c/w マイ・ブルー・ヘヴン)

ソニー

  • 男なんて(1993年8月21日、SRDL-3692)※共演:森公美子深沢敦
    (c/w ムパパ)※共演:森公美子、深沢敦

クラウン

  • 星空デート(2012年4月4日、CRCN-1607)※共演:平尾昌晃
    (c/w 恋ふたたび)※共演:平尾昌晃

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 愛人(1976年、TRIOレコード・PLAYBOYレコード、PB-6001)
  2. NA NA Vol.2 紅ほおずき(1977年、TRIOレコード・PLAYBOYレコード、PB-6002)
  3. WOMAN(1979年、SOUNDS MARKETING SYSTEM、SM25-5024)
  4. DANCING MAMA(1980年、BOURBON、BMD-1002)
  5. わが胸の底の湖(1981年、BOURBON、BMD-1013)
  6. YESTERDAY'S(1981年、キャニオン、C28A0382)※共演:細川俊之

ライブ・アルバム[編集]

  • NANA Live(1979年、SOUNDS MARKETING SYSTEM、SM40-5035〜36)

カバー・アルバム[編集]

  • デビュー50周年記念アルバム SHOW GIRLの時間旅行〜my favorite songs(2012年11月14日、BOURBON、TKCA-73838)

ベスト・アルバム[編集]

  • うぬぼれワルツ The Best of Nana(1979年、TRIO、3B-1017)
  • 木の実ナナ 魅惑のシングルコレクション キングレコード編(2010年、KING/ブリッジ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時「このみ」と呼ばれることがあり、「『着の身着のまま』の『き』です」と言っていたのが芸名の由来だと勘違いされたのだという。出典の新聞記事原文中の木の実ナナの談話は、次のとおり。「当時『このみ』と呼ばれることがあり、『〈着の身着のまま〉の〈き〉です』と言っていたのです。それが芸名の由来と勘違いされることに、ハハハ。」 ということで、記事中で、彼女自身は「誰によって呼ばれたのか」には触れていないが、「着の身着のまま」が芸名の由来であるという説は誤りであることが確認できる。なお当該新聞記事は縮刷版などでも見られる。
  2. ^ 1971年当時の正式社名は「ワーナーブラザーズ・パイオニア」。前年の発足に於いて渡辺プロダクションが資本出資し、その関係で作品の音源発売権や原盤権を保有していた。現在、本作は渡辺音楽出版株式会社原盤権を保有・管理しており、2010年に音源がCD化された際にはジャケットに「音源提供 WATANABE MUSIC PUBLISHING CO., LTD.」と明記されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィール”. ダンカンミュージック. 2014年2月3日閲覧。
  2. ^ "母を語る". ラジオ深夜便. NHKラジオ第1放送. 2008年1月22日放送.
  3. ^ “人生の贈り物「『着の身着のまま』は勘違いです」”. 朝日新聞 夕刊. (2011年12月6日) 
  4. ^ “人生の贈り物「『着の身着のまま』は勘違いです」”. 朝日新聞 夕刊. (2011年12月6日) 
  5. ^ 昭和の肖像<芸>148-154頁
  6. ^ 木の実ナナ、左大腿骨骨折 車いすで舞台出演”. ORICON STYLE (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  7. ^ “木の実ナナ 大腿骨骨折の重傷で車いす”. デイリースポーツオンライン (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月9日). http://sp.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/09/0008552018.shtml#btnMore 2015年11月9日閲覧。 
  8. ^ NHK うつサポート情報室 Archived 2009年7月26日, at the Wayback Machine.を参照
  9. ^ 作品によっては木の実味摩子名義とされる場合もあり。但し、姉妹での共演はないものの、『遠山の金さん(高橋英樹主演版)』ではナナ・味摩子ともに出演している。
  10. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  11. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  12. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  13. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  14. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  15. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  16. ^ 読売人物データベース
  17. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  18. ^ 読売人物データベース
  19. ^ 日外アソシエーツ現代人物情
  20. ^ “田辺誠一、キレまくるニューヒーローに! フジ系列連ドラ初主演”. ORICON STYLE. (2016年8月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2077292/full/ 2016年8月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]