中島知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中島知子
本名 中島知子(なかじま ともこ)
ニックネーム オセロの黒い方、ロナウジーニョ
生年月日 1971年8月26日(42歳)
出身地 京都府京都市
血液型 A型
身長 164cm
方言 関西弁
最終学歴 京都精華大学
出身 松竹芸能タレント養成所
コンビ名 オセロ
芸風 漫才コント(ツッコミ)、ほか
立ち位置
事務所 フリーランス[1]
活動時期 1993年 - 2011年
2013年 -
同期 ますだおかだ
過去の代表番組 笑う犬
ぐるぐるナインティナイン
恋するハニカミ!
中井正広のブラックバラエティほか
公式サイト BeautifulLife

中島 知子(なかじま ともこ、1971年8月26日 - )は、日本タレント女優であり、元オセロのメンバー。主にツッコミ担当。本名同じ。愛称はオセロの黒い方京都府京都市山科区出身。身長164cm。B87 W64 H91。1993年から2013年まで松竹芸能に所属していたが、事務所の意向を無視した行動(詳細後述)を理由にマネジメント契約を解除された[2]。その後はフリーランスで活動。

略歴[編集]

デビュー前[編集]

家族が詩吟教室を開いており、自身も幼い頃から詩吟を習い、特技としている。

京都市立音羽中学校京都府立洛東高等学校卒業後、一浪を経て京都精華大学人文学部に入学、1995年卒業。大学在学中に学園祭にてマドンナ物まねをして「ミス京都精華大学」に選ばれる[3]。その際に松竹芸能のスタッフ・難波規精にスカウトされ授業料を無料にしてくれるとの理由でタレント養成所に入る。当初はお笑いではなくタレント志望だった。

タレント・女優活動[編集]

タレント養成所で松嶋尚美と出会い、1993年にオセロを結成。同期にますだおかだがいる。

2002年から女優としても活動。2005年にはテレビドラマルームシェアの女』、映画『三年身籠る』で主演を務める。大河ドラマ義経』にも出演。

写真家・蜷川実花のチャリティー企画で、ヌード写真を撮影。2008年3月7日発売の雑誌『GLAMORUS』(講談社)にバストトップのギリギリ写真が掲載され話題を呼んだ[4]

体調不良と休養[編集]

インフルエンザのため、2011年4月9・16・23日の『知っとこ!』の生放送を休演。しかし、その後も体調が戻らないことから、4月25日に正式に一時休養することが所属事務所から発表され、2012年3月末で司会を降板した。

洗脳騒動[編集]

女性占い師との同居[編集]

2005年頃から女性占い師との同居を始める。最初は恋愛などを相談する関係だったが、次第に依存していくとともに中島の言動や容姿も変化していき[5][6]、やがて自宅マンションに引きこもるようになっていく[7]

家賃滞納騒動[編集]

2011年8月より個人事務所と自宅マンションの家賃を滞納し、その総額は660万円にのぼった。個人事務所の方は、同年12月に三菱地所関連企業からの滞納家賃約270万円の支払いと立ち退きを求める訴訟に発展し、裁判に出廷しなかったため翌年2月28日に中島側が全面敗訴[8]。同日、中島の父親・弁護士・所属事務所関係者らにより、自宅マンションから連れ出され保護される[9]。また自宅マンションの家賃滞納についても、オーナーである本木雅弘内田也哉子夫妻により2月10日訴訟されるが、3月23日に提訴を取り下げられた[10]

専属契約解除及びオセロ解散[編集]

2012年12月に芸能界への復帰報道がされたものの[11]、翌年2013年3月26日のスポーツ報知の報道で、所属事務所・松竹芸能側は復帰のメドは立っていないとコメントする[12]。3月28日、中島は所属事務所に契約解除を申し出るが継続的なサポートが必要であると判断した事務所側は中島に再考を促した[13]。翌日3月29日放送の『ワイド!スクランブル』で、洗脳騒動以来初のテレビ出演をし、洗脳騒動の真相や同番組出演時点での心境を明かす。この出来事で無断でテレビ出演したことなどを遺憾とした所属事務所は中島に対して契約解除の通告をし[14]、4月6日付で正式にマネジメント契約を解除したことを発表した。 4月11日、松嶋尚美は自身の公式ブログにて、中島と話し合いをもったことを明かしたうえ2人で出した結論として、オセロのコンビ解散を発表した[15]。4月17日、次の事務所が決まるまでの間、洗脳騒動以来中島のメンタル面でのコーチングを担当していた苫米地英人が連絡窓口となることが公表された[16]。2013年6月4日付けの公式ブログで、マネージメント業務は、元リポーターの三井三太郎が担当していることを公表する[17]

芸能界復帰へ[編集]

2013年4月30日に、前述のコーチングを担当していた苫米地英人がレギュラー出演する『ニッポン・ダンディ』(東京メトロポリタンテレビジョン)で、騒動後初めてとなるテレビ生出演を果たした。後にいくつかのゲスト出演などを経て、2013年10月より『ニッポン・ダンディ』のレギュラーとして出演することとなった。

出演[編集]

※オセロとしての出演はオセロを参照。

テレビバラエティ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

契約解除時点でのレギュラー番組[編集]

なし

それ以前に出演していた番組[編集]

レギュラー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

音楽活動[編集]

  • 『逆境ファイター』(2005年)- 所ジョージが提供した、格闘家・所英男の入場テーマ曲で、コーラスとして参加している。

舞台[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつては松竹芸能に所属していた。
  2. ^ 松竹芸能「看過できない」中島を解雇”. デイリースポーツ (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ 「ミス京都精華大学」は、京都精華大学の学園祭で行われる隠し芸大会的なイベントで選出されるもので、いわゆる一般の「ミス・コンテスト」とはかなり趣が異なる。
  4. ^ オセロ中島ヌード挑戦で“密林”披露?”. スポーツニッポン (2008年3月5日). 2008年3月8日閲覧。
  5. ^ http://www.j-cast.com/tv/2012/02/20122666.html?p=all
  6. ^ http://www.asagei.com/829
  7. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/6254348/
  8. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/29/kiji/K20120229002728470.html
  9. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/15/kiji/K20120315002830950.html
  10. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/29/kiji/K20120329002927420.html
  11. ^ http://www.cyzowoman.com/2013/01/post_7667.html
  12. ^ オセロ中島、復帰めど立たず 関係者「全く無理だ」”. スポーツ報知 (2013年3月26日). 2013年3月26日閲覧。
  13. ^ http://www.shochikugeino.co.jp/topics/2013/03/post-472.html 本日付けの中島知子に関する報道について
  14. ^ http://www.shochikugeino.co.jp/topics/2013/04/post-473.html 中島知子氏とのマネジメント契約の解除について
  15. ^ オセロ”. 松嶋尚美オフィシャルブログ (2013年4月11日). 2013年4月11日閲覧。
  16. ^ 中島知子の窓口に苫米地氏 本人が指名”. デイリースポーツonline (2013年4月19日). 2013年4月27日閲覧。
  17. ^ お世話に”. 中島知子の公式ブログ「疾風日記」 (2013年6月4日). 2013年7月1日閲覧。
  18. ^ “中島知子、初ヌード写真集『幕間〜makuai〜』発売! "ビッグマミィ"モチーフ”. マイナビニュース. (2013年8月7日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/07/126/index.html 2013年8月7日閲覧。 

外部リンク[編集]