音羽たかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

音羽 たかし(おとわ たかし)は、キングレコードのディレクターが日本語訳詞をする際に用いたペンネームである[1][2]。キングレコードの本社所在地が東京都文京区音羽であることから、この名前が用いられた[1]

例えば、1952年江利チエミが歌った「テネシーワルツ」を訳詞した音羽たかしは和田壽三ディレクターのペンネームとされる[3][4]

キングレコードの常務を務めた牧野 剛(まきの ごう、1925年 - 2009年8月6日)も音羽たかしの一人であり、訃報の際には、音羽たかしの死去としても報じられた[5][6]。ディレクター時代には、ザ・ピーナッツペギー葉山を担当[7]平尾昌晃の「ダイアナ」、ザ・ピーナッツの「情熱の花」、ペギー葉山の「ケ・セラ・セラ」などの訳詞や作詞を行った。作品には別名義を含む。出身地は長崎県誤嚥性肺炎により2009年8月6日に埼玉県所沢市で84歳で死去した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 湯川れい子フォー・シーズンズと60年代の日本のポップス」『映画芸術』2014年秋号 第449号、編集プロダクション映芸発行、p.45
  2. ^ 小西慶太『「村上春樹」を聴く。 ムラカミワールドの旋律』阪急コミュニケーションズ、2007年
  3. ^ 『日本流行歌史 中』社会思想社、1995年、p.228
  4. ^ レファレンス協同データベース
  5. ^ a b 音羽たかし氏死去…ザ・ピーナッツ「情熱の花」 ZAKZAK 2009年8月19日
  6. ^ 牧野剛氏死去 元キングレコード常務 47NEWS 2009年8月18日
  7. ^ 元キングレコード常務の牧野剛氏が死去していた スポニチ 2009年8月19日