多賀城インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多賀城インターチェンジ
多賀城インターチェンジ(入口料金所)
多賀城インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E6 三陸自動車道
仙塩道路
IC番号 1-1
料金所番号 04-596
本線標識の表記 多賀城
起点からの距離 2.7km(仙台港北IC起点)
仙台港北IC (2.7km)
(1.3km) 利府JCT
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
宮城県道35号泉塩釜線バイパス
供用開始日 2016年平成28年)3月27日
通行台数 x台/日
所在地 985-0851
宮城県多賀城市南宮
テンプレートを表示

多賀城インターチェンジ(たがじょうインターチェンジ)は、宮城県多賀城市南宮にある三陸自動車道仙塩道路)のインターチェンジである。

概要[編集]

当ICは1983年に都市計画決定されたが、構造上片側2車線以上にする必要があった点や限られた事業費等により、長い間着手されなかった。その後、接続道路の整備や仙台東部道路仙台北部道路との接続、三陸自動車道の延伸等による交通量の増加を経て、ようやく着工、完成に至った。

関連年表[編集]

道路[編集]

本線[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

周辺[編集]

[編集]

E6 三陸自動車道仙塩道路
(1)仙台港北IC - (1-1)多賀城IC - (2)利府JCT

形状[編集]

ランプウェイ準直結Y型である。

その他[編集]

  • 当ICと利府JCTの間は距離が短く、6車線の構造になっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仙台湾岸道路のコスト縮減策の検討
  2. ^ 三陸自動車道:多賀城IC建設求め、住民ら総決起大会
  3. ^ 主要地方道 泉塩釜線開通のお知らせ - 宮城県
  4. ^ 『三陸道 仙台港北 - 利府中四車線化 国交省方針 多賀城IC新設』 - 河北新報2011年10月6日朝刊 3面
  5. ^ 復興道路 三陸沿岸道路「仙塩道路4車線化」及び「多賀城インターチェンジ」が3月27日(日)に開通します! 〜4車線化で渋滞緩和、アクセス向上で地域産業・観光に寄与〜 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所・東日本高速道路㈱東北支社仙台工事事務所 (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]