中谷美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかたに みき
中谷 美紀
本名 中谷 美紀
生年月日 1976年1月12日(39歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 163 cm
血液型 A型
ジャンル 女優歌手
活動内容 1991年:歌手デビュー
1993年:女優デビュー
公式サイト Rooms Nakatani
主な作品
映画
リング』シリーズ / 『ホテルビーナス
電車男』 / 『嫌われ松子の一生
自虐の詩
テレビドラマ
ハルモニア この愛の涯て』 / 『女医
ケイゾク』 / 『恋するトップレディ

中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本女優歌手東京都出身。スターダストプロモーションに所属していたが[1]2015年7月31日に退社し、個人事務所を設立[2]

経歴

女優デビュー前はテレビ朝日桜っ子クラブ』内のアイドルグループ・桜っ子クラブさくら組の一員として、1991年から1993年まで音楽活動をしていた。

1993年、テレビドラマひとつ屋根の下』(フジテレビ)で女優デビュー。その後は、多くのテレビドラマや映画、さらに日本石油のCM出演で知られるようになった。1996年、ミュージシャン・坂本龍一のプロデュースによるシングルCD「MIND CIRCUS」をリリースし、音楽活動を再開。翌1997年3月には、“中谷美紀 with 坂本龍一”名義で発売した「砂の果実」が初のオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、33万枚を売り上げた。

1998年1999年に、『リング』『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年、自身初の主演テレビドラマ『ケイゾク』が放送され、以降『壬生義士伝』『約三十の嘘』『電車男』『嫌われ松子の一生』『ゼロの焦点』などに出演する。

2004年から翌年にかけては、女性雑誌 『anan』(マガジンハウス)に初の連載エッセイ 『男子禁制!?』を執筆した[3]。また、インド一人旅の旅行記、『インド旅行記』(幻冬舎文庫)も2006年から出版している。

2005年には、映画 『電車男』に出演し、ヒロインエルメス」役を演じた。この映画の原作となった小説 『電車男』には、「エルメスは中谷美紀に似ている」という記述があることにより、実写化においても中谷がエルメス役を演じることになったという経緯があり、中谷の出演歴中でも珍しい純愛物といえる本作は、当初の予想を上回るロングヒットとなった。

2011年、舞台『猟銃』で初舞台にして1人3役に挑んだ。オーディションでは全く受かると思っていなかったため、ノーメイクとラフなパンツスタイルで挑んだ[4]が、合格する。その演技は「初舞台と思えないほどのせりふのクリアさにまず驚かされた」とフレッシュさが称賛され[5]、第46回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した。

2014年のNHK大河ドラマ軍師官兵衛』では黒田光を、30代で10代の役から演じている。

正統派和風美人と称されるなど、着物姿の凛とした美しさに定評があり、CM・ドラマ・映画・雑誌と着物姿を披露する機会が多い。本人も着物が好きで、「着物を着ると背筋が伸びて身が引き締まりますね」と語っている。[6]

受賞歴

出演

太字で示す役名は主演

テレビドラマ

映画

舞台

CM

テレビアニメ

ドキュメンタリー番組

  • ETV特集HIVと生きる」(2010年7月4日、NHK教育) - ナレーション
  • ヒューマンドキュメンタリー 「99歳の詩人 心を救う言葉」(2010年12月31日、NHK) - ナレーション
  • 歴史スペシャル 「揺るぎなき先人 〜茶聖 千利休〜」(2010年12月31日、テレビ大阪製作・テレビ東京系) - ナレーション
  • 春高バレーコーチングキャラバン『本気の花を咲かせよう』214日間の絆(2011年1月4日、フジテレビ) - ナレーション
  • 若沖ミラクルワールド(2011年4月25日 - 28日、全4回、NHK BSプレミアム) - ナレーション
  • パリで逢いましょう(2012年4月6日 - 2013年9月27日、BS日テレ)- ナレーション ※第12回フランス・ルポルタージュ大賞テレビ部門受賞
  • ノンフィクションW 「ボーダレスであること 〜ファッション界の鬼才 ニコラ・フォルミケッティ〜」(2012年4月27日、WOWOW) - ナレーション
  • ザ・ノンフィクション 「倒産ピエロ 〜夢の終わり。そして…〜」(2012年7月8日、フジテレビ) - ナレーション
  • 旅のチカラ 「イルカを極める 〜宮田亮平 バハマ〜」(2012年8月30日、NHK BSプレミアム) - ナレーション
  • 中谷美紀 日本ノ宝、見ツケマシタ(2012年11月3•10日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
  • 中谷美紀 トルコ紀行 天才建築家 シナンが遺した奇跡(2013年3月23日、BS日テレ) - ナビゲーター
  • 特別番組 憲法草案秘話 22歳の涙が生んだ"男女平等"(2013年5月3日、TwellV) - ナレーション
  • 日曜美術館 「中谷美紀が行く“アートの旅” 〜瀬戸内・直島編〜」(2013年5月19日、NHK Eテレ) - ナビゲーター
  • ドキュメント20min. 「さよなら、ココ 〜いのちと向き合う大学生〜」(2014年1月4日、NHK) - ナレーション
  • ヒューマンアート紀行 中谷美紀 パリ、鎌倉へ 〜歩み続けるアーティストたち〜 (2015年5月2日、BSフジ) - ナビゲーター
  • ノンフィクションW 「フランス料理人 高山英紀 和の心で世界に仕掛ける“ボキューズ・ドール”奮闘記」(2015年9月24日、WOWOW) - ナレーション

その他

音楽作品

シングル

# 発売日 タイトル B面 タイアップ(全て表題曲)
1 1993年12月3日 あなたがわからない 好きになりすぎていた テレビ朝日系『お茶とUN』エンディングテーマ
2 1996年5月17日 MIND CIRCUS - 日本テレビ系ドラマ『俺たちに気をつけろ。』挿入歌
3 1996年7月19日 STRANGE PARADISE TATOO 伊藤園お〜いお茶」CMソング
4 1997年3月21日 砂の果実[13] 〃(larmes ameres) -
5 1997年5月21日 天国より野蛮
-WILDER THAN HEAVEN-
〃(X-STATIC MIX) 伊藤園「お〜い お茶」CMソング
6 1997年9月3日 いばらの冠 鳥籠の宇宙 バファリン 〜中谷美紀編〜」CMソング、フジテレビ系『来来圏』エンディングテーマ
7 1999年2月10日 クロニック・ラヴ フィティシュ(Fetish)
雨だれ
TBS系ドラマ『ケイゾク』主題歌
8 1999年7月28日 フロンティア all this time 日本テレビ系ドラマ『女医』主題歌
9 2000年5月17日 こわれたこころ こわれたこころ〜じかん -
10 2001年5月9日 エアーポケット CHELSEA GIRLS テレビ朝日系ドラマ『R-17』主題歌

アルバム

# 発売日 タイトル
1st 1996年9月4日 食物連鎖
2nd 1997年9月26日 cure
Remix 1997年11月21日 vague
BEST 1998年8月21日 ABSOLUTE VALUE
3rd 1999年11月10日 私生活
BEST 2001年9月27日 PURE BEST[14]
2001年11月12日 MIKI

DVD

# 発売日 タイトル
PV 2000年10月18日 butterfish
2000年10月18日 Completeness
2000年10月25日 こわれたこころ
2002年2月27日 Air Pocket

CMソング

  • (タイトル不明) 明治製菓「ポルテ」(1997年10月 - 1998年1月)
    • 作詞、作曲:アイイチロウ
  • フェティシュ(CM Version) 明治製菓「ポルテ」(1998年10月 - 1999年1月)
    • 作詞:アイイチロウ/作曲&プロデュース:坂本龍一※CDとは別歌詞、別アレンジ。

書籍

写真集

  • ABOUT A GIRL(1996年6月)LITTLE MORE出版社
  • NAKATANI(2001年1月)ロッキング・オン
  • 光(2003年10月)ロッキング・オン

CD-ROM

  • 『裸婦』(1998年) メディアファクトリー
  • 『中谷美紀デジタルアルバム/Splendid Shine』(2000年) オリンパス光学工業(非売品)

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ 中谷美紀のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2015年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月7日閲覧。
  2. ^ 中谷美紀が個人事務所設立 海外視野“新しいことに挑戦””. Sponichi Annex (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  3. ^ これを編集・まとめた単行本『ないものねだり』(マガジンハウス)が2006年に発売されている。
  4. ^ 著書『女心と秋の空』 128項
  5. ^ 第19回読売演劇大賞ノミネート決定”. 読売新聞 (2012年1月13日). 2012年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月16日閲覧。
  6. ^ 『美ST』(光文社 2013年12月号。
  7. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月19日閲覧。
  8. ^ 第9回アジア・フィルム・アワードにて、中谷美紀さん(第27回東京国際映画祭フェスティバル・ミューズ)が「Excellence in Asian Cinema Award」受賞!!”. 2015年3月13日閲覧。
  9. ^ 中谷美紀、女王バトル!主演舞台で神野三鈴と2人芝居”. スポーツ報知 (2015年1月25日). 2015年1月25日閲覧。
  10. ^ 官兵衛の生涯たどる特別展 21日から県立歴史博物館”. 神戸新聞NEX (2014年3月20日). 2014年3月21日閲覧。
  11. ^ 中谷美紀 東京国際映画祭「フェスティバル・ミューズ」就任”. 東京スポーツ (2014年9月30日). 2014年10月1日閲覧。
  12. ^ 復職への条件は同僚全員のボーナスカット…マリオン・コティヤール主演『サンドラの週末』予告編公開”. 2015年3月22日閲覧。
  13. ^ 中谷美紀 with 坂本龍一名義。
  14. ^ 完全生産限定盤。

外部リンク