前奏曲 (ドビュッシー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クロード・ドビュッシーの作曲したピアノのための前奏曲(フランス語:Préludes)は全24曲あり、各12曲からなる曲集『前奏曲集第1巻』『前奏曲集第2巻』に収められている。第1巻は1910年、第2巻は1913年に完成。

概要[編集]

バッハの『平均律クラヴィーア曲集』やショパンの『24の前奏曲』などと同様に、24曲からなる前奏曲集である。ただし、これらとは異なり24の調に1曲ずつを割り振ったものではない。

ピアノのための小品集ながらも、作曲語法のさまざまな試みや音楽的な美しさにおいて、ドビュッシーの後期における重要作品の位置を占めている。

第1巻[編集]

1909年12月から翌年2月にかけて、約2か月集中的に作曲された。古代ギリシャ、イタリア、スコットランド、スペイン、イギリス、アメリカ、フランスといった各国の舞曲からなるクラヴィーア組曲のような、異国的、魅力的な作風を持つ性格的小品集的な内容である。また、愛好家が好みの前奏曲を取り出せるという意味でも人気作でもある。そのため、リサイタルでは第2集のように全12曲を演奏する機会が少ない。初演はドビュッシー自身により第1、2、10、11曲が1910年5月5日に独立音楽協会で、また全曲初演は、1911年5月3日に、サル・プレイエルにおいてジャーヌ・モルティエにより行われた。

第2巻[編集]

1911年末から1913年初めにかけて作曲された。第11曲目『交代する三度』が作曲された当時、ドビュッシーの音楽的革新に影響を与えた、ストラヴィンスキーの音楽との出会いの時期であった。第1集とは対照的に独創的な音楽的想像力と語法の革新性に満ちた内容であり、不思議と幻想的な雰囲気が溢れる最高傑作となっている。そのため、リサイタルにおいて全12曲を演奏する機会が多い。また、全12曲共に3段譜が駆使されているのも特徴的である。初演は、出版に先立ち1913年3月5日にドビュッシー自身により最初の3曲が初演された。

各曲の詳細[編集]

いくつかの曲には当時ドビュッシーが好んだ新しい響きが好んで用いられている。例えば「ヴェール(帆)」では曲中のほとんどを全音音階で占め、一瞬雲間から光が差すように五音音階が現れる。「枯葉」では半音と全音の組み合わせによるオクタトニック(後年メシアンにより「移調の限られた旋法」第2番と名付けられた)をやはり曲中のほとんどで使用している。その他全般的に五音音階の使用が多い。

『亜麻色の髪の乙女』は他の曲と趣が異なり、調性もはっきり変ト長調に定まった旋律的で短い小品である。これは元々が未発表の古い歌曲からの編曲であるとされる。ルコント・ド・リールの詩の一節から取られており、ド・リールの詩に歌曲を付ける試みはドビュッシー最初期の作品に見られる(クロード・ドビュッシー#歌曲参照)。

『ミンストレル』と『風変わりなラヴィーヌ将軍』ではケークウォークのリズムが用いられている。これは『子供の領分』の『ゴリウォーグのケークウォーク』、あるいは教育用小品『小さな黒人』同様、当時パリのモンパルナス地区で流行していた黒人のダンス音楽に影響を受けている。ただしドビュッシーはジャズの影響は受けておらず、この点で後年ジャズの要素を取り入れたモーリス・ラヴェルとは異なる。

『ピクウィック卿を称えて』ではイギリス国歌「神よ女王を守りたまえ」、『花火』ではフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」がそれぞれ引用される。

『交替する三度』だけは他の楽曲のように叙情的な題名がつけられておらず、無機的な運動からなる曲である。これは後年のドビュッシー最後の独奏ピアノ曲集となった『練習曲集』を予感させるものとなっている。

題名表記[編集]

初版が出版されたデュラン社の楽譜では、各曲の題名は楽譜の冒頭ページではなく、最後のページの下に右端あわせで«...Danseuses de Delphes»のように...付きで書かれている。これはドビュッシーにとって題名はあくまで付加物であって、必要以上に標題音楽として捉え過ぎないよう意図されていることを示している。

日本の出版社でも例えば音楽之友社安川加壽子編註のドビュッシー・ピアノ曲全集、いわゆる「安川版」)ではこの表記に従って日本語訳を添えて書かれている。

このような表記はジャック・イベールのピアノ曲集『物語』(Histoires, アルフォンス・ルデュック社出版)などにも受け継がれている。

各曲[編集]

第1巻[編集]

前奏曲集 第1巻より
A performance of Debussy's "La Fille aux Cheveux de Lin" (The Girl with the Flaxen Hair) by Mike Ambrose.

Recorded by pianist Ivan Ilic in April 2006, Paris

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
第8曲「亜麻色の髪の乙女」の冒頭部分
第10曲「沈める寺」の冒頭部分
  1. デルフィの舞姫 - Danseuses de Delphes
  2. ヴェール(帆) - Voiles
    フランス語のvoile(単数形)はle voile(男性名詞)で女性の装身具「ヴェール」を、la voile(女性名詞)で「帆」を表すが、ドビュッシーは定冠詞を書いていない。
  3. 野を渡る風 - Le vent dans la plaine
  4. 夕べの大気に漂う音と香り - Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir
  5. アナカプリの丘 - Les collines d'Anacapri
  6. 雪の上の足跡 - Des pas sur la neige
  7. 西風の見たもの - Ce qu'a vu le vent d'ouest
  8. 亜麻色の髪の乙女 - La fille aux cheveux de lin
  9. とだえたセレナード - La sérénade interrompue
  10. 沈める寺 - La cathédrale engloutie
  11. パックの踊り - La danse de Puck
  12. ミンストレル - Minstrels


第2巻[編集]

前奏曲集 第2巻






これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。






  1. - Brouillards
  2. 枯葉 - Feuilles mortes
  3. ヴィーノの門 - La Puerta del Vino
    アルハンブラ宮殿にあるワインの門をイメージして作曲された
  4. 妖精たちはあでやかな踊り子 - Les Fées sont d'exquises danseuses
  5. ヒースの荒野 - Bruyères
  6. 奇人ラヴィーヌ将軍 - Général Lavine - excentrique
  7. 月の光が降り注ぐテラス - La terrasse des audiences du clair de lune
  8. 水の精 - Ondine
  9. ピクウィック殿をたたえて - Hommage à S. Pickwick Esq. P.P.M.P.C.
  10. カノープ - Canope
  11. 交代する三度 - Les tierces alternées
  12. 花火 - Feux d'artifice

編曲[編集]

  • ドビュッシー自身はこれらの曲については一切のオーケストラ編曲を残していない。

その他[編集]

外部リンク[編集]