国民体育大会バレーボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国民体育大会バレーボール競技は、国民体育大会において開催されているバレーボール大会である。

概要[編集]

2011年より6人制のみで行われる。試合はノックアウト方式で行われ、3位決定戦及び5・7位決定戦も実施。

出場チームは成人の部は16チーム、少年の部は24チームである[1]。ブロックごとに所謂ミニ国体を開催し、勝者が本大会に出場する。各都道府県代表は強豪チーム[2]をそのまま派遣する場合と、選抜チームを編成する場合の2通りに分かれる。

2010年までは成年の部は6人制と9人制の2種目、少年の部は6人制のみで行われていた。出場チームは成年の部各10チーム、少年の部各24チーム。

なお、ビーチバレー競技については公開競技として別枠開催となる。

歴史[編集]

  • 1946年 第1回大会。一般男子・教員男子・一般女子・高校男子・高校女子の5種別(いずれも9人制)で開催された。
  • 1961年 一般男子・教員男子・一般女子に6人制を追加し8種別となる。
  • 1962年 9人制を廃止。一般男子・教員男子・一般女子・高校男子・高校女子(いずれも6人制)の5種別となる。
  • 1975年 種別名を、成年男子一般・成年男子教員・成年女子・少年男子・少年女子に変更。
  • 1976年 成年男子教員を廃止。
  • 1977年 成年男子に9人制を追加。
  • 1978年 成年女子に9人制を追加。
  • 1988年 成年種別が二部制となる。成人男子1部・成人男子2部・成年女子1部・成人女子2部・少年男子・少年女子(いずれも6人制)および成年男子1部・成年女子1部(いずれも9人制)の8種別。
  • 1999年 成年種別二部制を廃止。
  • 2011年 9人制を廃止。成年男子・成年女子・少年男子・少年女子の4種別。

ブロック別出場枠[編集]

  • 成年男子、成年女子の出場枠は次の通り。
    • 開催県 1チーム
    • 北海道 1チーム
    • 東北  2チーム
    • 関東  3チーム
    • 北信越 1チーム
    • 東海  1チーム
    • 近畿  2チーム
    • 中国  1チーム
    • 四国  1チーム
    • 九州  3チーム
  • 少年男子、少年女子の出場枠は次の通り。
    • 開催県 1チーム
    • 北海道 1チーム
    • 東北  3チーム
    • 関東  4チーム
    • 北信越 2チーム
    • 東海  2チーム
    • 近畿  3チーム
    • 中国  2チーム
    • 四国  2チーム
    • 九州  4チーム

歴代優勝チーム[編集]

特筆なき場合は都道府県選抜チーム

第1回-第16回[編集]

年度 開催地 一般男子(9人制) 教員男子(9人制) 一般女子(9人制) 高校男子(9人制) 高校女子(9人制)
1 1946 西宮市 兵庫県
(全兵庫)
- 東京都
(中村高女クラブ)
広島県
(廣島二中)
兵庫県
(一宮女子農業)
2 1947 石川 京都府
(オール京都)
福岡県
(福岡市教員)
愛知県
(岡崎高女みくさ會)
鹿児島県
(鹿屋中学)
愛知県
(岡崎市立高女)
3 1948 福岡 広島県
(嚶鳴クラブ)
福岡県
(鶴陽クラブ)
岡山県
(入部倶楽部)
静岡県
(韮山高校)
東京都
(中村高校)
4 1949 横浜市 広島県
(嚶鳴クラブ)
- 北海道
(北海ドレスメーカー女学院)
静岡県
(韮山高校)
東京都
(中村高校)
5 1950 愛知 福岡県
(八幡製鐵所)
福岡県
(鶴陽クラブ)
岡山県
倉紡萬壽
静岡県
(韮山高校)
愛知県
(豊橋東高校)
6 1951 広島 岡山県
(倉紡萬壽)
- 栃木県
(日紡足利)
静岡県
(韮山高校)
愛知県
(豊橋東高校)
7 1952 南東北 福岡県
(八幡製鐵所)
- 三重県
(鐘紡四日市)
神奈川県
(藤沢高校)
愛知県
(豊橋東高校)
8 1953 四国 滋賀県
東洋レーヨン九鱗会
- 三重県
(鐘紡四日市)
秋田県
(大館鳳鳴高校)
埼玉県
(久喜高校)
9 1954 北海道 東京都
(慶應義塾大学)
- 三重県
(鐘紡四日市)
神奈川県
(藤沢高校)
東京都
(中村高校)
10 1955 神奈川 福岡県
(住友金属小倉)
福岡県
(鶴陽クラブ)
大阪府
(大日本紡績貝塚)
兵庫県
(琴ヶ丘高校)
東京都
(中村高校)
11 1956 兵庫 福岡県
(住友金属小倉)
福岡県
(鶴陽クラブ)
岡山県
(倉紡倉敷)
神奈川県
(藤沢高校)
東京都
(中村高校)
12 1957 静岡 福岡県
(住友金属)
東京都
(世田谷教員)
大阪府
(大日本紡績貝塚)
神奈川県
(藤沢高校)
大阪府
(四天王寺高校)
13 1958 富山 滋賀県
(東洋レーヨン九鱗会)
石川県
(金沢教員)
大阪府
(大日本紡績貝塚)
神奈川県
(藤沢高校)
大阪府
(四天王寺高校)
14 1959 東京 福岡県
(八幡製鉄)
福岡県
(福岡市教員)
岡山県
倉紡倉敷
広島県
(崇徳高校)
東京都
(中村高校)
15 1960 熊本 滋賀県
(東洋レーヨン九鱗会)
広島県
(広島市教員)
静岡県
(日清紡島田)
熊本県
(熊本工業高校)
愛知県
(豊橋東高校)
16 1961 秋田 滋賀県
(東洋レーヨン九鱗会)
北海道
(旭川市教員)
岡山県
(倉紡倉敷)
神奈川県
(藤沢商業高校)
大阪府
(四天王寺高校)

第16回-第31回[編集]

年度 開催地 一般男子(6人制) 教員男子(6人制) 一般女子(6人制) 高校男子(6人制) 高校女子(6人制)
16 1961 秋田 滋賀県
(東洋レーヨン九鱗会)
広島県
(広島市教員団)
東京都
(ヤシカ本社)
- -
17 1962 岡山 神奈川県
(日本鋼管)
広島県
(広島教員)
岡山県
倉紡倉敷
兵庫県
(姫路南高校)
大阪府
(四天王寺高校)
18 1963 山口 神奈川県
(日本鋼管)
新潟県
(新潟県教員クラブ)
岡山県
(倉紡倉敷)
神奈川県
(藤沢高校)
大阪府
(四天王寺高校)
19 1964 新潟 大阪府
(松下電器)
新潟県
(新潟教員)
岡山県
(倉紡倉敷)
東京都
(中央大学附属高校)
愛媛県
(今治明徳高)
20 1965 岐阜 神奈川県
(日本鋼管)
岐阜県
(岐阜教員)
東京都
(フジクラブ)
東京都
(中央大学附属高校)
大阪府
(四天王寺高校)
21 1966 大分 大阪府
(松下電器)
大分県
(大分教員)
東京都
(フジクラブ)
東京都
(中央大学附属高校)
大阪府
(四天王寺高校)
22 1967 埼玉 福岡県
(住友金属)
埼玉県
(埼玉教員)
岡山県
(倉紡倉敷)
東京都
(中央大学附属高校)
愛知県
(豊橋東高校)
23 1968 福井 大阪府
(松下電器)
長崎県
(長崎教員)
岡山県
(倉紡倉敷)
広島県
(崇徳高校)
大阪府
(四天王寺高校)
24 1969 長崎 大阪府
(松下電器)
長崎県
(長崎教員)
大阪府
(東洋紡守口)
広島県
(崇徳高校)
大阪府
(四天王寺高校)
25 1970 岩手 大阪府
(松下電器)
岐阜県
(岐阜教員)
大阪府
(東洋紡守口)
東京都
(中央大学附属高校)
鹿児島県
(鹿児島照国高校)
26 1971 和歌山 大阪府
(松下電器)
和歌山県
(和歌山教員)
大阪府
(ユニチカ貝塚)
大阪府
(大商大附属高)
岩手県
(高田高校)
27 1972 鹿児島 神奈川県
(日本鋼管)
千葉県
(千葉教員)
大阪府
(ユニチカ貝塚)
大阪府
(大商大附属高)
東京都
(中村高校)
1973 沖縄 - 和歌山県
(和歌山教員)
- 山形県
(日大山形高校)
大分県
(臼杵高校)
28 1973 千葉 岡山県
(旭化成旭陽会)
千葉県
(千葉教員)
大阪府
(ユニチカ貝塚)
大阪府
(大商大附属高)
東京都
(八王子実践)
29 1974 茨城 神奈川県
(富士フイルム)
茨城県
(茨城教員)
三重県
(鐘紡)
北海道
(東海大四高)
福岡県
(博多女子商)
年度 開催地 成年男子一般(6人制) 成年男子教員(6人制) 成年女子(6人制) 少年男子(6人制) 少年女子(6人制)
30 1975 三重 大阪府
(新日本製鐵)
大阪府
(大阪教員)
大阪府
(ユニチカ貝塚)
広島県
(崇徳高校)
大阪府
(四天王寺高校)
年度 開催地 成年男子一般(9人制) 成年女子(9人制) 少年男子(6人制) 少年女子(6人制)
31 1976 佐賀 東京都
(岩崎通信機)
佐賀県
(久光製薬)
広島県
(崇徳高校)
京都府
(成安女子)

第32回-第42回[編集]

年度 開催地 成年男子 成年女子 少年男子 少年女子
6人制 9人制 6人制 9人制 6人制 6人制
32 1977 青森 福岡県
(住友金属)
茨城県
(茨城教員)
三重県
(カネボウ)
- 青森県
(弘前工業高校)
大阪府
(泉州高校)
33 1978 長野 神奈川県
(富士フイルム)
岐阜県
(岐阜教員)
三重県
(カネボウ)
宮崎県
(宮崎マツダ)
山口県
(宇部商業高校)
栃木県
(宇都宮女子商高校)
34 1979 宮崎 広島県
専売広島
岐阜県
(岐阜教員)
三重県
(カネボウ)
宮崎県
(宮崎マツダ)
神奈川県
(藤沢商業高校)
宮城県
(古川商業高校)
35 1980 栃木 大阪府
(新日本製鐵)
栃木県
(佐野排球会)
佐賀県
(久光製薬)
神奈川県
(富士電機川崎)
大阪府
(大商大付高校)
京都府
(成安女子高校)
36 1981 滋賀 広島県
(専売広島)
岡山県
(電電岡山)
三重県
(カネボウ)
滋賀県
(日清紡能登川)
大阪府
(大阪選抜)
栃木県
(宇都宮女子商高校)
37 1982 島根 神奈川県
(富士フイルム)
長野県
(オリンパス長野)
三重県
(カネボウ)
福岡県
(西日本相互銀行)
東京都
(東洋高校)
東京都
(全東京)
38 1983 群馬 福岡県
(住友金属)
群馬県
(群馬教員クラブ)
佐賀県
(久光製薬)
群馬県
(群馬銀行)
青森県
(青森選抜)
兵庫県
(氷上農業高校)
39 1984 奈良 福岡県
(住友金属)
福岡県
(専売九州)
大阪府
(東洋紡)
福岡県
(西日本銀行)
神奈川県
(法政二高校)
宮城県
(古川商業高校)
40 1985 鳥取 大阪府
(松下電器)
山形県
(山形クラブ)
大阪府
(ダイエー)
群馬県
(群馬銀行)
神奈川県
(法政二高校)
東京都
(全東京)
41 1986 山梨 三重県
(コスモ石油)
山梨県
(山梨クラブ)
佐賀県
(久光製薬)
山梨県
(山梨中央銀行)
東京都
(東亜学園高校)
兵庫県
(氷上高)
42 1987 沖縄 東京都
日本電気
沖縄県
(沖縄銀行)
大阪府
(ダイエー)
沖縄県
(琉球銀行)
北海道
(東海大四高校)
大分県
(扇城高校)

第43回-第53回[編集]

年度 開催地 成年男子1部 成年男子2部 成年女子1部 成年女子2部 少年男子 少年女子
6人制 9人制 9人制 6人制 9人制 9人制 6人制 6人制
43 1988 京都 兵庫県
(神戸製鋼)
京都府 京都府
(全京都男子)
大阪府
(ダイエー)
島根県
(日立金属安来)
神奈川県 神奈川県 兵庫県
(氷上高校)
44 1989 北海道 静岡県
(東レ九鱗会)
兵庫県
(三菱電機)
大阪府
(大阪)
佐賀県
(久光製薬)
山梨県
(山梨中央銀行)
埼玉県 福岡県 埼玉県
45 1990 福岡 神奈川県
(富士フイルム)
兵庫県
(富士通)
福岡県
(福岡)
大阪府
(ユニチカ)
群馬県
(群馬銀行)
福岡県
(福岡)
広島県
(広島ジュニア)
東京都
(全東京)
46 1991 石川 神奈川県
(富士フイルム)
兵庫県
(富士通)
広島県 埼玉県
(イトーヨーカドー)
群馬県
(群馬銀行)
福岡
(福岡)
京都府
(全京都)
大阪府
47 1992 山形 神奈川県
(富士フイルム)
兵庫県
(富士通)
神奈川県 東京都
日立
福岡県
(西日本銀行)
兵庫県
(のじぎく)
宮城県
(宮城選抜)
大分県
(扇城高校)
48 1993 香川
徳島
神奈川県
(富士フイルム)
岡山県 香川県
(香川旧友会)
埼玉県
(イトーヨーカドー)
群馬県
(群馬銀行)
神奈川県
(神奈川)
神奈川県
(釜利谷高校)
栃木県
(國學院栃木高校)
49 1994 愛知 神奈川県
(富士フイルム)
兵庫県
(富士通)
岡山県 愛知県
(日本電装)
群馬県
(群馬銀行)
愛知県 福岡県 長崎県
(九州文化学園高校)
50 1995 福島 福岡県
(住友金属)
兵庫県
(富士通)
神奈川県 埼玉県
(イトーヨーカドー)
群馬県
(群馬銀行)
福島県
(ニットークラブ)
神奈川県 岡山県
51 1996 広島 神奈川県
(富士フイルム)
兵庫県
(富士通)
広島県
(広島倶楽部)
大阪府 広島県
(マツダ)
千葉県 大阪府 大分県
52 1997 大阪 大阪府 大阪府
(住友電工)
大阪府 神奈川県
東芝
群馬県
(群馬銀行)
大阪府 大阪府 大阪府
53 1998 神奈川 神奈川県
(富士フイルム)
大阪府
(住友電工)
神奈川県 神奈川県
(東芝)
神奈川県
(神奈川中央交通)
神奈川県 埼玉県 石川県

第54回-第65回[編集]

年度 開催地 成年男子 成年女子 少年
6人制 9人制 6人制 9人制 男子 女子
54 1999 熊本 東京都
(NEC)
兵庫県
(富士通)
熊本県 群馬県
(群馬銀行)
埼玉県 宮城県
55 2000 富山 静岡県
(東レ)
富山県
(北陸電力)
東京都
(日立)
群馬県
(群馬銀行)
長野県 山口県
56 2001 宮城 広島県
(JT)
宮城県
(東北リコー)
山形県
(パイオニア)
群馬県
(群馬銀行)
埼玉県 長崎県
57 2002 高知 広島県
(JT)
宮城県
(東北リコー)
岡山県
(岡山シーガルズ)
群馬県
(群馬銀行)
長野県 東京都
58 2003 静岡 大阪府
(サントリー)
宮城県
(東北リコー)
岡山県
(岡山シーガルズ)
群馬県
(群馬銀行)
長野県 京都府
59 2004 埼玉 広島県
(JT)
沖縄県
(中部徳洲会病院)
岡山県
(岡山シーガルズ)
埼玉県
(パイオニア所沢)
埼玉県 長崎県
(九州文化学園高校)
60 2005 岡山 広島県
(JT)
岡山県 岡山県
(岡山シーガルズ)
大阪府
(松下電池工業)
広島県 長崎県
(九州文化学園高校)
61 2006 兵庫 大阪府
(サントリー)
兵庫県
(富士通)
岡山県
(岡山シーガルズ)
兵庫県
(富士通テン)
長野県 長崎県
(九州文化学園高校)
62 2007 秋田 広島県
(JT)
沖縄県
(中部徳洲会病院)
滋賀県
(東レ)
秋田県
(TDK)
福岡県 京都府
(京都橘高校)
63 2008 大分 大分県
(大分三好)
沖縄県
(中部徳洲会病院)
岡山県
(岡山シーガルズ)
大分県
(佐伯長陽会I・O)
愛知県 山口県
(誠英高校)
64 2009 新潟 愛知県
(ジェイテクト)
宮城県
(東北リコー)
岡山県
(岡山シーガルズ)
佐賀県
(佐賀エレクトロニックス)
千葉県 大分県
(東九州龍谷高校)
65 2010[3] 千葉 広島県
(JT)
大阪府
(住友電工)
岡山県
(岡山シーガルズ)
兵庫県
(富士通テン)
福岡県 宮城県
(古川学園高校)

第66回-[編集]

年度 開催地 成年男子 成年女子 少年男子 少年女子
66 2011[4] 山口 東京都
(FC東京)
滋賀県
(東レ)
山口県
(宇部商業高校)
山口県
(誠英高校)
67 2012[5] 岐阜 愛知県
(豊田合成)
佐賀県
(久光製薬)
愛知県 長崎県
(九州文化学園高校)
68 2013[6] 東京 愛知県
(豊田合成)
山形県
(パイオニア)
愛知県
(星城高校)
東京都
69 2014[7] 長崎 長崎県 岡山県
(岡山シーガルズ)
福岡県 大阪府
(金蘭会高校)
70 2015[8] 和歌山 静岡県
(東レ)
岡山県
(岡山シーガルズ)
福岡県 長崎県
(九州文化学園高校)
71 2016 岩手 広島県
(JT)
埼玉県
(上尾メディックス)
東京都 大阪府
(金蘭会高校)
72 2017 愛媛 東京都
(FC東京)
佐賀県
(久光製薬)
東京都 大阪府

脚注[編集]

  1. ^ 山口国体実施要項 (PDF)
  2. ^ 成年6人制はVリーグ所属チームも含まれる。
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ [4]
  7. ^ [5]
  8. ^ 日本バレーボール協会. “第70回 国民体育大会 バレーボール競技”. 2015年10月1日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]