仙台北部道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道自動車専用道路(A')
(有料)

仙台北部道路
Japanese National Route Sign 0047.svg

仙台北部道路
路線延長 13.5km[1]
開通年 2002年 - 2013年
起点 宮城県宮城郡利府町利府JCT
終点 宮城県富谷市富谷IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

仙台北部道路(せんだいほくぶどうろ、SENDAI-HOKUBU ROAD)は、宮城県宮城郡利府町利府JCTから宮城県富谷市富谷ICに至る、東日本高速道路株式会社が管轄する総延長13.5km高速道路常磐自動車道並行する一般国道自動車専用道路)である。

概要[ソースを編集]

全線が国道47号バイパス一般有料道路)となっているが、起点である利府JCTでは国道47号本線とは接続しない。2001年新世紀・みやぎ国体、及び、2002年サッカー・ワールドカップの会場であるグランディ21宮城スタジアムへのアクセス道路として整備され、本来であれば国体前に仙台都市圏環状高速道路として開通予定であった。しかし、両大会前には全線開通せず、利府しらかし台インターチェンジ(IC)を北西端として盲腸線の状態にあった。

2010年3月27日に、利府しらかし台IC - 富谷ジャンクション(JCT)間が開通した[2][3]。これにより、1周約60kmの仙台都市圏環状自動車専用道路が全線開通する事になるが、富谷JCTから国道4号と接続する富谷ICまでは2013年12月22日[4]に開通し、全線開通した。

なお、将来的には更に西に延伸させる構想もある[5]

また、仙台北部道路は2010年10月21日までは利府JCTを経由して三陸自動車道 仙台港北IC方面にのみに接続されていて、利府塩釜IC方面には接続されていなかったが、石巻方面にも接続出来るよう2007年より建設が始まり、2010年10月22日供用開始した。利府JCTのフルジャンクション化完成で、仙台都市圏環状自動車専用道路内の全てのジャンクションがフル化された。

  • 起点 : 宮城県宮城郡利府町加瀬[1]
  • 終点 : 宮城県富谷市富谷[1]
  • 延長 : 13.5km[1]

道路構造[ソースを編集]

  • 構造規格 : 第1種第2級(富谷JCT - 富谷IC間は、第1種第3級)

主な高架橋には、利府高架橋(橋長1,815m)、風音高架橋(同85m)、菅谷高架橋(同355m)、石積高架橋(同241m)、成田高架橋(同325m)、富谷JCT本線橋(同189m)があり、その合計は3km以上、全線の4分の1近くを高架橋が占める[1][6][7]

インターチェンジなど[ソースを編集]

  • IC番号欄の背景色がである区間は既開通区間に存在する。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
の距離
備考 所在地
2 利府JCT 三陸自動車道 0.0 宮城郡利府町
1 利府しらかし台IC 宮城県道3号塩釜吉岡線 5.2
29-1 富谷JCT 東北自動車道 11.8 利府JCT方面のみ 富谷市
2 富谷IC 国道4号 13.5 東北自動車道へは出入り不可

歴史[ソースを編集]

路線状況[ソースを編集]

車線・最高速度[ソースを編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
利府JCT - 富谷IC 2=1+1
(暫定2車線)
70km/h

道路管理者[ソースを編集]

  • NEXCO東日本東北支社
    • 仙台管理事務所 : 利府JCT - 利府しらかし台IC
    • 古川管理事務所 : 利府しらかし台IC - 富谷IC

交通量[ソースを編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
利府JCT - 利府しらかし台IC 2,981 7,237
利府しらかし台IC - 富谷JCT 調査当時未開通 7,217
富谷JCT - 富谷IC 調査当時未開通

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[ソースを編集]

通過する自治体[ソースを編集]

接続高速道路[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]