週刊TVガイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TVガイドから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

週刊TVガイド(しゅうかんテレビガイド)は、東京ニュース通信社発行のテレビ情報誌である。毎週水曜日発売。1962年(昭和37年)創刊。日本で現在発行が続いているテレビ情報誌としては最も歴史がある。通称はTVガイド。

一方、2011年1月より、同社の月刊誌「TV Japan」が「月刊TVガイド」へ誌名変更。この月刊版と「インターネットTVガイド」についてもここで記述する。

姉妹誌として同社からは月刊誌の『テレビブロス』、月刊誌の『B.L.T.』『TVガイド Muse』(現在は廃刊)、BS放送を中心に扱っている月刊誌の『デジタルTVガイド』『TV Taro』(2014年2月で休刊)などがある。

週刊版[編集]

週刊TVガイド
愛称・略称 TVガイド
読者対象 ファミリー層
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 320円(※特別定価330円)
出版社 東京ニュース通信社
刊行期間 1962年8月(1962年8月4日号) - 刊行中
ウェブサイト https://www.tvguide.or.jp/
テンプレートを表示

発行部数[編集]

2016年度(2015年10月から2016年9月まで)の印刷証明付平均部数はTVガイドが231,490部、ライバル誌のザテレビジョンが206,858部である[1]。しかし、2006年度の637,173部より大幅な減少が継続しており、出版不況テレビ離れによる部数減少傾向は依然として厳しい。

地方版(対応地域)[編集]

地方展開はテレビ局の数や居住人口、受信事情などを勘案し構成されているため、版によって番組表に掲載されるテレビ局の数が異なる。隣接地域の番組表やCS放送、ケーブルテレビの番組表が掲載される版もある。また静岡県において首都圏版や中部版、山口県において広島・島根・鳥取・山口東版や 福岡・佐賀・山口西版が販売されているなど、隣接地域が見られるエリアの書店には複数の版が置かれている。

表紙について[編集]

月刊版[編集]

東京ニュース通信社が2004年より発行していた「TV Japan」が、2011年1月発売号より「月刊TVガイド」に誌名変更。

地方版(対応地域)[編集]

  • 北海道版
  • 関東版
  • 愛知・岐阜・三重版
  • 静岡版
  • 関西版
  • 福岡・佐賀・大分版

インターネットTVガイド[編集]

  • 1996年から運営が開始され、2014年10月1日の「インターネットTVガイドDaily」へのリニューアルに伴い同年9月30日を以って番組表サービスは終了[4]。一時期Yahoo! JAPANと提携していたこともあり、番組表サービス終了後はYahoo!テレビGガイドを利用するよう案内している[5]。東京ニュース通信社が新聞ラ・テ欄を手掛けていることから放送当日更新分は雑誌よりも内容が充実しているが、出演者が細分化されていなかったり(顔を出している出演者とナレーターとの区別など)「放送局からデータを送られていない」という理由でその番組の主要レギュラー出演者が記載されないといった問題点もあった。
  • NHK総合テレビジョンの番組編成独自化(特に北関東、中京広域圏、関西広域圏、福岡の平日夕方ローカルニュース)に対応できていなかったが、2013年10月に「地上波デジタル番組表」の項目ができ、同番組表で確認ができるようになった。

OB(本誌出身者)[編集]

CMタレント[編集]

関連楽曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 山口県ではこの件にもあるが、特殊な地形の関係で、東部地方と西部地方で受信できる近隣周辺県の局が異なるという事情から、東部地域では「広島・鳥取・島根」と合せたもの、西部地域では「福岡・佐賀」と合せたものとして発売している。なお、過去の扱いについてはそれぞれ当該版の説明を参照のこと。

出典[編集]

  1. ^ JMPAマガジンデータ 日本雑誌協会
  2. ^ 特別版① 思い出に残る“時代の顔”の数々 TVガイドが切り取ったテレビの53年”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2015年7月31日). 2017年1月4日閲覧。
  3. ^ 週刊TVガイド50年プロジェクト·復刻版TVガイド「表紙で振り返るTVガイド50年」2011年9月2日号
  4. ^ 番組表サービス終了のご案内東京ニュース通信社 2014年8月
  5. ^ 番組表ご利用の皆様へ東京ニュース通信社 2014年10月

外部リンク[編集]