松本ちえこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まつもと ちえこ
松本 ちえこ
生年月日 (1959-11-12) 1959年11月12日
没年月日 (2019-11-17) 2019年11月17日(60歳没)
血液型 O型
ジャンル 女優、元歌手
活動期間 1974年 - 2019年
主な作品

博多っ子純情松竹

鉄道おんな捜査官シリーズ(テレビ朝日
受賞
1976年ゴールデン・アロー賞グラフ賞
備考
資生堂・初代バスボンガール
テンプレートを表示
まつもと ちえこ
松本 ちえこ
プロフィール
愛称 チーコ
生年月日 1959年11月12日
没年月日 2019年11月17日
没年齢 60歳(数え61)
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 160 cm / 49 kg
BMI 19.1
スリーサイズ 84 - 63 - 88 cm
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 1974年
ジャンル グラビア、女優、歌手
モデル内容 一般、ヌード
モデル: テンプレート - カテゴリ

松本 ちえこ(まつもと ちえこ、1959年11月12日 -2019年11月17日)は、日本タレント女優。本名は松本 千枝子血液型O型。身長160cm。B84cm、W61cm、H88cm。音楽レーベルはポニー・キャニオン

東京都出身。中延学園高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

友達と歌番組の見学に行った際にスカウトされる。テレビ局の人から「冗談でいいから番組で今度桜田淳子ちゃんの歌をうたってみてくれない?」と持ちかけられ、OKしたことがデビューの発端となる。

その後、NETテレビ(現:テレビ朝日)の歌謡バラエティー番組「前武のヤングアップ」タレントスカウトコーナーに出場し合格、 1974年、アイドル歌手としてシングル「ボーイフレンド」でデビューした[1]

しかしデビュー当時は芸能情報誌の平凡明星などの白黒ページに取り上げられることはあっても、かなりパッとしない存在で、本人も事務所もアイドルとしての成功は半ばあきらめかけていた。そのため、2曲目の「まぶしい彼」から1年あまりブランクがあった。その間の活動は不明だが、1976年に活動を再開。再開直後に資生堂バスボンのCMでブレイク[1]。CMで歌われた『バスボンの歌』が話題になりシングル化はされなかったが後にアルバムには収録された。その勢いもあり同年発売のシングル「恋人試験」が大ヒット、その後も「恋人」「学業」関連の楽曲が続き「ぼく」ではスマッシュヒットとなった。

しかし後述の“妊娠疑惑騒動”によりアイドルからの転身を余儀なくされ、「月刊プレイボーイ」1979年12月号でヌードグラビアを発表し「アイドルがヌードによって過去のイメージを脱却して新たなステージへと進む」という手法の第一号となった[2]。さらに日活ロマンポルノに出演するなど女優業へ活動の場を移す。

1995年、自らのプロデュースにより、南フランスのプロヴァンス地方で撮影したヘアヌード写真集を出している。撮影の初日にはヌーディストビーチに行き日光浴で全身を小麦色にして撮影に臨んでいる[1]

2005年にデビューした娘の高澤桃子と度々歌謡番組やバラエティー番組で共演している。

晩年は女優として活動し、また2010年以降も雑誌の取材等に特集されることが多かった。

嫌いな食べ物が椎茸であると雑誌のインタビューで語っている[3]

また、親族が経営している会社に籍を置き、芸能関係の仕事は過去を懐かしむ番組の出演依頼があったら受ける程度だったという[4]

2019年11月17日朝に大動脈瘤破裂のため死去したことが、同年12月6日配信の「週刊女性PRIME」で明らかになった[4]。60歳没。

芸能界交友録[編集]

所属事務所[編集]

主な受賞歴[編集]

タイアップ[編集]

  • 資生堂バスボン石鹸・シャンプーのコマーシャルに出演し初代バスボンガールとして話題になったときに使用された楽曲が「バスボンのうた」として後のアルバム等に収録されている。シングル化(リリース)はされていないが当時資生堂から販促用のソノシート盤として一部に配布された。
  • バスボンのうた (作詞:糸井重里吉田博昭 作曲:あかのたちお)なお、同時収録されているのは「バスボンのうたパートII」である[7]

エピソード[編集]

娘の高澤桃子もデビューのきっかけが、母の松本ちえこと同様である。中学生だった高澤桃子が母と一緒にテレビ局に行ったときに、歌番組の演出ディレクターだったバーニングプロダクション平野昌一にオーディションに出るよう薦められたのが高澤桃子としてのタレント活動をするきっかけとなったという経緯がある[8]

妊娠疑惑騒動[編集]

1977年暮れ頃から、松本の下腹部が急に膨れて外見からもはっきり分かるようになり、それを隠すためにマタニティ風の衣装を着ることが多くなってきた。関係者からは妊娠が疑われるようになり、当時の事務所が松本の父親へ本人に確認するよう連絡した。それを受けて父親は松本を産婦人科に連れて行ったところ「卵巣腫瘍の疑い」として入院することとなった。しかし、その結果が出る以前に事務所とレコード会社との間では「妊娠を前提とした善後策」が話し合われており、これがマスコミに察知されたことで「松本ちえこ妊娠説」となってひとり歩きし、父親探しのゴシップが出回る事態にまで発展した。松本は翌1978年年明けに腹水を抜く手術を行い、退院後に会見を行ったが、年末年始を挟んだことが災いして情報の伝達が遅れ、アイドルとしての商品価値を失う結果となった[9]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

音楽番組[編集]

ドラマ[編集]

  1. 「鉄道おんな捜査官1 花村乃里子の大決断!」(2000年)
  2. 「鉄道おんな捜査官2 私は殺された…鳴門の渦に女の叫び!」(2002年)
  3. 「鉄道おんな捜査官3 津和野トンネル殺人!」(2003年)

バラエティー[編集]

  • 女だらけのあの人は今!!伝説の美女ベスト100 (TBS、2003年9月20日)
  • 金曜スーパープライム 「ザ・追跡スクープ劇場3 気になるあの人あの事件結局ドウナッタ?50連発SP」 (日本テレビ、2012年2月3日)
  • 爆報!THE フライデー (TBS、2012年2月3日)「あの美少女は今!」

情報番組[編集]

  • おもいッきりDON! (日本テレビ、2009年8月28日)「DONとTALK・あの人に逢いたい」※娘の高澤桃子と出演
  • ひるおび (TBS、2010年3月18日)「CMでブレイクしたアイドル」

特別番組[編集]

'78年版演目ー東軍「洋舞・ブロードウェイの妖精達」(キャンディーズ、ザ・リリーズ、五十嵐夕紀らと披露)

ビデオ ・DVD[編集]

  • 博多っ子純情(1978年)(VHS:1984年、SE-0706 / DVD:2013年5月24日、RFD-1135)
  • 淑女、悪女 (1984年、ファイブスター、FV-8517 監督:渡辺優)
  • 夕ぐれ族 (1984年)(DVD:2014年5月2日、BBBN-3030)
  • 熟女マドンナ・松本ちえこ(笠倉出版社)(VHS:1991年11月発売)
  • ねこじゃらし38歳(1991年、ケイエスエス販売 監督:上垣保朗)
  • 石立鉄男の詐欺師の旅(1986年)(DVD発売元:ベストフィールド、販売元:TCエンタテインメント、2019年4月26日発売、BFTD-0298)

CM[編集]

舞台[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

※全てのシングル・アルバムはキャニオンからリリースされた。
# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1 1974年
8月25日
A面 ボーイフレンド 安井かずみ 中村泰士 あかのたちお A-227
B面 恋のチャンス
2 1974年
12月10日
A面 まぶしい彼 安井かずみ 中村泰士 あかのたちお A-241
B面 わたしの気持
3 1976年
5月25日
A面 恋人試験[10] 伊藤アキラ あかのたちお C-1
B面 すてきな三銃士 さいとう大三
4 1976年
8月25日
A面 恋人願書 伊藤アキラ あかのたちお C-17
B面 十七才の証明書
5 1976年
11月25日
A面 ぼく さいとう大三 馬飼野俊一 C-29
B面 恋の手紙にルールはない
6 1977年
2月25日
A面 ハイ!授業中 伊藤アキラ 小泉まさみ 馬飼野康二 C-40
B面 猫とあいつ 小泉まさみ 馬飼野俊一
7 1977年
5月25日
A面 海辺のあいつ 伊藤アキラ 小泉まさみ 馬飼野康二 C-49
B面 サンシャイン海岸
8 1977年
8月25日
A面 おもいで不足[11] 横山郁子
藤公之介
中村泰士 高田弘 C-63
B面 回転木馬 松本ちえこ
小西たくま
小泉まさみ 佐藤準
9 1977年
11月25日
A面 フラワー・メッセージ 藤公之介 加瀬邦彦 船山基紀 C-77
B面 ゆずって下さい
10 1978年
5月25日
A面 ワンダフル・ヒーロー 三浦徳子 小泉まさみ 船山基紀 c-95
B面 哀愁メモリー 船山基紀
11 1978年
8月21日
A面 かわいい貴方 三浦徳子 小泉まさみ 船山基紀 C-110
B面 セントラル・パーク 船山基紀

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

  • 松本ちえこBEST24 全曲集(1977年12月10日/AY-6001〜2) ※限定盤
  • プレイバック・シリーズ 松本ちえこ(1987年11月21日/D28P-6171)
  • フォーエバー・アイドル・ベスト・シリーズ 松本ちえこ(1989年8月21日/D27A-1042) ※限定盤 彩・ピクチャーCD
  • 松本ちえこBEST(2001年11月7日/PCCA-01582)
  • Myこれ!Lite 松本ちえこ(2010年4月21日/PCCS-00117)

カセット・テープ[編集]

(※発売元はポニー)

  • 松本ちえこファースト(1976年/CE-6022) ※「ビバ・アニマルズ」と同一内容だが、A面とB面が入れ替えられている。
  • 松本ちえこベスト12(1979年/CF-6005)
  • ハーイ!ともだち 松本ちえこ(1980年/CF-6027)
  • 松本ちえこフレッシュ・12(1981年/CF-6040)

写真集[編集]

書籍[編集]

  • 『ハーイ!ちえこです』(1976年11月25日、発行:光風社書店)

主な雑誌特集[編集]

  • 週刊マーガレット」(1976年、51号)「いま一番!この娘(こ)がもててます!!」※この月に同様のサブタイトルで各女の子向け週刊漫画雑誌に特集が組まれた。
  • 週刊TVガイド」 発行:東京ニュース通信社(1976年1月28日号、「松本ちえこカバー特集」)、(1976年6月18日号、「松本ちえこ六本木で踊った!」)
  • 「永久保存版写真集 平凡パンチ甦れ、アイドルの時代」 発行:マガジンハウス社(2008年4月24日) ISBN 4-838-71863-2
  • 「平凡パンチ’80s永久保存版 写真集 The NUDE」 発行:マガジンハウス社(2015年9月24日) ISBN 4-838-72798-4
  • FLASH」『憧れの美女大追跡撮!』 発行:光文社(2015年9月29日・10月6日合併号)
  • 「増刊 FLASH+(プラス)」 発行:光文社(2015年12月号、JAN:4910277281254)
  • 「Asagei +plus」(アサ芸プラス:ニュースサイト)(2016年2月19日)「ニッポンのCMシンデレラ50年の名場面⑦ 松本ちえこ・バスボン(1976年)」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c FRIDAY 2012年6月29日号 69-77頁 「名作ヌードシアター」松本ちえこ
  2. ^ 松本ちえこさん死去 70年代を象徴する記憶に残るアイドルだったAERA dot. (アエラドット) 2019年12月6日
  3. ^ 週刊明星(発行:集英社)1979年5月12号「スターの大弱点」164頁。
  4. ^ a b 女優・松本ちえこさんが逝去、60歳『バスボン』のCMで大ブレイク - 週刊女性PRIME 2019年12月6日
  5. ^ 『月刊平凡』(1977年1月号)発行:平凡出版株式会社 「松本ちえこ大百科・チーコの芸能界仲よし地図」99-101頁より。
  6. ^ 月刊平凡(1976年12月号)「ハッピーバースデー対談・好きな男性のタイプも同じなの!」127 - 128頁。
  7. ^ オリコン年鑑・テレビ60年史』 発行:オリジナルコンフィデンス出版社 「1976年話題のCMソング」
  8. ^ 週刊大衆』(双葉社) 2009年11月2日号 「お騒がせCMアイドルの二世を注目する」
  9. ^ 松本ちえこ さまざまな憶測を呼んだ不可解な婦人科入院騒動 日刊ゲンダイ「プレイバック芸能スキャンダル史」 2016年10月17日改訂
  10. ^ キャニオン・レコードが、レコード部門を一新してのレーベルで第一号として登録されたシングルレコード。
  11. ^ 雑誌「明星」募集歌。
  12. ^ 2009年7月15日にCD版がリリースされた(規格品番:PCCS-68)。
  13. ^ 2009年7月15日にCD版がリリースされた(規格品番:PCCS-69)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]