村山勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村山 勝美
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京芸術大学音楽学部
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴィオラ奏者、モデル
担当楽器 ヴィオラ

村山 勝美(むらやま かつみ)は日本のヴィオラ奏者、モデル。

東京芸術大学音楽学部卒業[1]。1990年第1回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞(40代部門)[2]。身長169.8cm[3]

略歴[編集]

6歳からピアノを始め、12歳でヴァイオリンを学び、16歳でヴィオラに転向[3]東京芸術大学音楽学部で浅妻文樹に師事[1]

在学中、街で秋山庄太郎に声を掛けられ『婦人画報』でモデルデビュー[3]。卒業後は東京都交響楽団に入団[1]。その後フリー[3]

美人ヴィオラ奏者として80年代にテレビ番組やCMにモデルとして起用され[4]、雑誌『ミセス』の専属モデルとなった[3]

1990年、日本ジュエリーベストドレッサー賞を40代部門で受賞[2]

2009年6月1日より「とちぎ未来大使」(いちご広報官)に就任[5]

アルバム[編集]

  • 『トワイライト・セレナード』セブンシーズ、1982年
  • 『美しき日本のうた』セブンシーズ、1983年
  • 『グリーンスリーヴス』セブンシーズ、1984年
  • 『愛の喜び』セブンシーズ、1987年
  • 『ロマンティック・セレナード』セブンシーズ、1987年
  • 『ロンドンデリーの歌』セブンシーズ、1990年
  • 『村山勝美/キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2005』キングレコード、2005年

雑誌[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『トワイライト・セレナード/愛のヴィオラ』ライナーノーツ「村山勝美のプロフィール」、1982年。
  2. ^ a b 歴代受賞者一覧 「国際宝飾展」、リードエグジビションジャパン、2018年9月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「熟年ヴィオラウーマン 村山勝美」木之下晃写真/文、『週刊FM』(音楽之友社)、1982年6・7月号。
  4. ^ ロマンティック・セレナード「CDジャーナル」、音楽出版社、2018年9月28日閲覧。
  5. ^ とちぎ未来大使の方々 栃木県公式ホームページ、2017年4月12日更新。
  6. ^ [1]

参考資料[編集]

  • 「村山勝美のプロフィール」『トワイライト・セレナード/愛のヴィオラ』 ライナーノーツ(セブンシーズ)1982年。
  • 木之下晃写真/文「熟年ヴィオラウーマン 村山勝美」『週刊FM』(音楽之友社)1982年6・7月号。