坂下雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかした ゆういちろう
坂下 雄一郎
生年月日 1986年
出生地 日本の旗 日本 広島県[1]
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 2010年 -

坂下 雄一郎(さかした ゆういちろう、1986年[2] - )は、日本映画監督脚本家である。広島県出身。

経歴[編集]

大阪芸術大学を卒業[3]。同大学にて2年間の副手を務めたのち、東京芸術大学大学院に入学[4]

2012年、監督作品『ビートルズ』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて北海道知事賞を受賞する[5]。2013年、オムニバス映画『らくごえいが』の一編を監督した[6]。2013年、東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻の修了作品『神奈川芸術大学映像学科研究室』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて長編部門の審査員特別賞を受賞した[7]

フィルモグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 泰然自虐 : 映画プロデューサーのささやかな日常 (11) - 変わりゆく日本映画のカタチ - 若い世代の胎動を応援”. 山陰中央日報 (2014年2月14日). 2014年12月6日閲覧。
  2. ^ 国弘よう子の『映画ナイト』 - 映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』坂下雄一郎 監督”. ブルーレディオドットコム (2014年1月24日). 2014年12月6日閲覧。
  3. ^ 芸大院発の映画 劇場デビュー”. 朝日新聞デジタル (2014年3月20日). 2014年12月6日閲覧。
  4. ^ 「神奈川芸術大学映像学科研究室」の坂下雄一郎監督 自らの経験を映画愛にくるんで (2/3)”. MSN産経ニュース (2014年1月25日). 2014年12月6日閲覧。
  5. ^ 【ゆうばり映画祭】キングオブコメディ・今野がベストアクターに選出”. ORICON STYLE (2012年2月26日). 2014年12月6日閲覧。
  6. ^ 山田孝之、まさかの落語界からオファー!”. シネマトゥデイ (2013年4月26日). 2014年12月6日閲覧。
  7. ^ 『神奈川芸術大学映像学科研究室』坂下雄一郎監督インタビュー”. fjmovie (2013年12月24日). 2014年12月6日閲覧。
  8. ^ TAMA NEW WAVE ある視点――人生いろいろ――”. TAMA CINEMA FORUM. 2014年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]