この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

滝川クリステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たきがわ クリステル
滝川 クリステル
Christel Takigawa
プロフィール
本名 滝川 ラルドゥ・クリステル雅美
(Takigawa Lardux Christel Masami)
愛称 滝クリ
クリステル
出身地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-10-01) 1977年10月1日(40歳)
血液型 AB型
最終学歴 青山学院大学文学部フランス文学科
所属事務所 フォニックス
職歴 共同テレビアナウンサー(フジテレビへ出向の後、専属契約)
活動期間 2000年 -
ジャンル 報道番組
配偶者 独身(未婚)
出演番組・活動
過去 FNNスーパーニュース
ニュースJAPAN
新報道プレミアA
備考
入社後3年間はフジテレビに研修出向。
2009年9月までフジテレビと専属契約を結んでいた。

滝川 クリステル(たきがわ クリステル、Christel Takigawa、1977年10月1日 - )はフリーアナウンサー、動物愛護生物保全活動家。本名は滝川 ラルドゥ・クリステル雅美 (Takigawa Lardux Christel Masami[1]) 。身長160cm、血液型AB型[2]

来歴・人物

フランスパリに生まれた[1]。父親はフランス人[1][3]。母親は日本人[1][3]

3歳の時に家族で来日し、母親の出身地である兵庫県神戸市へ移住。小学校6年生の時、父親の転勤で再び渡仏。約1年間滞在し日本へ来る。世田谷区立砧中学校東京都立青山高等学校青山学院大学文学部フランス文学科を卒業する。学位学士(文学)2000年フジテレビを受験し、最終選考まで残るが不合格となる。フジテレビアナウンサーの梅津弥英子はフランス文学科の同級生。

フジテレビ子会社の共同テレビに所属[4]。当初は記者のような形で活動。

新人アナウンサー時代は和名の滝川 雅美で活動していたが、容姿に対する問い合わせもあったことなどから、会社の方針でハーフを強調した名前に変えた。入社後3年間はフジテレビアナウンス室に研修出向し『プロ野球ニュース』『少年タイヤ』『FNNスーパーニュース』(フィールドキャスター)など、同系列の番組に数多く出演した。その後共同テレビに戻ったが、戻った後もフジテレビと専属契約を結んでいた。

2002年10月からは、『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。2007年4月から報道番組新報道プレミアA』を安藤優子とともに担当。2人は、『ニュースJAPAN』の元キャスターと現役キャスターという共通点があった。

2008年10月30日にフジテレビ、共同テレビ、セント・フォースが共同設立したアナウンサープロダクションのフォニックスと所属契約を結ぶ(実質的な移籍)。

2009年9月25日を以って7年間キャスターを務めた『ニュースJAPAN』を降板。『毎日.jp』によると、フジテレビは「秋の番組改編による交代」(フジテレビ側)であると報じている。また、本人は「明日の自分と出会うために新しい一歩を踏み出すことを決意しました」というコメントを同紙に寄せた[5]。2009年9月30日には共同テレビ在籍時代から結んでいたフジテレビとの専属契約を、契約期間満了により解除した。これに伴い企業CMへの出演を解禁し[6]、フジテレビを基本としつつもNHKWOWOWなど他局への出演も始めている。

2010年4月から3年間、『Mr.サンデー』に出演(2013年3月まで)。

2008年に日仏交流150年フランス広報大使を假屋崎省吾と共に務めた[7][8][9]。2009年2月、環境省地球いきもの応援団、一般社団法人日本動物虐待防止協会の名誉会員、2011年4月、世界自然保護基金ジャパン顧問、2012年6月、世界の医療団親善大使などを務めている。2013年1月、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受章する。

2013年ブエノスアイレスで開かれたIOCの夏季東京五輪誘致にてフランス語と英語でプレゼンするという重責を担い、日本の「お・も・て・な・し」の心を印象的にアピール。東京への招致に一役買い、この言葉が2013年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞した。

2014年ニュースJAPAN』のキャスターを2003年までともに担当した安倍宏行とインターネット・メディア『Japan In-Depth』の動画配信番組にて10年ぶりの競演を果たした[10]

2014年5月29日に動物保護・生物多様性保全を目的に一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルを設立。代表理事に就任し、殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援している。

特徴

エピソード

  • 少女時代、1990年頃に住友不動産販売CMに出演したことがある。
  • ミスキャンパスに出場し、準ミス青山学院大学に選ばれた。その時の優勝者は梅津弥英子だった。
  • 大学生時代の終わり頃にハーフ(ダブル)である自分のアイデンティティーについて強く悩み、サンフランシスコフランスのどちらかに行こうと迷った末、フランスに行こうと決めたが、両親に「日本で語学を生かせる仕事に就いてほしい」と反対される。そんな中、サッカーワールドカップの日本代表監督が、フランス人のフィリップ・トルシエだったことがきっかけで「自分ならワールドカップで通訳なしの取材ができ、架け橋になれるかもしれない」と思い、アナウンサーを目指す。
  • フジテレビを受験中に親しくなった同期の政井マヤと、入社前にメキシコへ旅行したが、現地の人に双子と間違えられたことがあると言う(政井はメキシコ出身)。
  • 『ニュースJAPAN』では机に対して斜めに座っているが、これはスタッフが「モナ・リザ」を意識し、美しく見えるように45°の角度をとったため。『明石家さんまのフジテレビ大反省会』で「なぜあの角度なのか」という視聴者からの質問に同番組のプロデューサーは「滝川クリステルが最も美しく見える角度だから」と回答している[11]。しかし彼女自身は、「骨盤が歪みそう。できれば正面を向いてニュースを読みたい」「本番中に首がつったことがある」と語っている[12]
  • ミドリガメを2匹飼っており、名前は1号と2号。
  • 2009年9月25日放送分を以って『ニュースJAPAN』を降板。
  • 『ニュースJAPAN』のキャスターはフジテレビアナウンサーの秋元優里が継いだが、これに関連して秋元の先輩である長谷川豊がフジテレビのCS番組内で滝川を「外人」と呼び、滝川よりも秋元の方がずっと優秀と発言したのは外国人差別だと視聴者から指摘を受け、フジテレビが謝罪する事態となった[13]。ただし、専属契約終了後もフジテレビが滝川に寄せる信頼は依然として強く、その後も『Mr.サンデー』への起用などが続いている。
  • 長谷川豊いわくアドリブが苦手であり、元はいじられキャラだった[14]
  • 前述どおりアドリブが苦手で、2010年4月18日開始の『Mr.サンデー』でコンビを組む宮根誠司のアドリブに対応できるか心配の声が上がっていたが直ぐに順応し、番組内で宮根と夫婦コントを演じている。[15]
  • 日仏ハーフである事に由来する特徴的な喋りは、真似される恰好の対象になっている(サヘル・ローズ(後述)やANNAなど)。
  • 滝川の物まねをするタレントなども生まれた。その中の一人、イラン出身の女性タレントであるサヘル・ローズは「滝川クリサヘル」の名前でも活動していたが、後にローズ自身の人気が増加して本名での出演が増えた。また、ローズが国際情報番組のニュースキャスターに起用され、滝川と出演ジャンルが類似するようになっている。

家族・親族

滝川家

父親はフランス人[3]。母親は日本人[3]。弟はモデルの滝川ロラン、母方の従兄弟(従姉妹)に、フリーキャスターの目黒陽子、俳優の滝川英治がいる。祖父は元神戸市議会議員の滝川勝三。曾祖母の滝川イネは日本の婦人運動の草分け的存在[16]

出演

報道番組

ドキュメンタリー番組

  • BBC EARTH 2010 グレート・ネイチャー 大自然の叙事詩 (2010年1月2日WOWOW
  • BBC EARTH 2010(2010年2月6日 - 7月24日、WOWOW)
  • マダガスカル不可思議な楽園(2011年10月6日 - 、WOWOWプライム
  • 『Earth Walker』(BSフジ) - 旅人
    • 二夜連続新春特別企画『Earth Walker(第一章)第一夜 世界一大きい木ジャイアントセコイア』(2012年1月2日)
    • 二夜連続新春特別企画『Earth Walker(第二章)第二夜 世界一美しい珊瑚の海レディエオット島』(2012年1月3日)
    • 『Earth Walker(第三章)第一夜 世界で一番長い火山洞窟に潜る〜火の島ハワイ地球創世物語〜』(2013年12月30日)
    • 『Earth Walker(第四章)第二夜 生態系の頂点 幻のオオカミに逢う〜イエローストーン地球再生物語〜』(2013年12月31日)
    • 『Earth Walker 2015(第五章)小笠原"進化"の冒険』(2015年1月1日)
    • 『Earth Walker 2016(第六章)最後の楽園 パプアニューギニア いきものたちと奇跡のコンタクト』(2016年12月28日)
    • 『Earth Walker 2017(第七章)太古のタスマニア〜「赤い海」に隠された人類を救う奇跡の進化〜』(2017年1月1日)
  • ザ・ドキュメント 文楽のゆくえ~『橋下改革』と世界遺産~(2012年5月18日 - 、フジテレビ・関西テレビ) - ナレーション
  • 白夜の国からベニスへ憧れの豪華列車で行く〜オリエント急行 欧州縦断2300キロ〜(2013年6月22日、BS朝日) - 案内役
  • 滝川クリステルのフィレンツェ紀行 もう一枚のモナリザ 天才ダ・ヴィンチの謎を追う(2014年1月12日、BS朝日) - ナビゲーター
  • テレビ東京開局50周年記念番組 地球ドック 〜宇宙から今の地球を健康診断〜(2014年4月、テレビ東京) - MC
  • 百年プレミアム(2014年6月 - 2014年8月、全8回、BSフジ) - 語り
  • 滝川クリステルのベイビープラネット〜希少動物の赤ちゃんを訪ねて〜(2014年7月13日、BSジャパン) - 旅人
  • 滝川クリステルのオランダ美術紀行〜もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!〜(2015年1月11日、BS朝日)[17]
  • TVQ九州放送開局25周年特別番組 世界遺産スペシャル 滝川クリステルがせまる長崎教会群秘められた真実(2015年12月23日、TVQ九州放送制作、テレビ東京系列)[18]
  • 滝川クリステルの美術ミステリー紀行〜ピカソと岡本太郎 巨大壁画に隠された謎!〜(2016年3月6日、BS朝日)[19] - ナビゲーター
  • テレメンタリー2016「スイス 消えてゆく氷河〜地球温暖化最前線をゆく」(2016年3月、北海道テレビ放送制作、テレビ朝日系列) - ナレーション
  • 滝川クリステルが見た! Discover Japan〜世界が驚く、凄いニッポン!〜(2016年3月31日、BS朝日) - ナビゲーター

スポーツ番組

その他のテレビ番組

アニメ

映画

劇場アニメ

CM

ラジオ

インターネット放送

書籍

同期

共同テレビ

フジテレビ

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 滝川クリステルのフィレンツェ紀行 もう一枚のモナリザ 天才ダ・ヴィンチの謎を追うBS朝日 2014年4月13日)
  2. ^ 滝川クリステル”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 滝川クリステル、福島で単身ボランティア、2011年4月25日、映画.com ニュース
  4. ^ 徹子の部屋2014年5月2日「社員ではなく所属」 と本人発言
  5. ^ 滝川クリステル:“卒業”の理由「明日の自分と出会うため」毎日.jp
  6. ^ ただし、幼少時代にCM出演経験がある。詳細は「エピソード」「出演」参照。
  7. ^ 在フランス日本国大使館公式ホームページ 日仏交流150周年
  8. ^ 在日フランス大使館公式ホームページ 過去の記事:日仏交流150周年記念
  9. ^ フランス政府観光局オフィシャルサイト 2008年度フランスキャンペーン広報大使・滝川クリステルさん
  10. ^ http://japan-indepth.jp/?p=2174
  11. ^ 2006年6月号『日経エンタテインメント!』(日経BP社
  12. ^ 2006年10月5日号『週刊文春』。
  13. ^ 東京スポーツ(2009年9月29日付)・週刊現代(2009年10月24日号)・「外人」と差別発言 フジテレビアナに批判集中
  14. ^ http://wpb.shueisha.co.jp/2013/09/28/22129/
  15. ^ 2010年3月26日ゲンダイネットなど
  16. ^ AERA 2011年4月15日臨時増刊 pp.100~107
  17. ^ 滝川クリステルのオランダ美術紀行〜もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!〜(BS朝日)、2014年12月23日閲覧
  18. ^ TVQ九州放送開局25周年特別番組 世界遺産スペシャル 滝川クリステルがせまる長崎教会群秘められた真実(TVQ九州放送)、2015年12月23日閲覧
  19. ^ 滝川クリステルの美術ミステリー紀行〜ピカソと岡本太郎 巨大壁画に隠された謎!〜(BS朝日)、2016年3月3日閲覧
  20. ^ 有吉司会で7年半ぶり『なるほど!ザ・ワールド』復活 滝クリと初タッグ”. オリコン (2015年9月26日). 2015年9月26日閲覧。
  21. ^ “滝クリ、4年半ぶりレギュラーMC!“知のビフォーアフター”体感”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170830/geo17083005050004-n1.html 2017年8月30日閲覧。 

関連項目

外部リンク