家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
ジャンル 恋愛相談、人間関係の悩み
漫画
原作・原案など K.Kajunsky
作画 ichida
出版社 PHP研究所
巻数 全3巻
映画
監督 李闘士男
封切日 日本の旗2018年春予定
上映時間
テンプレート - ノート

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(いえにかえるとつまがかならずしんだふりをしています。)は2010年7月17日Yahoo! JAPANの質問・相談コーナーであるYahoo!知恵袋にkkajunskyという利用者が投稿した質問、ブログ日記。およびそれを題材にした楽曲、漫画、映画作品。

概要[編集]

Yahoo!知恵袋では日々様々な質問や相談事が投稿されるが、2010年7月17日に投稿されたその質問はかなり奇異なものであった。

内容としては妻が毎日死んだふりをしているというもの。それも血のりを使ったり、軍服を着て兵士の死体になりきったりと手の込んだ死んだふりをしており、妻の意図が分からないという夫からの質問だった。質問への回答としては、恐らく夫にかまってほしいのではないか。いい奥さんだから仲良くやっていくようにとの回答がされている。

7月23日には「ほぼ日P」がこの投稿を元にした楽曲を作成し、初音ミクを使用した動画をニコニコ動画にアップロードした。これにより、多くのニコニコユーザーの間に知名度が上がっていく。2011年2月には100万回再生を達成している。

9月8日にはkkajunskyはブログを立ち上げ、その後の顛末をブログ日記に記している。

2011年7月11日にはichidaの作画により漫画化され、PHP研究所より出版された。漫画版の原作者の表記はK.Kajunskyに改められている。

2017年5月、榮倉奈々安田顕の主演で映画化を発表[1][2]2018年初夏に公開の予定[3]

単行本[編集]

いずれも K・Kajunsky (著)、ichida (イラスト) 、PHP研究所。

  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 2011年6月28日発売 ISBN 978-4569797755
  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。2 2012年6月16日発売 ISBN 978-4569805078
  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。3 2013年8月10日発売 ISBN 978-4569813110

映画[編集]

榮倉奈々・安田顕のW主演で2018年6月8日公開予定、配給はKADOKAWA[4][5]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]