河北インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河北インターチェンジ
下り出口付近
下り出口付近
所属路線 E45 三陸自動車道
IC番号 12
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0045.svg 河北 (北上町、雄勝町)
起点からの距離 45.6km(仙台港北IC起点)
石巻女川IC (4.7km)
(7.4km) 桃生豊里IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0045.svg国道45号
供用開始日 2003年12月14日
通行台数 x台/日
所在地 986-0132
宮城県石巻市小船越
テンプレートを表示

河北インターチェンジ(かほくインターチェンジ)は、宮城県石巻市(旧・桃生郡河北町)にある三陸自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

2003年12月14日に石巻河南IC - 河北ICが三陸自動車道初の無料区間として開通し、それに先立ち2003年12月12日石巻河南IC料金所は廃止され、石巻港本線料金所と河北ICが新設された。しかし、その石巻港本線料金所も2008年1月24日、鳴瀬奥松島IC - 石巻河南ICの通行料金無料化に伴い廃止された。

桃生豊里IC - 鳴瀬奥松島IC間の正式名は「三陸縦貫自動車道矢本石巻道路」で国道45号の一部であり、管理は国土交通省である。

道路[編集]

接続道路[編集]

料金所[編集]

無料区間

周辺[編集]

[編集]

E45 三陸自動車道
(11)石巻河南IC - (11-1)石巻女川IC - (12)河北IC - (13)桃生豊里IC

関連項目[編集]