あぶない刑事リターンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あぶない刑事リターンズ
監督 村川透
脚本 柏原寛司
大川俊道
製作 奥田誠治
伊地智啓
出演者 舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
木の実ナナ
音楽 Fuji-Yama
OSNY MELO
大野雄二
ほか
主題歌 エンディングテーマ:舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」
挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT (ALBUM"SHOUT"MIX)」
撮影 仙元誠三
編集 西東清明
配給 東映
公開 日本の旗 1996年9月14日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9億1000万円
配給収入 5億円[1]
前作 もっともあぶない刑事
次作 あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE
テンプレートを表示

あぶない刑事リターンズ』(あぶないでかリターンズ)は、1996年9月14日に東映系で公開された日本映画である。『あぶない刑事』劇場版シリーズの第4作。

概要[編集]

前作『もっともあぶない刑事』以来7年振りに製作された劇場版第4作。かねてよりシリーズ再開は各方面で企画されていたが、主演である舘ひろし柴田恭兵サイドからの了解が得られず、最終的に1995年11月に『金曜ロードショー』枠でテレビ放映された『もっともあぶない刑事』の視聴率20%超えが製作決定の条件となった[2]

1994年に逝去した近藤課長役の中条静夫に代わり、本作より新たに新任課長・深町役として小林稔侍がキャスティングされた。また、視覚効果プロデューサーである大屋哲男が本作よりスタッフとして招かれ、デジタル合成コンピュータグラフィックなどのVFXや特撮を前面に出すことによるアクションシーンの大幅なスケールアップが図られているほか、音声面ではシリーズとしては初めてドルビーステレオ方式が採用された。

キャッチコピーは「9.14、ヨコハマ事件」「人生、腹の立つこともあるけれど、あぶデカが戻ってくることもある。」。

ストーリー[編集]

関内の高級クラブが爆破された。鷹山と大下は負傷したホステス・樋口麻美を事情聴取をするべく病院を訪れると、そこには麻美が何者かによって拉致される姿があった。地下駐車場での激しい銃撃戦の末、辛くも麻美の保護に成功する。

その後、大下は使用された爆弾の特徴を元に単独で捜査を開始、鷹山も麻美から話を聞こうとするが目立った進展もない。そんな中、大下が爆弾の主であるマッドボンバー・唐木を逮捕するとともに、銀行頭取の営利集団誘拐計画の情報を得る。計画は鷹山と大下らの活躍で失敗に終わるも、新人刑事の虎井が犯人グループに拉致されてしまう。必死の捜査の中で浮かび上がった「ブレーメン」という名のカルト組織、そして旧ソビエト短距離弾道ミサイルの密輸入。彼らの最終目的とは?

登場人物[編集]

柊誠
貿易会社経営者であり、国際的反体制カルト集団「ブレーメン」の最高権力者。一流総合商社・八百富物産勤務時代、社内のオンラインシステムを悪用した麻薬密輸容疑で逮捕された前歴があるが、その時に培ったコンピュータネットワーク技術を駆使し、世界中に賛同者を抱える巨大秘密結社を一代で築き上げた。選民主義者であり、「新世界の創造」という理想の下、資金集めのために頭取集団誘拐計画を実行。さらに旧ソビエト製のSRBM「SS-30X」を密かに日本へ持ち込み、原子力発電所の破壊による大量殺戮を目論んでいた。最期は鷹山たちの活躍で計画を砕かれ、制御不能となったミサイルと運命を共する。
樋口麻美
関内のクラブに勤めるホステス。かつては八百富物産に勤めており、柊の恋人だった。柊から手渡された花をプラスチック爆弾が仕掛けられていることも知らずにクラブへ持ち込んだことから、結果的に爆破事件に加担してしまうこととなった。償いとして柊の手にかかることを望んだが、最終的に薫や鷹山たちに救われた。
唐木保
かつて大下が逮捕した爆弾マニア。柊の異母弟であり、出所後は秋葉原の電気ジャンクショップに勤務していたが、裏では組織の手先として再び爆弾製造に手を染めていた。爆弾の電気信管に豆電球を用いるこだわりを持ち、それが犯行を露見させる仇となった。鷹山たちが組織と接触した直後、「これがルールだ」との言葉を遺して自決。
青柳耕作
写真家。モデルスカウトを装って薫に接近するが、その正体はブレーメンの末端構成員。薫に盗聴器を忍ばせたポシェットを渡し、警察の動向を探っていた。
木内
東横銀行頭取・渡辺の秘書だが、裏では柊の片腕として頭取集団誘拐を手引きしていた。逗子マリーナでの銃撃戦で町田に右耳を吹き飛ばされ、最期は巨大倉庫での銃撃戦で大下に射殺された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

DVD

2002年12月21日発売。販売元:VAP VPBT11595/4,500円(税別)

  • カラー本編110分

映像特典

  • シークレットファイル、劇場予告、フォトギャラリー
Blu-ray

2012年9月21日発売。販売元:VAP VPXT-71225/4,800円(税別)/本編110分+特典映像 片面・二層/MPEG-4/AVC/16:9ビスタサイズ 1080p High-Difinition(本編のみ)/DolbyTrueHD2.0ch

映像特典

  • スタッフ座談会 ~あぶデカをつくった男たち~リターンズ編(丸山昇一×柏原寛司×一倉治雄)、『あぶない刑事』劇場6作品予告編集

補足[編集]

  • 前半の銀行頭取誘拐エピソードは、1979年に放映されたテレビドラマ『大都会 PARTIII』第37話「頭取集団誘拐」を原案としている。脚本を担当した柏原寛司が、「頭取~」の脚本家である浅井達也からプロットの使用許諾を得た上で執筆したという。[3]
  • 本作は劇場公開時、鷹山・大下と町田との電話でのやりとりのシーンにおいて、「お前、この間紹介した鷲尾って子どうしたんだよ?」という楽屋落ち的なセリフが存在したが、このセリフはビデオソフト化の際に騒音の効果音を被せる形で音声修正された。現在は地上波放送・DVDなどもこの音声修正ヴァージョンがデフォルトとなっているが、2003年5月4日、東映の資本外である日本映画専門チャンネルにて音声修正されていない劇場公開ヴァージョンのプリントが放送されている。その後、日本映画専門チャンネル2012年10月1日放送分では音声修正ヴァージョンが放送された。

関連商品[編集]

ノベライズ
あぶない刑事リターンズ アドリブ完全版(編著:樹山かすみ / 刊行:日本テレビ出版部)
ムック本
あぶない刑事リターンズ メモリアル・コレクション(刊行:日本テレビ出版部)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「1996年邦画作品配給収入」、『キネマ旬報1997年平成9年)2月下旬号、キネマ旬報社1997年、 157頁。
  2. ^ レーザーディスク『あぶない刑事リターンズ』(発売元:バップ)封入解説書より。
  3. ^ 洋泉社映画秘宝』2012年11月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]