この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

須藤理彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

すどう りさ
須藤 理彩
生年月日 (1976-07-24) 1976年7月24日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
身長 165 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1995年[要出典] -
配偶者 川島道行(BOOM BOOM SATELLITES2016年死別)
公式サイト アミューズによるプロフィール
主な作品
天うらら
ギンザの恋
最後の弁護人
救命病棟24時

須藤 理彩(すどう りさ、1976年7月24日[2] - )は、日本女優愛称は、すーさん[要出典]

神奈川県横浜市出身[3]アミューズ所属。スリーサイズはB85 W60 H86。足のサイズは25.5cm[要出典]

来歴

人物

  • バスを追いかけるシーンを撮影する際は、たびたびバスを追い抜いてしまうほどの俊足である。高校時代にインターハイに出場した実績をもつ陸上競技選手であったことから、通常の撮影では適切と思われる車輌の速度では須藤の場合は足りなかったという[5]

出演

テレビドラマ

映画

吹き替え

バラエティ、情報番組

CM

舞台

  • カノン(2000年)初舞台
  • 新・近松心中物語(2004年、05年)
  • キャンディーズ(2005年)
  • JAIL BREAKERS(2006年)
  • ささやき色のあの日たち(2007年)
  • キーン(2008年)
  • 二都物語(2013年)
  • 娼年(2016年8月26日 - 9月15日、東京 / 大阪、福岡)[12][13] - イツキ 役

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 須藤 理彩”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ. 2017年11月27日閲覧。
  2. ^ a b 須藤 理彩”. アミューズ オフィシャル ウェブサイト. アミューズ. 2017年11月27日閲覧。
  3. ^ a b c 須藤理彩 (2011年2月28日). 【New】LOHAS Style vol.1 女優・須藤理彩さん〈後編〉. インタビュアー:山本貴緒. MYLOHAS(メディアジーン).. https://www.mylohas.net/2011/02/024399magazine_2299.html 2017年11月27日閲覧。 
  4. ^ “須藤理彩、夫・川島道行さんの死去にコメント「川島道行を、誇りに思います」”. ORICON STYLE. (2016年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2079758/full/ 2016年10月11日閲覧。 
  5. ^ 東京スポーツ 2009年8月26日記事「俊足な女優たち」
  6. ^ ichico_smile(須藤理彩)Instagram 2017年10月26日の投稿
  7. ^ 死体の手に玉森裕太のコートのボタン…またもやピンチ!【重要参考人探偵・第6話】”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2017年11月24日). 2017年11月27日閲覧。
  8. ^ 斎藤工、映画監督役で『半分、青い。』出演!「喜びはひとしお」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月27日). 2018年7月5日閲覧。
  9. ^ “直木賞作家・西加奈子氏『まく子』映画化 草なぎ剛“ダメな父”役「しっかりしろよ…」”. ORICON NEWS. (2018年5月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2111493/full/ 2018年5月16日閲覧。 
  10. ^ 『ギンザの恋』の告知を兼ねて出演
  11. ^ 新CM“夕暮れ時のいつものあの人篇”放映開始”. 日本生命保険相互会社 (2016年12月30日). 2017年6月10日閲覧。
  12. ^ 娼夫・松坂桃李、オーナー・高岡早紀に続き、佐津川愛美、村岡希美、安藤聖が出演決定 舞台『娼年』”. シアタークリップ (2016年5月2日). 2016年9月1日閲覧。
  13. ^ R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」”. ステージナタリー (2016年8月25日). 2016年9月1日閲覧。

外部リンク