大谷亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおたに りょうへい
大谷 亮平
大谷 亮平
第18回富川国際ファンタスティック映画祭開会式にて、2014年7月17日撮影。
生年月日 (1980-10-01) 1980年10月1日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
身長 180 cm[1]
職業 俳優モデル
ジャンル テレビドラマ映画
事務所 アミューズ

大谷 亮平(おおたに りょうへい、1980年10月1日[2] - )は、日本俳優モデルアミューズ所属。大阪府出身[2]

略歴[編集]

OCNドラマ『ヒーロー』製作発表会にて、2012年3月14日撮影。

日本でモデルとして活動を始めたが、2003年韓国で出演したダンキンドーナツのCMの評価が高く、約1年後に韓国の芸能事務所から誘いを受ける[3]。以降、現代自動車、KTFオリンパス、SKテレコムなどのCMに出演した[4]。CMでの人気を受けて、2006年からシチュエーション・コメディ番組『ソウルメイト韓国語版』に役を得て出演するようになった。以降、大谷は韓国で俳優として活動し、『家に帰る道韓国語版[5]、『ボクヒ姉さん韓国語版[6]、『ヒーロー韓国語版』、『追跡者 THE CHASER韓国語版[7]など韓国ドラマ作品や、大ヒット作となった映画『神弓-KAMIYUMI-』、『バトル・オーシャン 海上決戦[8][9]への出演が続いた。『朝鮮ガンマン韓国語版』で[2]韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞している[3]

2016年より日本での活動を開始し[2]フジテレビ系テレビドラマ『ラヴソング』で日本のテレビドラマに初出演[10]。同年、『逃げるは恥だが役に立つ』で、日本の連続テレビドラマ初レギュラー出演[11]2017年、テレビ朝日系のテレビドラマ『奪い愛、冬』で不倫劇に初挑戦[12][13]

人物[編集]

海外で活躍した後、日本での活動を始めた逆輸入型俳優という共通点から「第2のディーン・フジオカ」と称される[14][15][16][17][18]。大谷はそういった評判に対し、「境遇が似ているので、そういうふうに言ってもらえて光栄です」と語っている[14]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネット番組[編集]

リアリティ番組[編集]

広告[編集]

ミュージックビデオ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アミューズ オフィシャル ウェブサイト
  2. ^ a b c d 大谷 亮平”. アミューズ オフィシャル ウェブサイト. アミューズ. 2016年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c 大谷亮平 (2016年5月3日). “第2のディーン”大谷亮平、目標は「大河ドラマを狙いたい」. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/news/2071156/full/ 2016年5月7日閲覧。 
  4. ^ Sunwoo, Carla (2011年12月13日). “Ryohei recontracted with Eyagi”. Korea JoongAng Daily. 2014年5月22日閲覧。
  5. ^ Han, Sang-hee (2009年1月20日). “New Family Dramas to Warm Up Fans”. The Korea Times. 2014年5月22日閲覧。
  6. ^ Sunwoo, Carla (2012年1月11日). “Otani Ryohei to make an appearance on KBS 2's soap opera Boki”. Korea JoongAng Daily. 2014年5月22日閲覧。
  7. ^ Otani Ryohei to join upcoming TV series THE CHASER”. 10Asia (2012年5月10日). 2014年5月22日閲覧。
  8. ^ Japanese actor Otani Ryohei renews contract with Korean agency”. 10Asia (2011年12月13日). 2014年5月22日閲覧。
  9. ^ Roaring Currents takes epic sea battle to big screen” (2014年7月25日). 2014年7月25日閲覧。
  10. ^ a b 韓国で人気“逆輸入俳優”大谷亮平、月9「ラヴソング」で日本ドラマ初出演”. モデルプレス (2016年5月3日). 2016年5月6日閲覧。
  11. ^ “ドラマ「逃げ恥」百合ちゃん役は石田ゆり子!風見は大谷亮平、沼田は古田新太”. ナタリー. (2016年8月28日). http://natalie.mu/comic/news/199745 2016年11月11日閲覧。 
  12. ^ “「逃げ恥」で人気上昇、大谷亮平が不倫劇初挑戦!水野美紀もかき乱す”. サンケイスポーツ. (2016年12月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161208/geo16120805020007-n1.html 2016年12月19日閲覧。 
  13. ^ “大谷亮平、ムズキュンからドロキュン 新ドラで“禁断の愛”に揺れる妻帯者に”. モデルプレス. (2016年12月8日). https://mdpr.jp/tv/detail/1643980 2016年12月19日閲覧。 
  14. ^ a b “逆輸入俳優・大谷亮平、“第2のディーン・フジオカ” の声に「光栄です」”. クランクイン!. (2016年6月3日). http://www.crank-in.net/drama/news/43408 2016年12月19日閲覧。 
  15. ^ 大谷亮平. “第2のディーン・フジオカ”大谷亮平、12年の韓国活動経て「ラヴソング」で月9デビュー「初心にかえり自分らしく」 モデルプレスインタビュー. インタビュアー:モデルプレス編集部. モデルプレス.. https://mdpr.jp/interview/detail/1583728 2015年12月19日閲覧。 
  16. ^ 大谷亮平. 大谷亮平「第2のディーン・フジオカと言われるプレッシャー?全く気にしていない」. インタビュアー:イ・ジホ. Kstyle.. http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2055916 2015年12月19日閲覧。 
  17. ^ “"第2のディーン"大谷亮平、新垣結衣主演作で国内連ドラ初レギュラー出演”. マイナビ. (2016年8月28日). http://news.mynavi.jp/news/2016/08/28/028/ 2016年12月19日閲覧。 
  18. ^ “ネクスト“ディーン”の大谷亮平、『逃げ恥』でブレイクの兆し”. オリコン. (2016年11月13日). http://www.oricon.co.jp/special/49519/ 2016年12月19日閲覧。 
  19. ^ 新垣結衣&星野源との三角関係に“逆輸入俳優”大谷亮平 ドラマ「逃げ恥」追加キャスト発表”. モデルプレス (2016年8月28日). 2016年8月29日閲覧。
  20. ^ 大谷亮平、不倫ドラマに連続出演 『奪い愛、冬』だけでなく『不機嫌な果実』にも”. Abema TIMES (2017年1月6日). 2017年3月20日閲覧。
  21. ^ “金曜夜の“ドロキュン”ドラマに大谷亮平ら出演決定!”. Smartザテレビジョン. (2016年12月8日). http://thetv.jp/news_detail/94803/ 2016年12月8日閲覧。 
  22. ^ 大谷亮平に対する21の質問「韓国で俳優として過ごした10年間…日韓両国で活動することが僕の望みだ」”. Kstyle/LINE Corporation (2014年9月22日). 2015年9月14日閲覧。
  23. ^ http://www.adic.co.kr/gate/video/show.hjsp?id=I107354
  24. ^ “日 배우 오타니 료헤이, CF 인기몰이”. 스포츠서울. (2008年6月17日) 
  25. ^ http://www.adic.co.kr/gate/video/show.hjsp?id=I166115
  26. ^ Park, Hyun-min (2011年12月13日). “Ryohei Otani from Tablo's MV Is Ready for Full-Fledged Activities in Korea”. enewsWorld. 2014年5月22日閲覧。
  27. ^ Hong, Grace Danbi (2014年4月16日). “Ryohei Otani and Kim Min Gyo to Appear in G.Na's New MV”. enewsWorld. 2014年5月22日閲覧。
  28. ^ Hong, Grace Danbi (2014年5月12日). “G.Na Reveals Her Secret in New MV Featuring Ryohei Otani and Kim Min Gyo”. enewsWorld. 2014年5月22日閲覧。
  29. ^ 【コンフィデンスアワード・ドラマ賞】「逃げ恥」が6部門独占 新垣結衣は2度目の主演女優賞TOKYO POP LINE(2017年1月20日)、2017年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]