さよならドビュッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岬洋介シリーズ > さよならドビュッシー
さよならドビュッシー
Good-bye Debussy
著者 中山七里
イラスト 北沢平祐onPCP
発行日 2010年1月8日
発行元 宝島社
ジャンル 推理小説、音楽小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 367
次作 おやすみラフマニノフ
公式サイト http://tkj.jp/book/
コード ISBN 978-4-7966-7530-7
ISBN 978-4-7966-7992-3文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

さよならドビュッシー』は、中山七里による日本推理小説ピアニスト岬洋介が登場する「岬洋介シリーズ」の第1作である。

第8回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。太朗想史郎の『トギオ』とダブル大賞受賞となり、応募作の『バイバイ、ドビュッシー』に加筆して中山の初の単行本として刊行された。売上は25万部を突破[1]

作品の構想が練られた頃は二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』がブームとなっており、著者の中山は、今世間に求められているのはこういう作品なのだろうと思い[2]、音楽の力を武器に闘う少女の物語にしたいと考える[3]。そして執筆前にはマーケティングも実施し、音楽をベースに韓流のようなアップダウンのあるストーリー展開になるよう意識して、ミステリーを読まない層でも本の世界に入っていきやすくしたことが功を奏したと語っている[4]

2013年に映画化。2016年にテレビドラマ化[5]

あらすじ[編集]

ピアニスト志望で特待生として音楽科への推薦入学が決まっている香月遥は、ピアノ教師の鬼塚に叱責されながらも自らの腕を磨くため、日々練習に明け暮れていた。2か月前にスマトラ沖地震で突然家族を失い、以降香月家に身を寄せている従姉妹の片桐ルシアとは同い年で共通点も多く好みも合い、ピアニストになるという夢も同じだったため、2人はまるで姉妹のように仲が良く、遥の父・徹也はルシアを養子にする話を進めていた。そんな2人を、悲劇が襲う。遥の両親や、同居している叔父の研三が用事で家を空け、介護士の綴喜みち子も家に帰ってしまった夜遅く、香月家当主である香月玄太郎の部屋から出火し、あっという間に3人がいた香月邸の離れは全焼してしまう。

全身大やけどを負ったものの、形成外科医の新条の移植手術により奇蹟的に命を取り留め、顔も以前と寸分違わぬものに再生される。しかしカエルのように醜い声、見た目は元通りになったもののちっとも思い通りに動かない指、そして何より自分しか助かることができなかったことに対してのショックは大きかった。そして2か月後の退院に合わせ、香月家の顧問弁護士・加納が持ってきた玄太郎の遺言書の内容にさらなる衝撃を受ける。そこには、「総資産(12億7000万)のうち2分の1を遥に譲り渡す。ただし、相続分は信託財産に組み込み、音楽教育および音楽活動に対する資金として供用される」と書かれていた。図らずも最大の遺産相続人となってしまったが、火傷が完治しないにも関わらず予定通り旭丘西高等学校音楽科に入ったことでクラスメイトからは嫌味を言われ、学校からは特待生として入学した以上、何らかの結果を出し続けなければならないという条件も突き付けられ、喜びよりも戸惑いの方がはるかに大きかった。さらには家でも階段の滑り止めが剥がされていたり、松葉杖の留め金がゆるめられていたりと身の危険すら感じる。あれだけ期待をかけてくれていた鬼塚にすら冷たい態度をとられ、ピアニストの夢も諦めそうになるが、そこで鬼塚の弟弟子だという岬洋介がレッスン役を買って出る。

目指すのはアサヒナ・ピアノコンクール。二人三脚で連日厳しい練習を続けていたが、母・悦子が荒薙神社の石段から落ちて亡くなるというさらなる悲劇が香月家を襲う。しかし現場を調べた岬はこれが事故でないことを早々に見抜き、犯人に思い当たる。そして岬は、もう遺産目当てで殺人が起こることはないと確信する。そして迎えた6月21日、アサヒナ・コンクール第一次予選。下諏訪美鈴の演奏に圧倒され、舞台袖で辛辣な言葉をかけられながらもなんとか一次予選を突破。しかし結果を確認して裏口から出ると、そこには榊間刑事に任意同行をかけられる綴喜みち子の姿があった。いきさつを知っているらしい岬は、明日のコンクール本番が終わったら全てを説明すると告げる。

そして本選当日。全身全霊をかけた演奏を終えて結果発表を待つステージ袖で、岬は真相を話し始める。

登場人物[編集]

香月家[編集]

先祖代々の土地を売った土地成金や地主が多数住んでいる高級住宅地の中でも周辺から「お屋敷町」と呼ばれている一帯にあり、その中でも高台に建っている。

香月 遥(こうづき はるか)
本作の主人公。審査員満場一致で特待生として私立高校の音楽科への推薦が決まっているピアニスト志望の16歳[6]。小首を右に傾げるクセがある。
片桐 ルシア(かたぎり ルシア)
遥の従姉妹で、遥と同じくピアニストを目指している。遥とは同い年で、見た目や性格なども瓜二つである。人見知りのため、ピアノの技量は遥と同程度であるにも関わらず、思ったように力が出せないことが多い。両親は共に日本人だが、結婚後すぐに仕事の都合でインドネシアへ飛び、すっかり馴染んでそのまま帰化したため、ルシアは現地で生まれ、インドネシア国籍でイスラムの洗礼も受けている。しかし父親の意向で可能な限り日本の文化に触れるため日本人学校に通い、毎年欠かさずクリスマスから正月三が日は帰国して日本で過ごすようにしていた。
2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震の津波により両親を亡くす。仕事が残る両親より先に帰国していたため1人だけ生き残り、以降、祖父である玄太郎が当主である香月家に身を寄せている。地震以降、海岸や川岸の風景に敏感に反応するようになってしまう。
香月 玄太郎(こうづき げんたろう)
遥とルシアの祖父で、香月家の当主。70歳過ぎ。2年前に脳梗塞で下半身不随になって以降、車椅子生活をしている[注釈 1]。口が悪く、しょっちゅう部下や息子に対して怒鳴り散らすが、突然両親をなくしてしまった孫のルシアのことを心から心配し、気にかけている。
自身の部屋から出火した火事により、命を落とす。
香月 徹也(こうづき てつや)
遥の父で玄太郎の長男。玄太郎の事業とは一切関わりのない大手銀行に20年以上勤め、現在は支店長代理。しかし銀行は破綻を噂されており、日々悩みがたえない。「まあ、何とかなるさ」が口癖。
香月 悦子(こうづき えつこ)
遥の母で徹也の妻。玄太郎と息子たちとの仲裁役を買って出たり、義理の弟である研三のことを心配したりと面倒見が良い。子供の頃には自身もピアニストを目指したが、家庭の金銭的理由で商業高校へ入学させられて夢が潰えたため、遥がピアニストとして優秀なことを自慢に思い、成功することを何より願っている。そのため、時にはスパルタな物言いをすることもある。
実家は石川県七尾市で、事務機メーカーでOLをしていた時に徹也と知り合い、結婚した。母親は1年前に他界している。
香月 研三(こうづき けんぞう)
遥の叔父で玄太郎の次男。30歳半ばを過ぎているが無職。大学在学中から漫画家を夢みていたが、いまだ芽が出ず、最近は作品も書かずに1日漫画を読むかアニメを見ている。しかし正義感は強く、人当りが良く頭の回転も早いため、遥に"決して嫌いではない"と評される。
片桐 玲子(かたぎり れいこ)〈旧姓:香月〉
ルシアの母で玄太郎の長女。兄弟の中では一番楽天家だったが、スマトラ沖地震で夫・昭(あきら)と共にあっさり命を落とす。男勝りで才気煥発、玄太郎相手にも物怖じせず言いたい放題だった。
本作では名前のみ登場。

旭丘西高等学校[編集]

桃山 美沙(ももやま みさ)
校長。
工藤(くどう)
遥の担任。
君島 有里(きみじま ゆり) / 時坂 恵(ときさか めぐみ) / 涼宮 美登里(すずみや みどり)
遥のクラスメイトたち。全身大やけどを負いながらも特待生として入学してきた遥が気に入らず、ことあるごとに厭味を言う。

その他[編集]

岬 洋介(みさき ようすけ)
鬼塚のピアノレッスン時に初めて遥と出会い、のちにレッスンを引き受ける新進気鋭のピアニスト。鬼塚の弟弟子で、現在は音大の非常勤講師として働いている。
の文化芸術センター近くの広小路通沿いのワンルームマンションに入りたいと玄太郎の面接を受け、気難しい玄太郎に珍しく即決された稀有な人物。
綴喜 みち子(つづき みちこ)
介護士。メインは玄太郎の介助だが、それだけではなく香月家全員の食事も担当している。火事後は玄太郎ではなく遥の世話をするために香月家との契約を継続するが、ぱったりと笑顔を見せなくなってしまう。
新条(しんじょう)[注釈 2]
大学病院の形成外科医で遥の担当医。痩せぎすで神経質そうな面立ちに黒縁の眼鏡をかけている。
重度の火傷を負った皮膚の移植手術を担当する。腕は確かだが口調は素っ気なく、時に病人には残酷とも思える事実を包み隠さず突き付け、その事実から逃げることも許さない。ある意味では誠実そのもので決して曖昧な物言いはせず、患者に無意味な失望も過度な期待もさせない。仏頂面で命令口調だが、急な病状変化にもすぐ対応して診察し、リハビリにも何度も顔を出すなど、仕事や患者との交流はマメ。
加納(かのう)
丸の内に事務所をかまえる香月家の顧問弁護士で、弁護士会の幹事もつとめている。元々は玄太郎の会社の顧問をしていたが、手腕が認められて今では玄太郎個人の財産管理も任されている。見た目は白髪交じりで50代の真面目そうなおじさん。
榊間(さかきま)
愛知県警中警察署の私服刑事。42歳。見た目は太っていて、人のよさそうなおじさんで優しげな口調で喋るが、目は情け容赦ない狩人の目をしている。悦子が運ばれた病院にやってくる。
鬼塚(おにづか)
遥やルシアのピアノ教室の教師。38歳独身女性。名前の通り、レッスン中は般若の様な面相で叱責する。弟弟子である岬洋介を気に入っている。
笹平(ささひら)
岬が懇意にしているスタイリスト。目元が涼しい綺麗系の女性。歯に衣を着せない物言いをするが、腕は確か。
下諏訪 美鈴(しもすわ みすず)
アサヒナ・ピアノコンクール出場者。大学生。ステージ裏でライバルに辛辣な言葉を投げかける。
宮里(みやざと)
最近ワイドショーで名をあげてきた女性レポーター。ショートボブ。遥を身障者扱いし、ぶしつけな質問をしてくる。

曲目[編集]

作品中に登場した曲目

  • ピアノコンクールで岬洋介が演奏。
チャリティーコンサート
  • 岬洋介がピアノ演奏。
アサヒナ・ピアノコンクール

書評[編集]

『このミステリーがすごい!』大賞の選評では、評論家の大森望が「ハンデを負った少女が辛いリハビリとレッスンに耐える音楽スポ根ものでありながら、『エースをねらえ!』の宗方コーチや“トゥシューズに画鋲”的ないじめの要素も取り入れた王道のエンターテインメント作品である。」、書評家の茶木則雄が「緊迫感に富んだコンクールでの描写は特筆に値し、終盤で大掛かりなトリック(多少違和感はあったものの修正可能な範囲)が炸裂するなど音楽ミステリとして極めて上質である。」と評価したのに対し、書評家の吉野仁は「インドネシアからの帰国子女が大人の日本人が使うような表現を多用したり、物事の説明がしつこいなど粗い部分も目立つ。この一作を書き上げるのに必要としたのと同じ時間と労力を推敲にあてなくてはならない。」と、受賞に反対するものではないとしながらも厳しい意見を述べている[8]

著者と同じ第8回このミス大賞出身の七尾与史は自身のブログで「お世辞抜きで本当にすばらしい。過去の佳作を除いた全ての大賞受賞作の中で最高峰。2次選考の選評で村上貴史が述べていた“ピアノという楽器・音楽・そして人が生きようとする力がしっかりと表現されており、その力が読み手を一気に結末まで引きこんでいく”という意見に同感である。」と語っている[9]

俳優の妻夫木聡は雑誌『ダ・ヴィンチ2010年9月号で「前半は完全な青春ものなのに最後に大どんでん返しがあっておもしろかった。引き込まれて思わずクラシックのCDを買ってしまいました。」と述べ[10]、そのコメントは文庫化された際の帯でも採用された。

書籍情報[編集]

スピンオフ[編集]

『さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿』[編集]

エピソード・ゼロ。香月玄太郎&介護士・綴喜みち子コンビが主役の連作短編集。

  • 単行本:2011年10月7日発売、宝島社、ISBN 978-4-7966-8624-2
  • 文庫:2012年5月10日発売、宝島社文庫、ISBN 978-4-7966-9562-6
    • 『さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿』に改題

「煙よりも、軽く」[編集]

JT公式WEBサイト「ちょっと一服ひろば」に無料WEB掲載されている短編[12]。形成外科医の新条要が主役。2015年3月、「平和と希望と」と改題し、『サイドストーリーズ』(角川文庫)に収録された。

01 / 02 / 03 / 04 / 05

映画[編集]

さよならドビュッシー
監督 利重剛
脚本 牧野圭祐
利重剛
原作 中山七里
製作 林哲次
岡崎剛之
製作総指揮 川崎朗
柳田和久
本田武市
志摩敏樹
出演者 橋本愛
清塚信也
音楽 小野川浩幸
主題歌 泉沙世子「境界線」
製作会社 さよならドビュッシー製作委員会
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2013年1月26日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本作を原作とした映画が2013年1月26日[13]より新宿ピカデリー他で全国公開された。原作の大きなトリックは変わらないが、ミステリー性より主人公の秘めた心情面に重点をおいた構成となっており[14]、恋愛的要素も描かれている[15]

主演は橋本愛。監督は利重剛。岬洋介役を演じる“クラシック界の貴公子”[16][17]こと現役ピアニストの清塚信也は、今までドラマ『のだめカンタービレ』の玉木宏や映画『神童』の松山ケンイチのピアノ演奏の吹き替えを担当していたが、本作が俳優デビューとなる[13]

2013年12月21日にWOWOWで初放送された。

ストーリー[編集]

遥の従姉妹で帰国子女のルシアは両親が危険な国へ行くことを理由に祖父に預けられる。しかしその後、両親は行方不明となる。

16歳になった遙は両親や祖父に囲まれながらピアニストを目指すが、ルシアは看護学校に入るという。また、ピアニストになって私のためにクロード・ドビュッシーの「月の光」を弾いてほしいと語る。その晩、祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残った遥も全身に大けがを負う。祖父の遺産が12億円入るが、信託でピアニストになる準備と演奏活動のためにしか使えないという。遥は不自由な肢体やブランクを理由に、それまで師事してきた鬼塚に指導を断られるが、司法試験を合格したにも関わらずピアニストになったという岬が引き受ける。遥はイジメにもめげずに、夢を実現させるべくコンクールに向けて練習を積み重ねる。そんな中、彼女の周辺で遺産関係者に次々と不可解な出来事が起こる。その真実を語るべく、演奏会を前に遥が岬に話し始める…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

俳優としての活動も顕著である利重剛にとっては『クロエ』(2001年)以来の長編監督作品となる。当初は別の監督が撮る予定であったが、「お芝居が撮れる監督が必要」という製作サイドの判断で、俳優経験のある利重に白羽の矢が立った[27]。偶然にも清塚と利重の自宅が近所であったため、少しの疑問でもすぐに連絡し合って近所のファミリーレストランで話し合うことができ、演技のトレーニングやリハーサルも含めて事前の準備を入念に行うことができたという[27]

岬洋介役の清塚信也は元々原作者・中山七里のファンであり、以前「読んで感想を聞かせて欲しい」という手紙と一緒に本を送られていたことがあったが[20]、この抜擢は「ミュージシャンとして自分の世界を持っていて、演技力より人として興味ある方に出て欲しい」という監督の意向によるもので[21]、全くの別口であったことを後で知って驚いたと話している[20]。清塚はピアノ指導に使う言葉やセリフなど細部に渡ってアドバイスするなどして脚本作りにも積極に関わり[21]、「手首で呼吸する」など実際のピアニストでなければ出てこないような表現が多数採用された[14]。演奏面でも玄太郎がヨーロッパで買ってきたという設定に相応しいピアノ探しから参加し、演奏シーンは利重ではなく清塚がOKを出すまで撮影が続けられた[14]。しかし利重もまた、通常は事前に録音された音源に合わせて弾くフリをして撮影されることが多い演奏シーンを撮影と録音を同時に行うことにこだわり、リスト超絶技巧練習曲第4番マゼッパ」を清塚が弾くシーンでは、演奏からセリフのやり取りまでを1カットで撮影することを何度も何度も続けたため、子供の頃から1日12時間ピアノの練習をしてきた清塚も舌を巻くほどの壮絶な現場になっていたという[21][28]

ほとんどピアノ演奏の経験が無く[21]、楽譜を覚えることから始めた[29]という橋本愛にピアノ教える役も映画のストーリーと同様に清塚が務めたが、「鍵盤の押さえる順番を教えたら、全てを彼女は覚えてしまった。とにかく短期記憶が素晴らしく、天性のリズム感を持っている。」と脱帽したエピソードを話している[21]。コンクールの場面は北名古屋市名古屋芸術大学で450人の聴衆エキストラが見つめる中撮影されたが[29][30]、予選に送り出すシーンでは、教えた事がちゃんと出来るかどうか、本当の先生のような心情で舞台袖から送り出したという[21]。そして橋本の「アラベスク」「月の光[注釈 4]」の演奏シーンを無事に撮り終えた後は、清塚が朝から夕方までホールに詰めていたエキストラに向けてプチリサイタルを開き、それに驚いて感動するエキストラの表情も撮影され、劇中で実際に使用された[30]

撮影は2012年8月の約1か月間[17]名古屋市役所[32]メニコンANNEXのHITOMIホール[33]など名古屋市内を始め、愛知県内各地で行なわれた。火事のシーンは実際に建物を燃やして撮影されたが、危うく出演者が火傷しそうになる場面もあった[18]

公開に先駆け、2013年1月17日に銀座ヤマハホールで行われたこの映画の完成報告スペシャルイベントでは、清塚信也の伴奏で歌手の泉沙世子が主題歌である「境界線」を歌うコラボレーションも実現。また、利重や原作者の中山七里も一緒にステージに登場し、1月12日に誕生日を迎えた主役の橋本愛を「ハッピーバースデートゥーユー」の合唱やグランドピアノのかたちをしたケーキで祝った[34]

Blu-ray / DVD[編集]

発売・販売元はキングレコード

  • さよならドビュッシー 通常版(DVD1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集・ラジオスポット
      • 主題歌 泉沙世子「境界線」ミュージックビデオ(映画コラボVer.)
    • 音声特典
      • オーディオ・コメンタリー(清塚信也×監督・脚本:利重剛)
  • さよならドビュッシー 豪華版(2枚組・Blu-rayとDVDでリリース・初回限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • インタビュー集
      • 舞台挨拶集
      • 未公開ピアノ演奏シーン
      • 映画『さよならドビュッシー』ナビ(CBC特別番組)
      • 清塚信也スペシャル演奏会 〜エキストラ参加して頂いた方のために〜
    • 特製アウターケース付き

映画の評価[編集]

原作者の中山七里は、「この小説はピアノ曲や協奏曲をまるまる文章で表現することに挑戦した“読む音楽”で、だからこそ成立する物語なのだから映像化することに意味はないと考えていたが、実際に完成した作品を観てみると、そんな自分の思惑を一気に飛び越えた作品になっていて驚いた。“音楽”が完全に主役の1人になっており、主人公がピアノで周囲の評価を一変させるシーンでは鳥肌がたった。馬鹿がつくほどの映画ファンとして観ても、大傑作だ。」と絶賛した[3]

テレビドラマ[編集]

さよならドビュッシー
~ピアニスト探偵 岬洋介~
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2016年3月18日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 菅原伸太郎
原作 中山七里(『さよならドビュッシー』)
脚本 寺田敏雄
プロデューサー 伊藤響(CP)
荻野哲弘、大森美孝
出演者 東出昌大
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』(さよならドビュッシー ピアニストたんてい みさきようすけ)のタイトルで、2016年3月18日に[5]日本テレビ系『金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画』として放送。東出昌大はこの作品でテレビドラマ初主演を務めた[35]

ピアノ初心者である東出は、撮影4か月前に家に突然送られてきたという電子ピアノを使って練習を重ね[36]、黒島もピアノの先生が演奏する映像を何度も見ながら指の位置と音を憶えてひたすら同じように手を動かすという作業を繰り返し、400人近くのエキストラを前にクライマックスのピアノ発表会での演奏シーンを撮影した[37]

制作は約5年前にプロデューサーの荻野哲弘が原作に感銘を受け、1人で企画書を作ることから始まった[38]。3年前に作家の横幕智裕と2人でプロットを練り、2年前に寺田敏雄と脚本を作り始めた[38]。岬が元検事[36]という設定であったり、火事で亡くなるのは遥の祖母でドラマオリジナルキャラクターである真田恭子で[39]、玄太郎は恭子と親しい下宿先の主として登場する[40][注釈 5]など、原作とは異なる部分もあるが、テレビ放送に先駆けて3月12日・13日に行われた特別先行試写会[41]にも姿を見せた原作者の中山七里は、「原作にあるエピソードを過不足なく入れていただいて、なおかつ、膨らませて入れていただいたという感触があります。非常に理想的な映像化だと思います。」と太鼓判を押している[42]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 中山七里「さよならドビュッシー」(宝島社刊)
  • 脚本 - 寺田敏雄
  • 演出 - 菅原伸太郎
  • ピアノ監修 - 森俊雄
  • ピアノ協力 - 妹尾武、笠倉綾、白川優希、デイブレイクワークス
  • 脚本協力 - 横幕智裕
  • サウンドデザイン - 石井和之
  • 特殊メイク - 梅沢壮一
  • アクションコーディネート - オフィスワイルド
  • VFX - 木村康次郎
  • チーフプロデューサー - 伊藤響
  • プロデューサー - 荻野哲弘、大森美孝
  • 制作協力 - AX-ON
  • 製作著作 - 日本テレビ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿#要介護探偵の生還』参照。
  2. ^ 本編では苗字のみで名前は出てこないが、スピンオフで「要(かなめ)」だということが判明する[7]
  3. ^ 原作とは性別が異なる。
  4. ^ 映画のメインテーマ曲ともいえるこの曲は劇中でほぼノーカットで使われている[31]
  5. ^ 徹也、研三、玲子は恭子の子どもという設定で、遥を含めて真田姓に変更。玄太郎は存命のまま。

出典[編集]

  1. ^ さよならドビュッシー前奏曲(プレリュード)”. 宝島チャンネル. 2014年8月7日閲覧。
  2. ^ 中山七里「場面とストーリーにふさわしい楽曲をセレクトしていく」、『文蔵』第88巻2013年2月号、PHP研究所、 44-47頁。
  3. ^ a b 極上音楽ミステリー待望の映画化!『さよならドビュッシー』”. 紀伊國屋書店 (2013年1月25日). 2014年9月23日閲覧。
  4. ^ “小説家・推理作家の中山七里氏 岐阜が舞台の作品書く 県出身作家の活躍、秘密語る”. 岐阜新聞 Web. (2013年1月24日). http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2013/seikon/sei20130124.shtml 2014年9月23日閲覧。 
  5. ^ a b “東出昌大 ピアノ探偵に ドラマ初主演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月28日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/01/28/0008757567.shtml 2016年1月28日閲覧。 
  6. ^ さよならドビュッシー”. 宝島チャンネル. 宝島社. 2015年12月26日閲覧。
  7. ^ 中山七里 (2014年). “とある広場で、あの人と『さよならドビュッシー』番外編”. JT. 2014年8月7日閲覧。
  8. ^ 『さよならドビュッシー』 宝島社2010年1月8日、360-367頁。ISBN 978-4-7966-7530-7 
  9. ^ 七尾与史 (2010年1月16日). “『さよならドビュッシー』読みました。”. 七尾与史公式ブログ「死亡フラグが立つ日記by77044」. 2014年8月7日閲覧。
  10. ^ 妻夫木聡「STUDIO INTERVIEW」、『ダ・ヴィンチ』第197巻2010年9月号、メディアファクトリー、 8-9頁。
  11. ^ 「このミス」大賞の映画化作品『さよならドビュッシー』をマンガで読む!”. サイゾーウーマン (2013年1月22日). 2014年9月23日閲覧。
  12. ^ 中山七里『さよならドビュッシー』スピンオフ作品が無料公開”. ダ・ヴィンチニュース (2014年1月6日). 2014年8月7日閲覧。
  13. ^ a b “「さよならドビュッシー」利重剛監督、橋本愛主演で映画化”. YOMIURI ONLINE. (2012年11月6日). オリジナル2012年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121107122153/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20121106-OYT8T00950.htm 2014年8月7日閲覧。 
  14. ^ a b c 利重剛,清塚信也 (2013年1月). 『さよならドビュッシー』合同インタビュー&舞台挨拶. (インタビュー). cine-reflet.. http://cineref.com/report/2013/01/post-85.html 2014年9月23日閲覧。 
  15. ^ a b 橋本愛 (2013年1月24日). 「さよならドビュッシー」主演・橋本愛が語る、共感の恋愛観と「やっとちゃんと生まれた」2012年. インタビュアー:しべ超二. クランクイン!!,アメーバニュース.. http://news.ameba.jp/20130124-433/ 2014年9月23日閲覧。 
  16. ^ クラシック界の貴公子が俳優デビュー!甘いマスクの若手ピアニスト清塚信也って?”. MovieWalker (2013年1月21日). 2014年9月23日閲覧。
  17. ^ a b 橋本愛、共演した現役ピアニストから「まるでロシアの冬」と評される”. cinemacafe.net (2013年1月27日). 2014年9月23日閲覧。
  18. ^ a b 橋本愛、主演作『さよならドビュッシー』で「殺されかけたんです!」と激白”. マイナビニュース (2013年1月18日). 2014年9月23日閲覧。
  19. ^ 壬生智裕 (2013年1月26日). “橋本愛、撮影中はボロボロだった…共演者に謝罪も”. シネマトゥデイ. 2014年8月7日閲覧。
  20. ^ a b c 清塚信也 (2012年10月29日). クラシック界のマルチピアニストから、さらに唯一無二の高みへ!. インタビュアー:東端哲也. TOWER RECORDS ONLINE.. http://tower.jp/article/interview/2012/10/29/shinya_kiyozuka 2014年9月23日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f g 清塚信也、『さよならドビュッシー』、いっぱい弾きます”. BARKS (2013年9月22日). 2014年9月23日閲覧。
  22. ^ 橋本愛主演作「さよならドビュッシー」に、あの有名監督が友情出演”. 映画.com (2013年1月5日). 2013年1月5日閲覧。
  23. ^ 林健太 (2013年7月3日). “庵野監督だけじゃない【映画監督が出演する邦画作品】”. 日刊SPA!. 2014年9月23日閲覧。
  24. ^ 橋本愛と相楽樹 映画「さよならドビュッシー」の回想シーンはケンカをやり過ぎちゃってNG”. ライブドアニュース (2013年2月3日). 2014年9月23日閲覧。
  25. ^ Junya Mori (2013年2月6日). “メガネドラッグが映画「さよならドビュッシー」に校長役で出演する戸田恵子さんにVivid Moon(ビビッドムーン)のメガネを提供”. OMG PRESS. 2014年9月23日閲覧。
  26. ^ “泉 沙世子、2ndシングルが映画「さよならドビュッシー」の主題歌に決定”. BARKS. (2012年11月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000084883 
  27. ^ a b 『さよならドビュッシー』で俳優初挑戦、ピアニスト清塚信也さんと利重剛監督”. yorimo. 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月11日閲覧。
  28. ^ 超絶技巧に橋本愛が涙…『さよならドビュッシー』本編映像を独占公開”. cinemacafe.net (2013年2月1日). 2014年9月23日閲覧。
  29. ^ a b 福田麗 (2012年8月15日). “橋本愛、ピアニストを目指す少女に!現役ピアニスト清塚信也と共演で「さよならドビュッシー」映画化!”. シネマトゥデイ. 2014年9月23日閲覧。
  30. ^ a b “映画「さよならドビュッシー」 名古屋などでロケ”. 中日新聞. (2012年8月22日). http://edu.chunichi.co.jp/?action_kanren_detail=true&action=education&no=2668 2014年9月23日閲覧。 
  31. ^ 『さよならドビュッシー』、「月の光」の美しい旋律が日本人に好まれる理由は?”. MovieWalker (2013年1月28日). 2014年9月23日閲覧。
  32. ^ さよならドビュッシー|主な支援作品|なごや・ロケーション・ナビ”. なごや・ロケーション・ナビ. 2013年1月31日閲覧。
  33. ^ HITOMIホールが映画「さよならドビュッシー」の撮影場所に!”. メニコン (2013年1月). 2014年9月23日閲覧。
  34. ^ “泉 沙世子、映画「さよならドビュッシー」イベントでピアニスト清塚信也と夢のコラボレーション”. BARKS. (2013年1月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000086582 
  35. ^ 東出昌大、ドラマ初主演 天才ピアニスト役のため猛特訓”. ORICON STYLE (2016年1月28日). 2016年1月28日閲覧。
  36. ^ a b “東出昌大がドラマ初主演 元検事ピアニストで黒島結菜と共演”. スポーツ報知. (2016年1月28日). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160130224737/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160127-OHT1T50225.html 2017年11月3日閲覧。 
  37. ^ 黒島結菜「さよならドビュッシー」で奏でる“月の光””. ザテレビジョン (2016年3月17日). 2017年11月3日閲覧。
  38. ^ a b テレビドラマ『さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜』公式Twitter2016年3月17日の発言
  39. ^ a b 黒島結菜がピアニストに。「ピアノを通して前に進む姿に注目してほしい」”. インターネットTVガイド (2016年3月17日). 2017年11月3日閲覧。
  40. ^ a b 北大路欣也、東出昌大&黒島結菜らに囲まれ73歳の誕生日”. ORICON NEWS. オリコン (2016年2月25日). 2017年11月3日閲覧。
  41. ^ シリーズ累計93万部突破の大ヒット作『さよならドビュッシー』実写ドラマ化! 特別先行試写会の開催決定”. ダ・ヴィンチニュース (2016年3月2日). 2017年11月3日閲覧。
  42. ^ 東出昌大主演作に、原作・中山七里「理想的な映像化」”. ザテレビジョン (2016年3月14日). 2017年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]