芹澤興人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せりざわ たてと
芹澤 興人
生年月日 (1980-12-01) 1980年12月1日(41歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県
身長 164 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2000年代 -
事務所 ブレス・チャベス事業部
テンプレートを表示

芹澤 興人(せりざわ たてと、1980年12月1日 - )は、日本俳優静岡県出身。有限会社ブレス・チャベス事業部所属。

略歴・人物[編集]

中央大学文学部哲学科卒業[1]。中学・高校教員免許を取得している。

2009年に主演した『最低』にて、第10回TAMA NEW WAVEでベスト男優賞を受賞[2]。2011年、『ソーローなんてくだらない』がロンドンで開催された第19回レインダンス映画祭のベスト・インターナショナル作品賞にノミネートされ、渡英して質疑応答に登壇した(受賞は逃した)[3]。2014年には『死神ターニャ』にて、福岡インディペンデント映画祭2014で俳優賞を受賞[4]

趣味は読書映画鑑賞、神社仏閣巡り。特技はバスケットボール。メジャー作品からインディーズ作品まで幅広く、バイプレイヤーとして活躍する[5]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ [編集]

舞台[編集]

  • 魔法(2011年) - ラズカルズ公演

CM・広告[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芹澤興人”. chavezweb. 有限会社ブレス・チャベス事業部. 2018年10月5日閲覧。
  2. ^ 第10回TAMA NEW WAVEグランプリ発表”. TAMA映画フォーラム実行委員会. 2016年3月12日閲覧。
  3. ^ ロンドン第19回レインダンス映画祭、ベスト・インターナショナル作品賞ノミネートに日本の『ソーローなんてくだらない』”. シネマトゥデイ (2011年10月4日). 2016年3月13日閲覧。
  4. ^ FIDFF2014コンペティション結果発表”. 福岡インディペンデント映画祭(FIDFF) (2014年7月1日). 2016年3月12日閲覧。
  5. ^ テイク8”. 映画.com. 2018年10月5日閲覧。
  6. ^ 映画「プリズン13」公式ホームページ” (日本語). 映画「プリズン13」公式ホームページ. 2019年9月2日閲覧。
  7. ^ “松坂桃李「あの頃。」に仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月1日). https://natalie.mu/eiga/news/398648 2020年10月1日閲覧。 
  8. ^ “恒松祐里主演映画『きさらぎ駅』に本田望結、莉子ら出演 予告編&ポスタービジュアルも”. リアルサウンド. (2022年3月28日). https://realsound.jp/movie/2022/03/post-996970.html/amp 2022年3月28日閲覧。 
  9. ^ ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~” (日本語). フジテレビ. 2019年4月21日閲覧。
  10. ^ Inc, Natasha. “渡辺大×北乃きい「シネコンへ行こう!」従業員役に芹澤興人ら、ゲストに坂東彌十郎(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2022年6月24日閲覧。
  11. ^ “ビルド最終章「仮面ライダーグリス」石動美空の命か、三羽ガラスの命か…あらすじ解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月10日). https://natalie.mu/eiga/news/330741 2019年5月10日閲覧。 

外部リンク[編集]