C-4 (爆薬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
起爆装置を挿し込まれるC-4

C-4またはコンポジション C-4(Composition C-4)は、アメリカ軍を始め世界的に使用されているプラスチック爆薬の一種である。

概要[編集]

TNT換算で約1.34倍の威力があり、3.5kgあれば幅200mmのH鋼爆発の一撃で切断できる。粘土状であるため、固形爆弾では難しい隙間に詰め込める。更に、耐久性・信頼性・化学的安全性が高い。衝撃による暴発はまず無く、に投げ込んでも単に燃えるだけであり、確実に起爆させるには起爆装置雷管を要する。

イギリス軍ではプラスチック爆薬はPE4と呼ばれる。C-4とPE4は共にオフホワイトの固体で、その爆発性特徴や組成もほとんど同一だが、使われる可塑剤のタイプと割合が異なる。

少量では燃焼するため、ベトナム戦争時には固形燃料の代わりとしても用いられた。ただし、主成分のRDXなどは毒性がある[1]。爆発した際にオレンジ色の閃光が発生する。陸上自衛隊でも使用され、施設科では新隊員後期教育訓練期間中に行われる爆破訓練でC-4も使用する。

なお、噛むと甘い味がするといわれているが、最近のもの(日本においては平成9年以降)は爆発物マーカーとして有毒なエチレングリコールジニトラートを微量に含んでおり、口に入れると中毒症状を起こす。2008年8月には陸上自衛隊の訓練にて教官が隊員にC-4を舐めさせ、24人が病院へ運ばれる事態が発生した[2]

性質[編集]

  • 密度:1.59g/cm³
  • 爆速:8.04km/s
  • 外観:オフホワイト色の粘土状の固体

組成[編集]

もしくは

  • RDX:45.5g
  • ポリイソブチレン:10.5g
  • モーターオイル:0.8g
  • セバシン酸ジオクチル:2.65g
  • ガソリン:25ml


脚注[編集]

  1. ^ 毒性はトリメチレントリニトロアミン#化学的性質に詳しい
  2. ^ 「中毒:陸自隊員24人を搬送 茨城で訓練中、爆弾なめる」『毎日新聞』2008年8月29日