まだまだあぶない刑事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まだまだあぶない刑事
監督 鳥井邦男
脚本 柏原寛司
大川俊道
製作 近藤正岳
服部紹男
飯沼伸之
製作総指揮 黒澤満
高田真治
出演者 舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
木の実ナナ
音楽 遠藤浩二
主題歌 主題歌:orange pekoe「空の庭」
エンディングテーマ:舘ひろし「貴女と…」
挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT〜HysteriCa mix〜」
撮影 仙元誠三
編集 只野信也
配給 東映
公開 日本の旗 2005年10月22日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8億1000万円[1]
前作 あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE
次作 さらば あぶない刑事
テンプレートを表示

まだまだあぶない刑事』(まだまだあぶないでか)は、2005年10月22日に東映系で公開された日本映画である。『あぶない刑事』劇場版シリーズの第6作。

概要[編集]

前作『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』以来、7年振りに製作された劇場版第6作。シリーズ初となる海外ロケが敢行された他、町田・真山両刑事の課長昇進や他港署職員の退職など、シリーズでは初めて本格的にレギュラーメンバーの人事異動が描かれた。

当初は足掛け19年に亘るシリーズの最終作とされていたが、2015年に次作となる劇場版第7作の製作がアナウンスされ、同時にシリーズの終結が正式に宣言された。[2]

キャッチコピーは「オマタセ、ベイベー。イッツ・ショータイム。」。

ストーリー[編集]

真夜中の韓国釜山。韓国マフィアと国際的ブラックマーケット組織が小型核爆弾の闇取引をしている現場に、7年前に海の藻屑と消えたはずの鷹山と大下が現れる。2人は人知れず潜入捜査官として組織の内偵をしていたのだった。取引の現場は押さえたものの2人が逃走に使用した小型トラックが爆発を起こし、鷹山たちは現場から姿を消す。

それから数日後、2人の姿は横浜にあった。久々の横浜の雰囲気をオープンカフェで味わっていた最中、何者かに50口径の大型ライフルで狙撃される。偶然現場に駆け付けた港署の若手刑事、水嶋と鹿沼に不審者として連行され、古巣の港署で世代交代の波を感じる中、7年前に2人が逮捕した銀行襲撃事件の犯人・尾藤が脱獄して当時の仲間を次々に射殺する事件が発生。鷹山と大下は水島と鹿沼の助けで尾藤を追い詰めていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

DVD

2006年4月21日発売。販売元:VAP

  • カラー本編108分

【デラックス版:3枚組 VPBT12504】

封入特典

  • 60ページブックレット

映像特典

  • DISC1:予告編、TVスポット集
  • DISC2:デカログ(プロダクションノート付メイキング映像集、消えたアドリブ集、3秒TVスポット集、フォトギャラリー、制作発表記者会見、完成披露試写会&舞台挨拶
  • DISC3:インタビュー集(プロフィール画込)、赤レンガ倉庫トークショー、渋谷トークショー、初日舞台挨拶)

【通常版 VPBT12503】

映像特典

  • 予告編、TVスポット集
Blu-ray

2012年9月21日発売。販売元:VAP VPXT-71228/本編108分+特典映像 片面・二層/COLOR/MPEG-4/AVC/16:9ビスタサイズ 1080p High-Difinition(本編のみ)/DolbyTrueHD2.0ch

映像特典

  • スタッフ座談会 ~あぶデカをつくった男たち~まだまだ編(丸山昇一×柏原寛司×一倉治雄)、『あぶない刑事』劇場6作品予告編集

補足[編集]

  • 冒頭の韓国マフィアとの銃撃戦では、実銃ベースのステージガンが使われ、リアルなガンアクションで話題になった映画『シュリ』のスタッフが携わっている。
  • 終盤のサッカーの試合のシーンでは、実際の東京ヴェルディサンフレッチェ広島の試合を撮影して使っている(劇中ではチーム名は変更されている)。試合の撮影の際、大勢の観客も撮影してそのまま使う予定だったが撮影当日の観客の集まりが悪く観客のカットの撮影ができなくなった。そこで数百人のエキストラを公募し別途応援シーンを撮影。数百人の群衆をデジタル合成で増やして満員のスタジアムのシーンを製作した。

脚注[編集]

  1. ^ 「2005年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2006年平成18年)2月下旬号、キネマ旬報社2006年、 178頁。
  2. ^ 舘ひろし&柴田恭兵「あぶない刑事」10年ぶり復活「さらば」でついにファイナル - 映画.com、2015年2月3日

外部リンク[編集]