横浜横須賀道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道16号 > 横浜横須賀道路
一般国道 自動車専用道路
有料

横浜横須賀道路

横浜横須賀道路
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
路線延長 36.9 km
制定年 1980年
開通年 1979年 - 2009年
起点 横須賀市馬掘海岸
主な
経由都市
逗子市
終点 横浜市保土ケ谷区藤塚町
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

横浜横須賀道路(よこはまよこすかどうろ、Yokohama-Yokosuka Road)は、神奈川県横須賀市と同県横浜市保土ケ谷区を結ぶ国道16号自動車専用道路有料)である。地域高規格道路の計画路線に指定されている。略称横横道路、横横

馬堀海岸ICから狩場ICに至る本線釜利谷JCTから並木ICに至る金沢支線が供用中である。

国道468号の自動車専用道路として事業中の横浜環状南線釜利谷JCT - 戸塚IC間は、一般有料道路の路線としては横浜横須賀道路戸塚支線とされている[1]

なお、横浜横須賀道路本線狩場ICから連続して新保土ヶ谷ICに至る国道16号横浜新道(よこはましんどう)もここに併記する。

概要[ソースを編集]

国道16号バイパス道路として三浦半島を縦貫する道路で、東日本高速道路管理する道路である。なお、道路標示などでは、「横須賀道路」などと「横」の文字が強調されたり、「横横」などと略記される。

なお、金沢支線のインター番号は全て枝番である。

路線データ[ソースを編集]

(右の「表示」を押す)

歴史[ソースを編集]

路線状況[ソースを編集]

新保土ヶ谷IC - 狩場IC間の正式な有料道路路線名は横浜新道である。逗子ICで逗葉新道、横須賀ICで本町山中有料道路、衣笠ICで三浦縦貫道路に接続している。また馬堀海岸ICより先は東京湾を横断し房総半島に至る東京湾口道路(地域高規格道路三浦房総連絡道路)と接続する計画があるが現在は調査も行われていない。

道路施設[ソースを編集]

本線

  • 円海山トンネル(上り330m、下り400m)
  • 横浜第一トンネル(100m)
  • 横浜第二トンネル(90m)
  • 横浜第三トンネル(130m)
  • 六浦トンネル(190m)
  • 東逗子トンネル(350m)
  • 大山トンネル(390m)
  • 池田トンネル(660m)
  • 吉井トンネル(350m)

金沢支線

  • 能見堂トンネル(325m)
  • 長浜トンネル(646m)

交通量[ソースを編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
新保土ヶ谷IC - 狩場IC : 129,912 129,948
狩場IC - 別所IC 54,976 58,988
別所IC - 日野IC 55,729 55,171
日野IC - 港南台IC 48,270 51,296
港南台IC - 釜利谷JCT 49,873 52,199
釜利谷JCT - 堀口能見台IC 29,614 27,394
堀口能見台IC - 並木IC 26,389 23,484
釜利谷JCT - 朝比奈IC 42,215 60,729
朝比奈IC - 逗子IC 49,364 48,958
逗子IC - 横須賀IC 47,096 48,564
横須賀IC - 衣笠IC 33,799 33,679
衣笠IC - 佐原IC 13,921 18,141
佐原IC - 浦賀IC 調査当時未開通 4,911
浦賀IC - 馬堀海岸IC 1,830

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

通過する自治体[ソースを編集]

インターチェンジなど[ソースを編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。
  • 路線名の特記がないものは市道

本線[ソースを編集]

馬堀海岸IC - 狩場ICの「本線」に、狩場IC - 新保土ヶ谷ICの「横浜新道」が含む。記述は、新保土ヶ谷IC → 馬堀海岸ICである。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
保土ヶ谷バイパス東名 横浜町田八王子方面
新保土ヶ谷IC 国道1号横浜新道 0.0 東京小田原方面 横浜市
1 狩場IC/JCT 国道1号
首都高速神奈川3号狩場線
1.2
- 六ッ川TB - 3.8
2 別所IC 横浜市道汐見台平戸線 4.5 大型特大車通行止
3 日野IC 県道21号横浜鎌倉線 8.9
4 港南台IC 環状3号 10.3
4-1 釜利谷JCT 金沢支線 12.6 首都高速湾岸線東関東道方面
横浜環状南線圏央道
2020年度開通予定)
戸塚横浜湘南道路
新湘南バイパス方面
5 朝比奈IC 県道23号原宿六ツ浦線 14.8
6 逗子IC 県道24号横須賀逗子線
逗葉新道
20.3 逗子市
7 横須賀IC 本町山中有料道路 22.5 横須賀市
- 横須賀PA/SIC 横須賀市道坂本芦名線(計画[23] 下り25.6
上り26.1
上り線側のみPAに接続
下り線側は本線直結型[24][25]
2021年3月末 SIC供用開始目標
8 衣笠IC 三浦縦貫道路 27.8
9 佐原IC 県道27号横須賀葉山線 29.6 狩場方面出入口
- 佐原本線TB -
10 浦賀IC 県道208号浦賀港線 32.8 狩場方面出入口
11 馬堀海岸IC 国道16号 33.9
東京湾口道路(計画中)
  • 距離は横浜新道新保土ヶ谷ICからの通し。

金沢支線[ソースを編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
横浜環状南線圏央道)(2020年度開通予定)
4-1 釜利谷JCT 横浜横須賀道路本線 0.0 横浜市
- 釜利谷TB -
- 金沢自然公園IC 0.5 金沢自然公園駐車場専用
一般道との接続なし
4-2 堀口能見台IC 国道16号方面 2.9 釜利谷方面出入口
4-3 並木IC 国道357号方面 4.2 釜利谷方面出入口
首都高速(B)湾岸線 横浜公園空港中央東関東道成田空港潮来方面

道路の位置関係[ソースを編集]

国道16号
観音崎方面)横浜横須賀道路 - 横浜新道 - 保土ヶ谷バイパス八王子方面)

車線・最高速度[ソースを編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
国道16号
横浜新道
新保土ヶ谷IC - 狩場JCT 5=3+2 70 km/h
本線 狩場JCT - 六ッ川TB 4=2+2
六ッ川TB - 佐原IC 80 km/h
佐原IC - 馬堀海岸IC 2=1+1
(暫定2車線)
70 km/h
金沢支線 釜利谷JCT - 並木IC 4=2+2
(暫定4車線)
80 km/h

その他[ソースを編集]

通行料金[ソースを編集]

2016年4月より横浜横須賀道路の料金は、高速自動車国道大都市近郊区間および普通区間の料金水準となり、全線で値下げされた。新保土ヶ谷 - 狩場(国道16号横浜新道)については、料金が徴収されない。

普通車の料金は以下の通り(括弧内は2016年3月までの料金)。

  • 狩場 - 横須賀:740円(930円)
  • 狩場 - 馬堀海岸:950円(1440円)
  • 並木 - 馬堀海岸:720円(1230円)

割高な通行料金

神奈川県内では「横横は高い」というのが通説であった。たとえば第三京浜道路の玉川 - 保土ヶ谷の料金は2014年4月時点で260円(普通車)であるが、ほぼ同距離である横浜横須賀道路の狩場 - 朝比奈の料金は620円だった。特に金沢支線は突出して割高である。朝比奈 - 堀口能見台は4.7kmで410円(普通車)であり、1kmあたり87.2円だった。

過去の割引[ソースを編集]

ETC割引
2009年3月から2016年3月まで深夜割引、休日割引が適用されていた。
平日
深夜割引:0時 - 4時 すべての車種:30%割引
土日祝
休日割引:終日 普通車、軽自動車等(二輪車)限定:30%割引
(2014年6月29日までは50%割引)

路線バス[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速自動車国道北海道縦貫自動車道函館名寄線等に関する協定 別紙8 (PDF)”. 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構. 2015年8月7日閲覧。14ページ
  2. ^ 1970年(昭和45年)5月29日日本道路公団公告第26号「南横浜バイパス工事開始公告」
  3. ^ 1973年(昭和48年)4月9日日本通路公団公告第26号「南横浜バイパス(二期)工事開始公告」
  4. ^ 1974年(昭和49年)8月27日日本道路公団公告第64号「南横浜バイパス(一期)一部工事完了公告」
  5. ^ 1979年(昭和54年)12月4日日本道路公団公告第76号「南横浜バイパス(一期)一部工事完了公告」
  6. ^ 1979年(昭和54年)12月4日日本道路公団公告第77号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額及び徴収期間の公告」
  7. ^ 1981年(昭和56年)3月27日日本道路公団公告第99号「横浜横須賀道路(一期)一部工事完了公告」
  8. ^ 1981年(昭和56年)3月28日日本道路公団公告第101号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額及び徴収期間の公告」
  9. ^ 1982年(昭和57年)4月6日日本道路公団公告第26号「一般有料道路「横浜横須賀道路(一期)」工事完了公告」
    1982年(昭和57年)4月6日日本道路公団公告第27号「一般有料道路「横浜横須賀道路(二期)」一部工事完了公告」
  10. ^ 1982年(昭和57年)4月7日日本道路公団公告第28号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額の公告」
  11. ^ 1983年(昭和58年)8月15日日本道路公団公告第40号「一般有料道路「横浜横須賀道路(二期)」工事開始公告」
  12. ^ 1984年(昭和59年)4月25日日本道路公団公告第11号「有料道路「横浜横須賀道路(二期)」工事一部完了公告」
  13. ^ 1984年(昭和59年)4月26日日本道路公団公告第12号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額の公告」
  14. ^ 1985年(昭和60年)3月29日日本道路公団公告第23号「有料道路「横浜横須賀道路(金沢支線)」工事開始公告」
  15. ^ 1988年(昭和63年)1月1日日本道路公団公告第53号「有料道路「横浜新道」、「第三京浜道路」及び「横浜横須賀道路」の料金の額及び徴収期間の公告」
  16. ^ 1990年(平成2年)3月27日日本道路公団公告第14号「有料道路「横浜横須賀道路(二期)」工事完了公告」
  17. ^ 1990年(平成2年)3月27日日本道路公団公告第15号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  18. ^ 1991年(平成3年)3月22日日本道路公団公告第12号「有料道路「横浜横須賀道路(金沢支線)」工事一部完了公告」
  19. ^ 1991年(平成3年)3月25日日本道路公団公告第13号「有料道路「横浜横須賀道路」の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  20. ^ 2005年(平成17年)9月12日国土交通省告示第989号「土地収用法の規定に基づき事業の認定をした件」
  21. ^ 2006年(平成18年)10月30日東日本高速道路株式会社「高速道路の料金の額及び徴収期間の変更公告」
  22. ^ 2009年(平成21年)3月18日東日本高速道路株式会社「高速道路工事一部完了公告」
  23. ^ 横横道路横須賀PA スマートIC新設へ 20年度の供用開始目指す タウンニュース横須賀版 2015年7月10日掲載・11日閲覧
  24. ^ スマートインターチェンジの新規事業化・準備段階調査について 国土交通省道路局 2015年6月30日掲載・7月4日閲覧
  25. ^ 横須賀、秦野にスマートIC 国交省が新規事業化 カナロコ 神奈川新聞 2015年7月1日掲載・4日閲覧

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]