ゴールデン・アロー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールデン・アロー賞とは、一般社団法人日本雑誌協会日本雑誌記者会芸能記者クラブにより設立された、その年の芸能界に大きく活躍した芸能人に贈られる賞[1][2]。別名「雑誌芸能記者会賞[2]1964年3月17日に第1回(1963年度)授賞式が行なわれた。以来この賞は芸能雑誌と「芸能界との窓口役、パイプ役」となり「芸能取材の円滑化につながっていく」ものとされた[2]。第45回(平成19年度)を最後に終了した[1]

歴史[編集]

大賞をはじめ、話題賞取材協力賞(第6回=1968年度を最後に廃止)、新人賞特別賞の5賞を設け発足。
日本雑誌協会内にある日本雑誌写真記者会が選考するグラフ賞を新設。
本賞の部門別表彰(映画賞演劇賞音楽賞放送賞)が始まる。但し当時は大賞受賞者が別にいた。
新人賞の部門別表彰が始まり、大賞・最優秀新人賞が部門別本賞・新人賞受賞者の中から選ばれるようになる。第13回(1975年度)からは芸能(新人)賞を新設。
テレビ朝日系列で授賞式の模様を中継した特別番組を放送開始(放送日は1981年2月21日)。以降、1995年放送の第32回(1994年度)までは主に日曜16-17時台(サンデープレゼント)、1996年放送の第33回(1995年度)から2004年放送の第41回(2003年度)までは日曜14-15時台(日曜ワイド)の放送だった。1993年放送の第30回(1992年度)のみ生放送に。
芸能賞が放送賞に統合され放送賞 ドラマ部門放送賞 バラエティー部門とに再編。本賞にスポーツ賞を新設。特別三賞(他に話題賞、グラフ賞)の特別賞は芸能功労賞に変更。また大賞・最優秀新人賞の表彰を取り止め、新人賞は部門分けせず複数組表彰するように。そして授賞式特番の放送もなくなるなど、全般的にやや規模が縮小された。
2008年3月3日にホテルニューオータニにて行われた授賞式を以て終了することが発表。翌日放送されたTBS系『ピンポン!』の取材を受けた松橋宏信代表幹事は「雑誌の存在のあり方も芸能界の存在のあり方も大きく変わってきている。役目を終えたと判断して新しい形を模索しようということに」と語った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ゴールデン・アロー賞とは 日本雑誌協会
  2. ^ a b c 日本雑誌協会 日本書籍出版協会50年史 Web版 p134-139

外部リンク[編集]