前奏曲 (ドビュッシー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クロード・ドビュッシーの作曲したピアノのための前奏曲(フランス語:Préludes)は全24曲あり、各12曲からなる曲集『前奏曲集第1巻』『前奏曲集第2巻』に収められている。第1巻は1910年、第2巻は1913年に完成。

概要[編集]

バッハの『平均律クラヴィーア曲集』やショパンの『24の前奏曲』などと同様に、24曲からなる前奏曲集である。ただし、これらとは異なり24の調に1曲ずつを割り振ったものではない。

ピアノのための小品集ながらも、作曲語法のさまざまな試みや音楽的な美しさにおいて、ドビュッシーの後期における重要作品の位置を占めている。

第1巻[編集]

1909年12月から翌年2月にかけて、約2か月集中的に作曲された。古代ギリシャ、イタリア、スコットランド、スペイン、イギリス、アメリカ、フランスといった各国の舞曲からなるクラヴィーア組曲のような、異国的、魅力的な作風を持つ性格的小品集的な内容である。また、愛好家が好みの前奏曲を取り出せるという意味でも人気作でもある。そのため、リサイタルでは第2巻のように全12曲を演奏する機会が少ない。初演はドビュッシー自身により第1、2、10、11曲が1910年5月5日に独立音楽協会で、また全曲初演は、1911年5月3日に、サル・プレイエルにおいてジャーヌ・モルティエにより行われた。

第2巻[編集]

1911年末から1913年初めにかけて作曲された。第11曲目「交代する三度」が作曲された当時、ドビュッシーの音楽的革新に影響を与えた、ストラヴィンスキーの音楽との出会いの時期であった。第1巻とは対照的に独創的な音楽的想像力と語法の革新性に満ちた内容であり、不思議と幻想的な雰囲気が溢れる最高傑作となっている。そのため、リサイタルにおいて全12曲を演奏する機会が多い。また、全12曲共に3段譜が駆使されているのも特徴的である。初演は、出版に先立ち1913年3月5日にドビュッシー自身により最初の3曲が初演された。

題名表記[編集]

初版が出版されたデュラン社の楽譜では、各曲の題名は楽譜の冒頭ページではなく、最後のページの下に右端あわせで«...Danseuses de Delphes»のように...付きで書かれている。これはドビュッシーにとって題名はあくまで付加物であって、必要以上に標題音楽として捉え過ぎないよう意図されていることを示している。

日本の出版社でも例えば音楽之友社安川加壽子編註のドビュッシー・ピアノ曲全集、いわゆる「安川版」)ではこの表記に従って日本語訳を添えて書かれている。

このような表記はジャック・イベールのピアノ曲集『物語』(Histoires, アルフォンス・ルデュック社出版)などにも受け継がれている。

各曲の詳細[編集]

いくつかの曲には当時ドビュッシーが好んだ新しい響きが好んで用いられている。

第1巻[編集]

前奏曲集 第1巻より
A performance of Debussy's "La Fille aux Cheveux de Lin" (The Girl with the Flaxen Hair) by Mike Ambrose.

Recorded by pianist Ivan Ilic in April 2006, Paris

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
第8曲「亜麻色の髪の乙女」の冒頭部分
第10曲「沈める寺」の冒頭部分
  • 第1曲 デルフィの舞姫 - Danseuses de Delphes
    古代ギリシャの神殿における巫女が踊る情景の幻想。サラバンド風の動きのうちに古代の雰囲気が醸し出される。冒頭に「遅く、荘重に」「静かに、音を保って」と書かれてあるように、荘厳な踊りを想像させる。
  • 第2曲 ヴェール(帆) - Voiles
    フランス語のvoile(単数形)はle voile(男性名詞)で女性の装身具「ヴェール」を、la voile(女性名詞)で「帆」を表すが、ドビュッシーは定冠詞を書いていない。曲中のほとんどを全音音階で占め、一瞬雲間から光が差すように五音音階が現れる。
  • 第3曲 野を渡る風 - Le vent dans la plaine
    吹き抜ける風を巧みに表したトッカータ風の曲。題名は、「そはやるせなのかぎり」というヴェルレーヌの詩の中の、ファヴァールによるエピグラフ(銘句)「野を渡る風は、息をとめて」から付けられている。
  • 第4曲 夕べの大気に漂う音と香り - Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir
    題名は、フランス近代文学の大詩人ボードレールの詩「夕べの諧調」の1節から採られたもので、流動的なリズムや様々な和音の用法による微妙な表現の変化が夕暮れのイメージを映し出す。
  • 第5曲 アナカプリの丘 - Les collines d'Anacapri
    タランテラ舞曲が地中海のきらめくような明るさを描き、中間部ではナポリ民謡風(カンツォーネ風)の旋律が歌われる。アナカプリはイタリアにあるナポリ湾の島カプリの地名。
  • 第6曲 雪の上の足跡 - Des pas sur la neige
    エレジー(哀歌)。持続的な引きずるようなリズムが凍りついた寂寥たる風景と孤独感を表現する。冒頭には「このリズムは悲しく冷たい遠景のような響きで」と書かれている。
  • 第7曲 西風の見たもの - Ce qu'a vu le vent d'ouest
    本曲集の中では最も難しい曲のひとつ。荒々しい力感に満ちた名技的な曲で、2度でぶつかる和音をはじめとする斬新な響きが激しい音の運動に結び付いている。「西風」は、フランスでは荒々しい風、突風のような不気味な風を象徴している。冒頭に「あおるように、ざわざわと」と書かれてあるように、ヴィルトゥオーソ的で華やかな曲に仕上がっている。
  • 第8曲 亜麻色の髪の乙女 - La fille aux cheveux de lin
    優しい旋律にによる叙情美溢れる曲。他の曲と趣が異なり、調性もはっきり変ト長調に定まった旋律的で短い小品である。これは元々が未発表の古い歌曲からの編曲であるとされる。ルコント・ド・リールの詩の一節から取られており、ド・リールの詩に歌曲を付ける試みはドビュッシー最初期の作品に見られる(クロード・ドビュッシー#歌曲参照)。
  • 第9曲 とだえたセレナード - La sérénade interrompue
    冒頭から「ギターのように」と書かれてあるように、ギターに乗って歌われるセレナードの情景。スペイン風の性格を持つ曲。
  • 第10曲 沈める寺 - La cathédrale engloutie
    不信心ゆえに海に沈んだ大聖堂(教会、カテドラル)が海上に浮かび上がらせるというフランス・ブルターニュ地方からのケルト族の伝説による曲で、神秘的な4度・5度の和音の連なりから3和音による大聖堂の出現へと高揚、聖歌も響くが、やがて再び沈んでいく。冒頭から「柔らかく響く霧の中で」→「少しずつ霧の中から現れるように」→「だんだん音量を上げて(速くせずに)」と目まぐるしく指示が変わり、幻の大聖堂が霧の中から徐々に現れ、再びまた沈んでいく様に、本曲集の中でも最も芸術性の高い作品となっている。
  • 第11曲 パックの踊り - La danse de Puck
    ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『真夏の夜の夢』に登場する悪戯好きの妖精パックが動き回る様が、付点リズムを生かした軽妙な筆致で描かれる。イギリスの古い舞曲「ジーグ」の3連符が付点に置き換えられた、軽やかな付点音符のリズムでできている。最後は逃げ去るように終わる。
  • 第12曲 ミンストレル - Minstrels
    白人が黒人に扮して歌い踊る陽気でユーモアに満ちた「ミンストレル・音楽ショー」の情景。この曲では、ケークウォークのリズムが用いられている。これは『子供の領分』の「ゴリウォーグのケークウォーク」、あるいは教育用小品『小さな黒人』同様、当時パリのモンパルナス地区で流行していた黒人のダンス音楽に影響を受けている。ただしドビュッシーはジャズの影響は受けておらず、この点で後年ジャズの要素を取り入れたモーリス・ラヴェルとは異なる。本曲集の中では、「沈める寺」「亜麻色の髪の乙女」に次いで3番目に人気のある曲だった。


第2巻[編集]

前奏曲集 第2巻






これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。






  • 第1曲 霧 - Brouillards
    白鍵の和音と黒鍵の分散和音との短2度の衝突が生み出す響きを中心とした大胆な音量が模糊した情景を映し出す。このような技法で書かれた時期では、ドビュッシーがちょうどストラヴィンスキーのバレエ音楽『ペトルーシュカ』に感銘を受けており、その影響が見られる。
  • 第2曲 枯葉 - Feuilles mortes
    季節の秋、そして人生の秋の寂しさを映し出されたものと思われる。この曲ではでは半音と全音の組み合わせによるオクタトニック(後年メシアンにより「移調の限られた旋法」第2番と名付けられた)をやはり曲中のほとんどで使用している。第1巻の『ヴェール(帆)』と同様の、その他全般的に五音音階の使用が多い。
  • 第3曲 ヴィーノの門 - La Puerta del Vino
    ハバネラのリズムのうちに激しい情熱と甘美さが交錯するスペイン情緒豊かな曲。ドビュッシー自身、スペイン風の曲をスペイン的に作曲するのが得意だったように、グラナダのアルハンブラ宮殿にあるワインの門をイメージして作曲された。
  • 第4曲 妖精たちはあでやかな踊り子 - Les Fées sont d'exquises danseuses
    妖精の軽やかな動きを変化溢れる音の運動のうちに表し出した曲で、ジェームズ・バリーの戯曲『ピーター・パン』のアーサー・ラッカムの挿絵からヒントを得たという。スケルツォ-ワルツ-スケルツォの三部形式の構成からなる。
  • 第5曲 ヒースの荒野 - Bruyères
    牧歌風の旋律が美しく織り成された雰囲気豊かな佳品。この曲は、第1巻『亜麻色の髪の乙女』と同様の、はっきりした調(変イ長調)で書かれており、装飾的で上品な曲に仕上がっている。
  • 第6曲 奇人ラヴィーヌ将軍 - Général Lavine - excentrique
    第1巻『ミンストレル』と同様の、ケークウォークのリズムが用いられている。そのおリズムを生かしつつ、アメリカの道化俳優の動きを巧みに捉えた機知に溢れる曲である。曲の冒頭のそれぞれ調の違う3和音の連続は、ストラヴィンスキーの音楽とも共通した「モダニズム」を表している。
  • 第7曲 月の光が降り注ぐテラス - La terrasse des audiences du clair de lune
    デリケートな和音と音の動きが月夜の情景を現出する。冒頭に現れる動機は童謡『月の光に』の引用である。複合旋法を用いている。
  • 第8曲 水の精 - Ondine
    ラッカムの挿絵に霊感を得て書かれたもので、多様に変化する細かな音の運動による幻想的な曲。冒頭に「スケルツァンド」と書かれてあるように、スケルツォ的な曲となっている。
  • 第9曲 ピクウィック殿をたたえて - Hommage à S. Pickwick Esq. P.P.M.P.C.
    チャールズ・ディケンズの小説『ピクウィック・ペイパーズ』の主人公をパロディ風に描いた曲で、イギリス国歌「神よ女王を守りたまえ」が引用される。
  • 第10曲 カノープ - Canope
    古代エジプトの壺・カノープから喚起される悲し気な幻想が平行和音の神秘的な響きの中から浮かび上がり、第7小節からは呟きや嘆きの声も聞こえてくる。時々使わう平行和音の連続は、死者への悲しみを表現している。
  • 第11曲 交代する三度 - Les tierces alternées
    この曲のみ、他の楽曲のように叙情的な題名がつけられておらず、無機的な運動からなる曲である。これは後年のドビュッシー最後の独奏ピアノ曲集となった『練習曲集』を予感させるものとなっている。フランス・バロック風のトッカータ的に書かれた曲。
  • 第12曲 花火 - Feux d'artifice
    本曲集の最後に飾る曲は、第1巻『西風の見たもの』と同様のヴォルトゥオーソに書かれた難曲。7月14日のフランス革命記念日の情景。素早い音の動きのうちにドビュッシーの大胆な音響実験とピアノの名技性とが結び付いた曲で、「遠く lointain」の賑わいに始まり、夜空に炸裂する花火の投影を表している。最後の部分に、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が引用される。

編曲[編集]

  • ドビュッシー自身はこれらの曲については一切のオーケストラ編曲を残していない。

その他[編集]

参考文献[編集]

  • ポケットピアノライブラリー ドビュッシー 前奏曲集 第1集・第2集(全音楽譜出版社)
  • ドビュッシー ピアノ作品演奏ハンドブック 中井正子

外部リンク[編集]