逗子マリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
逗子マリーナ
Zushi Marina
Zushi Marina 2 (1).jpg
情報
用途 住居、マリーナ、商用
敷地面積 163,202(内水面9,900) m²
着工 1967年昭和42年)
竣工 1971年昭和46年)
所在地 249-0008
日本の旗 日本神奈川県逗子市小坪5丁目一帯
座標 北緯35度17分49秒 東経139度33分16秒 / 北緯35.29694度 東経139.55444度 / 35.29694; 139.55444
テンプレートを表示

逗子マリーナ(ずしマリーナ)は、神奈川県逗子市小坪相模湾沿いにある複合施設であり、敷地内にはマリーナヨットハーバー)を中心に、マンションレストランスイミングプールなどが配置されている。初め西洋環境開発によって開発・運営され、現在はリビエラ・グループ(東京・南青山[1]の所有・運営となっている。

概要[編集]

9棟の分譲マンション、5箇所の共有会員制宿泊施設のほか、株式会社リビエラリゾートが運営するハーバー結婚式場、レストランプールなどによって構成される。マンションは分譲された住戸のほか、会員制リゾートクラブの「逗子マリーナオーナーズ」(4クラブ総口数2796口)が運営されている。ハーバーには海上係留と陸上艇置併せて約280艇のクルーザー及びボート、ヨットを置く事が出来る他、ビジター用バースもある。

さらに「リビエラヨット倶楽部」でクルーザーヨットのレンタルや新艇、中古艇の購入、メンテナンスが出来るほか、「マリンクラブ・シースタイル」の会員向けのクルーザー、ボートレンタルも行っている。さらにディンギー自転車などを借りることもできる。

また敷地内にはプールレストラン、会員制テニスコート、高級会員制スポーツクラブも完備している。分譲マンション住人やハーバー利用者用駐車場のほかに、有料駐車場は150台分用意されている。なお、多くのマンションからは相模湾内の葉山江の島、遠く富士山が見渡せる。

歴史[編集]

開業[編集]

逗子マリーナの開発は、地中海のリゾート地をイメージしたマリーナとして西武流通グループ(後のセゾングループ)によって行われた。敷地は逗子市小坪の岩礁を、鎌倉霊園造成工事の残土を用いて埋め立てることで造成され、1971年昭和46年)6月に開業した。

人気[編集]

港の陸上艇置部と屋内プール

開業後、1970年代中盤から1980年代終盤にかけて、計9棟、1,226戸のマンションが建設・分譲された[2]。また、敷地内にはマリーナやプール、レストラン、ボウリング場など各種施設も建設された。

所在地は東京都心から約1時間[3]の距離であるにもかかわらず、湘南に囲まれヤシの木がふんだんに植えられ、その地中海的雰囲気は人気を得た。とりわけ1980年代後半のバブル景気期にかけては、しばしばトレンディードラマ映画CMなどの撮影も行われていた。現在もCMで使われることも多い。

現在[編集]

事業主であった西洋環境開発2001年平成13年)に倒産セコムによる管理は継続されたものの、実質的な事業主が不在のままに3年近くが経過した。その後、不動産投資会社であるリビエラファシリティーズが施設全体を買収、2004年(平成16年)以降には、結婚式場(シーサイドチャペル)の建設、プールの大幅改修、大型マリーナクレーンの導入、ボウリング場「マリーナボール」の廃止など、施設老朽化の補修やリニューアル、新築などによる事業再建が試みられている。

建物[編集]

  • 本館 - 地上12階、地下1階建て、1971年(昭和46年)5月竣工
  • 1号棟 - 地上9階、地下1階建て、1976年(昭和51年)5月竣工
  • 2号棟 - 地上12階、地下1階建て、1973年(昭和48年)4月竣工
  • 3号棟 - 地上7階建て、1977年(昭和52年)3月竣工
  • 4号棟 - 地上9階建て、1975年(昭和50年)3月竣工
  • 5号棟 - 地上9階建て、1975年(昭和50年)3月竣工
  • 6号棟 - 地上6階建て、1977年(昭和52年)12月竣工
  • 7号棟 - 地上5階、地下1階建て、1982年(昭和57年)6月竣工
  • 8号棟 - 地上5階、地下1階建て、1989年(平成元年)3月竣工

エピソード[編集]

  • 1972年昭和47年)4月に、作家川端康成が仕事場として用いていた部屋で死亡した(ガス自殺とみられている)。
  • かつて松任谷由実がプールでライブを行っていたことも知られている。これは親会社の西洋環境開発セゾングループの中枢企業であったことも大きく、当時西武百貨店プリンスホテルで松任谷の関連イベントが盛んに開催されていた。先述のチャペル増築に伴い、2004年(平成16年)のライブをもって終了。
  • また、プールではWARJWPプロレス興行が開かれたこともあり、これらの興行では「テキサス・プールサイド・デスマッチ」が名物となっていた。なお、JWPでは逗子撤退後も道場マッチにおいて「真夏のプチ逗子マリーナ」(後にJWP道場の所在地から「六木マリーナ」)と題した前出のルールによる試合を行っている。
  • エリア内の道路標識などを隠すと、日本とは思えない海外風景となることから、テレビコマーシャルなどでも使われる場所。日産のシルビアなどでも使われた。
  • 旧来、湘南ローカルながら月例大会が開催され、藤沢市から通うファンもいた、ボウリング場「マリーナボール」も2004年平成16年)に廃業した。建て替えずにそのまま大幅に改装され、ウェディングサロン、インフォメーションセンター、フローリスト、カフェ等に利用されている。
  • シーサイドレストランは当初「レストラン・セゾン」。「Il Pirata」(イル・ピラータ)で20有余年。2004年「GRAND BLUE」(グランブルー)となり、2005年「GRAND BLUE OCHIAI」になった。
  • 本館1階のダイニングレストラン「Captains' Cafe」はハーバーを借景にランチやクルージング後のティータイムなど、カジュアルに利用できて人気があり最盛期にはウェイティングも発生したが、所有権が問題で本館住民とリビエラリゾートの間で訴訟がおこなわれ、現在は新しい結婚式の会場「マリーナテラス」としてリニューアルされた。
  • 最寄りの鎌倉駅逗子駅両方がほぼ均等に位置し、各々から京浜急行バス鎌40系統)が運行されている。なお、「リビエラ逗子マリーナ前」バス停は逗子駅→鎌倉駅方向のみ経由し、逆方向は経由しない(「小坪」バス停を利用)。また土日祝日のみ、鎌倉駅東口より、「リビエラプラザ前」行き無料シャトルバスが運行されている
  • 隣接する小坪漁港では、新鮮な魚が入手でき白子がシーズンの春と秋には生しらす丼が美味しい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リビエラグループ
  2. ^ 本館のみ定期借地権
  3. ^ 自動車にて首都高速湾岸線釜利谷ジャンクション横浜横須賀道路逗子インターチェンジ朝比奈インターチェンジ経由

外部リンク[編集]