味の素ホイホイ・ミュージック・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
味の素
ホイホイ・ミュージック・スクール
ジャンル 歌謡バラエティ番組
放送時間 土曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1962年7月21日 - 1965年9月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 渡辺晋
演出 白井荘也
出演者 鈴木やすし
木の実ナナ
ジャニーズ
ザ・ドリフターズ
テンプレートを表示

味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』(あじのもとホイホイ・ミュージック・スクール)は、1962年7月21日から1965年9月25日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作の歌謡バラエティ番組である。味の素の一社提供。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

架空の音楽学校という設定の下で行われていたオーディション番組。毎回オーディション参加者たちが同校の新入生として登場し、ザ・ドリフターズの演奏に合わせて課題曲を歌った。そして、在校生・卒業生・教授に扮したゲスト審査員たちが彼らを審査した。さらには観客からの投票もあった。

オープニングの終了後には、番組のラストで出演者たちに振舞われる料理の担当者が登場し、番組中に味の素の製品を使ってどのような料理を作るのかを予告。彼らは、番組が進行している間に調理を進めていた。番組後半には、司会の鈴木やすし木の実ナナによるコントのコーナーと、ゲスト歌手による歌のコーナーがあった。そして番組のラストでは味の素を使った料理が出され、それを毎回ゲスト歌手が食べて終了していた。

日本テレビによるオーディション番組の元祖であり、『タレントスカウトショー あなた出番です!』や『スター誕生!』の原点となった。またドリフ初のレギュラー番組であり、この番組で人気を得た彼らは後継番組の『あなた出番です!』と『ドリフターズ大作戦』にも連続で起用された。番組タイトルは、視聴者に「味の素を“ホイホイ”かけてもらいたい」という願いを込めて付けられたものである[1]

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

出身タレント[編集]

後日談[編集]

司会の鈴木やすしと木の実ナナは、1983年8月28日に同じく日本テレビ系列局で放送された『テレビから生まれた歌・30年!』で本番組の主題歌を歌唱し、番組出演当時の事を振り返った。その際に行われた番組紹介は、実際の番組映像ではなくスチル写真を使って行われた。

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビ50年史編集室 『テレビ夢50年 番組編 (2) 1961 - 1970』 日本テレビ放送網、64頁。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 土曜19:30枠
味の素一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
ウッドペッカー
(1961年9月23日 - 1962年7月14日)
【木曜18:15枠へ移動】
味の素ホイホイ・ミュージック・スクール
(1962年7月21日 - 1965年9月25日)
弁慶
(1965年10月2日 - 1966年3月26日)