金井克子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金井克子
生誕 (1945-06-17) 1945年6月17日(71歳)
出身地 中国・天津
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手モデルダンサー
担当楽器
活動期間 1959年 -
事務所 しまだプロダクション

金井 克子(かない かつこ、本名は足立 克子1945年6月17日 - )は日本歌手・元バレエダンサー。しまだプロダクション所属。身長166cm。

略歴[編集]

中国・天津生まれ。終戦後一家で引き揚げ、大阪府岸和田市で育つ。四天王寺高校卒業。

1953年西野バレエ団に参加。1959年、モデルとして芸能界入り。1962年8月、「ハップスバーグ・セレナーデ/涙の白鳥」でレコードデビュー1964年からNHK歌のグランド・ショー』に出演し、由美かおるらと共に西野バレエ団五人娘と評され、人気を博す。

1965年には「ノーチェ デ・東京」が初ヒットを記録。またNHKへの貢献度も評価され、翌年の第17回NHK紅白歌合戦に「ラバーズ・コンチェルト」で初出場を果たす。紅白史上初めて“出場歌手のパンツが見えた”として騒がれた。西野バレエ団の後輩である原田糸子と由美かおるもバックを固めて参加した。

1966年、「歌のグランド・ショー」の出演に対して、第3回ギャラクシー賞 テレビ・個人部門を受賞[1]

1967年第18回NHK紅白歌合戦にも「ラ・バンバ」で連続出場。1968年、歌手としての出場は叶わなかったものの、第19回NHK紅白歌合戦では応援合戦で由美かおる、奈美悦子らとともにレ・ガールズとして、また1969年第20回NHK紅白歌合戦でもソロで、それぞれダンスを披露するなど、4年連続してNHK紅白歌合戦に出場した。

1973年、「他人の関係」が振付けで話題を呼び、自身では初めてオリコン・シングルチャートでTOP10にランクインし、公称ではあるが100万枚以上の売上げを記録。その年の第15回日本レコード大賞企画賞を受賞し、第24回NHK紅白歌合戦にも出場した。

デビュー以来40枚以上のシングルを発売してきたが、1982年8月の「愛さまざま」を最後に、新曲の発売はない。ちなみにオリコン・シングルチャートには、これまでに計6曲がチャート・イン(100位圏内)を果たしている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル(すべてEP)[編集]

「」内は作品タイトルで、発売順時系列で列挙。なお、/の左側がA面、右側がB面を示す。次は発売年月日、()内はレコード番号。

オリコン発足後についてはシングル週間チャート最高位をその右側に付記。

  1. 「ハップスバーグ・セレナーデ/涙の白鳥」1962.8(SA-967) デビュー・シングル(コロムビアから)。A面はシェファード・シスターズをカバーし、ベニ・シスターズとの競作となった。
  2. 「バケイション/涙のハート(The Biggest Sin of All)」1962.11(SA-1012) A面はコニー・フランシスをカバーし、コニー・フランシス(国内盤)、伊東ゆかり青山ミチ安村昌子との競作となったが、弘田三枝子が圧勝した。
  3. 「夜のデイト/遠い空の星」1963.2(SA-1075) A面は森山加代子との競作となった。
  4. 「恋はボサノバ/いちごの片想い」1963.5(SAS-38)A面は梓みちよとの競作となった。B面はナンシー・シナトラをカバーし、梓みちよ、中尾ミエベニ・シスターズとの競作となった。
  5. 「恋のお月さま/タムレ第1番」1963.9(SAS-95) B面は小野ヒロ子との競作となった。
  6. 「沈んでしまいたい/ユーカリの湖」1963.11(SAS-136) 
  7. 「見つめないで/星の降るよな夜でした」1964.9(SAS-308) 
  8. 「ふたりで来る街/青い湖」1965.3(SAS-429)
  9. 「ドレミファ音頭」1965.4.(SAS-500)※B面北原謙二/アントニオ・コガ/谷由美子との共演名義。なお、A面は村田英雄/都はるみ/大下八郎「昭和音頭」。
  10. 「ノーチェ デ・東京/一日だけのプリンセス」1965.5(SAS-511) A面は第7回日本レコード大賞編曲賞(山屋清)受賞。
  11. 「キエン・セラ/チャ・チャ・チャ フラメンコ」1965.7(JPS-10) アントニオ・コガとの共演名義。
  12. 「恋のGTタイプ/いつまでも恋を」1965.9(SAS-553)
  13. 「踊るクンビア娘/赤いスカートのクンビア」1965.10(JPS-20) 
  14. 「アデュー東京/好きになってもいゝの」1966.3(JPS-37) 
  15. 「ボンソワール東京/忘れられたハイヒール」1966.9(JPS-53) 
  16. 「青いドレス/呼べばよかった」1967.3(SAS-878) 
  17. 「シエンプレ・アモール/東京フラメンコ」1967.5(SAS-886) 
  18. 「小っちゃな恋の歌/ミニ・ミニ・ガール」1967.8(P-2) 
  19. 「いつもほがらかに/エルは恋人」1967.12(SAS-992) 
  20. 「恋人たちはいつも/ふたりの虹」1968.3(P-12) 
  21. 「サマー・ラヴ/愛の花咲くとき」1968.6(P-19) 
  22. 「恋のうちあけ/憎いあなた」1968.8.1#89(P-28) 
  23. 「恋の神話/白いギター」1969.2.1(P-51) 
  24. 「それでも地球は回っている/海辺の出来事」1969.9.1#89 (SONA-86057)CBSソニー移籍第1弾シングル。
  25. 「誰もそれを知らない/あれからのこと」1970.4 (SONA-86095)
  26. 「お別れにキスはしないで/予感」1970.10.21#82 (SONA-86154)
  27. 「今、恋が終る/恋は女のさだめ」1971.3.1 (SONA-86173)
  28. 「女王蜂/嘘は大好き」1971.8.21 (SONA-86197)
  29. 「恋人たちの橋/別れの朝」1971 (SOLA-4)
  30. 「エロスの朝/また逢う日がこわい」1972.7 (SOLA-36)
  31. 他人の関係/蜜の誘惑」1973.3.21#7 (SOLB-12)
  32. 「人間模様(にんげんもよう)/粋に愛して」1973.9.1#52 (SOLB-65)
  33. 「波止場エレジー/あなたしだい」1974.2.21#65 (SOLB-100)
  34. 「まがり角の女/ああ無情」1974.7 (SOLB-150)
  35. 「三角関係/朝陽のように」1975.1 (SOLB-201)
  36. 「いくつのときかしら/おんなの勘」1975.7 (SOLB-282)
  37. 「ちいさな罪/花びらの化石」1976.3 (SOLB-386)
  38. 「遥かなる愛/愛の語らい」1976.10 (06SH-057)
  39. 「ツートン カラー/きげんふきげん」1977.6 (06SH-169)
  40. 「イエスタデイ・イエスタデイ/ひとりごと」1977.10.1 (06SH-219)A面はジェーン・バーキンをカバー。
  41. 「ドリン・ドリン・ドリン/堕ちてゆく先」1979.7.1 (06SH-556)A・B面とも、金井と<2年と1日違い>6月18日生のイタリアの女性エンターテイナー、ラファエラ・カッラ(Raffaella Carra)をカバー。原題は、Drin Drin/Povero Amore。
  42. 「愛さまざま/波止場エレジー」1982.8.25 (07SH-1196)現時点のラスト・シングル。A面はテレビドラマ「赤い関係」主題歌。B面は1974年2月21日発売(A面)のものと同音源。

アルバム(すべてLP)[編集]

  • 『歌のグランド・ショー』1966.4(JPS-5081),<A&K=アントニオコガ&金井克子・A=アントニオコガ・K=金井克子>
    • A面:キエンセラ(A&K)・太陽のかけら(A)・その名はフジヤマ(A)・ワンレイニーナイトトウキョウ(A)・夜霧のしのび逢い(A)・恋心(A)
    • B面:ノーチェ デ・東京(K)・踊るクンビア娘(K)・アデュー東京(K)・見つめないで(K)・チャ・チャ・チャ フラメンコ(A&K)
  • 『女の意地』1971.春 (SOND-66052)A面カバー/B面オリジナル
    • A面:生きがい・抱擁・好きよ・女の意地・経験・京都の恋・今日でお別れ
    • B面:今、恋が終る・恋は女のさだめ・お別れにキスはしないで・予感・誰もそれを知らない・あれからのこと・それでも地球は回っている
  • 『他人の関係』1973 (SOLJ-81)A面オリジナル/B面カバー
    • A面:他人の関係・粋に愛して・ああ無情・蜜の誘惑・あなたしだい・人間模様
    • B面:やさしく歌って・アローンアゲイン・愛の休日・レットイットビーミー・うつろな愛・あまい囁き
  • 『ベスト・オブ・ベスト』1974 (SOLL-54)
    • A面:他人の関係・ああ無情・あなたしだい・蜜の誘惑・粋に愛して・人間模様
    • B面:それでも地球は回っている・恋人たちの橋・エロスの朝・お別れにキスをしないで・今、恋が終る・女王蜂
  • 『まがり角の女/波止場エレジー<川口真 作品集>』1974 (SOLL-78)
    • A面:まがり角の女・花びらの化石・ちいさな罪・朝陽のように・去年の夏・波止場エレジー
    • B面:人形の家・手紙・(メドレー)他人の関係 - 浮世絵の街 - 絹の靴下 - お手やわらかに - 他人の関係・円舞曲・積木の部屋
  • 『金井克子ヒット全曲集』1974.11.1 (SOLL-101)
    • A面:まがり角の女・波止場エレジー・人間模様・あまい囁き・花びらの化石・他人の関係
    • B面:恋人たちの橋・女王蜂・エロスの朝・お別れにキスはしないで・今、恋が終る・それでも地球は回っている
  • 『まがり角の女●三角関係<金井克子の世界>』1975.(SOLL-110)
    • A面:まがり角の女・朝陽のように・私は泣いています・手紙・人形の家・三角関係
    • B面:ラストダンスは私に・やさしく歌って・野ばらのひと・二人でお茶を・素敵なあなた・ティル
  • 『金井克子ヒット全曲集』1975 (SOLL-161)
    • A面:いくつのときかしら・三角関係・エロスの朝・女王蜂・波止場エレジー・まがり角の女
    • B面:他人の関係・今、恋が終る・恋人たちの橋・お別れにキスはしないで・それでも地球は回っている・人間模様
  • 『金井克子 THE Best ヒット全曲集』1977.11.1 (25AH-312)
    • A面:イエスタディイエスタディ・ツートンカラー・恋人たちの橋・波止場エレジー・ちいさな罪・三角関係・遥かなる愛
    • B面:他人の関係・女王蜂・エロスの朝・今、恋が終る・お別れにキスはしないで・まがり角の女・人間模様
  • 『THE BEST 金井克子』1979.11.1 (25AH-607)
    • A面:ドリンドリンドリン・他人の関係・まがり角の女・ちいさな罪・波止場エレジー・ツートンカラー・イエスタディイエスタディ
    • B面:女王蜂・人間模様・遥かなる愛・エロスの朝・三角関係・いくつのときかしら・恋人たちの橋

その他[編集]

  • 「金井克子のノーチェ・デ東京」1967.6 (ASS-298)/4曲入りシングル
    • A面:ノーチェ・デ東京、アデュー東京
    • B面:ボンソワール東京、シエンプレ・アモール。
  • 「甘えてみたい/ノー・モア・ラヴ」1969.6(P-60)※発売中止  
  • 「ガートルードの子守歌」
    • ロックミュージカル「ハムレット」1979.7.15中野サンプラザホール実況録音(RVL-4703〜4)/ミュージカル曲、桑名正博、岩崎宏美他。
  • 「keep on singing」

主な出演作品[編集]

テレビ出演[編集]

映画[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1966年 第17回「ラバーズ・コンチェルト」
  • 1967年 第18回「ラ・バンバ」
  • 1973年 第24回「他人の関係」

CM[編集]

1993年、「パッパッパヤッパー〜♪パールライス」とヒット曲「他人の関係」のイントロ部分を金井自ら振付けしながら宣伝していた。

論文[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]