C.C.ガールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C.C.ガールズ
C.C.GIRLS
シーシーガールズ
出身地 日本の旗 日本
活動期間 1991年- 2003年
2019年 - ?
事務所 オスカープロモーション
公式サイト C.C.ガールズオフィシャルサイト
メンバー 阿部桃子
豊田百佳
花岡なつみ
中川知香
鈴木佳奈
旧メンバー 河合ひかる
竹内佐織
森洋子
本杉美香
山田誉子
浜野裕子
青田典子
原田徳子
藤原理恵
藤森夕子

(シーシーガールズ)は、オスカープロモーション所属女性で構成される芸能ユニットである。平成期は4人組、2019年より5人組で活動。

来歴[編集]

1990年に開催された「日本美人大賞」入賞者から青田典子原田徳子藤原理恵藤森夕子の4人で結成。『週刊プレイボーイ』1991年1月29日号のグラビアでメディア初登場。以後歌手バラエティー番組などで活躍、後続のセクシーグループが次々に誕生するブームを呼んだ。ユニット名はクールで高貴なイメージを持つ美人たち(COOL & CLASSY)ということで付けられたが、当時「おどるポンポコリン」がヒットしていたB.B.クイーンズに肖って、オスカープロモーションの古賀社長が音楽プロデューサーの長戸大幸の許可を得て命名された[要出典] 。デビューと同時に「D.D.GAPS」(ディー・ディー・ギャップス)名義で歌手活動を行った。なお、1992年からは歌手活動も「C.C.ガールズ」名義に統一。

その後、1995年から1998年に掛けてメンバーの入れ替えが繰り返された結果、浜野裕子本杉美香森洋子山田誉子の4人による便宜上2代目の「C.C.ガールズ」として再スタート。セクシーさを誇示する路線だけでなくインターネットを連動させてコミュニケーションアイドルとして活動することを打ち出した。メンバーが固定するまではリーダーを青田が継続し、総入れ替え後は森が務めた。初代と異なり音楽活動は少なく、CDは青田リーダー期のシングル『Happy White』のみ。

2代目の4人は、平均年齢が30歳を超えたことなどから、2003年12月に脱退(この時、浜野は結婚して引退。他の3人も脱退、実質解散となったのは、浜野の結婚報告を怠ったための懲罰という説がある)。2代目終了の際、オスカープロモーションは「C.C.ガールズ」の名前を残す意向を示し、3代目となる新たなメンバーを2004年春にも決め、同7月にも発表するとしていたが、この時は立ち消えとなった。

2019年9月18日、3代目グループとなる「C.C.ガールズ3」のお披露目が行われた[1]。しかし、10月19日にメンバーの河合ひかると鈴木佳奈が体調不良による休養を理由にグループを脱退、所属するオスカープロモーションを退社[2][3][注 1]11月22日に新メンバーとして阿部桃子竹内佐織が加入するも[5][6]、結局グループとしての活動が不明瞭なまま自然消滅していった。

メンバー[編集]

初代[編集]

2代目[編集]

  • 本杉美香 - 1995年8月加入、2003年12月脱退。
  • 森洋子 - 1995年8月加入、2003年12月脱退。
  • 山田誉子 - 1996年1月 スーパーサポートメンバーとして加入、藤森の脱退後正式メンバーに昇格。2003年12月脱退。
  • 浜野裕子 - 1998年11月加入、2003年12月脱退。

C.C.ガールズ3[編集]

活動歴[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

CM[編集]

以上、初代メンバー出演。

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 01 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
D.D.GAPS 名義
ワーナー・パイオニア
1 1991年
6月12日
01 D.D.GAPS HERE 吉澤久美子 D.Sanders 船山基紀 WPDL-4236
02 D.C. 真名杏樹 西司
2 1991年
8月10日
01 ESCAPE! 只野菜摘 関根安里 船山基紀 WPDL-4250
02 WORD 枯堂夏子 前田克樹
3 1991年
11月28日
01 WILL POWER Wisteria Joey Carbone
Jeff Carruthers
WPDL-4270
02 I'LL KNOCK ON YOU 吉澤久美子
C.C.ガールズ 名義
4 1992年
5月10日
01 NO天気な恋の島 吉澤久美子 夢野真音 Joey Carbone
Jeff Carruthers
WPDL-4287
02 マリーの選択 戸沢暢美 Joey Carbone
Dennis Belfield
5 1993年
3月10日
01 涙なしじゃ言えない 松井五郎 馬飼野康二 中村哲 WPDL-4337
02 エピキュリアン・ブルー 田久保真見 羽田一郎 新川博
6 1993年
4月25日
01 世界で一番せつない夜に[7] 田久保真見 林哲司 WPDL-4345
7 1993年
9月25日
01 恋するために生まれてきたの 鮎川めぐみ 井上ヨシマサ ATOM WPDL-4349
02 白状しちゃおうかな 松井五郎 羽田一郎 新川博
8 1994年
4月25日
01 PARTY TIME 田久保真見 羽田一郎 新川博 WPDL-4385
02 25時のヴィーナス
9 1995年
4月25日
01 ちいさな気絶 小山明 野見祐二 WPD6-9041
02 CHANCE 松井五郎 羽田一郎 新川博
東芝EMI
10 1999年
5月1日
01 Happy White 森浩美 寺田一郎 田辺恵二 PCDZ-1658

アルバム[編集]

すべてワーナーミュージック・ジャパンから発売。

D.D.GAPS名義

  • We are D.D.GAPS(1991年7月10日)
  • HERE IS D.D.GAPS(1991年12月21日)

C.C.ガールズ名義

  • Comin'(1992年5月25日)
  • ANIMALS(1992年11月28日)
  • Woman From Tokyo(1993年7月25日)(「世界で一番せつない夜に」のみ、林哲司&C.C.ガールズ名義)
  • C.C.ガールズがうたうおねえたまどうよう(ウゴウゴルーガ)(1993年9月25日)
  • COOL&CLASSY(1993年12月10日)
  • SO WHAT ~だからナニ~(1995年6月25日)

ビデオ・DVD[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

すべてワーナーミュージック・ジャパンから発売。

D.D.GAPS名義

  • D.D.GAPS HERE(1991年7月10日)VHS/シングルビデオ
  • ANTI ABORTION(1991年11月)VHS/シングルビデオ
  • NO天気な恋の島(1992年5月10日)VHS/シングルビデオ

C.C.ガールズ名義

  • JOY(1993年4月10日)VHS、LD/ビデオ・クリップ集
  • COOL&CLASSY(1993年12月)VHS、LD/ビデオ・クリップ集
  • COOL&CLASSY LIVE(1994年4月)VHS、LD/ライブビデオ

ライブ[編集]

  • C.C.GIRLS LIVE【Comin'】(1992年、名古屋クラブクアトロ)
  • C.C.GIRLS LIVE【Comin'】(1992年6月17日、大阪クラブクアトロ)
  • C.C.GIRLS LIVE【Comin'】(1992年6月19日、渋谷クラブクアトロ)
  • C.C.GIRLS LIVE【C.C.ガールズHERE】(1992年12月17日、渋谷ON AIR)
  • C.C.GIRLS LIVE【COOL&CLASSY】(1993年12月16日、大阪厚生年金会館 中ホール)
  • C.C.GIRLS LIVE【COOL&CLASSY】(1993年12年19日、渋谷公会堂)
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL2015 in EZO(2015年8月15日)安全地帯 with C.C.ガールズとしてバックコーラス、ダンス/青田典子・藤原理恵
  • FREEDOM aozora 2015 淡路島(2015年8月29日)安全地帯 with C.C.ガールズとしてバックコーラス、ダンス/青田典子・藤原理恵・藤森夕子

イメージビデオ[編集]

版元の記述の無い物はすべてポニーキャニオンから発売。

  • TEMPTATION(1991年7月)VHS
  • BODY LANGUAGE 1991(1991年8月︰VHS、1992年5月21日:LD)VHS、LD
  • Swinging Body(1992年4月)VHS
  • Talking Body(1992年6月)VHS
  • Swinging&Talking Body(1992年10月21日)LD/上記2作品のカップリング。
  • C.C.ガールズ ACTRESS(1992年8月)VHS/『ファーストラン〜風を抱きしめて〜』のメイキングビデオ。
  • C.C.ガールズ in 香港 WANTED!(1992年11月)VHS
  • Color Magic(1993年10月)VHS/ドラマ形式、同時に撮影した各ソロ作を『Four Color BOX』セットとして、またCD-ROM『NAKED COLOR』も発売。
  • LOVE after the TENTH(2001年12月、エイベックス)DVD/10周年記念作品。2代目メンバーのイメージビデオ。青田典子と藤森夕子がコメント出演。
  • C.C.ガールズ DVD BOX(2003年8月)/初代メンバーの『BODY LANGUAGE 1991』『Swinging Body』『Talking Body』『C.C.ガールズ in 香港 WANTED!』と各ソロ・イメージビデオを収録。
  • Deeper than Deep…(2003年9月)DVD/2代目メンバー出演。

出版[編集]

写真集[編集]

その他[編集]

  • ダイエットなしのボディーライン改造講座 - 体型の不満どんどん解決! (1993年7月、青春出版社ISBN 4-413-06205-1
  • クレヨンしんちゃん (アニメ) 1993年4月5日スペシャル番組放映 『CCガールズを見るゾ』
  • まるごと1冊CR C.C.ガールズ攻略の帝王(1999年8月、宝島社ISBN 4-7966-1531-8
  • 株式会社京楽 「CR C.C.ガールズX1」(1999年3月)パチンコ台キャラクター
  • 株式会社ラピア C.C.ガールズプロデュース「C.C.LINE」(2000年8月)
  • J-PHONE C.C.ガールズ声日記(2000年10月)ボイスメッセージ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 10月2日の初イベントの際も河合・鈴木は欠席していた[4]

出典[編集]

  1. ^ “「三代目C.C.ガールズ」が結成 恋愛禁止で飛躍誓う「5年以内に人気になれるよう…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2144616/full/ 2019年9月18日閲覧。 
  2. ^ a b c “「C.C.ガールズ3」河合ひかる&鈴木佳奈、体調不良で休養 グループからも脱退”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年10月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2146943/full/ 2019年10月19日閲覧。 
  3. ^ ご報告”. c.cガールズオフィシャルウェブサイト (2019年10月19日). 2019年10月19日閲覧。
  4. ^ “C.C.ガールズ3、初イベントでまさかの船出 インフルで2人欠席…”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2145615/full/ 2019年10月19日閲覧。 
  5. ^ a b c “C.C.ガールズ3新メンバーに阿部桃子、竹内佐織”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911210000828.html 2019年11月22日閲覧。 
  6. ^ a b c 【C.C.ガールズ3】新メンバー加入!”. オスカープロモーション (2019年11月22日). 2019年11月22日閲覧。
  7. ^ 林哲司とのデュエット。

外部リンク[編集]