神津善行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神津 善行(こうづ よしゆき、1932年昭和7年)1月2日[1] - )は、日本作曲家早稲田大学理工学部特別研究員東京交響楽団理事日本民謡協会理事。

略歴[編集]

東京府(現・東京都)出身[1]国立音楽大学器楽科卒業。作曲を信時潔トランペットを中山冨士雄に師事する。主に映画音楽を中心に約300曲を作曲し、歌謡曲や吹奏楽曲も作曲している。エッセイなども執筆している。

1992年に民族音楽の復興のため、琵琶など日中伝統楽器を使った女性11名のグループ「六華仙」を結成する。

植物と音楽による研究を早稲田大学で行っており、植物の微弱な信号音で小交響詩「依代」を作曲するという活動もしている。

家族・親族[編集]

妻は女優の中村メイコ、長女は作家神津カンナ、次女は女優神津はづき、長男は画家神津善之介、娘婿(はづきの夫)は俳優の杉本哲太という芸術・芸能一家である。

作曲した作品[編集]

他多数。

著書[編集]

  • 歌謡曲の唄い方教室 : たちまち上達する (講談社 1971年)
  • ぼくの英才教育 : くたばれ中村メイコ (産報 (Sanpô books) 1973年)
  • 実録ぼくの英才研究 : 涙と汗の半生記 (産報 (Sanpô books) 1975年)
  • 音楽の落とし物 : そして…その落とし物 (講談社 1980年 のち講談社文庫
  • オフィシャル・マナー・ハンドブック (中村メイコ 解説、横山敏子 イラスト、スコラ 1981年)
  • 輝いて生きるー変わる時代の中で : 自分のライフスタイルの探し方(みんなに聞いて欲しい心の物語 ; 6)(共著、広済堂出版 1995年)
  • 植物と話がしたい : 自然と音の不思議な世界 (講談社 1998年)
  • 蕎麦処山下庵 : 山下洋輔と三十人の蕎麦者たち (山下洋輔 編著、小学館 2009年)

放送出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 神津 善行とはコトバンク。2019年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]