藤井恒久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじい つねひさ
藤井 恒久
プロフィール
本名 同じ
愛称 恒さん、恒ちゃん
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
生年月日 (1969-07-22) 1969年7月22日(53歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学経済学部
勤務局 日本テレビ放送網
部署 コンテンツ戦略局宣伝部
職歴 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 1993年 - 2020年
(アナウンサーとして)
ジャンル 情報・バラエティ
配偶者 あり
出演番組・活動
出演経歴新ニッポン探検隊
TVおじゃマンボウ
ズームイン!!サタデー
ヒルナンデス!』『世界まる見え!DX特別版
笑点
スポーツ中継
ボウリング革命 P★League』(BS日テレ
など

藤井 恒久(ふじい つねひさ、1969年7月22日 - [注 1])は、日本テレビの社員(コンテンツ戦略局宣伝部)で、元アナウンサー

同姓のアナウンサーである藤井貴彦との血縁関係はない。

来歴・人物[編集]

宮城県仙台市出身。家族の仕事の都合で転勤が多く、福岡県北九州市石川県金沢市大阪府堺市香川県高松市神奈川県横浜市、と全国を回っていたという[注 2]

大阪府立三国丘高等学校から慶應義塾大学経済学部卒業[注 3]。中学・高校時代は、ソフトテニスの国体強化選手。東京大学も受験したが、不合格だった。また、高校の4年後輩には、同じ日本テレビアナウンサーの森富美がいる。

1993年4月に日本テレビ入社(同期は山王丸和恵角田久美子[注 4]

入社当初から『TVおじゃマンボウ』など、バラエティ番組や情報番組を担当。

2020年9月末でアナウンス部を離れ、編成局宣伝部へ異動[注 5]。『ヒルナンデス!』のコーデバトルの進行は同年10月20日放送分をもって卒業した[注 6]。最後の出演回では藤井も植松晃士にコーディネートされた衣装を番組の途中から着用して出演した。

エピソード[編集]

  • アナウンサー時代は、相撲班のチーフを務めていたが、自称『孤高のチーフ』としていた。相撲は、石川県で暮らしていた頃地元の相撲少年スポーツ団に所属し、アマチュア4級を取得している。その時の後輩に出島がいた。
  • 元プロ野球選手の藤井秀悟とは、はとこの関係(父方の祖父同士が兄弟)である。
  • 既婚、2児(娘2人)の父である。
  • みやぎ絆大使[注 7]

アンパンマン関連[編集]

日本テレビが製作にかかわっているアニメ『それいけ!アンパンマン』の劇場映画版には、1999年のメイン作品『勇気の花がひらくとき』でのこてつちゃん役の演技が原作者・やなせたかしの目に留まって以来、劇場版本編もしくは同時上映作品へ毎年ゲスト声優として出演したり、試写会・公開初日舞台挨拶の司会進行役を務めている。

笑点関連[編集]

笑点』で不定期に放送している「アナウンサー大喜利」にも出演していた。このコーナーで当時座布団運びを担当していた林家こん平と親しくなり(藤井はこん平のことを「心の師」と仰ぎ、こん平もまた弟子とは違う子分としてみていた。ほぼ毎回こん平をヨイショするネタを披露しており、司会者の指示がないにもかかわらずこん平はすぐに座布団を持ってきて丁寧に敷いたあとお互いに握手するのがお約束となっていた)、挨拶で必ずこん平の視聴者参加型挨拶「チャラ~ン」をやることから、名前の一部を取って「チャラン久」(シャ乱Qの駄洒落)と呼ばれていた[注 8](笑点40周年記念本[12]では、「アナウンサーにしておくには惜しい人材」と書かれていた)。その後も、多発性硬化症治療のためリハビリ生活を送っているこん平の寛解祈願と、こん平のことを忘れないでほしいという思いで「チャラーン」を続けていた(『午後は○○おもいッきりテレビ』で、総合司会・みのもんた休暇時の代役として登場した時も、観客相手に「チャラ~ン」を行った)。

2009年10月から、同番組で開始した視覚障害者向けの副音声解説の第1回目を担当した。BS日テレの兄弟番組『笑点デラックス』では番宣ナレーションを務めた。

出演[編集]

宣伝部時代[編集]

(2022年3月現在)

アナウンサー時代[編集]

(2020年9月末現在)[編集]

レギュラー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

キャスター代理[編集]

出演映画[編集]

劇場アニメ[編集]

※声の出演

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 参考:
    • 読み仮名…[1]
      • カタカナ表記…[2]
    • 生年月日…[2]
      • 和暦で記載(昭和44年7月22日)…[3]
      • 生年月のみ
        • 日本テレビ公式サイト内プロフィールでは、2009年初め頃まで生年月日を明記していたが、以後は生年月のみとなった…[4][5]
        • 『TVスター名鑑』でも、2008年発行分まで生年月日を明記していたが、2009年発行分以降は生年月のみとなった。
      • 生年のみ…[1]
  2. ^ 参考(出身地について):
    • 宮城県と明記…[3][1][2]
    • 後年のプロフィールより、出身地についての質問に対する回答として“宮城県仙台市で生まれ→福岡県北九州市→石川県金沢市→大阪府堺市→香川県高松市→神奈川県横浜市に居住し、現在東京都内。”と明記[4][5]
  3. ^ 参考:
  4. ^ 参考:
    • 入社年月…[1]
      • 入社年…[4][5]
        • 和暦で記載(平成5年)…[3]
        • 入社年度として明記…[2]
    • 同期入社したアナウンサー
      • 年のみ明記…[3]
      • 年月が明記…山王丸[6]、角田[7]
  5. ^ 参考(アナウンス部からの異動について):
    • 2020年9月30日に配信されたマイナビニューステレビ関係取材者のツイートより、異動したことが記載(異動先などの詳細については明記せず)[8]
    • 翌1日にも、河野虎太郎(放送作家)配信のツイートより、異動の旨記載あり[9]
    • 2021年3月10日に配信されたマイナビニューステレビ関係取材者によるツイートより、日本テレビ4月改編説明会の司会者として、アナウンス部から宣伝部へ異動の旨を含めて記載あり[10]
  6. ^ 収録は異動前のものであり、「日本テレビアナウンサー」の肩書きが表記されていた
  7. ^ 参考:
  8. ^ 笑点40周年記念本[12]では「ちゃらーんキュウ」の表記
  9. ^ 参考(スポーツ中継担当について):
    • ボクシング中継
      • 1994年当時のプロフィールより、担当番組として“ボクシング見習い”と記載[3]
      • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として明記[1]
    • K-1
      • 2000年当時のプロフィールより、現在の担当番組として「K-1」と明記[2]
    • 相撲
      • 2000年当時のプロフィールより、現在の担当番組として「相撲中継」と明記[2]
    • 箱根駅伝
      • 第70回(1994年)1号車サブアナ…『実況!』より[13]。別ページにて、一番思い出に残った放送として「93年の箱根駅伝」と記載の上で1号車の手伝いをしたことが述べられている[3]が、年は誤り。
  10. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、1996年4月から現在の担当番組として明記[1]
  11. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、1993年7月から現在の担当番組として明記[1]
    • 「TVおじゃまんぼう」と表記…[2]
  12. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として明記[1]
  13. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として「新装開店SHOWbyショーバイ2」と表記[1]
    • 「SHOWbyショーバイ」と明記[2]
  14. ^ 参考:
    • 安室、今田とともに司会を担当の旨が明記[14]
    • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として「アムロ今田きっとNO1」と表記[1]
  15. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、現在の担当番組として月曜担当の旨を含めて明記、また、別個に1998年4月からの担当番組として「ホンの昼メシ前」が月曜のみの担当である旨を含めて明記[1]
  16. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、1999年4月から現在の担当番組として「独占SPORTS」と表記[1]
    • 「独占スポーツ」と表記…[2]
  17. ^ 参考:
    • ゴールデンタイム第1回(1997年4月11日放送)の出演者として明記[15]
    • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として「ぐるぐる99」と表記[1][2]
  18. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、過去の担当番組として明記[1]
  19. ^ 参考:
    • 2000年当時のプロフィールより、1999年4月から現在の担当番組として毎月最終週担当である旨を含めて明記[1]
    • 「噂の特ダネファイル」月・火曜担当として明記…[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 2000年3月当時の日本テレビ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同8日付保存キャッシュ)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 2000年6月当時の日本テレビ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同9日付保存キャッシュ)
  3. ^ a b c d e f g h 実況!』P240-241に掲載された、平成5年入社のアナウンサープロフィール。 ※P240に藤井恒久と山王丸和恵、P241に角田久美子がそれぞれ掲載。
  4. ^ a b c d e f 2014年5月当時の日本テレビ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同29日付保存キャッシュ)
  5. ^ a b c d e f 2020年5月当時の日本テレビ公式サイト内プロフィール(インターネットアーカイブ同5日付保存キャッシュ)
  6. ^ 2000年3月当時日本テレビ公式サイト内で配信された、山王丸和恵のプロフィール(インターネットアーカイブ同6日付保存キャッシュ)
  7. ^ 2000年3月当時日本テレビ公式サイト内で配信された、角田久美子のプロフィール(インターネットアーカイブ同6日付保存キャッシュ)
  8. ^ テレビを取材する人@マイナビニュース【公式】さんはTwitterを使っています 「日テレ藤井恒久アナが異動。」 / Twitter 2020年9月30日配信
  9. ^ 河野 虎太郎(こうの こたろう)さんはTwitterを使っています 「藤井恒久アナ、異動との報。昨今はなかなかお会いする機会がなかったのですが、その昔は番組で日々一緒だった。AEDの機械が世に出始めた時、ロケで東京都の防災体験施設に行ったら、お客さんに囲まれ握手を求められる人気。本当にお世話になりました。」 / Twitter 2020年10月1日配信
  10. ^ テレビを取材する人@マイナビニュース【公式】さんはTwitterを使っています 「ちなみに改編説明会の司会は、アナウンス部から宣伝部に異動した藤井恒久さん。第一声「どうもー!藤井でーす!!」でツカミ。」 / Twitter 2021年3月10日配信
  11. ^ 特集2/宮城の魅力を世界に発信 「みやぎ絆大使」 新大使の皆さんを紹介します(みやぎ県政だより平成31年3月4月号) - 宮城県公式ウェブサイト 掲載日:2019年3月1日更新
  12. ^ a b 日本テレビ放送網著『笑点』(2006年、日本テレビ放送網発行。コード:ISBN 978-4820399551
  13. ^ 実況!』P136-137掲載「第70回東京箱根間往復大学駅伝競走担当表」より、1号車(担当:芦沢俊美)のサブアナとして明記。
  14. ^ 日本テレビ公式サイト内で配信された『アムロ今田きっとNo.1』番組開始告知ページ(インターネットアーカイブ1997年4月19日付保存キャッシュ)
  15. ^ 検索結果 ぐるぐるナインティナイン〔1〕 - 放送ライブラリ公式ページ
  16. ^ 番組HP内の動画ブログ(2016年10月7日分)では、同番組キャスターの森富美に対して「これが初めての地上波のニュース番組」と語っていた。

参考資料[編集]

  • 『実況! 熱きことばの伴走者たち』(1994年3月発売・4月1日発行、日本テレビ放送網アナウンス部編著・創拓社発行)ISBN 9784871381772

関連項目[編集]