岡田眞澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかだ ますみ
岡田 眞澄
生年月日 (1935-09-22) 1935年9月22日
没年月日 (2006-05-29) 2006年5月29日(満70歳没)
出生地 フランスの旗 フランスニース
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 184cm
血液型 O型
職業 俳優
タレント
配偶者 ヨネヤマママコ1960 - 62年
藤田みどり1972年 - 1994年
一般人(1995年 - 2006年
著名な家族 岡田眞善(長男)
備考
1992年
第3回日本ジュエリーベストドレッサー賞男性部門

岡田 眞澄(おかだ ますみ、1935年9月22日 - 2006年5月29日)は、フランス生まれの日本俳優タレント

愛称はファンファン



来歴・人物[編集]

日本人画家岡田稔デンマーク人翻訳家インゲボルグ・シーヴァルセンを両親に持ち、フランスニースで生まれる。身長は184cm。兄はタレントのE・H・エリック第二次世界大戦後は日本東京都赤坂の引揚者住宅に落ち着き、横浜のインターナショナルスクールセント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに学ぶ。

戦後まもなく、兄がトニー谷のスカウトで芸能界に入り、日劇ミュージックホールの舞台に立つようになったこともあって、岡田も谷の勧めでバレエのレッスンを受けたことがある。また、兄とともにミュージックホールの座長格だった泉和助に師事して修行する。その後、赤坂へ日活ニューフェイスの試験を受けに行った際に宝田明と知り合う。同じく第6期東宝ニューフェイスに合格。東宝演劇研究所に入る。藤木悠・宝田明・佐原健二などと同期だったが、映画製作を再開した日活を選ぶ。『初恋カナリヤ娘』で、デビュー後、甘いマスクとコミカルなキャラクターを活かして多数の作品に出演。

1957年(昭和32年)に日本初の男性専門(後に女性も所属)のモデル・クラブであるソサエティ・オブ・スタイル(略称SOS)を菅原文太ら総勢8名で結成する。日活退社後に渡欧した際ルキノ・ヴィスコンティ監督に『山猫』への出演を迫られるも断り、結果アラン・ドロンに配役が決まる(TV番組での本人談)。

日活退社後はにんじんくらぶ劇団欅を経て、以後、数々のミュージカルの舞台作品やテレビやショーといったバラエティ番組の司会者などで活躍し、幅広く芸能活動を行う。特に、『とんねるずのみなさんのおかげです』の一コーナー「仮面ノリダー」では、敵役「ファンファン大佐」を演じたことで、幅広い年齢層から人気を得た。出演が決まった際には、1980年代にCMに出演した縁で靴のマドラスに小道具のブーツを特注で製作してもらい、愛用したという逸話がある。

萩本欽一とは古くから親交があり、大映ドラマ『シークレット部隊』の第一回放送では萩本と悪役でゲスト共演[1]を果たし、後に始まった『欽ちゃんの仮装大賞』でも長年に渡りレギュラー審査員を務めた。

歌手としても、1980年松任谷由実のアルバム『SURF&SNOW』収録曲「恋人と来ないで」にゲストボーカルとして参加、松任谷とのデュエットを披露した。中年以降は口髭を蓄えてヨシフ・スターリンに酷似した容貌となり、実際に演劇でスターリンを演じた(『夢、クレムリンであなたと』・1991年初演)。

英語のみならずフランス語も堪能なため、ミス・インターナショナルでのホスト役を長らく務めた。司会業でもフェミニストぶりが様になるダンディーさが好評であった。1978年、第1回日本アカデミー賞の総合司会の大役を務めたり、変わった所では1994年12月10日パシフィコ横浜で開かれた新進党の結党大会の司会を務めたこともある。

「ファンファン」という愛称は、当時の人気俳優、ジェラール・フィリップの当たり役および愛称にあやかって名づけられたもの。『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系列)の「仮面ノリダー」のコーナーで「ファンファン大佐」というキャラクターに扮したことから、世間一般にも広まった。

2005年7月23日食道癌が見つかり入院する。レギュラー出演していた中京テレビのクイズ番組『サルヂエ』(「サルさん」として藤井隆と共に司会を担当)は、2005年7月11日放送分で降板した。一時期快方に向かい芸能活動を再開、レギュラーだった日本テレビ系『午後は○○おもいッきりテレビ』にも徐々に出演するようになった。同年秋にリンパ節へのがんの転移が判明し、再び入院。2006年5月29日食道癌のため死去。70歳没。

プライベート[編集]

私生活では、長身に端正な顔立ちを武器に、有名女優と次々と浮名を流す稀代のプレイボーイとして知られていた。1960年に、パントマイマーヨネヤマ・ママコと結婚するが、カンヌ映画祭で渡仏した際フランスの有名女優[誰?]を虜にし、現地の新聞が「日本のプレイボーイにぞっこん」と写真入で大きく報道したため、これが日本に伝わり大騒ぎになった。日頃岡田を快く思わず外国人扱いしていた芸能評論家[誰?]までが「日本男子ここにあり」と賞賛した。しかし、岡田自身はこのゴシップが日本に伝わっているとは全く知らず、この騒ぎがもとでヨネヤマ・ママコとは翌年に離婚。

1962年には女優の瑳峨三智子と婚約したが、結婚に至らず2年後に交際を解消。1972年に、同じ劇団欅所属の女優・藤田みどりと再婚、その後、俳優&DJの岡田眞善(長男)ら3人の息子をもうけるが、1994年9月5日に藤田と離婚。翌1995年日本航空客室乗務員だった26歳下の女性と3度目の結婚、1998年に長女が誕生している。3度目の妻は姪の美里と同い年で長男の眞善より12歳上である。

長男は俳優&DJの岡田眞善。姪はタレント岡田美里

資産家のイメージが強かったが、実際には生活費などは殆ど家に入れず、また軽自動車を自家用車とするなど、家族の生活は非常に貧しく、世間に対して形成されたイメージを守る為に家族を巻き込んでいたことが、後にTBS爆報! THE フライデー』などの番組で、長男である岡田眞善の口から語られており、家族との仲もあまり良好ではなかったようである。

コペンハーゲン人魚姫の像モデルとなったエリーネ・エリクセンは伯母にあたる[2]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡田が保険金詐欺犯の海運会社社長、萩本はその部下を演じた。萩本にとっては2014年時点で悪役出演した唯一のテレビドラマでもある。
  2. ^ 緯度0大作戦DVD・海外版』岡田眞澄のオーディオ・コメンタリより。


関連項目[編集]