中警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Asahikage.svg 愛知県中警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Nagoya Naka Police Station.jpg
都道府県警察 愛知県警察
管轄区域 名古屋市中区
課数 7
交番数 13
所在地 460-0012
愛知県名古屋市中区千代田二丁目23番18号
位置 北緯35度9分25.03秒
東経136度54分40.79秒
外部リンク 中警察署
テンプレートを表示

中警察署(なかけいさつしょ)は、愛知県警察が管轄する警察署の一つである。県内筆頭の大規模警察署であり、署長は警視正

所在地[編集]

管轄区域[編集]

沿革[編集]

  • 1877年明治10年)1月 - 第一区第一方面第一分署第五巡査屯所として発足[1]
  • 1886年(明治19年)10月6日 - 橘町1丁目の武家屋敷を借用し、名古屋警察署所属橘町分署に昇格[2]
  • 1888年(明治21年)4月1日 - 門前町4丁目善篤寺堂宇を借用し、同門前町分署と改称[2]
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 同所において庁舎を新築し、門前町警察署として独立を果たす[2]
  • 1900年(明治33年)4月1日 - 名古屋警察署門前町分署と改称[2]。巡査派出所を7箇所、駐在所を1箇所を設置する[2]
  • 1904年(明治37年)2月28日 - 門前町6の12・13番地において庁舎を新築する[2]
  • 1905年(明治38年)11月27日 - 門前町警察署として再独立[2]
  • 1927年昭和2年)4月1日 - 門前警察署と改称[2]
  • 1930年(昭和5年)5月1日 - 裏門前町1の7番地において庁舎を新築[2]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 中警察署と改称[2]
  • 1945年(昭和20年)9月25日 - 隣接の新栄警察署を統合[2]
  • 1948年(昭和23年)3月 - 自治体警察発足に伴い、名古屋市中警察署と改組[2]
  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 自治体警察の廃止により、愛知県中警察署となる[2]
  • 1966年(昭和41年)3月31日 - 庁舎新築[2]

幹部交番[編集]

  • 栄幹部交番(錦三丁目)[3]

交番[編集]

( )の中は所在地

  • 大津橋交番(丸の内三丁目)[3]
  • 南久屋交番(新栄町2丁目)[3]
  • 池田交番(栄四丁目)[3]
  • 新栄交番(新栄三丁目)[3]
  • 公園前交番(千代田五丁目)[3]
  • 大須交番(大須二丁目)[3]
  • 広小路交番(栄一丁目)[3]
  • 栄交番(錦三丁目[3]
  • 矢場交番(栄三丁目)[3]
  • 松元交番(千代田一丁目)[3]
  • 橘交番(富士見町)[3]
  • 金山駅前交番(金山1丁目)[3]

かつて存在した交番[編集]

  • 松原交番(橘二丁目)
2015年(平成27年)3月31日をもって廃止された[4]

警察官駐在所[編集]

なし

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県警察本部警務部教養課 1981, p. 90.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 愛知県警察本部警務部教養課 1981, p. 91.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 警察署・交番・駐在所の所在地” (日本語). 愛知県警中警察署 (2014年2月3日). 2015年8月25日閲覧。
  4. ^ 松原交番の廃止” (日本語). 愛知県警中警察署 (2015年4月17日). 2015年8月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『愛知県警察風土誌』 愛知県警察本部警務部教養課、愛知県警察本部警務部教養課、1981年3月(日本語)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]