賀来千香子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かく ちかこ
賀来 千香子
本名 賀来千香子
生年月日 (1961-10-17) 1961年10月17日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府枚方市[1]
身長 165 cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 1979年 -
配偶者 宅麻伸1994年 - 2012年
著名な家族 賀来賢人(甥)
事務所 テアトル・ド・ポッシュ
公式サイト 賀来千香子
主な作品
テレビドラマ
七人の女弁護士』シリーズ
ずっとあなたが好きだった
誰にも言えない
オードリー
ヤメ検の女』シリーズ
テンプレートを表示

賀来 千香子(かく ちかこ、1961年10月17日[1] - )は、日本女優である。本名同じ[2]

大阪府枚方市出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。甥は俳優の賀来賢人[3]

経歴[編集]

大阪府枚方市生まれ。女子美術大学付属中学校・高等学校を経て[要出典]女子美術大学短期大学部卒業[2][1]

高校3年生の時、原宿モデルとしてスカウトされる。厳しい両親に芸能界入りを猛反対されたが、短大時代に雑誌『JJ』などにモデルとして出演。さらに、住友銀行(現・三井住友銀行)、丸善石油(現・コスモ石油)のポスターやファッション誌の表紙にも登場し、身長165cmで特に股下83cmといわれる長い脚を生かしたパンツスタイルで知られた。

1982年昭和57年)、TBSドラマ『白き牡丹に』で女優デビュー。『少女に何が起ったか』『男女7人夏物語』など同局のヒットドラマに出演[1]。気位の高い女性に見られがちだったが、コミカルなCMにも次々と登場。1992年平成4年)、『ずっとあなたが好きだった』では、マザコン男である“冬彦さん”(佐野史郎)を夫に持つ女性を演じ、賀来の代表作になった[1]。翌年には、その続編とも言えるドラマ『誰にも言えない』に主演し、こちらも高視聴率を獲得した。

2013年2月からは、芸能界入りのきっかけとなった『JJ』と同じ光文社が発売する婦人向け雑誌『HERS』の表紙キャラクターに起用されている。

所属事務所経歴[編集]

最初は夏木プロダクションに所属、その後ワン・ステップ・ミュージックを経て現在テアトル・ド・ポッシュの所属である。

私生活・家族[編集]

1994年1月には俳優宅麻伸と結婚。2010年(平成22年)11月には「第3回プラチナ夫婦アワード」に選出されるなどおしどり夫婦として知られたが、2012年平成24年)2月10日に離婚[1][4][5]。宅麻との間に子供はいない。

俳優の賀来賢人は甥[6]。宅麻と結婚するまでは両親や兄夫婦・賢人たちと同じ家で一緒に暮らしていた。

人物[編集]

  • 裏返り声に特徴があり、本人はコンプレックスに思い一時期ボイストレーニングに通っていた。
  • 美大卒の経歴を生かし、自身のジュエリーブランドを持っている。
  • 中高とバドミントン部に所属。杉並区で3位になったことがある。
  • 賀来の友人の一人に漫画家のさくらももこがおり、その関係から賀来の実兄(元クレディセゾン社員、賀来賢人の父)が、さくらが運営するさくらプロダクションの社員として勤務している。
  • 賀来」姓は九州に多く、彼女のルーツが大分県宇佐市安心院町(旧・宇佐郡佐田村)である事から、『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送・2010年10月30日放送)で、賀来家由来の墓を自身が訪れる様子が放送された。2019年6月27日放送のNHKテレビ『ファミリーヒストリー』では五代前の先祖にあたる賀来惟熊の業績が詳細に説明された[7]
  • 少女に何が起ったか』のエンディングで、出演者の表示の際に、彼女だけ「カクチカコ」と片仮名振り仮名がなされていた(とくに苗字の「賀来」が、当時は一般的でなかったため読めなかったものと思われる)。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

情報番組[編集]

  • あしたも晴れ!人生レシピ(2017年4月7日 - 、NHK Eテレ

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 小京都・香り紀行(2012年9月9日 - 、BS-TBS) - ナレーション
  • ヨーロッパ水風景 スペイン バルセロナ〜バレンシアの旅(2013年、テレビ東京・BSジャパン) - ナビゲーター

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.107.
  2. ^ a b 賀来 千香子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年11月18日閲覧。
  3. ^ “賀来千香子 “甥っ子”賀来賢人の結婚祝福「どうぞお幸せにネ!!」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年8月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2076510/full/ 2016年11月18日閲覧。 
  4. ^ “宅麻伸・賀来千香子が離婚 19年目「いつしか擦れ違い」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/11/kiji/K20120211002608100.html 2016年11月18日閲覧。 
  5. ^ “賀来千香子と宅麻伸びっくり離婚”. 日刊スポーツ. (2012年2月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120211-902057.html 2016年11月18日閲覧。 
  6. ^ 女優の賀来千香子を叔母に持つイケメン賀来賢人が大人気!日給200万円モニター調査から始まる謎解きゲーム映画 - シネマトゥデイ、2011年11月28日閲覧。
  7. ^ ファミリーヒストリー「賀来千香子~大砲鋳造 無念の破壊~」 日本放送協会
  8. ^ 賀来千香子主演の“ヤメ検の女”がリニューアル。川平慈英とのバトルに注目!”. インターネットTVガイド (2015年10月23日). 2015年11月7日閲覧。
  9. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  10. ^ 豪華ボイスキャストの役名解禁!”. 映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公式サイト. 2019年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]